おはようございます。



中小企業診断士の五島宏明(ゴシマ ヒロアキ)です。



昨日、ある県連の経営指導員の方にお会いしたのですが、



私の名刺にある”知的資産経営”という言葉に反応されました。



彼いわく、昨年の秋頃に知的資産経営を知り、



中小企業にとってまずは知的資産経営報告書を



作成することが必要であると思ったとのことでした。



そこから経営革新などに進むべきであるとも考え、



知的資産経営報告書作成を登録専門家の方にお願いして



実際に作成されたそうです。



また、京都府の知恵の経営についても調べておられ、



ダウンロードされた資料をお持ちでしたので、



中森先生の著書である 「無形の強み」の活かした方


 

をご紹介させていただくと共に、



日本一の知的資産経営ナビゲーターの”こうたん”こと



行政書士の中島巧次さんについてもお伝えしました。



期せずして知的資産経営についての話で盛り上がり、



関東でも知的資産経営の素晴らしさを理解し、



中小企業支援に役立たせておられる方が、



いらっしゃることにとても嬉しく思いました。



中小企業支援の最前線の方々の最善のツールとして



もっと知的資産経営報告書が広まることを願っております。



また、限られた士業の中だけでの研究会ではなく、



志のある方に門戸を開いた実践的な研究会を



設立いたしたいと考えております。


AD

コメント(2)