[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅から無事に帰国しました。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影

2015年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオスを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


第一章2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及びます。


第二章2013年~

デジタル写真に移行しています。


アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。



詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

お問い合わせは、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-24 23:45:48

蒸し暑さ

テーマ:写真家日記
今日もロ―ドワークで
8キロランニング、
懸垂を3セット、

午後一でボクシングジムへ
行き、
全部で15R練習し、
その内の2Rマスボクシング、
最後に筋トレ腕立て、懸垂を
3セットずつ行いました。

今日は風がなく、
いつもよりも蒸し暑かったです。

きつかったですが、
良い練習ができました。

AD
2015-07-22 22:36:58

海外の撮影旅の鉄則

テーマ:写真家日記
今日も午前のロ―ドワ―クで、
8キロのランニング
懸垂を3セット、

午後のボクシングジムで
19R 練習し、
その内2Rマスボクシング、
懸垂と腕立てを
3セットずつ行いました。

トレ―ニング、
格闘技を続ける理由は、
たくさんあるのですが、

海外の長期の撮影旅の
自己防衛の為でもあります。

だんだん世界情勢が悪くなることも
考えられるし、
世界の街や村によっては、
普段は平和でも、
タイミングによっては、
暴動が起こったりします。

何だかんだ言っても日本が一番安全で平和な国です。
近年の犯罪は気になるところですが、
世界規模のテロや暴動がほぼないのは、
平和な証拠です。

平和な時間に溶け込んでばかりいると、
年齢もあるし、
体力的には楽なのですが、
次に撮影旅に出たときに
その落差に困るので、
トレ―ニングを続けて、
自己防衛の免疫力を上げます。

もちろんあくまでも
自己防衛の為であって、
襲われたときにのみ、
ボクシングの
技術を使います。
何もない
丸腰のままで
腕と拳が守るための武器になります。
ボクシングの防衛技術は、
体全体を使います。
間合いを図るのも、
避けるのも、守るのも、
急所を外すのも、
逃げるのも上手くなります。


2004年からボクシングを始めて、
10年以上、旅や撮影中に
ほぼ一度も襲われたことはありません。
唯一、この前のカンボジアのひっくり未遂事件ぐらいですが、
これは、相手が逃げて行ったので
微妙な所です。
観光客が増加し、観光地の軽犯罪は増加している
印象はあります。

大部分は、
親切な優しい現地の人ばかりでした。

ただ、
特に世界の首都は、
良い人ばかりではなく、
少数の悪い人がいるのは確かです。

特にインド圏では
命に関わるテロや暴動がごくまれに起きるし、
外国人は常に
情報や動向を把握し、
より良く判断をしなければ
なりません。

万一の時に備えて、
ボクシングも続ける、

撮影旅の鉄則は、
自分の身は自分で守る、
これは、
信念のように
続けていきます。

もし、
その場で理不尽な
事を見かけたら、
誰かを守るためにも
格闘技は続けます。

もっと良い護衛手段は
ありそうですが、
ボクシングのシンプルで奥が
深い格闘技、スポ―ツは、
完全に嵌まります。
腕と拳の二本で立って闘う、
倒れたら負けって、
寝技も関節技もないって、
なんて潔い格闘技なのでしょう。

その道のプロは、
将来のことも考えて
備えると
信じたいです。












AD
2015-07-21 21:00:38

炎天下

テーマ:写真家日記
今日もボクシングジムへ行き、
全部で19R 練習し、
その内2Rミット打ち、

最後に腕立て、懸垂を3セットずつ行いました。

今日も地獄のようで、
とにかく
暑かったです。

きつかったですが、
暑さ対策のトレ―ニングも
できました。

すべてを一つずつ前進します。

自分の中の
問題ですが、
まずは、納得するまで
年齢以上の本当の強さを
手に入れます。




AD
2015-07-17 21:55:38

縁起担ぎ

テーマ:写真家日記
日本に戻って
時間があれば、
ボクシング等のトレ―ニングに
専念します。
もちろん、
それだけではないですが。

次回の撮影旅で体調面と精神面で
ベストパフォ―マンスを
出すのと、

長期の撮影旅の縁起担ぎの
部分もあります。
この年齢で、写真家で、
日本でこれだけの苦しいトレ―ニングに
耐えてきたから、
海外で万一の事が起きても、
絶対に大丈夫であると
自分に言い聞かせるのです。

海外の方が死ぬリスクは高くなると
思うのですが、
死ぬ時は、心構えがない時に不意に
亡くなるケ―スがあるようです。

いつ死んでも大丈夫、
でも、ゴキブリのようにしぶとく
生き残ってやると
信じるようにします。

たとえ、
テロや事故や自然災害に
巻き込まれても、しぶとく生き残るぐらいの
信念や運が欲しいです。

海外の撮影では、
デジタルによって様々なものを
撮るのですが、

昔からのフィルムの習慣で、
人間は撮るようにします。

人の撮影は意外と対人競技の
スポーツと似ている所もありますので、
ボクシングは、
役に立ちます。

間合いや距離の詰め方、
撮影の仕方、
引き際の判断も大切です。

スナップは、
居合い抜きのように
撮ることもあります。

基本は、撮影したら、
相手に機嫌良く帰って貰うか、

または、自分の気配をなるべく消し、
相手に気付かれずに撮るか
だと思います。
相手が見て見ぬ振りをしてくれることもあります。

カメラは向ける
人によって、同じ人でも時間帯によって、
その人がどんな人とすれ違うかに
よってなど、
良い道具になることもあれば、

人を不愉快にさせてしまう悪い道具にも
なります。

その人のその時の精神状況もあります。

写真家は、
カメラの性能や質ばかりに囚われすぎると、
見失う所もあると思います。

約3ヶ月の撮影旅に出るのも、
焦らずに、心の余裕を持って、
現地の人の気持ちになって、
ゆっくりと現地に溶け込みながら
旅と撮影もします。
もちろん、現地人と外国人の壁は、
言語、国境等で完全には撤去できませんが、
要は、
気持ちの問題や、
写真家の撮影スタイルだと
思います。

短期集中で良い写真を撮る方も
たくさんいます。

現代は、
なかなかお金と時間を作るのが難しくなっていますが、
時代に逆流する
なるべく自分の撮影スタイルを
貫きたいものです

2015-07-16 21:40:52

判断力

テーマ:写真家日記
写真の整理の方は、少し時間がかかりそうです。
しばらく
簡単な文章のみの更新になりそうです。

文章なら、
手元にスマフォがあれば
すぐ、どこでも書けるので。

今日もボクシングジムへ行き、
全部で19R練習し、
その内、2Rマスボクシングを
行いました。
最後に腕立て、懸垂を3セットずつ
行いました。

マスボクシングは、
判断力も磨かれます。
素人が下手に行うと恐らく怪我を
すると思うのですが、
相手のパンチの打ち始めに、
瞬時にガ―ドしたり、
避けたり、
同時に、すぐに自分も有効になる
パンチを返します。
ジャブ、ストレ―ト、フック、アッパ―の4種類が基本と、
頭と腹の上下にも
打ち分けられます。
遠距離、中距離、近距離で、
パンチの角度が微妙に違うし、

緩急も付けられますし、

コンビネーションは
無数に組めるので、
計算のような答えのない
天文学的な数字だと思います。

攻撃と防御の連続でもあり、
判断の連続でもあります。

例え練習でも真剣で、
本試合なら致命傷になると思って、
練習に取り組みます。

10年以上ボクシングを
続けてきて、
大きな怪我や病気がないのは、
本当に良かったです。

一度、初期の伝染しない
肺結核になりましたが、
これは、薬で完治させたので、
免疫力のお陰でもあります。
肋骨や拳は何度か痛めましたが、
自然治癒で治すし、
ボクシングなら、
大きな怪我には
入らないかもしれません。

ボクシングのトレ―ニングを続けるようになって、
7回は、
2、3ヶ月のアジアの撮影旅を
完遂させました。
7回の内、
6回は、
インドやバングラデシュやパキスタンと、
なかなか過酷な
撮影地でした。
今、思うと、インドで負けた感覚で日本に戻って来て、
負けられないと思って、
ボクシングも続けてきたような気もします。
インド圏は、
人間も景色も屈強です。
食べ物も、
埃っぽい環境も屈強です



今は、
思想が転換して、
ヨガのように落ち着かせたり、
体調管理そのものの部分もあります。
もちろん、年齢の中での強さも求めます。

撮影旅も判断の連続です。
当時のパキスタンなら、
ここから先の道や街や村は、
タリバンとすれ違う可能性があるから
控えるとか、

ここの宿は雰囲気が悪そうとか、

この人の言っていることは怪しそうとか、

このレストランでこれを食べると
お腹を壊しそうとか、

色々と瞬時に判断します。

ボクシングの
お陰も大いにあると
思うようにしています。










2015-07-15 22:20:09

暑さの経験値

テーマ:写真家日記
今日も午前のロ―ドワ―クで、
8キロランニング、
懸垂を3セット、

午後一でボクシングジムへ行き、
全部で17R練習し、
その内2Rミット打ち、
最後に筋トレを腕立て伏せ、懸垂
3セットずつ行いました。

とにかく暑かった。

年齢的に短距離のスピードは、
落ちていきます、
中距離、長距離は、
まだ大丈夫と信じ、
希望を繋いでいきます。

ボクシングもスピード、瞬発力は
落ちていきます、
一発のパンチ力や
技術を磨いていきます。
上手く入れば相手は倒れるので、
タイミングや間合いや駆け引きも
勉強中です。

落ちていく所を悲観的に見ないで、
伸ばせるところを
前向きに考えます。

これは、
長期の放浪や撮影でも
同じです。

今日も暑い中でのトレ―ニングを実行し、
暑さの経験値が上がりました。

普通は暑い中での激しい運動は控えるのですが、
海外を撮影する写真家としては、
アスリートと
似ています。

何歳になっても、
将来の写真を求めるために
体力なども鍛えます。







2015-07-14 23:12:35

人生論

テーマ:写真家の格言
遠回りをするのは、
夢を追い続ける為の
立派な代償である。

心が折れなければ大丈夫である。

死ぬ1歩手前で、
『こんな人生も悪くなかった』
と後悔しない生き方をするべきである。

2015-07-13 22:07:55

一番暑い夏

テーマ:写真家日記
今日はとにかく暑かったです。
そんな中でも、
午前、ロ―ドワ―クで8キロのランニング、
懸垂を3セット、
午後一でボクシングジムで16、17R練習し、
その内、2Rミット打ち、4Rマスボクシングを
行い、筋トレ腕立て、懸垂を3セットずつ行いました。

アスファルトの照り返し、
室内の熱気、湿気は、
凄まじかったです。

炎天でのトレ―ニングで
良い経験になりました。

今年の夏は後何度も同じ修羅場をくぐらないと。

理想を求めて続けたいと思います。

海外の長期の撮影旅の理想の肉体と心は、
プロボクサ―に近づきたいもので、

アジア方面はなかなか過酷な場所もあるので、
ゲリラ兵士のようなしぶとい肉体と諦めない心で
カメラを持つのが、
耐えられると長年の撮影経験で悟りました。

日本での生活も質素で、
煙草は昔からやらず、
お酒も気心の知れた人とごくたまに
だけで、
家ではほぼ
呑まない。
今回の撮影旅では
東南アジアで、
お酒は溢れていたのに、
実は一滴も呑みませんでした。

長年、インドやイスラム圏の街を撮影したり、
ボクシングを続ける内に、
考え方や肉体、体質、胃そのものも変わったようです。

反動も怖いですが、
続けられる内は、体調管理と、
節制も意識したいと思います。











2015-07-10 22:36:10

今週

テーマ:写真家日記
今週は、
今日で5日連続でボクシングジムに通いました。

然も、懸垂と腕立ての筋トレも
5日連続。
腕の筋肉痛はほぼないので、
何でも慣れです。

多少遠回りしても、
ギリギリでも、
今は体力、腕力など、
本当の強さから先に
手に入れるように努めます。
45ぐらいまでは、
自分の中での強さを求めます。
頭で考えるよりも、
直感や本能に従います。

今年の夏はトレ―ニングに専念したいものです、
もちろん、そればかりではないですが。
夏をしっかり乗り越えると、
秋以降、
年齢以上の
体力が
付くはずです。

将来的に、
海外の撮影では、
どこかで生きてくるはずです。

アジアだと35度以上は
ざらにあるので、
日本の真夏のトレ―ニングに
何歳になっても耐えられないと。

何歳になっても
撮影に出られるように
努めます。

2015-07-07 23:18:09

冴える

テーマ:写真家日記
撮影旅から戻って
久しぶりに
ジムでマスボクシングを行いました。

寸止めするボクシングの実践練習です。
頭や腹に入ることもありますが、
当たる瞬間に力を込めないで戻します。
なのでダメージは少ないです。
たまに勢いで当たると、
肋骨を痛めたり、唇から出血したりしますが、
それは最初の頃で、
慣れてくるとあまりない気がします。

防御を覚えてからやらないと、
危ない運動かもしれません。

防御は上達するし、
運動量は試合に近いので、
体力を使います。

その日の終わりの夜、確かに疲れているのに、
不思議と頭や眼が冴える感じがします。

インド等の過酷な場所から日本に戻って来ると、
確かにやつれて疲れているのに、
眼がやたらと冴える感覚に似ています。

人間の本能に近づくことも
関係あるかもしれません。

発展途上国の旅先と、
日本だと漂う熱っぽさの
落差もあります。
日本だと冷静な国で、
インドだと情熱な国。

日本でボクシングを
やると青春真っ只中という
感じで、
上手く心のケアもできそうです。

強くなり、
精神的にも落ち着ける、
色々と恩恵があります。







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇