[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅から無事に帰国しました。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影

2015年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオスを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


第一章2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及びます。


第二章2013年~

デジタル写真に移行しています。


アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。



詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

お問い合わせは、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-23 20:50:18

リズム

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムへ行き、

全部で20Rぐらい練習し、

その内2Rマスボクシング、

最後に

筋トレ、懸垂と腕立てを

4セットずつ行った。


今日も蒸し暑くきつかったが、

良いトレーニングができた。


ボクシングを行うと、

生活のリズムも出て来る。


最近気になるニュースは、

動物のクマの

人的被害が増えているのと、


人間の通り魔的な

殺傷事件が

目立つことだ。


色々な原因があると

察するが、

何か地球の

リズムみたいなものも

狂っているのかもしれない。


地震の多発や、

大雨や猛暑等の

異常気象もそうだし、


テロ集団の行動も

気がかりだ。


例えば、

このままでは

地球が滅びる方向に

急速に進んでいる時に、

一部の感情のコントロールが

利かなくなって、


負の方向へ

悪い本能の赴くまま、

進んでいくような

感覚だ。


法に反して、

他者を巻き添えにしたり、

傷付けて、

自分や集団を優位に

立たせようとする。

そして、

滅びて行く。


クマは野生動物であり、

感情のコントロールは利かないが、

人間が縄張りに入った為に

子供を守ったり、

野生界の

弱肉強食の世界の中で、

種の保存を維持していく為に

人を襲っているのかも

しれない。


また話が色々と飛ぶが、


今年の春の花の色や

新緑も

妙に鮮やかだったし、

花粉も凄かった。


蚊や蛾やゴキブリ等の

虫も

例年に比べて

多い気がする・・・


今年は、

不倫の話題も

妙に多い気がする。


それぞれの

生き物が、

本能の赴くままに

種の保存を

するのに

必死の

感覚だ。


人には、

知性や人情等がある。


よりよく

賢明に

生きたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-23 20:42:52

FACE ASIA VOL.1795

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


放牧中の山羊が通り過ぎて行く。


パキスタンの山岳地帯は、

広くて深い。


郊外に出ると、

人にあまり出会わなくなる。


放牧中の光景には

しばしば出会う。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 20:39:05

FACE ASIA VOL.1794

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


急斜面を山羊の群れが

歩いていく。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 09:21:08

FACE ASIA VOL.1793

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


インダス川とスカルドゥの山々。


スカルドゥの標高は、

約2500m。


無名の山でも、

4000m級になり、

日本の富士山よりも

高い山が無数にある

印象だ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 09:16:19

FACE ASIA VOL.1792

テーマ:作品紹介


2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


インダス川とスカルドゥの山々。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 09:10:19

FACE ASIA VOL.1791

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


インダス川と、

趣き深い山。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 20:46:52

イチローのように続けること

テーマ:写真家日記

今日はボクシングジムへ行き、

全部で20Rぐらい練習し、

その内2Rミット打ち、

最後に

筋トレ、懸垂と腕立てを

4セットずつ行った。


とにかく蒸し暑く、

きつかった。

それでも、

練習後に

乗り越えた

喜びとやりがいなどがある。


生まれは愛知県で

大学で上京したが、

実家もまだあるし、

心のどこかには

愛知県もある。


同郷の偉人にイチローがいる。

コツコツとヒットを積み重ねて、

また大記録を達成した。


遥か昔には、

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康等、

偉人を輩出した県だが、

イチローも

1000年に1人の逸材、

偉人ではないだろうか。


特に35歳以上のプロのアスリートは

尊敬している。

肉体の限界を

経験や技術力でカバーしたり、

続けることの大切さを

教えてくれるからだ。


そのトップで別格なのも

40歳を超えている

イチローだろう。

怪我や病気を

あまりしないで、

現役を続ける、然もずっと第一線で

活躍を続けている。

その裏の努力や苦労や悩み

が大変なのは想像できる。

本当に素晴らしい。


同学年ではないが、

僕は高校時代硬式野球部だった。


イチローは高校時代は投手で、

僕の母校と試合をしたことがあったらしい。

母校は弱小の高校で、

練習試合か本試合かは

定かではないが、

イチローにノーヒットノーランをされたという

逸話を先輩から

聞いたことがある。


その逸話を聞いたのも、

イチローがプロになって

そんなに経ってない頃だったと思う。


愛知県には、

宇宙人的な考えや行動を

する人が稀にいる。


イチローの考えや反骨心や

バイタリティーや

人生論等が

同郷や同年代の

人間や、

インド等の撮影旅を続けている

写真家の端くれとしても、

何となく理解できる。


毎食、同じものを食べる

(自分はカレーライスではないが・・・)

というのも

理解できる。


理解できることは多いと思う。


結論は、

イチローには到底及ばないが、


人生は誰でも

一度きりであり、

自分自身である。

インドのヒンドゥー教の

輪廻転生とか、

仏教とか、

魂とか、

絡むと複雑ではあるが・・・。

基本、

死んだら肉体は終わりである。


まずは、

根気よく続けること、

信じ続けることが大切だ。


たとえ、

最後の1人になっても

闘い続けることが大切だ。


自分自身が

信じた道を歩み続けたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 09:50:23

FACE ASIA VOL.1790

テーマ:作品紹介


2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


インダス川を

いかだで渡る

現地の男性。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 09:45:03

FACE ASIA VOL.1789

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


荷物を背負った

年配の女性が、

普通に

登山道を歩いていく。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 09:39:30

FACE ASIA VOL.1788

テーマ:作品紹介


2013年5月/パキスタン・スカルドゥ


普段、

現地の人々が歩く道でも、

崖道になる。


なかなかの高さだ。


景色が美しいので

歩き甲斐がある。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。