[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-23 21:51:39

FACE ASIA VOL.1398

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州



AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-08-22 22:59:56

FACE ASIA VOL.1397

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インド・パキスタン国境の

セレモニーの様子です。


ゲートこちらがインド側、


あちらが(この後に向かうことになる)

パキスタン側です。


パキスタン側はガラガラでした。


セレモニーの最後は、

両国の国旗を降ろして

終了です。


世界の兆候としては、

隣国同士はなぜか

今の時代もあまり仲が良くないのですね・・・

不思議なものです。

だから国境が

あるのですが・・・。


インドとパキスタンも

カシミール問題はありますし、

仲が良いとは言えないのですね。


このセレモニーで、

写真のように、

両国の国旗が重なる時に

平和を感じました。




AD
2014-08-21 23:01:32

FACE ASIA VOL.1396

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インド・パキスタン国境の

セレモニーの様子

(インド側)です。


多くの観客が見守る中で、

インド国旗を抱えて

インドの子供達が

パキスタン手前の

ラインまで

走って

戻って来ます。




AD
2014-08-20 22:22:29

FACE ASIA VOL.1395

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インド・パキスタン国境のセレモニー

(インド側)の様子です。


インドの兵隊さんが、

観客を

並ばせていました。


インドの方は、

赤いトサカのような

帽子が

特徴的でした。





2014-08-18 23:41:34

FACE ASIA VOL.1394

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インドとパキスタンの国境の

セレモニーの様子です。


インド側のゲートには、

ガンジーの肖像画が

掲げてありました。


よく見ると、

(この写真を見て気付いたのですが・・・・)


右上には、

国境を守る兵隊さんがいますね・・・。


セレモニーは一見、華やかなものですが、

(見物客はかなり浮かれていました・・・)


国境独特の物々しさを

感じる場面でもありました・・・。




2014-08-17 22:46:21

FACE ASIA VOL.1393

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インドとパキスタンの国境の

(通称ワガボーダー)


(インド側の)

セレモニーの様子です。


まだ始まる前ですが、

観客が増えて来ました。



2014-08-16 22:01:15

FACE ASIA VOL.1392

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


まだインドです。


もう少しで、

約2か月間撮影を行った

パキスタンを紹介できそうです。


インド・パンジャブ州のアムリトサルという街から

パキスタンに陸路で入れました。


昔から、詳しい旅人なら

御馴染みのルートなのですが、

近年のパキスタン情勢から

パキスタンに入国する

旅人自体減っているようです。


今回は、

ここの国境(ワガボーダー)から

パキスタンに入るのですが、

毎日のように

夕方頃から両国のセレモニーを

行っています。


セレモニーの様子は、

これから少しずつ紹介するとして・・・。


インド側のセレモニーの様子と、

パキスタン側の様子を

見比べて来ました・・・。


写真は、

インド側ですね。


ゲートの肖像画を

よく見ると、

マハトマ・ガンジーです。


インド国旗を振る

人もいました。



2014-08-15 22:32:00

FACE ASIA VOL. 1391

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インドの旅先のレストランから

出てみたら、

人が集まっていました。


詳しいことはよく分かりませんが、

偉い方が演説をしているようでした。


インド国旗を持っている方

もいました。


小さい子供は、

ぐったりで

眠っていました・・・。




2014-08-14 22:24:58

FACE ASIA VOL.1390

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州




2014-08-13 22:32:06

清里フォトアートミュージアム「原点を、永遠に。」 展示の様子(東京都写真美術館)

テーマ:写真発表・掲載

写真(家)

の夢や理想を追い続ける為に

ロードワークや

ボクシングを続けたり

・・・・

何とか日々動いております。


長文を書く余裕があまりなく、

少し遅い報告です。


8月9日から清里フォトアートミュージアム

主催の開館20周年記念「原点を、永遠に。」

の写真展が始まっています。


展示場所は東京都写真美術館です。


日本で一番有名な

写真美術館だと思います。


展示に先駆けて、

展示作家や先生や関係者が

集まる内覧会があり、

僕も参加して来ました。


世界各国の若手写真家の作品や、

(僕の作品もこの分野から

2点選ばれています)


清里ヤングポートフォリオの選考委員を

務めた日本を代表する写真家の

青年期の作品を合わせて、


約500点が展示されていました。


圧巻でした。

かなり勉強になり、

刺激的でした。


同じような夢を追いかけている

仲間がいることで

心強い、

安心した気持ちもありました。


(自分はまだまだ未熟者ですが・・・)

今回の企画では、

同じ若手写真家さんに括られていても、


今では

かなり有名で活躍されている

写真家さんも何人もいます。

良い作品を撮り続け、

上手く発表を続けている

写真家さんもいます。

若手というよりも

中堅以上の方もいました。

(でも、世間一般で見たら、

大部分が若手になるのですね・・・

この辺も写真の

難しい所だとも感じました・・・)


もっと自分自身も

覚悟を決めたり、

もう一度、初心を思い出して

頑張らなければならないと

実感しました。


一度きりの写真家人生、

このままじゃ駄目だ・・・

とも思いました。

あの時は良かった・・・

じゃ駄目なんですね、

過去を振り返り、

現在を歩み、

未来に進んで行かなければ

ならないのですね。


今は、少し遠回りをしていますが、

いろいろと

準備をしています。


まずは、夢へ向かう為の

闘う肉体や心を作っている

段階です。


写真も試行錯誤の段階ですが、

夢へは

ほんの少しでも

前へ向いているはずです。


結局は、

あまり焦らず、腐らず、

自分自身の信じた道を

(悩みながらでも)

(少しずつでも)

進んで行けば大丈夫だと思うのです。


長くなりましたが、

展示は8月24日までです。


もし、

興味がある方がいらっしゃいましたら、

是非、足を運んで下さい。


詳細はこちらのリンク先です。


http://www.kmopa.com/?cat=7




↓東京都写真美術館に巨大な看板がありました。



↓今回展示されていた作品2点です。

2004年にバングラデシュで撮った作品です。

今は38歳ですので、

ちょうど10年前の28歳の時に

撮ったものです。

この時は、

報道写真家を目指していて、

いろいろと考えた末、

結局、(当時も紛争の続いていた)

アフガニスタンに入らず

パキスタン、バングラデシュを

彷徨っていた時です。

自分なりのドキュメンタリーを

撮ろうと決めたのでした。



↓とてもとても良い記念、思い出になりました。

 偉大な写真家さんの

 細江英公先生と(何と自分の作品の前で)

 一緒に撮って頂けました。

 親ももっと喜ぶと思います。


 細江英公先生は、

 清里フォトアートミュージアムの館長であり、

 清里ヤングポートフォリオの選考委員でもあるのです。

 

 清里フォトアートミュージアムに

 収蔵されている写真家さんの誰もが

 尊敬し、出会うことで叱咤激励にも

 なっているのではないでしょうか。


 

 

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>