[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-23 09:25:00

大竹さんの世界戦

テーマ:ボクシング

日本時間、23日朝6時頃、

金子ジム、大竹選手の

WBA世界スーパーバンタム級の戦いが

イギリスのリバプールで行われました。


結果は、

12R戦い抜いての


残念ながらの判定負けでした。


世界レベルの、

卓越したボクシング技術、

強い肉体と心を表現した

とてもとても良い試合でした。


プロの世界において、

もしも・・・という言葉は禁句かも

しれませんが、

大竹さんにもっと十分な世界戦への

準備期間と、

この試合がホームの日本だったら、

判定はもっと微妙に

なっていたかもしれない・・

と思わせるような素晴らしい試合でもありました。


現地には行けなかったものの、

インターネット放送で、

画像が荒い中で

何とかリアルタイムで見ることができました。

ただ、細かい動きや表情までは

追い切れませんでしたが…。


立ち上がりや序盤の方は、

両者互角だったように

感じます。

大竹さんの

ジャブやコンビネーション、

防御、

押し負けない肉体の強さが

世界レベルだと感じました。


中盤に、

スコット・クイッグ選手の

(恐らく)右フックで大竹選手が一瞬ぐら付いたり、


最後の方のラウンドで、

大竹選手まぶた付近から出血

をしてしまいました。


ドクターが2度ほど

チェックに入りましたが、問題はなしで、

試合は続行されました。


大竹選手、一度もダウンはしなかったです。

あれだけのパンチを防御で受け止めながら、

粘りのあるボクシングを

最後の12Rまで続けました。


大竹選手、

ボクシング技術と気迫で、

何度も世界チャンピオンを下がらせました。

ボディー打ちで、

相手が嫌がる場面も見受けられました。


スコット選手、

思った以上に(もっと荒いと思っていたのですが・・・)

繊細なボクシング技術を持っていました。

ガードが固く、

ダッキングなどのボディーワークが

上手く、

右フックのタイミングと角度が

優秀でした。


大竹さんの強烈な振り下ろす

ストレートやフック、

接近戦での

攻めを

あれだけ凌ぐとは

予想外でした。


世界チャンピオンは世界チャンピオンでした。


どこの世界でも、

世界の壁は厳しいのでしょう。


ただ、

大竹さんの

強さが世界レベルであることを証明した

試合であったようにも思います。

本当に尊敬できる

プロボクサーです。


急遽決まった世界戦も

(然も世界戦は初挑戦です)

今できる最高の調整をし、

遠いイギリスと言う

アウェイの場所で、

ほぼ互角に戦い切りました。


この試合を機に、

もう2度ほど世界挑戦への切符が手に

入ることを

願って止みません。


いつか、

大竹さんに世界ベルトを

獲得して欲しいです。



AD
2014-11-20 23:16:22

大竹さんの強さ

テーマ:ボクシング

金子ジムの大竹選手の世界戦が

とても気になります。


遠いイギリスが舞台ですし、


地上波で放送されないで、

生で見れないのが残念です。


ボクシング界の歴史的な一戦に

なることは間違いないでしょう。


近代ボクシング発祥の地、

イギリスのリングに上がるなんて、

大竹さんはやはり素晴らしいです。


相手選手、大竹さんと並ぶと、

意外に小柄な印象も受けます。


大竹さんはスーパーバンタム級という

ボクシングでは比較的軽い方の階級なのですが、


間違いなく

世界レベルの肉体をしています。

今回のスコット・クイッグ選手は元より、

この階級に戻すと言われている

有名なドネア選手よりも

上でしょう。


実際に、

金子ジムで練習光景を目の当たりにしたり、

ロッカーでお会いしたり、

何度も日本スーパーバンタム級王座時代の

防衛戦を応援しているので、

間違いないです。


本物は本物です。

ボクシングの技術的にも、

今が熟練していて、

いぶし銀の、

渋いボクシングをします。

ジャブで組み立てる、

日本のボクシングの

基本でもあります。

パンチが固く、

馬力もあります。


イギリスのボクシングはよく分からないのですが、


スーパーバンタム級でも、

日本人の方が技術的には猛者がたくさんいる

気がしてならないのです。

日本王座防衛時代の相手も強かったのですが、

大竹さんはその中でも、

頭一つも二つも競り勝っていて強かったです。

試合を完全にコントロールしていました。


大竹さんのボクシングは、

世界の頂点に立つはずです。



AD
2014-11-20 23:11:53

FACE ASIA VOL.1478

テーマ:作品紹介


2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホールの子供。


偶然ですが、

いつの間にか、

左から背の低い順に

並んでいました。


なぜか、

右上を見ていますね。




AD
2014-11-19 22:07:09

大竹選手の世界戦、もう今週です。

テーマ:ボクシング

金子ジムの世界ランカー、


大竹秀典選手の

http://ameblo.jp/hidenori-ohtake/


世界戦がもう今週ですね。

応援をよろしくお願い致します。


◆WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
11月22日(土) イギリス/リバプール


妙にそわそわします。


外国での戦いは、

時差も食事も言語も生活環境も変わり、

本当に大変だと察します。


でも、

大竹さんならやってくれるでしょう。


それだけ勝負強く、

何かを秘めている選手です。


ボクシングという仕事に徹していて、

必ず結果を残す、

ボクサーの鑑です。


とても落ち着いている選手なんですね、


肉体的にも技術的にも世界レベルですが、

何よりも心が強く、

厳しいアウェイという場、

たとえ孤独な戦いになっても、

力を発揮できるはずです。

是非、頑張って欲しいです。


勝つと信じています。

日本から強い念を送っています。



↓今はもうイギリスに渡って最後の調整をしています。

 渡欧する前に、

 日本の金子ジムで偶然にお会いしました。

 相変わらず凄い肉体をしていて、

 気も充実していました。

 練習の合間に、

 快く写真を撮らせて頂きました。

 





2014-11-18 23:06:29

FACE ASIA VOL.1477

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


パキスタンの新聞配達員。


かなり詰め込んでいますね。


パキスタンの一人の仕事量、

日本人の倍以上は

ある印象です。




2014-11-17 22:52:19

FACE ASIA VOL.1476

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


この時は、

パキスタンの選挙が控えていました。


選挙戦と思われる横断幕。


その下にさとうきびジュースの屋台。


くつろぐ人々。




2014-11-16 22:43:46

FACE ASIA VOL.1475

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


ラホール旧市街。






2014-11-15 23:07:08

FACE ASIA VOL.1474

テーマ:作品紹介


2013年4月/パキスタン・ラホール


路上の新聞売り。


遠景には、

モスクが見えます。




2014-11-14 22:40:49

FACE ASIA VOL.1473

テーマ:作品紹介

2013年4月/パキスタン・ラホール


バイクにまたがっていた

子供。




2014-11-13 21:23:39

道具を上手く扱うこと

テーマ:写真家日記

今日も朝のロードワークと、

午後にボクシングジムに行き、

全部で18R練習し、

その内2Rのマスボクシングを行いました。

朝と午後で、

筋トレは懸垂を8セット、腕立てを5セット行いました。


週4ペースでトレーニングを続けています。


順調のように見えますが、

数日前から、

のどが痛くなり、

やっと少しずつ戻って来ました。

ひどい時は、冷え込む中での

外のランニングのみ控えていました。

季節の変わり目になると、

たいてい同じように

のどが痛くなります。

念のため病院に行くのですが、

症状はまだ軽いようで、

のどの薬を貰うだけです。


体調が回復傾向にあると判断したら、

薬を呑みながら、

とりあえずボクシングジムに通い、

ボクシングをすることは、

けっこうやります。


年齢の限界もあると思うのですが、

免疫力や菌に

身体が慣れて来る部分もあるのです。


本当に生きがいややりがいを感じるものなら、


夢を追い続ける為には、

「今」が多少きつくても、

自然と足を運んでしまうのですね。


海外の写真を撮り続けることも

似ています。


自分の肉体や免疫力を信じて、

トレーニングに励むのです。


どれもこれも、

未来の写真(家)の為です。


自分の場合は、

今の時代は、

日本では撮りたいものが薄れています。


海外、特に発展途上国に

撮りたいものが残っています。


日本では、

あまり写真を撮っていないのですが、

ごくまれに良い瞬間に巡り会ったら、

目や心でシャッターを切ることは

しばしばあります。


ボクシングも、

一見遠回りに見えますが、


10年も続けていますと、


写真を撮る感覚に近い、


撮る以前の、

動体視力や反射神経や間合いやタイミングなどの

練習もすることができます。


道具を上手く扱う練習もできます。


ボクシングは、

グローブの力を最大限に生かします。


腕を上手く伸縮して、

ナックルを上手く返し、

強烈なパンチを打つことができます。


自分の頭を覆ったり、

相手のパンチを弾くことで

防御もできます。


「道具をいかに上手く扱うこと」

「道具でいかに良い結果を残すこと」

これって、

カメラ(レンズ)とけっこう似ています。


今使っているカメラやレンズの特性を掴み、

いかに良い写真を撮るように

努めます。


グローブもいろいろな種類があり、

拳にはめると、

それぞれ特徴があります。


新しく発売したものが良いパフォーマンスをするとは

限らず、(やはりそこそこの性能のある

メーカー製のものが一番ですが…)


少しボロボロになるぐらい、

手に馴染んだものが、

一番使い易いものです。


写真やカメラの方が、

日々の進歩が速いのですが、


最新のカメラや、

(デジタルだったら)画素数の大きさを

求めるだけでは、

結局、いたちごっこになりかねません。

お金持ちなら

大丈夫かもしれませんが、

普通なら、

そんな余裕はありません。


フィルムカメラなら使えば使うほど

味わい深い仕上がりになった印象ですが、


デジタルだと、

カメラの構造やその後の加工の問題もあり

微妙ですが・・・・・。


基本は、

まずは、

感性や道具を使う前の身体を

磨くことかもしれません。

そう信じたいものです。


極端に言えば、

どんなカメラで撮っても、


「良い写真は良い写真であり、

感動する写真は感動する写真」です。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>