[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-22 22:51:19

FACE ASIA VOL.1453

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


パキスタンでは

よく見かける動物、

ロバ。


レンガを運ぶ光景も

よく見かけました。


先頭を切って、

黙々と働く姿は・・・

本当に

賢い動物だと思います。




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-10-21 22:28:10

ボクシングとランニングと懸垂と腕立て

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムに通い、

全部で20R練習し、

その内2Rのマスボクシング、


最後に筋トレ、

懸垂と腕立てを5セットずつ行いました。


マスボクシングでは、

良いタイミングで右ストレートが入りました。


相手がサウスポーだと、

距離やポジショニングや、

身体の角度や重心などを

微妙に変えた方が上手くいき、

奥が深いです。


ボクシングのお蔭で、

学生の頃と同じぐらいの

体重を維持できています、


独特の筋肉

の付き方で

肩と太腿が逞しくなった気がします。


ボクシングの練習では、

最初と最後に必ず

縄跳びを飛ぶのですが、

(準備運動やクールダウンの

意味もあります)


(10年間でどれだけ

跳んだか分からない程です)


これもバネが付いたり、

リズムを取ったり、

ダイエットにも

有効的です。

大人になると、

縄跳びはなかなか

行わないものです


ランニングや筋トレは、

ボクシングに生かせそうなので

続けています。


筋トレは、

しばらくは懸垂と腕立てしか行っていないです。


個人差もありますが、

自然な力(自分の体重を利用して)で

腕力を付けた方が、

ボクシングで

使えます。


今まで東南アジア、南アジアという、

発展途上国、


ここ数年では、

インドやパキスタンという

けっこうハードな場所で


長期で撮影に出かけることが

多いのですが、


日本にいる時のトレーニングで、


ボクサー体型になることが、

一番

動き易いのです。


機材を運んだり、


時に、山岳地帯や

時に、混沌とした都市部を

撮影するのに、

バランスが良いのです。

ボディービルダーぐらい

重くなると、

撮影の時は

重い気がします。


理想は、

プロボクサーぐらいの体型よりも

脂肪を少し付ける

のが、

海外でも

身体を壊しにくいのです。


免疫力も高くなるし、

そんなに良いものを食べなくても

撮影を続けられるという

燃費も良いのです。


後は、

メンタル面でも

ハードな個人競技、

格闘技スポーツと言う

ボクシングの恩恵は感じられます。


長期の海外の撮影では、

「孤独に打ち勝つ」

ことなんですね。


ここ10年、

いろんなものを犠牲にしましたが、


写真家活動と並行して、


根気よく、

まずは、自分自身を信じて、


10年間、

理想の体型を求め続けたり、


ボクシングを続けてきたことは

誇りに想いたいものです。


今の時代は、

その道だけでは厳し過ぎるのですね。


もう一つ趣味以上の

特技を持ったり、


わらじを履けるなら

履いた方が良いのです。

AD
2014-10-21 22:19:55

FACE ASIA VOL.1452

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


労働する牛。


随分、

筋肉質の牛でした。




AD
2014-10-20 22:46:35

FACE ASIA VOL.1451

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


山羊の肉(マトン)を捌いていました。


路上で様々なことを行う光景は、

アジアでは

御馴染みです。


鳥や、牛や、豚を東南アジアでは

よく見かけるのですが、


パキスタンでは、

宗教上(イスラム教)の理由から、

マトンやチキンが主流です。


主に南アジアの料理のマトンとは、

羊のことではなく、

山羊のことのようです。


インドでも、

パキスタンでも、

山羊を飼育している所を

よく見かけます。




2014-10-19 22:41:40

FACE ASIA VOL.1450

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街の

路地。


職人さん。



2014-10-18 22:29:24

FACE ASIA VOL.1449

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


パキスタンでは、

この乗り方を

何度も見かけました。


たいてい速く通り過ぎますので、

止まっていた所を

パシャリ。


小さい子供なら、

前に2人、


後ろに2人は、

当たり前なのかもしれませんね。





2014-10-17 19:58:30

力の加減

テーマ:写真家日記

今日も朝のロードワークで

8キロランニング、

懸垂を5セット、


午後ボクシングジムへ行き、

全部で20R練習し、

最後に筋トレ、懸垂と腕立てを

5セットずつ行いました。


ボクシングを

続けることで、

心のバランスが保てている

気がします。

肉体的には、けっこうきついですが・・・。


ボクシングでは、

程良い力加減、良いタイミングで

パンチを打つと、

スピードが乗り、

威力が出たり、

相手に有効打を与えます。


初めからガチガチで

パンチを打っても、

良いパフォーマンスができません。


最初はリラックス状態で、

インパクトの瞬間だけ

力を入れるのが

コツです。


トレーナーから良く言われるのは、

「腕が紐で、拳(グローブ)が石である」


紐で結ばれた石で

殴られると

脳震盪を起こすぐらいの

衝撃があります。


腕を紐のようにリラックス状態にして、

インパクトの瞬間に

拳を石のようにピンと弾く。


世界ランカーのプロボクサーを

見ると、


程良い力加減で視野が広く、


ジャブを制する者は世界(試合)を制すると

言われるように、

特にジャブがしなやかで

とても良く伸びます。

良いパフォーマンスが生まれます。


海外を旅をする時、写真を撮る時でも

勉強になります。


例えばインドのような独特の国では、

ガチガチで旅をしていると、

怒ってばかりいたりすると、

(初心者にありがちなことかもしれませんね・・・)


悪い人を引き寄せたり、

高額なツアーを組まされる人もいます。

旅が思うように進んでいかない

というケースはけっこうあります。


どこかで気持ちのゆとりを持たないと、

周りがよく見えなくなります。


写真を撮る時でも、

「良い写真を撮ってやる」

というガチガチの状態では、

(その野心みたいなものは、

どこかで必要なのですが、)


良い瞬間や人や自然を

上手く引き寄せません。


肩透かしを食らったように

歩いても歩いても

なかなか良い写真をものに

することができません。


どこかで気持ちの余裕を持ったり、

少し諦めの気持ちも持つと、

素晴らしい光や瞬間や人に

出会ったりします。


「リラックスした状態で構え、

周りをよく見て、

素晴らしい光や瞬間や構図が決まった時に、

インパクトの瞬間に力を入れて

シャッターを切る」


これが

急に被写体が飛び込んで来る

路上のスナップの基本だと思っています。


止まっているポートレートや

絶え間なく動くスポーツなどでは、

また微妙に違うと思のですが。


写真のスナップは、

ボクシングのジャブに

とても似ています。


個人的には、

銀塩カメラ、フィルム時代の方が、

満足いく

スナップが撮れていた気がします。


デジタルだと、

たくさん撮れるので、

集中力が

落ちるのかもしれません・・・

まあ、

何でも慣れだと思いますが。


スポーツをする時でも、

撮影でも、


どんな分野でも、


良いパフォーマンスをするには、

力加減は、

とても大切です。


理想に近づくのは、

頭では分かっていても、


身体で実行するのは、

なかなか難しいものです。


2014-10-17 19:55:14

FACE ASIA VOL.1448

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。


風船売りと

子供。




2014-10-16 22:50:14

FACE ASIA VOL.1447

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホールの旧市街。


肉の塊を

運ぶ男とすれ違いました。


日本だと

包装されていたり、

今の時代では

もうあまり見ない

光景かもしれませんね。




2014-10-15 17:53:40

ボクシングと海外撮影に通じるもの

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムへ行き、

全部で20R練習し、

その内2R、飯田トレーナーと

マスボクシングを行い、


最後に、

懸垂と腕立ての

サーキット筋トレを5セット

行いました・・・

最後の方は、

腕が

上がらなくなるほどでした・・・。


毎週定期的に、

なるべく連勤でボクシングを

続けることでだんだん力が

付いて来ます。


ずっとマスボクシングという

実戦練習も続けているのですが、

このマスボも

かなり奥が深いのです。


間合いやフットワークや、

動体視力や判断力、

防御技術の練習になり、


最後は寸止めして、

パンチを引くのですが、


どういうタイミングで打てば

有効打になるとか、

攻撃の練習にもなります。


腕力も、

2R~4R動き続ける

スタミナの練習にもなります。


相手が変わると、


オーソドックスや、

サウスポー、


ガードを高くしたり、


フリッカー気味に

ジャブを出したり、


ボクシングは、

対人スポーツであり、


疲れた中でも、

より良く判断して、

より良いパフォーマンスを

しなければなりません。


海外撮影に通じるものが

あります。


海外撮影では、

(主にインドやパキスタンや東南アジアなどを

回るのですが、)


不測の事態が起きることも

多く、

よりよく判断して撮影旅を続け、

完結しなければなりません。


瞬間的なスナップを撮る時は、

全体の光景を把握して、


この時間帯のこの光でとか、

広角やズームでここを切り取るとか、

人物がここに入って来たらとか、

なるべくより良いタイミングで

シャッターを切ることを

心掛けます。


自然な表情を撮るポートレートでは、

理想とする・憧れる現地の人達

を撮らせて貰います。

老若男女を問わずですので、

中には、怖そうな屈強な男もいたりします。


その人の表情や仕草から、

この人なら写真を撮らせて貰って

大丈夫だろうとか・・・

より良く判断します・・

こういう人はまず厳しいだろうとか、

だんだん分かって来ます。


ポートレートを

撮る時も、

なるべくよりよい間合いを計るように

心掛けます。


写真を撮るという行為や、

カメラは、


人や場所や習慣や宗教やタイミングなどに

よっては、

相手を傷付けてしまうこともありえます・・


その瞬間の写真に時代性を感じるならば、

多少のことを犠牲にして

(報道はそういう部分もありますね・・・)

心を揺さぶる写真が撮れることも

否定はしないのですし、


写真の分野や職業によって

一概には言えない複雑な所もあります

・・・

でもやはり、

なるべくは

避けたい所です。


相手も平和に、

気持ち良く帰ってもらうのが

理想なのでしょう・・・。


特に海外では、

言葉の繊細なコミュニケーションが取れませんので、

写真を撮ることで、カメラを向けることで

誤解が生じても

撮影者に非があることも

想定しなければなりません。


最悪の場合は、

殴りかかられたり、

銃で撃たれる

ケースも全くないとは言えない

のかもしれません・・・。


最悪の場合は、

ボクシングの防御やフットワークで

避ける、

もしくは、

急所をはずす

覚悟でいたいものです・・・


2004年にパキスタン国境から

陸路でアフガンに入らなかった所から、

(本当の報道カメラマンとしては失格でしたが、

写真家としては、それはより良い判断でした・・・)


自分なりの

写真家のトレーニングは

続いています・・・

これからも

何歳になっても

続けていきたい所です・・・。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>