オークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨した穴馬10番人気ジェラシーが惜しくも4着という結果。

福島牝馬ステークスは推奨穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利。チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



[目黒記念 穴馬好走要因]

2015年11番人気1着ヒットザターゲット:自信の穴馬推奨。近走結果が出ていなかったが、前の年の天皇賞(秋)では0秒2差の5着と善戦しており、能力上位。内枠の馬で決着したが、1枠1番に入っていたことが大きな追い風となり、時計の速い馬場の適性が高かったことも好走の要因。

2014年12番人気2着ラブイズブーシェ:自信の穴馬推奨。有馬記念で4着と好走した後、結果を残すことが出来ていなかったが、2000mのレースで距離不足であった。

2014年8番人気1着マイネルメダリスト:穴馬推奨。人気馬に死角があり、54キロも追い風になった。

2012年7番人気2着トウカイパラダイス:上りの速いレースとなり、前残りの結果に。前走天皇賞(春)は距離が長かったが、ペースが落ち着いてそれほどスタミナが要求されない流れとなったことも追い風になった。

2011年7番人気1着キングトップガン:51キロという斤量でまずまずゆったりした流れで先行して粘り込む形に。ダートや坂のある阪神で結果を残しており、降雨により時計のかかる馬場になったことが追い風に。

2010年9番人気2着イケドラゴン:東京コースで2勝。道中13秒近辺のラップが続く落ち着いた流れの中で逃げて展開の恩恵を受ける形に。それにくわえて斤量が51キロと軽かったことも大きな追い風に。

2009年8番人気1着ミヤビランベリ:元来能力の高い馬で55キロは恵まれた斤量。馬体からもこの条件はほぼベスト。不良馬場で行われていたが、馬場の悪化とともによりスタミナが要求される条件となったことも追い風に。

2009年17番人気3着ハギノジョイフル:52キロという恵量で道悪のレースでも結果を残していたが、勝ち馬とともによりスタミナが要求される不良馬場が追い風になった。

2006年12番人気3着ダディーズドリーム:前年にこのレースで3着と好走していたが54キロで出走。父トニービンで東京コースが合うことは言わずもがな。休み明けであったがむしろそういったレースの方が合うようで、レースの適性が高かった。

2004年:16番人気2着トレジャー: OP特別勝利、重賞連対はいずれも馬場が悪化したレース。道悪巧者でやや重という馬場状態が追い風に。前半は11秒台のラップを刻むやや速い流れで推移し、展開もはまった。

2003年15番人気3着メジロランバート:長期休養明けの前々走、そして前走をつかわれて良化もあったよう。8歳という年齢が嫌われていたかもしれないが、それほどレースをつかわれていなかった。

2002年12番人気1着トシザブイ:中盤が12秒近辺で推移する厳しい流れで末脚が生きる流れに。前走は天皇賞(春)で前々走阪神大賞典はプラス8キロ。ここでマイナス10キロと絞れていた事も好走と無関係ではなかった。


[日本ダービー 穴馬好走要因]

2014年12番人気3着マイネルフロスト:距離は長かったが、ロスのないレースで克服。共同通信杯では冬毛が伸びていたが、調教の内容がよく、状態もよかった。

2013年8番人気3着アポロソニック:無駄肉がつかず、毛ヅヤも上々で状態がよかったことが最大の好走要因。

2011年10番人気2着ウインバリアシオン:馬体面から能力が高いと判断し本命推奨。この距離とコースが合い、状態も上昇。青葉賞で上がり最速の脚をつかって勝利する内容のあるレースであったが、それほど人気がなかった。

2011年8番人気3着ベルシャザール:馬体面からも能力高く、穴馬推奨。前走皐月賞は状態がひと息であったがここで上昇していた。人気馬は距離や道悪などを苦に崩れる結果に。

2010年7番人気1着エイシンフラッシュ:休み明けだった前走皐月賞からさらに上昇。前半1000m通過1分1秒6とペースが落ち着き、上がりが32秒台で決着する流れが追い風になった。

2009年8番人気3着アントニオバローズ:ややパワーにベクトルが傾いており、降雨により時計のかかる馬場になったことが大きな追い風に。皐月賞をぶっつけで使い、前走プリンシパルSも本調子でなかったがここで上昇。



2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

ダービー 前哨戦のポイント

テーマ:
オークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨した穴馬10番人気ジェラシーが惜しくも4着という結果。

福島牝馬ステークスは推奨穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利。チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。




[ダービー 前哨戦のポイント]

○ 京都新聞杯

近年のレース時計は2分11秒台以下で決着しており、降雨の影響もあったかもしれないが、2分12秒6と遅い決着。

ただ、前半1000mは59秒台が水準となるが、60秒8とペースが落ち着いており、その点がレース時計と結果に影響した。

勝ったスマートオーディンは馬場状態と距離を懸念したが、馬場が回復しており、2000m以上も決め手を生かせば問題ないよう。

ただ、今年は2勝以上挙げている馬が3頭しかおらず、レベルが低かった。


○ 青葉賞

当日の芝1600mの500万条件、1000万条件で1分33秒台の時計が出ていたが、例年よりも速い時計。

青葉賞のレース時計も2分24秒2と速かったが、前半1000m61秒3という時計も水準のペースで、馬場状態が影響していた。

勝ったヴァンキッシュランは馬場の恩恵もあった。

2着レッドエルディストは馬場とペース、直線で外を回しながら鋭く伸びていることを考えると悪くない内容。

上がり2位は勝ち馬がマークしているが、それより0秒6も速い時計をマークしている。

プロディガルサンは休み明けで上積みの余地は大きいと考えられる。


○ 皐月賞

レース時計が1分57秒9というレースレコードで決着したが、馬場状態はよかった。前半58秒4、後半59秒5と、後半の方が1秒以上時計のかかるタフな流れとなり、かなりのハイペースで推移。

勝ったディーマジェスティはペースが上がったことが追い風となり、坂のあるコースも合った。

マカヒキは瞬発力勝負の方が合ったことと、坂のあるコースの適性で劣ったことが敗因。

ただ、今回のレース内容をみると、ペースが落ち着いていれば、前の馬を捉えることは出来なかっただろう。

サトノダイヤモンドはきさらぎ賞以来のレースということもあり、状態面に上積みの余地があった。

エアスピネルは距離を克服したが、勝ち馬との勢いの差は不利がなくても厳しかった。

先行して敗れたリオンディーズはさすがにペースが速く、それが最後によれたことにつながった。

強風によりスタートが遅れたことや、出走馬のテンションが上がったことなども、このペースに影響したか。スタミナ面においても、強風の物理的な影響もあったはず。

このペースで強気なレースをして4位入線と粘っており、能力は高いが、厳しいレースをした反動が怖い。

ロードクエストは器用さを欠く馬で、今回のコースは合わなかった。

マウントロブソンは先行して展開も厳しかった。



2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

オークス もう1頭の穴馬

テーマ:
ジェラシー

母の母グレースアドマイヤの産駒にヴィクトリー、リンカーンがおり、母の母の母バレークイーンの産駒にはフサイチコンコルド、アンライバルドがいる。

父ハービンジャーの仔はそれほど走っていないが、母の父はサンデーサイレンスで、良血と言っていいか。

馬体を見る限り、重賞で通用しえる素質はある。後肢のつくりを見ると差し馬のようだが、上半身のつくりから、先行するレースもできる。

かっちりしたつくりからトニービン産駒とイメージが重なり、東京コースは合う。

マイルでは短く、距離は2000mから2400mが合う。

走法を矯正するためシャドーロールをつけているが、良化すれば距離延長への対応力が増し、競争能力も向上する。

素質に関してもそこまで劣らず、状態に関しても申し分ない「。距離も対応可能な点から、人気がなければ狙う価値はある。

もう1頭の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)でお届けします。

福島牝馬ステークスは推奨穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利。チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。




2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

オークス 穴馬の特徴は?

テーマ:
福島牝馬ステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。


今回はオークスの穴馬の特徴をお届けします。2けた人気の穴馬の情報は無料メルマガでご覧ください。


[オークス 穴馬好走要因]

2013年9番人気1着メイショウマンボ:前走桜花賞では状態ひと息も上昇するとともに短期間での成長も感じられた。このレース向きの決め手があり、距離延長がプラスになる体型であった。

2012年9番人気3着アイスフォーリス:道悪はあまりよくない馬のようで、前走、前々走などはその影響もあったようだが、このレースは2分23秒台での決着という時計の速い馬場で行われ、馬場状態がよかったことも追い風に。

2011年7番人気1着エリンコート:皮膚が薄く状態良好。人気のホエールキャプチャは後手を踏み、マルセリーナは道悪が堪えたようで人気を裏切る結果でそれも大きな追い風に。

2011年8番人気2着ピュアブリーゼ:父、母ともに欧州系の血統で固められ、降雨によりスタミナが要求される条件となったことが追い風になった。

2010年8番人気3着アグネスワルツ:先行するレースをしたが、馬場の悪化によりキレ味がそがれたことが追い風に。前走フローラSで2着と好走し、1着同着サンテミリオンもそこで勝利しておりレベルの高いレースであった。

2008年13番人気2着エフティマイア:自信の穴馬推奨。

2007 年8番人気3着ラブカーナ:自信の穴馬推奨。状態がよく、父がフェアリーキング系、母の父カーリアンという重厚な血統。前走1800mで敗 れているが、距離延長がプラスに作用すると考えて推奨。前半1000m59秒1とペースも上がり、スタミナが生きる流れが追い風となった。

2004年6番人気1着ダイワエルシエーロ:クイーンカップを勝っており、東京コースも合った。ペースが落ち着いて瞬発力勝負に持ち込んだが、鞍上がうまく先行させたことが最大の好走要因。

2003年13番人気2着チューニー:

2003年9番人気3着シンコールビー:フローラSで能力の高さと距離延長への対応力をみせていたが何故か人気がなかった。父サクラローレルという血統でこの距離も問題なかった。

2002年13番人気2着チャペルコンサート:


2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

平安S 2けた人気穴馬

テーマ:
○ 平安S 穴馬

手脚や胴の長さや、ややボリュームのあるつくりをみると、父の代表産駒の1頭に似ており、その特徴が出ているものと思われる。後肢のつくりをみると、後方からのレースが合い、決め手で勝負をするタイプ。

肩の角度などから、中距離に適性があり、1800m2000m辺りが力を発揮出来る。フットワークをみると、本質的に道悪はよくないかもしれない。

3歳の秋に馬体をみた際、ここから良化されてこない限り重賞では難しいと感じたが、昨年春の時点でよくなっていた。複数勝てると断言できるレベルではないが今後も重賞で活躍できる。

馬体の特徴や、母方の血統からこの条件に対応できてもおかしくない。

マイナス材料は多いが、状態がいい可能性があり、狙ってみてもいい。

その2けた人気の穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)でお届けします。



福島牝馬ステークスはで推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。

2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

オークス 前哨戦のポイント

テーマ:
福島牝馬ステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。




今回はオークス出走馬の評価とポイントをお届けします。

フローラステークス組とフラワーカップ組など、全ての前哨戦の考察は無料メルマガでご覧ください。



○ 桜花賞

改装後のレース時計、前半800m後半800mの時計をみると、例年レース時計は1分33秒台から1分34秒台で決着している。

ペースは47秒台後半から46秒台前半とばらつきがあるが、馬場状態により時計や傾向が変わってくる部分がある。

2016年 ジュエラー 1.33.4 前半 47.1 後半46.3

2015年 レッツゴードンキ 1.36.0 前半50.0 後半46.0

2014年 ハープスター 1.33.5 前半45.3 後半48.0

2013年 アユサン 1.35.0 前半46.9 後半48.1

2012年 ジェンティルドンナ 1.34.6 前半47.1 後半47.5

後半800mよりも前半800mの方が時計の速いレースが目立つが、今年は前半800mよりも後半800mの方が時計は速く、その点からそこまでタフな流れではなかった。

それで1分33秒4という時計は、やはり馬場状態のよさの表れ。当日芝1600mで行われた1000万条件のレースでも1分33秒8という時計が出ており、馬場がよかった。

人気を裏切ったメジャーエンブレムは瞬発力勝負が合わないが、消極的なレースと追い出しが遅れた点が敗因。

それほど速い流れでなかったが、時計の面からもその点を読み取ることが出来る。

前でレースをする馬が多く、異常なハイペースに巻き込まれることを嫌ったと思われるが、持ち味が生きなかった。

巷間言われるように、騎乗に問題があったように感じるが、ラベンダーヴァレイを除けば、メジャーエンブレムよりも前でレースをした馬が崩れている。

メジャーエンブレムに楽なレースをさせたくなかったのかもしれないが、メジャーエンブレム包囲網、あるいはルメール包囲網を敷かれていた感もある。

勝ったジュエラーは距離、コースともに合ったが、メジャーエンブレムなど前の馬を捕まえにいったシンハライトよりも仕掛けを遅らせたことが明暗を分けたか。

距離延長への対応力もあるが、オークスでは今回と同じレースをして前でレースをする馬を捉えることが出来るかがポイント。

シンハライトはある程度前でレースをしたが、勝ちにいった分だけ、しまいの脚が甘くなった。チューリップ賞よりも状態を上げており、一番強いレースをした。

3着アットザシーサイドはこの条件では勝ち切れない結果となるが、また、体型が変わってくるかもしれない。

レッドアヴァンセは前走チューリップ賞から状態を上げていたが、体重が戻っていなかった分、本物ではなかったか。



2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

オークス 過去の穴馬は?

テーマ:
福島牝馬ステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



※ 下記は過去のオークスの考察の一部



アースライズ(2015年13番人気4着・自信の穴馬推奨)

距離延長が好材料になりえるため駄目もとで狙ってみる。


ニシノアカツキ(2014年17番人気4着・穴馬推奨)

胴が長めでボリュームのない体型をしており、父オペラハウスの代表産駒であるテイエムオペラオーと体型の面で共通点がある。馬体をみる限り重賞を勝てるかというと微妙。ただ、状態次第では軽視することはできない。

3走前のクイーンカップで阪神JF組の実力馬フォーエバーモア、マジックタイムに敗れているが、距離が短かった。ただ、距離不足のマイル戦の重賞レースでそれなりに結果を残すことが出来ているのは素質の表れでもある。

前 走フローラSでは7枠13番と外枠に入ったこともあり、後方からレースとなったが、瞬発力や決め手があるタイプでなかったため、厳しい展開となった。くわ えて、内が伸びる馬場で直線で大外をまわすレースとなったが、勝ち馬と0秒3差というレースであれば、決して悪くない内容。

フローラSの時点でもまだ完成度が低く、能力的に足りない可能性があると感じたが、無駄な肉がつかず毛ヅヤなどもよかった。その出来を維持していれば面白く、人気はほとんどないと思われるが、駄目もとで狙ってみたい。


エフティマイア(2008年13番人気2着・自信の穴馬推奨)

昨年の阪神JFでは9番人気という低評価であったが、コースが合い能力も高いと感じて対抗に推した。

その時に比べて毛ヅヤが格段によくなり、状態はほぼ絶好調。

1600m位が合い距離に限界がある馬だが、キレを生かせる競馬をすれば問題ない。

鞍上もウメノファイバーでそういった競馬で結果を残しており、今回も同様の競馬をするとの事。

雨が降り馬場が悪化してキレが削がれるのは怖いが、それさえ克服できれば一発もある。

穴で狙うには絶好の存在。


ラブカーナ(2007年8番人気3着・穴馬推奨)

出来はよく、距離延長も問題なく、血統も魅力。



2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
福島牝馬ステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨した穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



○ ヴィクトリアマイル

近年のレースの時計、前半後半800mの時計、ラップをみるとペースが落ち着きやすい。

2006年から2015年までの10レースのうち8レースで前半800mよりも後半800mの方が時計は速かったが、今年は前半と後半がほぼ同じ時計でミドルペース。

波乱の可能性があるとすれば、ペースが落ち着くケースと考えたが、レッドリヴェールがハナを主張しなければ、よりゆったりした流れになっていた可能性がある。

2016年 ストレイトガール 1.31.5 前半45.7 後半45.8

2015年 ストレイトガール 1.31.9 前半45.5 後半46.4

2014年 ヴィルシーナ 1.32.3 前半46.2 後半47.1

2013年 ヴィルシーナ 1.32.4 前半46.3 後半46.1

2012年 ホエールキャプチャ 1.32.4 前半46.4 後半46.0

2011年 アパパネ 1.31.9 前半44.6 後半47.3

1分31秒5という速い時計で決着したが、時計の出る馬場であったため。

土曜のレースを見ると、9Rは水準よりやや遅く、11Rは水準くらいのペースであったが、9R(500万条件・芝2000m)では1分59秒8という時計が出ており、11Rの京王杯SCも1分19秒6という、水準より1秒近く速い時計で決着していた。

日曜の結果を見ても、8R9Rはペースが落ち着いて時計は速くなかったたが、6R(3歳500万条件・芝1400m)では、1分20秒8というかなり速い時計が出ていた。

勝ったストレイトガールはそれほどペースが速くなく、ミッキークイーン、ショウナンパンドラといった実力馬よりも前でレースができた点が勝因。

外枠に入りながら、いい位置につけたが、スムーズにロスのないレースをしており、この勝利は鞍上の腕によるところも大きい。

ミッキークイーンはそれほど速くなかったペースを考えると、直線で抜け出すのに手間取った感があり厳しかった。

ショウナンパンドラもよく伸びたが、2着を確保できなかったのは、距離適性の差が出た。馬体にボリュームがあるときの方が走る馬で、前走から確実に有馬記念では出来が落ちていたが、自走以降チェックしたい。

今年はペースが落ち着かなかった点からもまぎれが生じにくい状況などから、上位3頭はいずれもG1勝ち馬で決着する想定通り堅い決着となった。

マジックタイム、クイーンズリング、ルージュバック、スマートレイアーの考察は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)でお届けします。
福島牝馬ステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



[ヴィクトリアマイル 穴馬好走要因]

2015年12番人気2着ケイアイエレガント:穴馬推奨。


2015年18番人気ミナレット:

2014年11番人気1着ヴィルシーナ:自信の穴馬推奨。

2013年12番人気2着ホエールキャプチャ:

2012年7番人気2着ドナウブルー:前走中山牝馬Sは条件が合わない舞台であったが、東京芝1600mは条件としてベスト。本格化を感じさせ高い評価とした。

2010年8番人気2着ヒカルアマランサス:前走阪神牝馬Sはコースが合わなかった。前半800m45秒5と決して遅い流れではなかったが、元来能力が高く、粘ってブエナビスタを追い詰める結果に。

2010年11番人気3着ニシノブルームーン:

2009年11番人気2着:ブラボーデイジー:

2007年12番人気1着コイウタ:穴馬に推した馬。

2007年9番人気2着アサヒライジング:前年の秋華賞で2着、エリザベス女王杯でも3歳ながら0秒1差の4着とトップレベルの実力。たたき3走目で増えていた体重も減り続けており、まさに走り頃であった。

2007年8番人気3着デアリングハート:穴馬推奨した馬。いかにもサンデー系のマイラーといった馬体をしており、この条件はベスト。2着と好走したNHKマイルカップと同じようにスローの瞬発力勝負となったことが好走の要因。




2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

京王杯SC 超人気薄穴馬

テーマ:

デビュー前の馬対写真を見ると、ディープインパクト産駒であるが、上半身のつくりか距離に限界があるよう。

1400mまではもち、全体のフォルムやフットワークから東京コースは問題ない。

休み明けの前走1600万条件を勝利するも鉄砲は利くため、上積みはないかもしれない。

馬体を見る限り、重賞では微妙な感もある。

ただ、前走(中山芝1200m)の勝利は辛勝であったが、内容のないレースではなく、前々走は後方からのレース、3走前は道悪が響いたと思われる。

超人気薄であるが、この人気であれば、買う価値はある。

その穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)でお届けします。



福島牝馬ステークスは「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨したな穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。