来週の月曜日から1泊2日でNBPフラッグ会議が開催されます。

大体こういったブログは実施後にいつも書くのですが、重要な会議になる気がしているので。

 

 

 

 

 

そもそも前回のSGEあした会議で決議されたこの会議。

 

 

ポイントとしては、通常のあした会議とは異なり

・SGEの各社長陣は参加しない

・NBPのメンバーがチームリーダー

・議題はSGEあした会議と同様、「組織と事業について」

というのがあります。

※NBP(NextBoardProgram)とは次の経営層を育成するための現役員または役員候補を対象にした選抜型の育成プログラムです。

 

 

 

なんでこの会議を開催するに至ったかというと、

我々のような、ものづくりをしている組織は現場の当事者意識を上げること、現場からの声を経営に反映させることがとても重要だと考えているからです。

 

 

 

ゲームやテレビ業界などでは、経営陣よりプロデューサーやディレクターなどのいわゆる「現場」の人が前面にでていることがほとんどです。生み出すプロダクトが経営を左右するので当然といえば当然なのですが、SGEもそうなっていかなくてはならないと思っています。

 

 

 

現状もですが、SGEでは社長自らプロデューサーを兼務している人が多いので今まで違和感なく経営と現場とのコンセンサスがとれてきました。

ただ今後、開発ラインの数も増え組織も大きくなり、それぞれの立場が分かれてきていることも事実としてある中で、CAのゲーム事業の未来についてもっと現場主導で大きく深く考える機会が必要だと感じています。

 

 

 

そこで今回は普段、組織や事業を誰よりも考えている社長陣には一旦外れてもらい、現場主導でSGEの組織や事業について本気で考えてもらう機会をつくりました。

 

 

 

いざ、会社やSGEの未来について考えてみろ。と言われるとかなり難しいと思います。

色々なプラスマイナスを考えた上で、SGEの未来のために大きな決断をしなくてはならない。

さまざまな立場がある中で難しいと思いますが、「あのフラッグ会議があったから今の成功があるよね」というようなビッグインパクトのある提案がでることを期待しています。

 

 

デカい旗を立ててやりましょー日本日本日本日本

 

 

ベンチャー流働き方改革

テーマ:
 
先日のみらい会議で決めたことで、
CR評価というものがあります。
 
CはChallengeのC
RはRoutineのRです。
 
普段のルーティンワークを効率化し、
自らのチャレンジ量を増やす。
そしてそれぞれをしっかり評価できる
会社にしていこう。
という考えがこめられています。
 
 
我々のようなベンチャー企業は
常に新しことへチャレンジし続けないと
生き残れないのは百も承知です。
 
ただ、日々の業務に加えその時間を
捻出することは容易いことではない
のが実情です。
 
なんでもかんでもやろうとしても、
労働時間が伸び、集中力が切れ、
すべてが上手く回らない。という
こともあると思います。
 
 
そんなジレンマを感じている時、
ふと思いついたのが上記のグラフです。
 
 
どこかで見たことがあるな
と思うくらい当たり前のこと
を書いてますが、
意外と「個人」でこれを意識することと
それを会社が「評価」することが
できていないな。と思いました。
 
 
限られたキャパの中で、
普段の業務について、
「もっとこうすれば効率化できそうだ」
「これを棚卸しすれば時間が作れそうだ」
「会議の参加者を見直そう」
 
空いた時間について、
「新規事業を考えよう」
「新しい言語を習得しよう」
「新しいイベントを企画しよう」
 
ということが個人レベルで
意識できれば、
生産性を落とすこと無く、
ベンチャーらしく勝ち抜く
チャレンジ力を強化できる
と思っています。
 
 
早速、
「紙ベースで運用したものをエンジニアに
相談したら、すぐにシステム化してくれた」
「普段Excelに入力してるものを見直して、
マクロをしっかり組んだら10倍早くなった」
「空いている時間で、AR機能を作ってみました」
「CRに向けたハッカソンをやろう」
 
などなど、色々なところでCRの改善が
行われているようです。
 
こういったCRを推進する行動は
月初会での表彰や査定面談でも評価
していこうと思っています。
 
 
個人が意識をすることで、
チームの意識になり、
最終的には会社の文化
になると思ってます。
 
 
世の中的には「働き方改革」
と言われていますが、
自分たちらしくCR評価を通して、
改革していきたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みらい会議

テーマ:

 

先週の金土の2日間でみらい会議

を行ってきました。

 

不定期の開催ですが、普段の業務から離れ、

これからのアプリボットの経営について

深く考え、同じ方向を向く良い機会

になっていると思います。

 

 

組織力を更に強めていける大きな体制変更、

新規ゲームの開発計画のズレをなくす役員体制、

普段のルーチン業務を個々で改善し、

自らのチャレンジ量を増やす新しい評価制度。

などなど、

組織面でも事業面でも過去一の大きな決議を

できたと思っています。

 

 

実行を着々としていくのは言わずもがなですが、

今年のアプリボットは通年のスローガンとして

「REBORN」を掲げています。

 

 

 

今までの延長上でものごとを考えるのではなく、

クオリティへの意識、運用開発の進め方、

働き方、組織視点、経営視点など、

あらゆるものを一段階上げて、

生まれ変わるぐらいの気概でやらないと

勝てない市場になってきているからです。

 

 

 

そのためにはまずは私含め幹部陣の

意識改革から始まり、

今回のみらい会議に選出された

各チームのキーマン、全社員、

全従業員と一致団結して、

色々なことに立ち向かわなくては

いけないと思っています。

 

 

そういった意味でも今回のみらい会議は

良いタイミングに良い議論ができました。

 

 

参加した皆さん、お疲れ様でした!!

REBORN!!!

 

 

 

二連覇を達成した佐藤チーム。

 

 

2位なんだけど、REBORNポイントが一番高く、

写真だと優勝したように見える黒岩チーム。