[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅から無事に帰国しました。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影

2015年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオスを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


第一章2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及びます。


第二章2013年~

デジタル写真に移行しています。


アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。



詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

お問い合わせは、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-22 18:13:48

踏み出す勇気

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムへ行き、

全部で20R練習し、

その内3Rのマスボクシング、

最後に筋トレ、懸垂と腕立てを

3セットずつ行った。

 

最近、雨の日が多く、

朝のロードワークができないが、

ボクシングジムでの練習は

雨の日でも自由にできるので

助かる。

 

朝のロードワークは、昔は、

毎日のように行っている時期もあったが、

今では、週3日、4日できれば上出来だ。

天気次第でできない日もある。

 

朝の練習を週3、4日、午後の練習を週3、4日できれば

満足で、

40代の体力などのバランスを保てる。

むしろ、オーバーワークに気を付けながら、

月、半年単位で続けるように心がける。

 

将来的に再び、

 パキスタンやインド等を撮影するのならば、

ボクシングによるトレーニングは

欠かせない。

 

自分にとっては、

これだけ練習をして何か不測事態に巻き込まれても

しょうがないなとか、

アジア方面の撮影旅はもう何度も行っているが

毎回、大きな怪我もなく

無事に戻って来ているという縁起担ぎや、

 

自分の中で、カメラや道具等に頼らなくても、

身一つでボクシングという自信になるものが

あると

海外の旅先では救われる。

特に、ボクシングの防御はよく考えられていて、

急所の頭部や心臓などを守る術がある。

もちろん、

背後から狙われたり、

銃などで撃たれたらなす術もないと思うが・・・。

 

結局は、

自分の中での気持ちの問題だ。

 

周りに言葉が通じる日本人や、

信頼できる病院などがなくても、

数ヶ月に渡って、

撮影旅を続けようとする

意志やプライドがある。

 

旅先では、

所々、直感や判断が大切な時があり、

 

 色々と考えながらも、

最後は直感が大切だし、

踏み出す勇気も必要だ。

 

日本でただ仕事や生活をするだけなら、

旅先での直感が鈍るが、

 

日本でもボクシングを続けると、

直感や判断力も鍛えられる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-22 17:37:25

FACE ASIA VOL.1917

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

チベット仏教徒の巡礼道。

 

ヒマラヤの森に囲まれ、

野猿や牛が自由に行き交う。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 17:32:17

FACE ASIA VOL.1916

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

チベット仏教徒の巡礼道。

 

野猿や牛が

自由に餌を食べていた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 10:06:33

FACE ASIA VOL.1915

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

チベット寺院の中では、

無数のロウソクが灯されていた。

 

負の歴史を忘れないという想いや、

平和への祈りが感じられた。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 09:55:21

FACE ASIA VOL.1914

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

チベット寺院の敷地内には、

顔写真が貼られた幕も展示されていた。

 

「チベットの自由の為に犠牲になった者達」と

解釈されるのかもしれない。

 

しばしばニュースで話題になる

チベット仏教徒や巡礼者の焼身自殺者も

含まれるのかもしれない。

 

顔写真の背景の炎が

焼身をイメージさせられる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 09:46:03

FACE ASIA VOL.1913

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

チベット寺院の敷地内にある壁画。

 

この前で写真を撮る者も

見受けられた。 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 09:32:42

FACE ASIA VOL.1912

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 17:37:00

向上心や反骨心

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムへ行き、

全部で20R練習し、

その内の3Rマスボクシング、

 

最後に筋トレ、

懸垂と腕立てを3セットずつ行った。

 

ボクシングのある生活は、

刺激的だ。

もちろん、その分きつい部分もあるが。

 

日本でボクシングをしないと、

生きがいややりがいや達成感を

感じないことがある。

 

長年、アジア地域の撮影旅を繰り返すと、

撮影旅自体が刺激的になる。

旅や撮影は、スポーツだ。

 

 判断を誤れば病気や怪我に繋がるし、

最悪の場合は、死に至る。

盗難や置き引きに遭えば、

撮影旅の撮影の部分は、それで終わってしまう。

 

臨機応変に対処して、

体調管理や機材管理などに気を付けながら、

旅を続けて

なるべく良い写真も撮影し残し続ける。

 

ボクシングでも、

実践練習のマスボクシングでは、

相手のパンチをなるべくもらわないように

防御をしたり、避けたり、

距離感を保ったり、駆け引きをしながら、

有効打のパンチを放つ。

たくさんの攻撃やコンビネーションも意識して、

どれだけ良いパンチが入ったとか、

試合のイメージが出来たりする。

 

アジアの旅でも、写真でも、ボクシングでも、

恐らく様々な分野の仕事でも、

けっこう共通することは多い。

 

まずは、自分自身の体力や気力や直感などが

大切だったりする。

 

ボクシングを行うと、

向上心や反骨心みたいなものも

 芽生える。

 

まだまだ技術や様々な力が不足していると感じたり、

何をやっているんだ自分と感じたり、

まだまだ色々な意味で終われないと感じたり、

自分の力だけではどうすることもできないことも

少なからずあると悟るし、

結局は、

「継続は力なり」で、まずは、定期的に続けようと

自然と本能的に思えて来る。

 

ボクシングが自分の肉体や気力の比重が大きいのに対して、

 写真は、もっと物資的道具的なこと、

他者的要因が多いに絡んで来る。

 

写真にも長所や短所があるが、

海外の旅には(どんなものであっても)

写真はなくてはならないものだし、

最後まで

まずは、続けたいと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 17:00:33

FACE ASIA VOL.1911

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

ヒマラヤの森にある

巡礼道。

 

チベット仏教のお祈りの旗で

遊ぶ子猿。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 16:57:13

FACE ASIA VOL.1910

テーマ:作品紹介

2013年6月/インド・ダラムシャーラー

 

ダラムシャーラーの街角で

突然現れる野猿。

 

 インドでは、

猿が出没する街が多い。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。