菅直人名義の工業所有権

テーマ:
菅直人って弁理士をやるだけじゃなく自ら特許も取得してるんですね。

ちょっと調べてみました。
菅直人名義で出願したのは特許2件、実用新案3件の合計5件、
そのうち権利を取得したのは1件だけです。
そのうちシール具は他人が発明したものを譲渡されたもののようですから、
菅直人本人が出願して権利を取得したのは麻雀関連の1件だけみたいですね。

菅直人名義の工業所有権一覧:
特開昭50-025150 麻雀の点計算表示装置
特開昭50-083140 麻雀の点数計算機 (特許第845930号)
実開昭52-148019 麻雀点数計算機能を備えた電子卓上式計算機
実開昭58-190672 シール具
実開昭59-077174 シール具


権利を取得した発明(特許第845930号)の請求項は下記の通り。
「符の値入力手段と、翻の値入力手段とこれらの入力手段と電気的に接続した計算回路と、
少なくとも1つの表示手段から成ることを特徴とする麻雀点数計算機。」

うーん・・・・30符ならセンニセンザンクチッチ、40符ならイチサンニンロクゴンニ、
50符ならイチロクザンニロクヨン、70符ならニイサンヨンゴって覚えとけば、
こんな計算機なんていらないような気がします。
麻雀で難しいのは符の計算であって点数じゃないんですけどねぇ。

この特許、多分モノにはならなかったと思いますけどねぇ・・・実際はどうなんでしょう。



人気ブログランキングです。この記事が気に入ったら両方ともクリックしてやって下さい。
よろしくお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
AD