鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の発行/「ふるさと鳥取ファンクラブ」を運営している、鳥取県広報連絡協議会スタッフのブログです。


テーマ:

2018年に鳥取県西部で行われる「大山(だいせん)開山1300年祭」を『食』で盛り上げようと、特産品を使った料理の試食会が3月17日、大山町で行われました。西部の飲食店など17店舗が参加し、工夫を凝らした自慢の逸品を披露。旅行、出版業に関わる県内外の女性モニター26人が試食、味や見た目をチェックしました。

 

試食会は、県西部を中心とした自治体・商工団体・観光関係団体などで構成する伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会が実施。飲食店や宿泊施設などが集結した「名物料理を作る会」「とっとりバーガー応援プロジェクト」「いただきグルメプロジェクト」の3団体に所属する店舗が、地元食材を使った開発中の新メニューを披露しました。

 

各ブースには、サワラのダシが染みこんだ釜飯と潮汁、県産米を大山鶏のミンチで包んだハンバーグのほか、ベニズワイガニのほぐし身とマグロ、白ネギを使ったユッケなど、和洋折衷さまざまなジャンルの料理がズラリ。

 

どの料理も彩り鮮やか。お椀の中は地元食材で埋め尽くされている

 

このうち、宿泊施設「休暇村奥大山」(日野郡江府町)は、「彩り野菜の鉄蒸しあんかけ定食」を考案。大山鶏のトマト甘酢あんかけ、キノコや旬の野菜がたっぷり入った日野郡の郷土料理「じゃぶ汁」、大山そばや山菜おこわなど、大山周辺の食材がふんだんに盛り込まれた贅沢な定食です。

 

大山周辺の食材にこだわった「彩り野菜の鉄蒸しあんかけ定食」(休暇村奥大山)

 

試食したフードコーディネーターの女性は、「モニターの意見を反映し、特産品を生かした料理で1300年祭が盛り上がれば」と、話していました。

 

参加店舗は、今回のモニターの意見や感想を参考に、レシピや味を改良するなどして研鑽に励みます。提供開始は今年の冬頃の見込み。(※一部料理を除く)

 

=========================================================
※休暇村奥大山は「ふるさと鳥取ファンクラブ」協賛店です。
特典:会員は電話予約で室料10%割引(特定日を除く)
奥大山休暇村

 

★「ふるさと鳥取ファンクラブ」とは
会費2,000円(2年間)で『とっとりNOW』を2年間送付します。その他特典もあり!
詳しくはこちらをご覧ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鳥取県広報連絡協議会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。