[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-17 22:29:57

FACE ASIA VOL.1271

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド


鮮やかな色ですね。


これは、

インドのヒンドゥー教徒

お祭りで

使う粉末です。


ホーリー祭りと言って、

春の訪れを祝います。


なぜか、粉を掛け合うのです。



最近の画像つき記事
 もっと見る >>
PR
2014-04-17 22:25:52

FACE ASIA VOL.1270

テーマ:作品紹介
2013年3月/インド



2014-04-16 21:15:01

季節感

テーマ:写真家日記

昔から、

長期で撮影に行っていますと、

そこの部分だけ日本の話題が

浦島太郎状態になっています(笑)

日本の季節感も抜け落ちていたりします。


昨年の春(今頃)は、

インド・パキスタンにいました。


今年の日本の桜や

チューリップや

路上の花々がとても新鮮です。

有難みが倍以上に

感じるのかもしれません。


長期の撮影から戻って

態勢を整えるのに

一苦労します。


やりたいこと、

やらなきゃいけないことが

山のようにあります・・・・・。

まだまだ理想には程遠いです。


10年以上の撮りためた

写真があり過ぎて、

個人のレベルを超えている

気がしています。


今の世の中、

何足もわらじを履くしかないと思うのですが、

このままだと、

昔なら1年でできたことを

今なら3年かけてやっている気がしています。


まあ、

急がば回れということわざもあるように、

急な時、順調な時ほど、

慎重にならなきゃいけないことも

あるのかもしれません。


急に高い山は登れないのですね。


遠回りすることで、

人生経験が豊かに

なること、

報われることは

十分あります。


何でもコツコツと

前へ進むしか方法がないのかもしれません。


28歳というまだ若い時に

ボクシングも始められて良かったと思います。


写真はカメラやフィルム(今ならメディア)

という力を借りるのですが、


ボクシングですと、自分の肉体ありきです。

肉体勝負の競技は

一番きついのですね。


構えから始まって、ジャブから一つずつ覚えていきます。


反復練習の繰り返しです。


型を覚えていくのです。


一つの型を覚えるというのは、

時間も労力も資金もかかります。


とても根気がいるのです。

そういうことが

少しの自信に繋がります。


型を覚えるということは、

どんな仕事にも当てはまるのかもしれません。


写真も、昔はカメラの構え方から

学んだものでした・・・・・。


デジタルが全盛になり、

もう一度

型を覚えていかなければならないようです。


コツコツと頑張りたいと思います。

2014-04-16 20:19:14

FACE ASIA VOL.1269

テーマ:作品紹介

2013年3月24日/インド・デリー



2014-04-16 20:15:55

FACE ASIA VOL.1268

テーマ:作品紹介

2013年3月24日/インド・デリー



2014-04-15 23:50:23

写真家は60代から勝負

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムへ行き、

しっかりと練習できました。


金子ジムのベテラン選手であり、

ヘビー級の一時代を作り上げた、

東洋太平洋クルーザー級元チャンピオンの

高橋良輔選手と

マスボクシングをやらせて頂けました。


人生においての、

とても貴重な経験でした。


ヘビー級のパンチは

凄い緊張感でした。

マスという寸止めなのですが、

パンチの風圧と言いますか、

ガードをしてても

パンチの威力が

半端じゃなかったです。


本当のスパーリングですと、

自分は秒殺でしょう・・・・。

稽古を付けさせて頂けて

とても良い練習になりました。


懸垂など、

最良のトレーニング方法も

教えて頂けて

とても勉強になりました。


高橋良輔選手、トレーナー業を行いつつ、

現在も熱心にトレーニングをされていて、

海外の試合を視野に入れているとのことです。

一時代を作り上げた方と言うのは、

再び時代を作り上げるのかもしれませんね。


ボクシングを行うと、

一日の充実感が違います。

奥が深いです。


しばらく悩んでいたことがありましたので、

だんだん吹っ切れつつあります。


小さな夢でも良いから、

なるべく追い続けるしか

ないのかもしれません・・・。

その積み重ねが

大きな夢に近付くのかもしれませんね。


昔から写真家についていろいろと考えて来たのですが、


今の時代、

どう見ても報われない職業です。


何とか細々と続けたとしても、

写真家の本当の勝負は60代から

なのかもしれません・・・・・・。


そうなると、

やはり体力勝負になってくるのでしょう。


まあ、自分がそこまで生き続けられているのかも

はっきりとは分かりませんが(笑)


海外に撮りたいものがある写真家ですと、


一般的に死ぬリスクは高くなる気がします。


自分の中での

旅先での写真家の理想の肉体は、

ボクサーなのです。


例えばインド圏ですと、

あまり満足に食べられない場所もありますので、


最低限の栄養で

フットワークを軽くして、

良い撮影を続けるなんていうのも、


けっこうボクサーに近いのです。


カメラは押せば写ってしまいますので、

自分の弱さと言いますか、

肉体の限界も知ることで、

自然や相手の痛みなども知るのでしょうね。


年齢には勝てない部分もありますが、

自分の中での

理想を目指したいと思います。

2014-04-15 23:47:34

FACE ASIA VOL.1267

テーマ:作品紹介

2013年3月24日/インド・デリー



2014-04-14 22:24:06

日本でのボクシングと旅先での撮影

テーマ:写真家日記

久しぶりに文章の更新です。


今日も仕事の前に

ボクシングジムに行って来ました。


今年に入ってから、ずっと週3、4ペースで通っています・・・・。


昔に比べたら練習日は落ちましたが、

最低ラインの練習はこなしている気がします。


行く度に最後の筋トレで、

懸垂を限界の4セット(33回、30回、15回、10回など)

行っています・・・。


ボクシングの動作の後は、

本当にきついです・・・・・。


これは、またいつかチャンスがあれば、

(今の所、全然予定はありませんが(笑))

撮影旅に出かけた時に、

重いバックパックを背負って、

カメラバックを肩にかけても、

体幹や腕力を落とさない為です。


年齢を重ねて行くと、

普通の日常生活と、

旅という非日常生活の

落差は本当につらいのです(涙)


トレーニングをすることで

少しでも食い止めるわけです。


明確な予定はなくても、

いつでも動けるように

備えるわけです。


ボクシングの練習で

マスボクシング

(パンチを寸止めする実戦練習)

たまに当たりますが・・・(笑)

というメニューがあるのですが、

これは、

相手の動きやパンチを

読んだり、

避けたり、

ガードしながら、


間合いやタイミングをはかったり、


攻撃して、


有効なパンチを出します。


動体視力や反射神経も養えますし、


フットワークやパンチを繰り出すことで、


心肺機能も足腰も腕力も

鍛えられます・・・

10年以上も続けていますと、

年齢的なこともあり、

もう維持するような感覚に

近いですが・・・・。


マスボクシングでも、

直感を大切にしながら

よりよく判断をして

臨機応変に動かないと

良いパフォーマンスはできません・・・・・。


旅先での撮影とけっこう似ている部分もあるのです。


ボクシングの相手が、


撮影での被写体(人物・景色・光など)

にあてはまるのでしょう。


この現地の方は危険な人かそうじゃないか、


喜んで撮らせて頂ける方か少し厳しいか、


山岳地帯などでは

悪天候ならどこまで踏み込むか、

ここで引き返すか、


都市部のスナップなら、

ここまでは大丈夫で、

ここまで深入りすると厄介になるとか、


この時間帯にここに行けば、

こういう写真が撮れるとか

旅をするだけでも、撮影が入るとさらに

判断の連続なのです。


第6感みたいなものかもしれませんが、

このルートを今行くと、

事故や自然災害に巻き込まれるかもしれないと

何となく直感で分かる時もあるのです。


こう書きながら、

遠い将来に

ドンピシャで巻き込まれたら

ここで書いたことはすべて

説得力はありませんが(笑)


一応、10年以上に渡り、

長期の撮影旅を

無事に終えていますので・・・・。


何か格闘技を習得すれば、

もし、旅先で山賊みたいな者に襲われたとしても、

パンチを伸ばしたり

踏み込めば、

そのまま自己防衛にも繋がるはずです。

相手が銃を持っていれば

なす術はありませんが・・・

用は気持ちの問題なのでしょうね。


ボクシングを行うと、

精神的にも前向きになれます・・・

その日の自分の限界に向き合い、

かなり激しく(笑)

動いているからでしょう。


昔から、

ボクシングで学ぶことはとても多く、

写真家にとっても、

1石何鳥分の恩恵を受けている

気がしています。


ボクシングは健康以上じゃないと

続けていくのは難しいスポーツです。


今という不安定な世の中だからこそ、


健康ややりがいや直感というものは

大切にしていきたいものです。


2014-04-14 22:13:09

FACE  ASIA VOL.1266

テーマ:作品紹介

2014年3月24日/インド・デリー


この1枚、いろいろ詰まっています(笑)


希望を挙げるとしたら、


フレームに入って来た

(路上で佇んでいる)野良犬が

こちらを向けば

ベストでした…。




2014-04-13 22:36:54

FACE ASIA VOL.1265

テーマ:作品紹介

2013年3月24日/インド・デリー


インド人男性の服装は、

下にズボンと、

夏だったら

上はボタンシャツやポロシャツです・・・・・。

普通ですね(笑)


女性のサリーが

特別なのかもしれません・・・・・・。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>