鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の発行/「ふるさと鳥取ファンクラブ」を運営している、鳥取県広報連絡協議会スタッフのブログです。


テーマ:
鳥取県在住の芸術家、松本文仁さんと森田しのぶさんの二人展「流体」が鳥取市内で開かれています。両作家の四半世紀にわたる画業を回顧すべく、初期から近作までの絵画約80点を展示。次々訪れる来場者たちは、ベテラン作家の作品一点ずつに足を止め、じっくりと見入っていました。



まず、松本文仁さんは「運命論的な死」をテーマに、金属や木の板を組み合わせたキャンバスに絵を重ねた作品を出展。絵画の手法から解き放たれたかのような立体感ある作品は、独創性が際立っています。このうち『バベル』は、天まで伸びているような塔の途中に、女性が不気味に出現し、黒い何かで塔を覆おうとしています。それは、神の領域を侵そうとする下界人へ警鐘を鳴らしているかのようです。



一方、森田しのぶさんの展示作は、全てのタイトルが「生命への回想」。流れるような曲線の、丸みを帯びた物体が描かれています。細胞あるいは臓器のようにも見えるそれは、まるで胎内で育まれる生命のよう。静寂の中で、力強い鼓動が聞こえてくるようです。



「生」と「死」という対極のテーマを、各々オリジナリティー溢れる線描で表した作品の数々。架空のモチーフや抽象的な描写で、見る者の想像力を掻き立たせます。

会期は12月14日(日)まで。会場へ足を運び、両作家による死生観の対照的な表現をぜひ間近でご覧ください。


◎「流体―松本文仁/森田しのぶ」
会場:鳥取県立博物館2階第2特別展示室
会期:平成26年11月15日~12月14日開館時間:9:00~17:00
観覧料:一般500円/前売り・20名以上の団体300円
<以下無料>
○大学生以下 ○学校教育活動の引率者○70歳以上 ○障がい者・要介護者およびその介護者


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

鳥取県広報連絡協議会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。