[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅から無事に帰国しました。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影

2015年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオスを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


第一章2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及びます。


第二章2013年~

デジタル写真に移行しています。


アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。



詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

お問い合わせは、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-05 20:17:04

桜と新緑

テーマ:写真家日記

昨年の今頃は、

海外の撮影旅に出かけていたので、

4月と5月、

日本の花や新緑って

こんなにも美しかったのだなあと

再認識している。


自分の中では、

半分アジア人で、

半分日本人の視点や感覚。


僕自身は、

20代前半から、

様々なアジア地域を旅して、

撮影して来た。


最も行きにくいアジアの桃源郷、

パキスタン、フンザの杏の花や新緑は

確かに美しいが、

日本の桜のように

全国各地で咲き誇らない。


カンボジアのアンコールワットは

確かに素晴らしいが、

周りはどこか土っぽく、

花は咲き誇らない。


今までのアジア各地を思い出しても、

日本のような明確な四季があり、

自然が素晴らしい所は、

あまり思い浮かばない。


日本の各地で外国人観光客が

急増している。


近年、

日本を訪れる外国人観光客は、

タイ、マレーシア、シンガポールと言った

アジア系の人も多い。


円相場やビザの緩和も

あるかもしれないが、


春になれば花が咲き誇る日本、

治安が良い日本、

自然が美しい日本、


景色だけを見れば、

日本が桃源郷に映るのかもしれない。


気がかりなのは、

日本は島国であり、

地震大国であるということ。


首都直下型の地震が来たら、

運良く津波の被害はなくても、

家が密集しているエリアでの

火災で被害は拡大するかもしれない。


首都近郊の海で、

大規模な地震が来れば、

東京、神奈川の海沿いの

津波被害も

懸念される。


幾ら耐震構造になっているとうたわれていても、

高層ビルや高速道路の

安全神話も紙一重だろう。


首都の一極集中も、

将来を考えると、

何か方法はないだろうかと

心配になる時がある。


今の自宅で万一の時が

起こっても

助かりそうな命も、

例えば通勤時間帯の車内や、

都心に出向いた時に

その時の

タイミング次第では、

どうだろうかと

考える時がある。


結局は、

不安に駆られ過ぎて

毎日を過ごすのは

意味が無く、


どこか楽観的に

生きるしかない・・・

というのが結論である。


これからますます

少子高齢化になり、

日本の人口は、

減る一方だ。


これ以上の高層ビルや

新幹線のような速い乗り物は

必要だろうか、


原発がなくても

やっていけるのではないか・・・。


自然と共存する

街作りを進めて欲しい

と願わずにはいられない。


実は日本が一番の桃源郷である・・・

これが

自分がアジアの様々な各地を

回って

日本に感じた今の結論である。


永遠の桃源郷に

なって欲しい。


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-05 19:41:41

FACE ASIA VOL.1682

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・アッタバード湖


湖の色は、

エメラルド色で

美しい。




AD
2016-05-05 19:33:04

FACE ASIA VOL.1681

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・アッタバード湖


一定の人数が集まり、

フンザ側から

グルミットへ向けて、

船が出発。


現地の人々との

移動。





AD
2016-05-02 10:55:24

FACE  ASIA VOL.1680 

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・アッタバード湖


近年のパキスタン情勢もあり、

外国人観光客はかなり少ない。


人が集まってから、

船は出発する。


現地の人もまばらで、

出発するまでに

時間が掛かった。





2016-05-02 10:48:16

FACE ASIA VOL.1679

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・アッタバード湖


カラコルムハイウェイが

土砂と雪解け水で埋まった為に、

物流と人の移動は

今の頃、船しかない。


湖岸で荷物を運ぶ姿も

見られた。




2016-05-02 10:27:22

FACE ASIA VOL.1678

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・アッタバード湖


2010年に発生した地滑りと、

その後の雪解け水の流入に

よる

自然にできた巨大な湖。


パキスタンから中国へと続く

陸路のカラコルムハイウェイは

ここでいったん寸断され、

船による移動を余儀なくされる。


水は美しい色をしている。






2016-04-28 19:23:33

ボクシングの醍醐味

テーマ:写真家日記

今週は週3でしっかりと

ボクシングのトレーニングを

行った。


2週間ぐらい

ジムに行けなかったが、

早めに元の

トレーニング内容に戻した。


今日は、

20Rぐらい練習し、

その内、2Rミット打ち、

最後に筋トレ

懸垂と腕立てを4セットずつ行った。

ボクシングワークで

体力や腕力が消耗している

後での

筋トレが一番きつい。


今は、

色々と物質的にも時間的にも

自由に写真に取り組めないが、

ボクシングのトレーニグは

1日わずか約2時間ほどだ、

それで

肉体的には確かにきついが、

どこか自信に繋がる。

心の炎は消えないし、

体力も維持できる。


写真家は、

50代、

60代ぐらいから

勝負と

考えて良いかもしれない。


写真家として、

今の自分に足らないこと、

自分がやらなきゃいけないことは、

だいたい分かっている。


いずれ、

もっと自由に

自分の写真に取り組めるはずだ。

このままでは終われない。


話は変わるが、

昨日のボクシング、

内山選手の

試合は衝撃的だった。


対戦相手、コラレスの紹介VTR

が流れた時に

やたらハンドスピードが

速いとは

思ったが、

実際に試合を

行って

ここまでとは

思わなかった。


コラレス選手の

スピードも距離感も、

防御も攻撃も、

パンチの当て勘も、

素晴らしかった

1度目のダウンを奪った

カウンターは

凄かった。

試合で

あの

パンチはそうそう出せない。


メイウェザーをサウスポーにして、

もっと攻撃的なスタイル

にした感じだった。

一度目の減量に失敗した

話を聞いて、

プロとしてどうだろうかとは

思ったし、

好不調の波がありそうな選手だが、

まだ若いし、

将来が有望な選手には

間違いないようだ。


ボクシングにたらればはないが、

1度目のダウンをした後に

ダメージを抜け切る為に、

執拗にクリンチをして、

もっと逃げれば

良かったと思った。


内山選手ほどの経験豊富な選手なら、

相手のボクシングスタイルや

動向を見切って、

後半から

でも勝負できると

思った。


なにせ、

3ノックダウンで

早い段階で

TKO負けになってしまったら

元も子もない。


スーパーチャンピオンでも

絶対は無いという、

今回の試合も、

真剣勝負の

ボクシングの面白さ、

醍醐味である。


(自分自身が39歳ということもあり、)


プロボクシングという

かなり過酷な世界で勝負する

30代の選手は

特に

応援している。

技術力でカバーする

姿は尊敬する。


内山選手は人柄も素晴らしいし、

具志堅さんには及ばなかったものの、

連続防衛記録は本当に

素晴らしい。


今回は残念ながら負けてしまったが、

40歳ぐらいまで

まだまだやれるのではないだろうか。


30代の選手が

再挑戦する姿は

本当に

かっこ良いと思う。


また大舞台に

立つことを

心より願っている。


2016-04-28 19:16:20

FACE ASIA VOL.1677

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・フンザ


真ん中の上ぐらいに見えるのが、

フンザのお城、

アルティットフォート。


下から見上げると、

断崖絶壁に

建てられている。




2016-04-28 19:13:50

FACE ASIA VOL.1676

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・フンザ




2016-04-28 19:11:07

FACE ASIA VOL.1675

テーマ:作品紹介

2013年5月/パキスタン・フンザ




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。