[近況】

2015年 3月18日~6月15日、

約3ヶ月間のアジア方面の

撮影旅へ行って来ます。


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

写真集の企画出版、


●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼(フィルム・デジタル)も、



(裏に作者のサイン付きで)

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


詳しくは、

作者ホームページ

http://mutokoji.com/

もご覧ください。



$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-27 23:54:31

自然と向き合う

テーマ:写真家日記
別の島に移動しました。

数日、滞在します。

毎日のように、
自然と向き合っている気が
します。

昔から人を撮っているのですが、
この年齢になると、
美しい自然もなかなか良いものです。

ネパールで地震があったようで、
被害が拡大しているようで、
心配です。
今まで2度訪れたことがあります。
また、訪れたいと思っていた
素晴らしい国です。

最初から予定に入っていれば、
行ったかもしれませんが、
今回はラオスを
最後の日程まで撮りたいと思います。


運やタイミングに
合わせたいと思います。

写真は、スマフォに
たまってきたもの、
パソコンでどういう風に見えるのか、
いまいち
把握し切れていないです。





AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-04-26 11:00:41

とりあえず

テーマ:写真家日記
今、ラオスの島に滞在中ですが
やはり、wifi不安定です。

朝使えたのに、
夜急に使えなくなったり、

今、まだ調子良さそうで、
できるときに更新しておきます。

今の場所、ゆっくりできて、
何週間でもいたいところですが、
次の写真を撮るために、
明日、また別の島に渡る予定です。

とりあえずの
更新でした。


AD
2015-04-24 21:14:23

ラオス入国

テーマ:写真家日記
今日、ラオスに入国しました。
国境近くの島に滞在しています。

昔の情報だと、
ライフライン微妙だと思ったのですが、
今では、
電気は24時間来ているようです。
今、滞在している宿の自家発電かもしれませんが。

Wifiも
レストランでとりあえず使えそうです。
遅いですが。

写真は、何度かトライしてもアップできず、
文章のみです。

しばらく、このしまに滞在したいと思います。



AD
2015-04-23 22:18:24

明日、ラオスへ

テーマ:写真家日記
明日、ラオスへ
陸路で入国予定です。

そのあとに、
島へ行くかもです。

通信ができない
可能性もありそうです。
発展しているかもですが。

今日は、今滞在しているwifiの
調子が今一つです、
朝は良かったのですが。

写真は、今日見たメコン川と
夕日です、
綺麗な夕日を見られたので、今日という一日は、
貴重でした。
ここにのせるのは、
スマフォの写真ですので、
ご了承下さい。
まず、一眼で撮って、余裕があるときだけ、
スマフォを使います。
たいてい、風景か料理か物で、
落とさないで撮れそうなときだけです。





2015-04-23 00:14:23

カンボジアの足

テーマ:写真家日記
カンボジアでは、
チャリを借りることが
多かったです。

今日の足は、性能が良いものでした。
マウンテンバイクは今回が初めてでした。
これは1日4ドルで、このまちやこの宿は、
これしか見当たらなくて、足元を見られました。



今まではたいていママチャリがあったので、
こればかりでした。
街によって、1日1ドルや2ドルで、
お得感があります。
かごもあるので、
小さなカメラを持ち運ぶには便利です。
シェムリアップでは、
このかごから、ひったくりに
合い未遂に終わりましたが。



今日の市場で見かけたもの、
カエルと思われます、
カエルをゆでると、
こんな風に膨らむと思われます。


2015-04-21 21:30:47

アジアの市場

テーマ:写真家日記
ラオスにかなり近い
カンボジア国境の街に移動してきました。
現地の人との
乗り合いワゴンで約3時間。

今日の宿も決めました、
一泊13ドルの部屋です、
効き目の悪いエアコン付、
テレビ付、
遅いですが、Wifi使えます
水圧の低いホットシャワーも
一応出ます、
冷蔵庫はついていません。
個人的には、インドの宿よりも
けっこう清潔です。
とくに水回りの良さは、
インドよりも上ですので
助かっています。

このまちでは、
良い方の宿かもしれません。
小さいヤモリは出ます。
ネズミやヘビが出なければ、
大丈夫です。

宿を決めて、
荷を下ろし、落ち着いたら、
まず、市場へいって、
どんな人達がいるか、

どんな物を売っているかなどを
確認するようにします。

写真はここのバザールです



メコン川でとれる淡水魚を
並べています、
けっこう大きいものもあります


2015-04-20 21:35:28

明日、また別の国境の街へ

テーマ:写真家日記
この街の宿は思った以上に
Wifi の調子が良かったです。
ただ、かなり久しぶりにホ―ムページを
容量の大きい写真付で
アップしようと思ったら
上手くアップロードができませんでした。

このblogでの簡単な更新は続けたいと思います。
環境が少しでも整えば、
毎日続けることはあまり苦にならないので。

トレーニングと一緒で、
蓄積されれば、
また力になるし、
未来の自分が振り替えられるし、
何よりもまだ生きている証しになるので。
海外にいると、
人から見れば、行方不明状態なので笑

交通事故とかで、
すっとこの世から消えてしまう可能性も
高いので。

だいだい一つの街に3、4日ほど滞在します。
アンコ―ルワットのような見所のある街は、
その倍以上滞在するときもあります。

数日経って、
周りにどんなお店があるかを把握し、
その街での一日の撮影、生活のリズムを
取得し、
生活的には落ち着いたと思ったら、
もう移動です。
放浪の人生のようです。

年齢を重ねると、引っ越しや、
移動を繰り返し、
環境を変えるのは、けっこうしんどくなります。

でも、アジア、
今回は久しぶりの東南アジアを多面的に
見たい、撮影したいので、
夢や理想の為には、
腹をくくっています。

理想は、
今までの、そして今回の、
フィルムやデジタルを問わず、
15年以上、
撮り貯めてきた、
アジアの写真で理想の写真集を作ることです。
紙やweb 等は流れでしょう。

一人では限界は
ありますが、
(特に編集の力です、)
まずは、
自分なりに良い写真を撮り続けることです。

タイミングがなかったら、
また撮り続けると思います。

どんな分野でも、
『泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス』
は大切かもしれませんね。

明日、カンボジア側の
別の国境の街へ移動して、
次にラオスへぬけます。

写真は今日行った滝です。
写真家だけでなく、
旅行会社やガイドの
視点で観光場所を
見ることもあります。
調査する感覚です。
カンボジアの奥地は、
外国人観光客も少なく、
手付かずの自然が残っています。



カンボジアで
よく食べる料理、
ロックラックという
カンボジアの郷土料理のようです。
牛肉と卵と野菜を甘めのタレで
炒めたものです。
栄養もあるし、
日本人の味覚にも合います。
田舎のレストランは、
屋台風で
だいたいこんな感じです。
早く食べないと、
ハエがよってきたり、
猫や犬が近づいてきます笑
















2015-04-19 22:30:11

文化の類似

テーマ:写真家日記
ラオスとベトナムの国境に
近いカンボジア側に滞在中です。

カンボジアにいるのに、
ベトナムやラオスの習慣、文化が垣間見れ、
興味深いです。

2003年にベトナムもラオスも撮影に行きました。
今回は、
まだタイとカンボジアしか
訪れていませんが、
10年以上も経つと、だいぶ街は発展するものです。

写真的には、魅力的な瞬間、被写体は少なくなり、
寂しいところもあります。

そんな中でも、
少しでも感動する
瞬間に出会うと嬉しくなります。
 
滞っていた
スマフォの簡単な写真を
載せていきます。

カンボジアの旧正月では、
甘い赤飯のようなもち米が
竹に入れられていました、
これは、ラオスでは普通に
見かけるものです。


ベトナムで良く見かける
フランスパンのサンドイッチは、
ここカンボジアでもよく
見かけます。
外国人や日本人の味覚にも合い、
普通に美味しいと思います。









2015-04-18 20:54:09

アジア圏の野良犬の存在

テーマ:写真家日記
今までの疲れが溜まっていたのか、
昨日は、
少し体がだるかったです。

今日、昼間ずっと横になっていたら、
良くなりました。

どんなに旅慣れていても、
日本のようには安全ではなく、
むしろ、いろいろ知っている分、
慎重になるかもしれません。

目に見えない神経を使っているかも。

写真家にとって、東南アジアやインドだと、
野良犬の存在が人間よりも神経を使うかも。

20代の頃は、もっと気にならなかったのに、
だんだん気になってくるようです。
ちなみに中学、高校の時は、
日本の実家で犬を飼っていたことがあってもです。

野良犬や、お店や民家に自然と居座っている放し飼いの犬も含めて、
カメラを首からぶら下げて、
撮るときのテンションで
踏み込むと、
吠える犬がいます。

ゴミを集める人が、
犬のテリトリーに
入ると吠えられる確率が高くなるし、
普通の人と違っていると、
犬って敏感に感じとるのです。

特に集落を形成している、
外国人があまり訪れない村のような
所は、けっこう大変です。

カメラはまずカバンにしまって、
気配をなるべく消すように
努めます。

撮りたいものがあったら、
すぐ近くに犬がいないかも、
気にします。
視界に入るけっこう先まで、
犬の動きは気にします。

大型犬か小型犬か(大型犬は苦手です)
その犬が吠えないぐらい賢そうか、
(雄犬の方が吠えます)
こちらを凝視しているか、
食事などに熱中しているか、
寝ているか、
いろいろと判断します。

その写真に犬が入ると、
何かを物語る場合は、
あまり気にせずに、
勢いで写真を撮ることもあります。

犬って、
言葉や表情が分かりにくい分、
難しい存在なんですね。
もちろん、とても人懐っこい、
可愛らしい犬もたくさんいます。
賢い犬とそうではない犬がいることは、
間違いないです。

今まで吠えられたことは何度もあり、
特に海や山の田舎の村は
大変です、
噛みつかれそうになったのは2度ほどあり、
これは外国を旅したり、写真を撮る者の宿命でしょう、
幸いなことに、15年以上一度も
実際に噛まれたことはないので、
これからも気を付けたい所です。

アジアで気を付けることは、
エボラやマラリアや肝炎よりも、
狂犬病の方が、
けっこうリスキーで、
個人的には、
怖いです。

長年、インドに通っていたこともあるので、
インドのいかにも、狂犬病を持っていそうな、
ヨダレを垂らしていて、
目が虚ろの、野良犬を何度も目撃すると、
人は慎重になるかもしれませんね。

噛まれたら、
武勇伝になると思うようにして、
もちろん噛まれないように気を付けて、

前向きに行動したいと思います。

写真は、
今日食べたもの、
卵の変わった食べ物と思いましたが、
食べてみたらケ―キでもなく、
卵そのものでした。

お茶は砂糖入りのレモンティ―、
リンゴジュ―スは、
今は東南アジア一帯で
出回っているようです。
こちらにいると甘いものを欲するので、
助かっています。


 













2015-04-17 20:40:23

国境近くの街

テーマ:写真家日記
乗り合いワゴンで
約6時間。

国境近くの街に着き、
宿も決まりました。

ラオスと、
ベトナムの国境にも近いそうです。

乗り合いワゴン、
時に120キロぐらい出し、
かなり飛ばしていました。

運良く、助手席に座ることができたと思ったら、
運転手、仕事なのか頻繁に携帯で喋りながらで、
かなりスリリングな道中でした。
アジアでは、ありがちなのですが、
50回以上、電話が鳴ったり、かけたりで、
多すぎたドライバ―でした。
喋りながらでも、
器用にマニュアル車を走らせるので、
アジアは逞しいとも感じました。

途中で、車の警笛も壊れて
冷や冷やしましたが、自分で直していました。

日本のようではない、
凸凹道もあるので、
下手な遊園地のジェットコースターよりも、
迫力があるかもです。

シ―トベルトは、きつすぎてしなかったので、
対面衝突したら、
あの世行きかもしれません。

今回は、
朝のバスがなかったので、
乗り合いバスを選択しましたが、
まだ大型のバスの方が
前が見えない分、
もっと多くの人が乗っているので、
気が紛れます。

これから、
何度もバスや乗り合いワゴン、バイタクには
乗るので、
運を天に任せるしかないようです。

今まで、15年以上、様々な乗り物を乗ってきましたが、たまに冷や冷やする場面はあっても、
一度も病院のお世話にはなっていないので、
これからも信じるしかないようです。

恐れると、
どこにも撮影に行けなくなるので。












1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇