[近況】

2013年 3月18日~6月15日の

約3ヶ月間のインド・パキスタン撮影旅から

無事に帰国しました!!

気に留めて下さった方々、

誠にありがとうございます!!

チャンスがあれば、どこかでも発表できるように

頑張りたいと思います!!


何かありましたら、

一番下のメールアドレスまでよろしくお願いします。


【主な撮影旅】

1998年  この年より日本を含めたアジア各地を旅する                                  

2001年  タイ・カンボジアを60日間撮影

2003年  タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー

        を100日間撮影

2004年  タイ・雨季のカンボジア・パキスタン・バングラデシュ

        を100日間撮影

2005年  タイ・インド・ネパールを100日間撮影

2006年  インドを70日間撮影

2007年  インドを60日間撮影

2009年  バングラデシュを45日間撮影

2010年  雨季のインドを80日間撮影

2013年  インド・パキスタンを90日間撮影


【主な写真経歴】

2003年  第4回上野彦馬賞大賞を受賞しました。     


2004年  「ストリートで生きる子供たち~Cambodia~」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーAで

        個展を開催しました。            


2005年  富士フォトサロン新人賞奨励賞を受賞しました。

            

2007年  日経ナショナルジオグラフィック人部門・優秀賞を

        受賞しました。


2012年  「PEACE ASIA」

        新宿コニカミノルタプラザギャラリーCで

        個展を開催しました。

  

        「FACE ASIA」       
        
下北沢フリーファクトリーで

        個展を開催しました。


【写真収蔵先】

清里フォトアートミュージアム主催のヤングポートフォリオにて、

生涯 39枚が収蔵されています。


【写真集/作品集の出版先を募集中!!】

誠に恐縮ですが、

大きな夢では

写真集の企画出版、

(例えば、

写真集だと、

●「PEACE ASIA」

  純粋な表情をとらえたポートレートと、

  抜群の瞬間をとらえたスナップでまとめた  

  平和を感じる写真集  

●「FACE ASIA」

 力強い・衝撃的と評価の高い

 色彩豊かで多様性に溢れた

 アジアの人達のポートレート写真集


などを考えています。)


その他、

写真を掲載して頂ける

出版・WEB関係者や、



撮影依頼も、



(裏に作者のサイン付きで)

ご希望に

なるべく添うように

作品の販売も

しております。


2001年~2012年まで、

今まで撮りためたフィルムは

2500本に及び、

日本を含めた

アジアの人達のポートレート・スナップを

中心に撮り続け、

得意にしています。

「多様性」と「平和」をテーマにしております。


$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA
$写真家 武藤弘司のFACE ASIA

少しでも興味がある方、

お問い合わせ&詳細は、

こちらまでよろしくお願い致します。

koujim30@hotmail.com



HIS



    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-24 23:28:58

FACE ASIA VOL.1281

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


インドのレトロな遊園地です。


手動で回しています(笑)


どこの国でも、

子供達は楽しそうですね。




最近の画像つき記事
 もっと見る >>
PR
2014-04-23 22:05:14

FACE ASIA VOL.1280 

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


看板も路上に溢れる人達も

シーク教徒の方達です。


インド=ターバンというイメージが

あると思うのですが、


ターバンを巻いているのは、

シーク教徒なのです。


現在のインドの首相も

同じですね。




2014-04-22 23:51:04

FACE ASIA VOL.1279

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


ご家族と思われる

微笑ましい光景でした。


敬虔なシーク教徒の子供は、

男の子でも、

小さい頃から髪を伸ばし団子状にしていたりします。

(髪や髭を伸ばし続ける為)


髪が長いから女の子だと思ったりすると、

実は男の子だったりします。


右はお兄ちゃんと思いますが・・・



2014-04-21 22:21:31

トレーニング

テーマ:写真家日記

今日もボクシングジムでトレーニングができました・・・。


最後にいろんな懸垂を行って、

今日の肩と腕は、限界です(泣)

ミット打ちやサンドバックを叩き続けた後の

懸垂は地獄です(笑)


また明日同じトレーニング予定です。


懸垂にもいろいろとあるのですね。


プロボクサーの高橋良輔選手から

教わった方法は、とても勉強になります。


ちょっと調べたら、消防士試験の懸垂も

同じようでした。


肩まで下ろし、

ゆっくりと確実に行うと、

一度に20回できれば凄いのです。

(今までの方法は間違っていました・・・・

もう一度鍛えなおさないと・・・・・)


10回できればかなり良い方みたいで、

僕は調子が良ければ、

何とか10回できました・・・。

これを3セット行うと、

最後、肩がはずれそうになります。


海外旅の写真家の理想の体型・体力は、


兵士や消防士やプロボクサーやプロクライマー

ようなのです。


まだまだ程遠いし、


自分の年齢が上がると、


維持するだけでも大変なのに、、


成長するには、

かなり大変になります。


10年以上のボクシングのトレーニングのお蔭で、


格闘技は何もしていなかった、

20代前半の学生の時よりも

絞れている印象です。


何でも続けてみるものですね。


今は、かなり遠回りしていますが、


写真家にとっても、

体力を付けるのは先か後かの問題だけで、


40代、50代、60代になって

必ずこの経験が生きて来るはず。


その年代になるまでに

旅先で散っていくことも考えられますが(笑)、


まずは、

夢や理想に少しでも

近付くことが

大切なのかもしれません・・・・・・・・・。


2014-04-21 22:11:34

FACE ASIA VOL.1278

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


この時期の朝晩は、まだ冷え込みます。


母と子と思われる人達が、

毛布にくるまっていました。


ここはシーク教徒の聖地なのですが、

ここで野宿していたのかもしれません・・・・・。


インドでは、

駅(電車待ち)やお寺で

家族共々、野宿をしている人達が多いです。




2014-04-20 21:50:23

FACE ASIA VOL.1277

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


敬虔なシーク教徒。


馬を飼っています。




2014-04-19 22:47:15

FACE ASIA VOL.1276

テーマ:作品紹介

2013年3月 インド・パンジャブ州


宿に併設されていた

レストランの食事です。


3か月に及ぶ撮影旅を続けますと、

あまり良いものを食べられない日もあります

・・・豪華と質素を繰り返します・・・

栄養のバランスも

考えるのですね。


この日は豪華の日です。


スペシャルターリーというものを

注文したら、

これが出て来ました。


ターリーとは、

インドのカレー定食です。


インドは一通り回ったことが

あるのですが、

パンジャブ州、

個人的には、まろやかな

味付けでした。


パキスタンに近いということも

あるのかもしれません。




2014-04-18 23:39:15

FACE ASIA VOL.1275 

テーマ:作品紹介

2013年3月/パンジャブ州


この時、出されたのがこちらです。


日本のお菓子のような

感覚で出されたと思います。

左がチャイで、

右がパコラです。


食べかけですが(笑)


チャイは、日本で言えばミルクティー。


パコラは、

天ぷらのような揚げ物です。


お芋やバナナ

を揚げたものが多いのですが、


こちらは結局

何を揚げていたのか

よく分かりませんでした・・・・




2014-04-18 23:31:42

FACE ASIA VOL.1274

テーマ:作品紹介

2013年3月/インド・パンジャブ州


テントの中で

シーク教徒の人達に混じって

簡単な食事。


2014-04-18 23:15:36

FACE ASIA  VOL.1273

テーマ:作品紹介

2013年3月/パンジャブ州


所変わって、

シーク教徒の多く住むエリア、

パンジャブ州です。


無償で

食事を提供するお寺や団体が

多いのですが、

配膳の準備をしていました。


施しを与えることで、

人間的に成長するという

教えに則っていると思われます。


僕自身は無宗教ですし、


日本では一般的ではない印象を受けますが、


一歩、海外へ踏み出すと、


宗教と言うのは、

日本人が思う以上に

世界に根付いています。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>