[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅から無事に帰国しました。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影

2015年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオスを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


第一章2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及びます。


第二章2013年~

デジタル写真に移行しています。


アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。



詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

お問い合わせは、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-01 21:01:18

ボクシングジム通い再開

テーマ:写真家日記
長期の撮影旅から帰国後、
3ヶ月半ぶりに
ボクシングジムで
トレ―ニングを
再開しました。

撮影旅に出ている間は、
今回も無事に戻ったら、
ボクシングも続けようと
思っていました。

確かにきついのですが、
生きているというや喜びや自由
も実感します。
運動量や汗の質が違います。

海外の長期撮影旅には、
体力、精神力、腕力、
判断力、自己防衛力等、
様々なものが必要です。

60歳以上まで続けるには、
より大切になるでしょう。

何歳になってもやれるところまで続け、
まずは、45歳を目標に
続けます。

今日は、全部で18R練習し、
筋トレ懸垂と腕立て伏せを
4セットずつ行いました。

ボクシングは、
攻撃と防衛も学べるので、
海外での万一の時も役に立つ
時もあるかもしれません。

色々と今が踏ん張り所ですが、
諦めずに頑張ります。
ボクシングをやると、
前を進むしかないという前向き、
強い気持ちになるので
恐るべしです。
肉体は確かにきついのですが、
不思議です。
不安や恐怖が
和らぎます。

写真という一つの道だけだと、
灯台もと暗しということになりかねません。
ボクシング、トレ―ニングを
することで、
どこか
俯瞰的に見れます。
相乗効果に
なることを期待したいと思います。



AD
2015-06-25 23:42:09

12キロ

テーマ:写真家日記
今日は、
12キロのランニング、
懸垂を4セット、
シャド―を行いました。
昼間の炎天で行いました。

今は、身体は重いし、
筋肉もまだまだ付いて来て
いませんが、
とにかく継続したいです。

アジアの日中は、
35度以上になることも珍しくないので、
何歳になっても、
どこの場所でも撮影できるように
鍛練したいです。
まずは、
日本の梅雨、夏に勝たなくては
なりません、、

もう一度、
肉体作りから
始めます。



AD
2015-06-23 22:32:54

8キロと39歳の壁

テーマ:写真家日記
今日は8キロランニング、
懸垂を3セットの
後、
ボクシングのシャド―を
約20分ノンストップで
行いました。

3ヶ月もジムを離れると、
パンチの打ち方が
いまいちしっくりこないです。
もう少し体力を付けて、
戻りたいものです。

昨日4キロ、
今日早速、倍の8キロに伸ばせました。

39歳の壁というのは、
あると思います。
長期の撮影旅のあとは、
たいてい同じペースで、
体力を戻します。

2年前よりも、
筋肉の回復が遅いです。

例えば、プロボクサ―では、
近年は選手寿命が長くなりました。
恐らく、
食事の改善、練習の環境、
ボクシング業界、街、国の環境の進歩等が原因かもしれません。

それでも、35歳はまだ多くいるとしても、
39歳以上の選手になると、
ぐっと減る印象です。
特に瞬発力と
スピードが命の軽量級です。

以前に、
井上選手に一方的に敗れた
ナルバエス選手は、
確か39歳でした。
どんな超人と思われる人でも、
年齢には
勝てないと思いました。

レベルが違いますが、
日頃のトレ―ニングでも、
年齢を実感します。

ただ、それらを踏まえて、
続けることです。
70歳までは、
頑張れば、そこそこ
体力は、
維持できると思います。

まずは、
45歳を目標に
鍛え続けたいと思います。

旅の理想も諦めません。

最後の最後の、
アジアの
桃源郷のアフガニスタンも、
もっと治安が良くなって、
その年齢で見切ったら、
その撮影旅で最悪、
最後になっても良いと思えたら、
撮影をしたいものです。
なるべく首都だけでなく、
全土を陸路で撮影したいものです。

首都だけなら、
航空券など、
お金の問題だけで行ける気も少しあります。
ちょっと行って、
すぐ帰るのは自分の撮影スタイルでは
ありません。

今、行ったら50、50でしょうね。
リスクがあり過ぎます。
イスラムに改宗するか、
言葉を覚えるかで、
軽減されますが、
そこまで別の負担が出てきます。

アフガニスタンだけでなくても、
行きたい、撮影したいところは、
山ほどあります。

季節を変えたり、
定期観測のように、
何年後かに同じところへ
行ってみるのも写真家には
大切なことです。










AD
2015-06-22 22:21:28

コツコツと

テーマ:写真家日記
帰国して約1週間経ちました。
時間の流れはあっという間です。

焦りそうになりますが、
一つずつ、前へ進みます。

日本でのトレ―ニングも再開しました。
まずは、手始めにランニングと懸垂。
4キロしか走れず、
自衛隊式懸垂は一度に最高4回が限度でした。

長期の撮影旅でけっこう
歩いたりしていたのですが、

走るのと懸垂用の筋肉は使っていないので、
かなり落ちているようです。

全盛期の、懸垂最高11回、
ランニングも10キロをなるべく速く走れるように、
また一から鍛え直しです。

ボクシングジム通いも、
なるべく早めに再開して、
また強くなりたいものです。

60才まで
生き残り、そのあとは
本当の体力勝負になるから、
多少遠回りしても、
重要な30代後半、40代は、
なるべく肉体は鍛えます。

写真の方も、
デジタルに変更して2度目の長期撮影旅を
無事に終えました。
フィルムで10年以上は
続けましたので、
もう10年以上続けて、
色々とノウハウを作りたいものです。

ないものねだりの世の中ですので、
無駄だったと言うよりも、
良い時代、良い経験だったと思うようにします。

デジタルは、まだまだ試行錯誤の
段階です。
撮影の仕方全般は、
身体で覚えたと思います。
前回、
思いきって、パキスタンへ撮影に行った経験は
かなり大きいです。

今回も、前回を継続するという
意味でも、
良い撮影旅でした。

色々とやらなきゃいけないことは、
山積みですが、
コツコツと行いたいものです。

完成するよりも、
未完成の段階、
夢や理想を求め続ける方が、
生きる喜びを
感じると信じます。












2015-06-19 14:11:28

帰国しました。

テーマ:写真家日記
アジア方面の約3ヶ月の
撮影旅から無事に戻りました。

あっという間でした。

日本に戻ると、どこか安心しますね。
言葉が通じるし、
体を壊しても信用できそうな病院も
あるからでしょうね。

飛行機が成田に到着した瞬間、

写真デ―タを自宅で重ねてバックアップしている時、
到着した日に久しぶりに銭湯に行って湯船に浸かった時、

久しぶりに日本のお米と味噌汁を食べたとき、

幸福の瞬間です。
日本の食事や調味料は、
本当に優秀です。
東南アジアも、
インド圏よりも
食事面は何かと助かりましたが、
日本よりは落ちます。

少し経つと、現実に戻ると言うか、
やらなきゃいけないことが
頭に溢れて来ます。

一つずつ、コツコツと
進んで行くしかないです。

時間はかかるかもしれませんが、
写真家としても、
まだまだ終われないです。

まあ、
いろいろと少しずつ
再開していきます。

健康面には
気を付けたいです。

長期の撮影旅は、
行く前と、
落ち着くまでの
帰国してからが大変なのです。

なるべく早めに態勢を整えたいと
思います。

今、パソコンが塞がっていますので、
もっと落ち着いたら、
随時、
写真も更新していきます。















2015-06-15 19:08:00

明日、日本へ

テーマ:写真家日記
今、バンコクにいます。

今日の夜の飛行機で
日本に戻ります。

自宅に戻って、
今回の写真を重ねて
バックアップして、
撮影旅の一段階が
終わる気がします。

自宅に戻るまでが、
旅ですね。

また、
落ち着いたら、
色々と振り返りたいと思います。

とりあえず、3ヶ月は、
あっという間でした。
2015-06-11 21:52:59

明日、バンコクへ

テーマ:写真家日記
今、タイの北部にいます。

ラオスの国境を
越えて、タイ側に入りました。

タイの道路、電気、宿での設備、ネット通信、
物の種類等、
今回訪れた周辺国よりも
豊かです。
タイを離れて、
約80日間放浪、撮影していましたので、
肌で感じます。

タイの、
片隅の地方でもそう感じるので、
近年の発展は凄まじいものがあると思います。

明日、長距離バスで
首都のバンコクへ向かいたいと思います。
約15時間の
長丁場です。
北から一気に下る感じです。

川の向こう側がラオスです。




2015-06-09 19:38:19

明日、ラオスタイ国境へ

テーマ:写真家日記
今もまだラオス北部にいます。

昨日まで、
田舎に滞在していたら、
宿もレストランもwifi が
ほぼない所でした。

今日、ネット状況は少しましな
街へ来ました。
宿では使えず、
近くのレストランで
更新しています。

明日、ラオスとタイの国境の
街へバスで向かいたいと思います。


レストランと言っても、
屋台っぽい感じです、




メニューは
あまりなかったのですが、
フライドライスがあり、
助かりました。
日本でいう、
チャ―ハンですね。





2015-06-04 20:42:29

駆け足

テーマ:写真家日記
今もまだラオス北部にいます。

2003年に撮影した場所と同じところを回っているのですが、
街、村がだいぶ発展しています。

街がタイ化、中国化していて、
何故か昔を思い出せない所もあります。
特に、当時の雰囲気のあった空き地、
味のあった未舗装の道路が
分からないです。

道路が広く、
街が区画されて、
分からなくなったのかもしれません。

庶民の原付バイク、
物や道路関連、運搬の大型トラック
がかなり増えました。
タイと中国への陸路のアクセスが
格段に良くなり、
2003年よりも、大型家電の値段が安くなったり、
ラオスの人々の購買力も上がったのでしょう。


携帯、スマフォ、バイク、車を販売する、修理するお店、

銀行、中国経営のホテル等が増えました。

コンビニはあまり見かけず、個人商店の方が多いものの、これから先はどうなることやらです。

ラオスは、
ラオス独特の、のんびりした雰囲気があって、
街の発展も遅いかなぁ、、
とかどこで思う部分もあったのですが、
意外に時間の流れは早いです。

もう少し、
調査する感じで
時間の許す限り、
色々な場所を回りたいと思います。

最後、何だか駆け足になりそうです。
ある程度見切ったら、
タイの北部に再入国して、
後は、一気に
帰国便のある
バンコクまで
長距離バスで下る予定です。








2015-06-03 00:34:18

3つの大きなテ―マ

テーマ:写真家日記
病み上がりだと頭が冴えます。
生きなきゃ
という生きる防衛本能が働くのでしょうね。

スマフォの良いところは、海外でも寝ながら簡単に更新できるところ。
メモ代わりにざっと書いておきます。
噴火や地震は、これからいろいろなところで起きるでしょうね。
地球の尾根であるエベレストで歪み、ずれ、変化、自然現象が出たということは、それより低い所で同じことは起きると
思います。

どこでいつとかは、明確には、人間じゃ分からないと思います。
今いるラオスかもしれないし、故郷の日本、今の自宅のある東京かもしれません。個人的には、2021年までを目安に関東圏でも起こる可能性は高いです。
生き延びるか、夢半ばで散るかは、
運やタイミングの良し悪しもあります。

できることは、
自分の信じた道を最後の最後まで続けたり、
様々なものに感謝や謙虚な気持ちを持ち続けること等だと思います。

戦争や争い、揉め事は論外でしょうね。
人前で声を荒立たせるのも、個人的には、避けたい所です。スポーツや格闘技という法やル―ルに則ったものは、大切です。

話が大幅にそれました。

写真家は登山家や格闘家や小説家等に似ています。
別にそれが他者に評価されてもされなくても、
まずは、自分が良いと思った信じたものを頑なに続けることです。
これで良いのかなと不安もありますが、
まずは続けることです。
同じ道の先人等もたくさんいますが、
まずは続けることです。

今、大きく分けて3つの部類、テ―マで写真を撮り続けています。
それを更に細分化すると20ぐらいに分かれると思います。
ここでは書かないです。

大した事がないかもしれないし、
一馬力では、一つの大きな仕事かもしれません。

日本に戻っても色々とやることがあって、
今は、
自分の写真になかなか集中できないかもしれません。
いつか形にするために、
コツコツと続けます。

時間や時代が解決するでしょうね。

未来の仕事に関係する方がいて、
信用できる方なら、
頭に思い
描いていることを提案すると思います。

現地で深夜12時近く、
お酒も飲まず、普通の状態、ただ眠い状態で、
ざっと思い付いたことを書いてみました。

これが現地で散っていって、最後の最後に書けば良いことかもしれませんが、
たいてい生き延びて無事に日本に戻って
後でも見ると、
恥ずかしいかもしれませんね。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇