[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-31 22:16:03

FACE ASIA VOL.1529

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・チラース


チラースまで来ると、


パキスタン山岳地帯

に入ったと

より実感できます。


ゴツゴツと

した岩が

増えて来ます。




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-01-29 16:44:00

FACE ASIA VOL.1528

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・チラース


カラコルムハイウェイ。


ベシャームの次に滞在した

山岳地帯の街、チラース。


ギルギットよりは治安が悪いと言われて

いましたが、

ここでは、

ほぼ自由に歩き回れ、

撮影ができました。


パキスタンと言えば、

パキスタン版デコトラも有名です。


細密画のように

装飾がされています。


パキスタンと中国を結ぶ

主要な道路の為、

トラックが

多く見られました。




AD
2015-01-28 22:47:47

FACE ASIA VOL.1527

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ベシャーム

パキスタンのラワールピンディーから

陸路(現地の交通機関を利用、一人で動いている為)
でカラコルムハイウェイを北上して、

ギルギット、

アジアの最後の桃源郷と言われているフンザを
目指しました。

それぞれの街でどんな人々が生活していて、
どんな風景が広がっているのか、

2004年にパキスタンは一度訪れているのですが、
どれだけ変わっているのか、

ラワールピンディーとギルギットの
間に位置する
ベシャームにまずは撮影の為に
滞在しました。

ところが、
ベシャームは最近は治安が悪い
(このエリアで、イスラム教同士の衝突があった・・・)
ということで、
街の郊外には
自由に行けませんでした・・・。

宿を出ると、
パキスタンの私服警官が付いて来ました。
近年のパキスタンの一部危険地域は、
外国人の誘拐を警戒して、
警官が護衛に付く所もあるようです。
頼んだわけではないのですが、
そうなっているようです。

村ぐらいの小さな街ですが、
買い物をするだけでも、
警官を待たせてしまうので、
動きにくいです。

これだと、
現地の人々の良い表情を
上手く撮れないので、
ほぼ撮影を断念、
今後のルートを決めたり、
宿で休養にあてることにしました。

宿の屋上は開放されていて、
きれいなひこうき雲
を描く
飛行機が飛び立っていく
光景を目にしました。

ほぼ缶詰め状態で
撮った写真ですので、
何だか
思い入れが深いのです。




AD
2015-01-27 20:24:27

FACE ASIA VOL.1526

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー



2015-01-26 22:53:01

FACE ASIA VOL.1525

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー



2015-01-23 22:57:44

FACE ASIA VOL.1524

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー


子供達だけで、


荷物を運んでいました。







2015-01-22 20:01:36

理想は永世中立国になること

テーマ:写真家日記

最近のニュースは不穏である。

特にイスラム関連のニュース。

2001年の大規模テロ、
アフガン戦争、
2003年のイラク戦争から、
10年以上も経っているのに、
何も変わっていない。

負の歴史は永遠に繰り返されるのだろうか・・・。

今まで多くの国を旅して来て
様々な祈りの光景も目にして来た。

人間には信仰の自由があるし、
尊敬はする。

現地の大部分の人達は穏やかであり、
平和である。

ただ、ごく一部の原理主義の残虐な行為の
ニュースを聞くと、
いたたまれない。

海外を頻繁に撮影する
者としても、
他人事でない。

宗教絡みは、
遥か昔の歴史も複雑に絡み合って、
日本人には深く理解できないのかもしれない。

もし、タイムスリップができる機械が発明されたら、
昔の神が残したとされる文書に、

「戦争や争い、あらゆる揉め事は禁止」
「一切の暴力は行ってはならない」
「殺人は地獄に落ちる」
などと書き加えて貰うように
働きかけるのではないか・・・・。

それぐらい現在も、未来も、
実に不安定である。

大きくなると、
将来的には、
欧米諸国VSイスラム になりかねない。

日本は、平和への道を
模索するべきである。

その一つが、
あくまでも理想論だが、
「永世中立国」になることである。

今回の人質のケースの深刻さは、
経済支援することが、
イスラム国に対して、
(政治・宗教の)欧米諸国の仲間と思われているからである。

イラク戦争辺りから、
欧米の仲間と、
もうすでにそう思われているかもしれないが、

経済支援すると大きく発表することで、
今回の日本人の人質状態を
より深刻にしてしまった
可能性もある。

何も言わなければ、
ひょっとしたら、
より時間が解決してくれた
かもしれない。

戦争・政治にまつわる後方支援・経済支援は
慎むべきである。

誤解を真似かねない一切の支援をしないこと、

もちろん一切の戦争はしないこと、
永久の戦争放棄を誓い、
「永世中立国家」になること。

もし、万一攻撃をして来る国があることを
想定すると、
かなり難しいが、
自国の防御の為の
最低限の自衛力は必要である。
もちろん永久に戦争はしない。

ただ、戦時中の日本の
負の歴史も複雑にさせている。

将来的な世界に対する
日本の立ち位置を明確にしないと、
(より平和・平穏な方向へ進まないと)

日本でも、
フランスなどの国のように
テロの
標的にさらされる可能性も
否定できないだろう。

オリンピックも控えているし、
経済を優先にし過ぎると、
リスクも高くなりかねない。

永遠に平和優先の国に
なることが大切である。

いつも犠牲になるのは
一般市民と
ならないことを
願うばかりである。

2015-01-22 19:05:22

FACE ASIA VOL.1523

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー


野菜や果物を中心にした

市場。


親と子のラクダが

いました。





2015-01-21 20:43:06

FACE ASIA VOL.1522

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー


凧揚げをする少年。


凧揚げは、

インドやパキスタンでも

見られました。


この凧揚げは

少年が作ったものかもしれませんね・・・。




2015-01-20 23:17:36

FACE ASIA VOL.1521

テーマ:作品紹介
2013年4月/パキスタン・ラワールピンディー


家の前を

掃除していた女の子。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>