[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅へ行って来ます。


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-28 23:12:14

旅の時間

テーマ:写真家日記
日本を離れて10日間ほど経ちました。

現地の食事、生活、リズムに慣れたり、
これぐらいから、
いつもの旅の時間、感覚を取り戻しそうです。

撮影のリズムもだんだん
取り戻しています。

写真があると、
意外とゆっくりできない気もしますが、、。

毎日のように、
汗だくになりながら、写真を撮っています。
日本の真夏のような気温ですので、
歩くだけでも、汗が出ます。

ペース配分を考えないと、
これからさらに80日間もたないので、
上手く努めたいものです。

更新は、引き続き、
簡略化しようと思います。
最悪、生きて写真を撮り続けているという
証があればよいかと。

今回、初めてスマホを
持参しましたが、
一応、更新はできるし、
万歩計、メモ帳、海外の時計、
懐中電灯も使えるし、
便利です。









AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-03-26 23:39:05

アンコ―ルワット

テーマ:写真家日記
アンコ―ルワットのある街、
シェムリアップに到着しました。

久々のアンコ―ルワットは、
やはり
素晴らしいです。

しばらく滞在しようと思います。

写真は、今日撮ったスマホから



AD
2015-03-26 00:40:06

カンボジア国境滞在

テーマ:写真家日記
今日、陸路でタイとカンボジア国境の、
カンボジア側に移動して来ました。

カンボジア入国しました。

国境は、昼間はトラックの往来が激しく、
夜中は、不気味な静けさですが、
11、12年前に比べると、
落ち着いて来ました。

タイ側の国境と比べると、
食堂が少なかったり
先程まで、夜、4時間ほどの宿の急な
停電がありました、
思ったよりも早く回復しました。

カンボジアでもWifi が
使える宿が増えてきているようです。
昔じゃ考えられなかったことです。

明日か明後日には、
アンコ―ルワットのある街へ
向かいたいと思います。

アジアでは、食に困ったら、
フライドライス、日本で言うチャーハンが
あるので助かります。
これは、5000カンボジアリエルでした。
4000リエル=1ドルです、
お茶は緑茶つぽいもので、無料です。






AD
2015-03-25 00:39:32

国境滞在

テーマ:写真家日記
今、
タイとカンボジア国境のタイ側に滞在しています。
明日、カンボジア入国予定です。

11年前に比べて、
国境が整然としてきました。
昔は、もっと混沌としていたのですが、、。

日本のように安全な国ではありませんので、
明日以降も、
どこかで気持ちを引き締めたいと思います。

前回のパキスタンの撮影に比べて、
食事も、電気の確保も容易で、
政治事件に巻き込まれるリスクが減ったのは、
どこかで安心はできそうです。

一番気を付けるのは、交通事故、
次にスリや置き引き、
次に野良犬に噛まれないようにすることだと思います。

運よくwifiが使える宿で、
国境で更新できるとは思いませんでした。
少し通信不安定な時がありますが、、。

写真が今いる国境の様子です。




2015-03-22 21:47:52

明日、バンコクを離れます

テーマ:写真家日記
今もバンコクに滞在しています。
昔良きバンコクの面影が残る写真を撮ろうとしたり、真夏の暑さに徐々に慣らしていくには、
数日間は必要です。

昔のフィルムで残したような写真は、
今は難しいです。

明日、タイの地方へ行って、
しばらくして、
次の国へ向かいたいと思います。
今回は、
陸路で
メコンの国々を何ヵ国か
訪れる予定です。

2003年に訪れた場所も幾つか回り、
2015年で何が変わったのか、
変わっていないのか、自分の目で
確かめたいと思います。

陸路で国境も幾つか越えたり滞在して、
国境独特の雰囲気や、
理想の写真も撮りたいと思います。

だんだん旅や写真も続けていると、
初心をどこか忘れてしまう傾向もありますので、
写真家を意識した
2003年の頃の、
写真にかなりの情熱をかけていた
あの時の気持ちを取り戻したいと思います。

次に更新ができるのは、
恐らく、
アンコ―ルワットのある
町からになりそうです。

それまでは、
恐らく、
Wifiのある
宿はない
気がします。

写真は、バンコクでは
必要なものも幾つか揃えていました。
半袖のボタンシャツを持ってくるのを
忘れたので、良さそうなものを購入。
市場で、日本の作業服を見つけました。
アジアの撮影だと、作業着ぐらいが丁度良いのです。速乾性に優れていて、
頑丈で、ポケットも多いです。
日本円で500円ぐらいでした。




セブンイレブン、ファミリーマートが
増えました。
近くには、
写真のような
日本のス―パ―も見かけます。
ア―スノ―マット
蚊を撃退する機械、90日間用が
あって
どこかで買おうと思っていたので
購入しました。
これも数百円でした。









2015-03-21 22:31:36

都市部の良いところを探す

テーマ:写真家日記
バンコクでは、
気になっている観光地も
写真を撮りに行っています。

昔、大手の旅行会社や、
タイ専門の旅行会社に勤めていたこともあって、
元々、旅行自体も興味があるのです。
旅行会社勤務はあまり長く続きませんでしたが、、。
観光地を、ツアーではなく、
現地の交通機関を利用して
訪れるのがなかなか面白いです。
その移動の時に、
何気ないスナップが撮れる場合もあります。

バンコクの人々は、そこそこ大都市で、
近年の発展は目覚ましいのに
相変わらず穏やかな人が多い印象です。
元々、競争や争い事を好まない気質のようです。
タイにはマイペンライという気質もあります。

けっこう訪れていたインドの首都、
デリ―の競争の激しさとは大違いです。
そこで撮れる写真もありますが。

アジアの国々を、
時間が経って、再び巡っていると、
新しい発見があるし、
趣深いです。

写真は、
バンコクの運河です。
東洋のベネチアと言われることもあって、
運河を様々な所で
見かけます。
水は濁っていますが。
















2015-03-20 21:17:47

期待しない程度に

テーマ:写真家日記
バンコク滞在3日目。
パソコンよりも、かなり便利ですので、
スマフォからの更新を続けます。
スマフォのカメラで撮ったものしか
添付できないので
質は期待しない程度にお願いします。
パソコンで見るとどういう風に
見えるかもよく分からないです。

6年ぶりぐらいのタイ、バンコク。

前回は2009年にバングラデシュへ撮影に
行く前のストップオ―バ―で
少し滞在しただけでした。

いつもはカオサン周辺で宿を取っていたのですが、
だんだん様子が分かってきたので、
違うところにしました。
外国人観光客が思ったよりも少ないし、
静かで
何だか良さげです。

中心よりも少し離れたところに
アパ―トタイプのホテルが
増えてきた印象です。

野良犬が少なくなりました。
オ―トリキシャが減りました。
セブンイレブン、ファミリーマートが
増えました、
屋台が減りました。
10バ―ツ紙幣を見なくなりました、
10バ―ツコインに統一させているのかもしれませんね。
まだバンコクの、しかもほんの狭いエリアしか見切れていませんので、
一概には言えませんが。
バンコクはまだまだ発展の余地がたくさんありそうで、
良かれ悪かれ、街の発展が続くと、
マイノリティ―はだんだん排除されそうです。

生活するには楽ですが、
理想の写真を撮ろうとすると、
もっと地方に行った方が良さそうです。

しばらくインド、パキスタンに訪れていましたので、
そこに比べたら、
食事面も、電力関係も豊富で助かります。
もちろん、日本に比べたら、
ライフラインはグレートダウンしますが。

まだ先はあるので、
自分のペースで旅や写真を続けたいと思います。


写真はヨ―グルト、バナナ、ミロ、
これがあると、現地ではよく買います。
栄養が万能の補助食品です。

タイだと、けっこう簡単に手に入ります。








2015-03-19 22:34:36

バンコクより

テーマ:写真家日記
今、バンコクにいます。
昨日、成田から無事に到着しました。

タイは6年ぶりぐらい。
昔は何度も訪れていたのですが、、
初めての海外は、学生の頃の
タイの一人旅でした。

久しぶりのむあっとする空気で、
日本の真夏です。

もう少し滞在して、
身体も真夏のような天気に慣らして、
次の国へ向かいたいと思います。

今回、初めて海外ヘスマフォを持ってきました。
パソコンも持参しているのですが、
スマフォの方が、
今滞在している宿は繋がりやすいようです。

写真はタイ料理のパッタイという
料理です。
久しぶりに食べたら、
本場の味はなかなか美味しいです。


2015-03-16 22:52:55

何歳になっても夢を追い続ける大切さ

テーマ:写真家日記

海外へ数か月単位で、

撮影に出かける前、

撮影中というのは、

いろいろなことを考えます。


小さなことから大きなことまで。


今いる日本という少し安定した所から、

発展途上国のアジア地域という、

不安定な所へ飛び込みますので、

一般的な死ぬリスクが

高くなるのもあると思います。


大きなことは、

宇宙や死についてなど。


何かで目にしたのですが、

成長して数歳の子供が、

母親の胎内にいる時の

思い出を語ることがあるようです。


「閻魔大王みたいな人が、

あの母親のお腹の中に行きなさいと」

言われたと・・・。


意外に宇宙や死のからくりって

それに近いものがあるのかもしれませんね・・・。


宇宙は無限大で、

終わりがないと思います。

どこまでも無というか

闇というか、

永遠の空間。


死んだら、魂は、その宇宙に、

人間の目に見えない

形で上っていく、散っていく、

浮遊していく・・・。


様々なタイミングで、

交信するような形で、

魂が、

その肉体に宿っていく。


その魂は、

ずっと昔に生きていたものか、

何度も生きると死ぬを繰り返しているのか、

人間ではなく、

命のあるものすべてに

宿っていくのか・・・


生き方や死に方によって、


例えば人を殺めるような

凶悪な犯罪者は永遠に浮遊するのか、

永遠に生物界を繰り返すのか、

もっと分かりにくくなることですが、

様々な形があるのでしょう。


その魂を宿らせる一番元の者、

宗教で言えば、

唯一の神さまのような存在、

これも

やはり、

何か無限の大きなものが

関わっていると思います。


今までアジアを旅して目にして来た、

仏教や、ヒンドゥー教や、

イスラム教を信じている

人々は、

悟りや、

輪廻転生や、

唯一の絶対神など、

それぞれ、

様々な形で信仰しているわけです。

どれも

正しいのではないかと思っています。


自分は無宗教ですが、

宇宙のような大きな存在は

信じたい所です。


案外、

宇宙のような大きな存在が、

今の戦争や事件を見て、

嘆いているというよりも、

これから地球がどうなっていくのかを

試しているのかも

しれません。

人間には理性というものがあるのですが、

それをどう使い、

良い方向へ向かうのか、

悪い方向へ向かうのか、

これは人間次第と

いうことになりそうです。


今の「武藤弘司」という名前の

肉体も仮の姿かもしれません。


その肉体を借りて、

何歳になっても、

肉体と心を磨き、

何歳になっても、

自分の信じた夢を追い続けることが

大切なのです。


最近、

「幕が上がる」という映画を見ました。


ももいろクローバーZが出ているのですが、

良い映画でした。


小手先の計算・上手さというよりも、

演技者の、純粋な全力の

演技が良かったです。


小手先の欧米各国の大衆映画よりも

遥かに良かったと思います。


黒木華さん演じる先生が、

途中で演劇部の指導者を辞めて、

もう一度、

自分の演技の道に進むのも

良かったです。


劇中劇の

「銀河鉄道の夜」

は、

宮沢賢司さんが

書いたものですが、

宇宙(死)への憧れや不安を

書いたものなのでしょうね。

宮沢賢司さんは

確か、

肺結核で亡くなられたと

思うのですが、

この病気に罹った人は、

俯瞰的に

物事を見られると思います。


中の

「青春賦」という曲は

素晴らしかったです。


「白い風」「あかりんへ贈る歌」「コノウタ」「走れ」など、

良い曲がたくさんあります。


アイドルオタクとかではないですし、

コンサートは一度も行ったことがないのですが、


曲や何気ない映像のパフォーマンスを見たり聞くと、

何だか心が揺さぶられるものが

あります。


特に、

海外の長期撮影旅の前に聞くと、

勇気付けられたり、心が和みます。


全員、全力で、

歌唱力も個性的で、

心に響くものがあり、

いかにも青春という感じが良くて、


特に黄色の詩織さんや、

紫色のれにさんの歌声が

優しくて、

発想や、トークの返しとか、

面白いものです。


ちょっと考えてみたのですが、

アジアの子供の、

純粋な、

表情や仕草に

似ているのかもしれませんね。


今、人気が出ているのは、


様々な、

時代的社会的背景を

背負っている大人を

勇気付けている

部分もあるのでしょう。


昔々、

社会人で、

いろいろと悩んでいった先の

東南アジアで、

アジアの子供の生きざまを

目にしたり、

写真を撮って勇気付けられた

のを

思い出しました。


何歳になっても、

その時の限界で、

夢を追い続けるのは

大切です。



2015-03-16 20:57:38

明後日、海外の撮影旅へ

テーマ:写真家日記

明後日から約3か月のアジア方面の

撮影旅へ行って来ます。



海外へ向かうのは、

約2年振りです。



まずは、長期の撮影旅に出かけられる

ということに、

知り合いの方々、気に留めて下さる方々に

感謝したいと思います。



海外を舞台にする

写真家の端くれとしては、

最悪、2,3年に一度は、

新しい写真を撮りたい所です。



1週間ぐらいじゃ、

自分のペースでの思うような写真は撮れないので、

できれば、

数か月は欲しい所です。

ゆっくりと移動・現地の生活に近い形を取りながら、

写真を撮り続けるのが

理想です。



今回の撮影場所は、

2003年に訪れてから

かなり久しぶりの所です。



よくよく考えてみると、

自分の写真の原点でも

あった所です。

10年以上経って

どうように街も人も変わっているのか、

変わっていないのか、

自分の目で確かめていきたいです。

良い写真も撮れたらです。



ここ数年ずっと、

、インド、バングラデシュ、パキスタンという

どちらかと言えば

厳しい激しいインド圏を撮影していたので、

この辺で、

もう少し優しい所を

撮影したいと思います。



日本での2年間は、

今までと同じように今回の取材費の捻出と、

ボクシングのトレーニングに大部分を費やしました。



ボクシングは、

今年で11、12年目で、

いつ始めたのか

忘れそうになるほどです。



今回も、

3月の出発のギリギリまで、

2年間ずっと週4ペースで

ボクシングジム通い、ロードワーク(ランニング、懸垂、腕立てなど)

を続けられました。

懸垂(顎まで持って行き、肘を伸ばす自衛隊・消防隊式懸垂)は、

2年間週4で、1日3セット~10セット、

ほぼ欠かさず続けて来たと思います。



年齢を重ねていくと、

腰、腕力なども衰えていくので、

懸垂が一番自然な筋肉が付き易いのです。



ボクシングは、

撮影の為の

体力・腕力・動体視力・反射神経

などを鍛えたり、



万一、何かあった時や、

大切な誰かを守る為の

自己防衛の為です。



こちらから攻撃をすることがなくても、

ボクシングのフットワーク、ボディーワークで、



悪者の素人のパンチや、



銃などの凶器を持っていなければ、



避けられたり、

急所をはずせる可能性は高くなります。



まあ、撮影に夢中になっていて

いきなり背後から襲われたら

元も子もありませんが・・・・、

用は、

これだけ過酷なボクシングの練習を

続けて来たという

強い気持ちの問題だと思います。



写真家にとって大切なカメラを

守りながら、

ダッキングやスウェイなどで

避けられる可能性は

高くなります。



一番は、

危険な場所や人や動物をいち早く

察知して、

近付かないことですが・・・

これも

長年のボクシングの

トレーニングで

野性的というか、

本能的な直感が磨かれた気もします。

普段の会社の生活では

教えてくれないこと、

写真家にとって大切なことを

教わった気がします。



写真家というのは、

若い内は(若ければ若いほど、)

写真とはあまり関係ない事であっても、

(仕事でも、趣味でも、)

様々な経験をすることが大切であり、

元々、

好きなことや、大切だと思ったら、一つのことに

のめり込む・集中する性格なので、

ここ10年、

ボクシングにも集中し過ぎた部分もありますが、

写真家人生の方が長いので、

これはこれでとても良い経験だったと

思います。



また今回も無事に戻って、

ボクシングジム通い

(今回も休部なので)

や懸垂などの

トレーニングを再開したいと思います。

死ぬまで写真家を続けるならば、

(写真を撮るには、体力も腕力も反射神経も必要)

(写真は、写真家がその場所に実際に行かなければ撮れない)

死ぬまで何らかのトレーニングは必要です。



今回は、約3か月間、

旅と写真に集中します。



なるべく良い写真が撮れるように

頑張りたいと思います。



写真は、ずっとお世話になっている

下北沢の金子ジムです。

下北沢という街も、

お手頃で美味しいお店もたくさんあり、

どこかアジアチックな人も街もで

なかなか良い街です。


金子ジムは、

先日の3月13日の試合で

5勝1敗で、

良い試合だけでした。

(後楽園ホールへ

応援・撮影に行って来ました。)


負けた選手も内容は

悪くなかったです。


防御を大切にして、

ここぞという時の

一発のパンチで相手を倒す、

KOを狙える

パンチ力のある選手が増えて来ました。

将来のチャンピオンを狙えるような

素晴らしい選手が

育っています。


写真の左が、

金子ジムのチーフトレーナー、

プロもアマも両方、

熱心に教えている

飯田トレーナーです。


今回の試合も、

飯田トレーナーの

素晴らしい指導があったからだと

思います。


(自分は永遠のアマですが・・・)

ボクシングの素晴らしさを教えて下さった

師匠であり、

ボクシング技術の多くのことを

学びました。

最初は、

ボクシングの基本の構え、

ジャブから一つずつ習得していったのを

今でも覚えています。

ボクシングは、

分かりにくい細かい、内側の筋肉も

付いてくるのですが、

特に、

肩・腕回りも

太くなりました。

何歳まで続けられるのかが

今後の課題なのでしょう。







↓写真は、昨年の夏ごろの、

普通のジムも短期で通って、

計って貰った数値です。

真夏のボクシングは、

本当に過酷なのです。
体脂肪は、

計測器が狂ったようで、

本当は、もっと

あったと思います。

脂肪の大部分が筋肉に変わり、

その時は1桁だったのは

間違いないと思います。

今では、

だいぶ脂肪も付いています。


アジアの長期の撮影に向かう直前は、

ボクシングのプロの選手が試合前に肉体を調整するように、


ベスト体重プラス何キロで

少し脂肪を蓄えて

向かうようにしています。


現地ではよく歩き、

どうしても痩せるのですね・・・

昔、

栄養や休養やウェイトコントロールの仕方を

知らなかった2007年のインドでの撮影では、

現地で結核菌を貰い、

日本での無理が祟って

結核を発病した苦い、

(その時は息切れが激しく死ぬかと思いました) 

それでも良い経験がありました・・・。

半年、薬をしっかり呑んで完治させて、


根気よくトレーニングも続けて、

今では年齢相応以上の、

プロレベルの体力が付いたと思うのですが、


病気には屈しない、

その年齢の、

強い肉体と心を持ちたいという、

トレーニングを大切に

したいという

プライドみたいなものがあるのです。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇