[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-30 22:50:04

FACE ASIA VOL.1457

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


裸電球の下で、

営業するおじいさん。


ラホール旧市街の路地裏は、

迷路のようになっています。




AD
2014-10-30 22:20:24

FACE ASIA VOL.1456

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


アイスキャンディを売る屋台です。


昔の日本のような光景

かもしれませんね。




AD
2014-10-29 23:33:30

自分なりの仕事

テーマ:写真家日記

今日は、朝のロードワークで

8キロランニング、

懸垂を5セット、


ボクシングジムに行き、

全部で18Rぐらい練習して、

最後にここでも、

懸垂と腕立てを4セットずつ行いました。


昨日も同じようなメニューをこなしました。


疲れが抜け切らなかったり、

のどがイガイガする所と、


思った以上に回復するのと、


戸惑ったり、自信が付いたりの

繰り返しです。


トレーニングをすることは、

自分なりの仕事のつもりです。


写真家というのは、

写真を撮ったり、

まとめたりするだけではないのですね。


年齢を重ねても、

海外の長期撮影の為に、

丈夫な体を

なるべく

作るのも

仕事の一つです。


アスリートやスポーツ選手に近いのかも

しれませんね。

AD
2014-10-28 21:13:06

日本の大竹から、世界のOHTAKE(大竹)へ

テーマ:ボクシング

11月22日に

プロボクサー

世界ランカーの


大竹秀典選手が、

http://ameblo.jp/hidenori-ohtake/  


金子ボクシングジム所属

http://kaneko-boxing.com/  




イギリスのリバプールで

WBA世界スーパーバンタム級王者の

スコット・クイッグ選手に

挑戦します。



イギリスに渡って、

拳を交えます。



やっとこのチャンスが来たかと

とても嬉しいです。



相手は、

王者という実績のある選手で



何よりもイギリスと言う

アウェイの厳しい環境がありますが、



大竹さんは勝つはずです。



なぜなら、

大竹さんは

本物だからです。



練習光景は、同じジムで見ていますし、



生の試合も

後楽園で何度も

応援に行っています。



ボクシングスタイルは、

防御がしっかりしていて

ジャブで組み立てる

基礎に充実なんですね。

日本のボクシングの良い所の

典型だと思います。

遠距離・中距離、近距離でも

勝負ができ、

すべての種類の

パンチ力もあります。



肉体と心もかなり強い選手です。

今まで1敗しかしておらず、



2008年以降負けなしという

粘り強さ、

勝負強さもあります。



日本スーパーバンタム級では、

王座を獲り、



防衛を4度行い、



王座は世界を獲る為に

返上しただけで

負けてはいません。

日本スーパーバンタム級の強豪揃いの中で、

その安定した戦いぶりを見ても、

頭一つ抜け出ていました。



相手のスコット選手、

あくまでもユーチューブで見た

個人的な感想ですが、



回転力をよく使った

ストレートとフックと、

ボディーを得意とするようです。



ボデー打ちを多用するようです。



ただ欧米や南米ボクサーに見られる

少し荒削りな所もあるようです。



防御はしっかりしているものの、

一番重要である

ジャブやフットワークは

そんなに目立ったところはないようです。



ジャブの鋭さと、

肉体の強さと、

ボクシング職人のようなきめ細かさは、



大竹さんの方が上と見ています。



イギリスのパワーのボクシングか、



日本の技術的なボクシングが

勝つかになると思っています。



接戦になる判定にもつれると

(大竹さんは美しい見栄えが良い

ボクシングをするのですが)



外国のアウェイと言う不利な

条件はありそうです。



両者、とても強く

最後は

肉体と心の勝負に

なると思います。



凄い試合になりそうです。



大竹さんの粘り強い

ボクシングは

外国でも

魅了すると思っています。



世界のOHTAKEに

なるはずです。



(自分は生まれが名古屋であったり、

インドや様々な所を旅したり、

写真家という

職業柄、

本物を見分ける力は

人一倍あるはずだと

思いますので、

間違いないです。)



写真が、

大竹選手です。

日本スーパーバンタム級王座を

獲った時のものです。

(自分が撮影させて頂きました)


大竹さん、

サイボーグみたいな

凄い肉体です。


ジャブがよく伸びるのです。


今回の試合も、

「ジャブを制する者は世界を制する」

ことになるはずです。











2014-10-27 22:54:35

フィルムとデジタル

テーマ:写真家日記

今日はボクシングジムへ行き、

全部で20R練習し、

その内2Rのミット打ち、

4Rのマスボクシングを行いました。


最後に筋トレ、懸垂と腕立てを

5セットずつ行いました。


今週は、週4ペースで通い続けています。


ボクシングを行うと、

肉体的にはかなりきついのに、

心の充実感があります。

五感も冴えるし、

いろいろなことに気付きます。


トレーニングをしているのに、

心も旅をしているのですね。


アジアを長期で放浪している

感覚に近いものがあります。


インドを旅している時に、

肉体的にはけっこう大変なのに、

五感が冴えると言うか、

世界がよく見える時があるのです。


日本の日常生活に流され過ぎると、

鈍感になって来るのかもしれません。

日本ではボクシングによって、

鈍感力を鈍らせる部分もある気がします。


ボクシングのような激しい動作をすると、

埋もれがちになる感謝の心も

復活します。

何とかなるさと言う楽観的な所と、

今のままじゃまずいという

焦りも生まれます。


フィルムカメラとデジタルカメラで撮った

自分のものを

比較するのですが、


デジタルで撮ったものは、

妙に明る過ぎて撮ってしまうようです。

カメラや処理自体の問題もあるし、

撮る側の感覚も

変わって来るような気がします。

それが年代によるものか、

環境によるものか、

技術的なことか、

難しい所です。


昔、フィルムで撮ったものは、

どこか影があったりします。

妙な孤独や寂しさや緊張感も

写りこんでいたコマもありました。

年代によるのかも

しれません・・・。


結論は、

フィルムであれ、デジタルであれ、

どんなカメラでも言いから、

写真を続けるのが

大切。


40歳に近付くと、

いろいろなことにけっこう

開き直るのですね。

中国の儒学者だったでしょうか、

40歳にして~

という

感覚も分かる気がします。


夢や道が固まるのも

この時期でしょう。


話しは少し逸れるのですが、

(夢への挑戦と言えば、

逸れていないのですが)


10年間も、ずっとボクシングの練習でお世話になっている


下北沢の金子ボクシングジムから、


11月に

アウェイのイギリスで

WBA世界スーパーバンタム級王者

に挑戦する


大竹秀典選手の


正式会見が今日、

金子ジムであったようです。


大竹選手、

日本スーパーバンタム級王座を

(強豪と何人も対戦して、)

何度も防衛を重ねて来ました。

然も、

大竹さんが技術の高さで、

試合をコントロールする

ことも多かったです。


ようやく

世界挑戦の切符を手に入れたのです。


真の努力人、苦労人であり、

真の強いボクサーでもあります。


ヨーロッパという

アウェイという不利な条件はありますが、


個人的には、

勝つと思っています。

僕の頭の中では

描かれています。


大竹さんの肉体と心の強さと、

技術の高さと、

粘り強い

ボクシングスタイルは、


外国人選手相手の方が、

力を発揮すると思っています。


凄い試合になることは

間違いないようです。


大竹さん、昔の武士みたいな

心の強さを持つ

選手なのです。

肉体も、

外国人離れしています。

それだけでも相手よりも

格上です。


昔の会津藩でもある

福島出身です。


日本からのサムライ(刺客)が

世界の頂点を

崩す

・・・・

こういうイメージも湧きます。


だいぶ長くなりそうですので、

また

書きたいと思います。



2014-10-27 21:47:39

FACE ASIA VOL.1455

テーマ:作品紹介

2013年3月/パキスタン・ラホール


真っ白になりながら

レンガを運んでいました。


ロバと一緒に

撮影。




2014-10-26 22:25:23

FACE ASIA VOL.1454

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


レンガを運ぶロバは

よく見かけました。


パキスタンでは、

建築物のレンガが多く、


労働の担い手として、

ロバがよく駆り出されるのでしょう。




2014-10-22 22:51:19

FACE ASIA VOL.1453

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


パキスタンでは

よく見かける動物、

ロバ。


レンガを運ぶ光景も

よく見かけました。


先頭を切って、

黙々と働く姿は・・・

本当に

賢い動物だと思います。




2014-10-21 22:28:10

ボクシングとランニングと懸垂と腕立て

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムに通い、

全部で20R練習し、

その内2Rのマスボクシング、


最後に筋トレ、

懸垂と腕立てを5セットずつ行いました。


マスボクシングでは、

良いタイミングで右ストレートが入りました。


相手がサウスポーだと、

距離やポジショニングや、

身体の角度や重心などを

微妙に変えた方が上手くいき、

奥が深いです。


ボクシングのお蔭で、

学生の頃と同じぐらいの

体重を維持できています、


独特の筋肉

の付き方で

肩と太腿が逞しくなった気がします。


ボクシングの練習では、

最初と最後に必ず

縄跳びを飛ぶのですが、

(準備運動やクールダウンの

意味もあります)


(10年間でどれだけ

跳んだか分からない程です)


これもバネが付いたり、

リズムを取ったり、

ダイエットにも

有効的です。

大人になると、

縄跳びはなかなか

行わないものです


ランニングや筋トレは、

ボクシングに生かせそうなので

続けています。


筋トレは、

しばらくは懸垂と腕立てしか行っていないです。


個人差もありますが、

自然な力(自分の体重を利用して)で

腕力を付けた方が、

ボクシングで

使えます。


今まで東南アジア、南アジアという、

発展途上国、


ここ数年では、

インドやパキスタンという

けっこうハードな場所で


長期で撮影に出かけることが

多いのですが、


日本にいる時のトレーニングで、


ボクサー体型になることが、

一番

動き易いのです。


機材を運んだり、


時に、山岳地帯や

時に、混沌とした都市部を

撮影するのに、

バランスが良いのです。

ボディービルダーぐらい

重くなると、

撮影の時は

重い気がします。


理想は、

プロボクサーぐらいの体型よりも

脂肪を少し付ける

のが、

海外でも

身体を壊しにくいのです。


免疫力も高くなるし、

そんなに良いものを食べなくても

撮影を続けられるという

燃費も良いのです。


後は、

メンタル面でも

ハードな個人競技、

格闘技スポーツと言う

ボクシングの恩恵は感じられます。


長期の海外の撮影では、

「孤独に打ち勝つ」

ことなんですね。


ここ10年、

いろんなものを犠牲にしましたが、


写真家活動と並行して、


根気よく、

まずは、自分自身を信じて、


10年間、

理想の体型を求め続けたり、


ボクシングを続けてきたことは

誇りに想いたいものです。


今の時代は、

その道だけでは厳し過ぎるのですね。


もう一つ趣味以上の

特技を持ったり、


わらじを履けるなら

履いた方が良いのです。

2014-10-21 22:19:55

FACE ASIA VOL.1452

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


労働する牛。


随分、

筋肉質の牛でした。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>