重賞レースの穴馬に関しては、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)をご覧ください。


○ ローズS

土曜の阪神の芝のレースの結果を見ると、それほど時計は出ておらず、日曜も重馬場で行われ、時計のかかる馬場であった。

近年のレース時計、前半800m、後半800mの時計は下記のよう。

2016年 シンハライト (重) 1.46.7 前半47.4 後半46.8

2015年 タッチングスピーチ 1.45.2 前半46.7 後半46.8

2014年 ヌーヴォレコルト 1.46.0 前半47.3 後半46.2

2013年 デニムアンドルビー (不良) 1.47.7 前半46.3 後半49.5

2012年 ジェンティルドンナ 1.46.8 前半49.0 後半45.4

2011年 ホエールキャプチャ 1.48.1 前半49.3 後半46.3

2010年 アニメイトバイオ 1.45.8 前半46.7 後半46.7

前半800mの水準は47秒0近辺となるが、重馬場で前半800m47秒4はやや速いペース。

ただ、そこから12秒5というラップを挟んで中盤は緩んでおり、前半よりも後半の時計が速かった点から、2013年ほど速いペースではなく、水準くらいのペースであったと考えられる。

やはり実績上位の馬の能力的な信頼度は高く、しっかりと仕上がっていたオークス馬シンハライトが勝利。

プラス14キロで436キロという馬体重であったが、チューリップ賞で430キロであったことからも問題なかった。

一方、桜花賞馬ジュエラーは馬体を見る限り故障明けの影響があった。次走以降も確実な良化がみられなければ、注意をしたい。

11番人気で2着と好走したクロコスミアは馬体を見る限り高い素質を感じさせ、自信の穴馬に推したが、道悪が追い風になった部分もあるか。

スタート後、行きたがって逃げるレースをしたが、気性的な難しさを見せず、控えるレースをしていれば、どうであったろうか。

アットザシーサイドは距離適性が微妙であった。

レッドアヴァンセは距離や坂を敗因と考える向きがあるが、道悪が合わなかった可能性が最も高い。

デンコウアンジュは道悪の適性があったことが4着と悪くないレースが出来た要因か。まだ上積みの余地を残しており、次走の状態次第で狙えるかもしれない。

ラベンダーヴァレイは時計が速い馬場の方がよく、跳びがきれいな点からも道悪はよくなかったはず。1600m以下の方がいい可能性があるが。

アドマイヤリードは距離短縮やコース変わりで見直してみたい。

フロムマイハートは休み明けながら状態は悪くなかったが、母の父アグネスデジタルより父ハーツクライの影響が出ており、道悪がネックとなったか。

○ セントライト記念

土曜のダートは重馬場で行われており、降雨の影響があったと思われるが、水準と変わらない時計で決着していた。

しかし、日曜のダートはやや重であったが、やや時計のかかる結果となっていた。

近年のレース時計や前半800mと後半800mの時計をみると、前半800mは47秒台が水準となる。前半800mよりも後半800mの方が時計はかかるレースが多く、スタミナが求められることが分かる。

2016年 ディーマジェスティ 2.13.1 前半48.3 後半47.1

2015年 キタサンブラック 2.13.8 前半48.7 後半47.6

2013年 ユールシンギング 2.13.5 前半49.5 後半47.7

2012年 フェノーメノ 2.10.8 前半47.4 後半46.4

2011年 フェイトフルウォー 2.10.3 前半45.7 後半49.1

今年は中盤のラップが緩んだこともあり、それほどの内容ではなかったが、時計のかかる馬場も影響した。

ただ、ディーマジェスティは言わずもがな、マウントロブソン、そしてゼーヴィントの出走もあり、出走馬のレベルはかなり高かった。

ディーマジェスティは力を出せる出来にあったが、中山も合い、距離も問題なかった。後方からまくるレースで結果を残す横綱相撲と言えるレースを見せたが、やはり着差以上の完勝で能力は高い。

2着ゼーヴィントは能力的にも前走時から重賞を複数勝てる、あるいは上のレベルでもやれるとお伝えしたが、勝ち馬は強かった。陣営は菊花賞出走に積極的でないようだが、こちらも今後も有望。

マウントロブソンは中山外回りコースの2200mも対応できたが、状態に問題があると考え、評価を割り引いた。プラス18キロと体重が大幅に増えており、やはり上積みの余地が大きかった。

プロディガルサンは全兄リアルスティールに似てきた印象があるが、状態は申し分なかった。

プロフェットは消極的なレースとなり、持ち味を発揮することができなかった。

ネイチャーレットは11番人気と評価が低かったが、中山コースの適性の高さから自信の穴馬に推した。4着と悪くないレースをしたが、スムーズに前の馬を捌くことが出来ていればより際どかった。

やはりコースが合ったことが好走の要因で、今回善戦したことで次走以降人気になるかもしれないが、条件が変われば信頼度は下がってしまう。



穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でもお届けしています。

セントウルSは推奨穴馬9番人気ラヴァーズポイントが3着に。新潟記念穴馬9番人気バクシンテイオーが3着に続き2週連続穴馬激走。

セントウルS 9番人気3着ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。





2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

11番人気穴馬激走!!

テーマ:
穴馬に関しては、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)をご覧ください。



今週のローズSは11番人気2着クロコスミアを自信の穴馬に推奨し、○★×で3連複24210円11点的中。

先週のセントウルSは予想のポイントは外してなかったものの、超高配当を狙い過ぎて3連複を逃しましたが、予想において素直さを欠くといい結果にならず、今週はその点を意識しました。

今後は3連複も全てのレースで超高配当を狙うのではなく、レースによっては点数を抑えて高配当を狙うなど、よりそのレースに合った予想をしていきたいと思います。

セントライト記念の自信の穴馬11番人気ネイチャーレットは4着までという結果に終わりましたが、調子が上向いてきたかもしれません。



※ 下記は考察の一部

クロコスミア

手脚の長いスラッとした体型や、400キロそこそこの馬体重など、間違いなく父ステイゴールドの影響が出ている。2013年の阪神JFを勝ったレッドリヴェールと似ており、決め手で勝負をする馬。

赤松賞で勝利し、アルテミスSでも3着と好走しているように東京コース、あるいは左回りが合う可能性はある。距離は1600m以上が合い、2000mまでは守備範囲と考えたが、距離延長でパフォーマンスを上げる可能性がある。

素質はかなり高いが、春の時点では本当によくなるにはもう少し時間がかかるはずとお伝えしてきた。ひと夏を越して成長があれば、より結果を残す可能性がある。

レッドリヴェールと同様に成長力の面がネックとなり、大成できない可能性はある。また、気性的な問題もあるようで、より決め手を生かすレースができるようになれば、もっと走るかもしれない。

今回、休み明けで馬体写真がないため状態を確認することができないが、初勝利を挙げるまでに3戦を要しており、間隔が空いたレースで結果を残していない点からも不安が残るため、信頼度は下がる。

しかし、決め手を有しており、素質の面からも人気がないということを前提に狙ってみたい。


ネイチャーレット

ロベルトのクロスがあり、丸みを帯びた体型などその影響を感じさせる。坂のあるコースは合う。胴は短めでボリュームのある体型だが、心肺機能が高そうで、距離延長の適性を有している可能性がある。

キレを感じさせる。デビュー前の馬体写真を見る限り馬体はひと息だが、改善されている可能性もある。

中山は合いそうで、底を見せていない点、レースをつかわれているアドバンテージ、ペースが上がりそうで決め手が生きそうな点などから印をまわすことを検討したい。



穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でもお届けしています。

セントウルSは推奨穴馬9番人気ラヴァーズポイントが3着に。新潟記念穴馬9番人気バクシンテイオーが3着に続き2週連続穴馬激走。

セントウルS 9番人気3着ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。





2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

今週も穴馬激走!!

テーマ:
セントウルSは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬9番人気ラヴァーズポイントが3着に。

新潟記念穴馬9番人気バクシンテイオーが3着に続き2週連続穴馬激走。

セントウルS 9番人気3着ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。




※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

ラヴァーズポイント

デビュー前の馬体写真をみると、一本調子なスピードを身上とするタイプのよう。前走北九州記念時に、デビュー後の馬体写真を初めて見たが、それほど印象は変わらない。

距離は1400mまでは対応できるはず。能力的に別定戦の重賞では荷が重いと感じる。

前々走のCBC賞では自信の穴馬に推して2着と好走したが、50キロで出走しており、斤量と展開の恩恵があった。

前走北九州記念で敗れるも条件が合わなかった。

能力的に劣るため54キロからやや優先順位が下がるが、レースをつかわれているアドバンテージがあり、こちらも、人気馬がこければということが前提になるが、印をまわしたい。




2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
AD

穴馬激走!!3重賞回顧

テーマ:
新潟記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬9番人気ロンギングダンサーが3着に。


重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着 バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着 ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着 リラヴァティ
安田記念 8番人気1着 ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着 マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



○ 新潟記念

例年、馬場が悪化した場合を除けば、前半1000mよりも後半1000mの方が2秒近く速いレースとなっているが、今年は前半58秒5、後半59秒0というかなりのハイペースで推移。

前日、当日の新潟の芝のレース結果を見ると、時計は水準か若干速いくらいであったが、馬場の真ん中が伸びていた。

条件戦を連勝中であった上がり馬アデイインザライフが勝利。3歳時から素質を高く評価してきたが、55キロは有利で直線が長いコース、展開も合った。

2着アルバートドックは状態がよく、条件も合ったが、やはりこちらもペースが流れたことが大きな追い風に。

3着ロンギングダンサーは休み明けで4勝と鉄砲が利く馬で、条件も合った。

上位3頭は次走以降レベルの高い別定戦では過大な評価は避けるべき。

マイネルミラノはペースを考えると、展開が厳しかった。ルミナスウォリアー、ファントムライト、ベルーフといった馬はレースの適性で劣った。

○ 小倉2歳S

金曜に芝が刈られ、先週までよりも芝が短くなっていたため、馬場状態に大きな変化がみられた。

日曜の結果をみても500万条件の芝1200mで1分7秒9という速い時計で決着していた。

過去のレース時計、前半600m、後半600mの時計を見ると、2010年までは開催時期が開幕後8週目に行われており、1分9秒0近辺が水準、2011年以降は開幕6週目に行われているため、1分8秒台が水準となっている。

2011年は道悪で行われたため時計が遅かったが、近年は2010年以前よりも1秒ほどレース時計が速くなっている。

前半600mは33秒台前半で推移し、後半の方が2秒以上時計のかかるレースが多い。

2016年 レーヌミノル 1.08.0 前半33.3 後半34.7

2015年 シュウジ 1.08.9 (やや重) 前半33.5 後半35.6

2014年 オーミアリス 1.08.4 前半33.0 後半35.4

2013年 ホウライアキコ 1.08.8 (重) 前半33.1 後半35.7

2012年 マイネルエテルネル 1.07.9 前半32.7 後半35.2

今年は1分8秒0という比較的速い時計であったが、時計の出る馬場でもあった。

ただ、勝ったレーヌミノルは2着に1秒0という差をつける圧巻のレースをみせており、過去、2006年アストンマーチャンが2着に0秒4差、2003年メイショウボーラーが2着に0秒9差をつけているが、それらを上回る。

人気を裏切ったクインズサリナは体重が14キロ増えており、それも影響してか、4コーナーにさしかかるまでかなりの距離、いきたがっていた。

○ 札幌2歳S

当日、日曜の札幌の芝のレース結果を見ると、開催末期で時計がかかっており、例年と同じくらいの水準の時計で、直線の内側が伸びる馬場でもなかった。

近年の勝ち馬のレース時計、前半800m後半800mの時計をみると、レース時計は1分49秒台後半が水準となり、前半800mは49秒0近辺で推移することが多い。

2016年 トラスト 1.49.9 前半49.0 後半48.3

2015年 アドマイヤエイカン 1.50.8 前半49.5 後半48.9

2014年 ブライトエンブレム 1.50.0 前半48.8 後半48.8

2012年 コディーノ 1.48.5 前半48.4 後半47.5

2011年 グランデッツァ 1.50.8 前半49.0 後半49.2

2010年 オールアズワン 1.49.8 前半48.1 後半48.8

前半49秒0とペースが若干遅く、その後も12秒6という緩いラップを刻んでおり、1分49秒9という時計はやや平凡であるが、トラストが2着に0秒4差をつけて完勝。

馬体を見る限りは重賞を勝てると評価したが、今後も活躍可能。厳密に距離適性を考慮し過ぎたが、もっと高い評価とするべきであった。

人気を裏切ったタガノアシュラは前でのレースが合う馬で、決め手では劣り、ペースも緩くなったが、スタートで後手を踏んだことが響いた。

アンノートルはやはり距離が長かったか。マイル戦で見直したい。



2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

穴馬ロンギングダンサー3着に

テーマ:
新潟記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬9番人気ロンギングダンサーが3着に。


重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着 バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着 ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着 リラヴァティ
安田記念 8番人気1着 ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着 マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。


※ 下記は配信でお届けした考察


○ 新潟記念 穴馬

クランモンタナ

父ディープインパクトよりも母の父の特徴が出ていると思われるが、先行していいタイプで、瞬発力では劣る部分がある。

これまで、能力的に重賞を複数勝てると断言できるものはないが、ハンデ戦であれば今後も結果を残すかもしれないとお伝えしてきたが、前走ハンデ戦の小倉記念を11番人気で勝利。

自信の穴馬に推したが、条件が合ったことが勝因で、有料メルマガの「重賞データ」でお届けした過去の好走馬のパターンにもはまっていた。

今回も穴馬のパターンにあてはまる。

ハナを主張する馬が何頭かおり、大外枠に入っている点から、枠や展開の恩恵は受けづらく、小倉記念がはまった感があり、斤量も前走から2キロ増える。

ただ、馬体を見る限り、一昨年よりも能力的な上積みを感じさせるため、人気がなければ印をまわしたい。


ロンギングダンサー

馬体のフォルムを見ると、父シンボリクリスエスの影響が出ているように感じる。

距離は1600mから2000mが合う。昨年のこのレースで、外枠に入りながら4着と惜しいレースをしており、休み明けで4勝と鉄砲はかなり利く。

問題は前走や3走前の敗因が不透明で能力的に通用するか微妙な点であるが、53キロはいかにも有利。


2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
北九州記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬8番人気バクシンテイオーが勝利。


重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

北九州記念 8番人気1着 バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着 ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着 リラヴァティ
安田記念 8番人気1着 ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着 マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



○ 札幌記念

前半59秒9、後半61秒8と、後半の方が2秒近く時計の遅い流れとなったが、ペースが上がったというよりも、やや重で行われ、洋芝ということもあり、タフな馬場であったためと思われる。

勝ったネオリアリズムは、逃げるレースを選択したことが意外であったが、距離含めて条件も合った。

中山金杯の時点から素質が高いと感じていたが、やはり間違いではなく、今後も重賞で活躍していく可能性は高い。

2着モーリスも前走G1のレースの安田記念よりも出来がよく、鞍上の腕にくわえ、その点も気性的な難しさをみせなかった要因か。

次走以降、天皇賞(秋)をつかうか決めあぐねているようだが、しっかりと御すことができる騎手を確保できるかという問題もあるだろう。

3着レインボーラインは母方にフレンチデピュティやレインボーアンバーといった道悪上手の血統が並んでおり、今後も馬場が悪化した際、パフォーマンスを上げる可能性がある。

ヌーヴォレコルトは4着にとどまった。洋芝は対応できるが、馬場が悪化し、よりタフな条件となったことが響いたことが敗因。

レッドソロモンは現状では力不足のため、割り引いた。


○ 北九州記念

過去のレース時計、前半600m後半600mの時計をみると、レース時計は1分7秒台での決着が水準となるが、ハンデ戦のためレース時計からレベルを測ることは難しい。

前半600mよりも後半600mの方が時計は2秒近く、あるいは2秒以上かかっており、馬場が荒れていることも影響してタフな条件となる。

2016年 バクシンテイオー 1.08.5 前半33.6 後半34.9

2015年 ベルカント 1.07.3 前半32.7 後半34.6

2014年 リトルゲルダ 1.07.5 前半33.1 後半34.4

2013年 ツルマルレオン 1.06.7 前半32.2 後半34.5

2012年 スギノエンデバー 1.06.9 前半32.2 後半34.7

土曜のレースの結果を見ると、やや時計のかかる馬場となっており、日曜のレースを見ても時計がかかっていた。

北九州記念も、前半33秒6の時計は例年よりも1秒近く遅かったが、後半も34秒9とかかっており、ペースは落ち着いていない。

レース時計は1分8秒5と、例年よりも1秒近く遅い時計で決着したが、やはり時計のかかる馬場であった。

土曜の芝1200mの結果をみると、外枠決着となっており、外枠有利の状況である可能性があると考えたが、実力上位のベルカントを除けば、上位は外枠の馬が占める結果となり、枠の有利不利があった。

今年は馬場の影響が大きく影響して枠の有利不利もあり、例年とやや異なる傾向のレースとなった。

勝ったバクシンテイオーであるが、レースの適性を有していた点が人気薄で勝利した最大の要因で、穴馬に推奨。

直線で大外をまわして差し切ったが、枠と脚質両方の点で、馬場の恩恵があった。次走以降は斤量が増える点から過大な評価は避けるべき。

1番人気に支持されたベルカントは、脚質と枠の面で勝ち馬にアドバンテージを得られて後塵を拝したが、地力の高さが2着を確保できた要因。

3着オウノミチは前でレースをしていたが、後方からのレースの方が合い、決め手を生かしたことが好走の要因。

ジャストドゥイングは決め手が要求される流れとなったことが最後に響いたが、僅差の4着は悪くないレースであった。状態はあまりよくなく、次走以降上積みの余地はあるか。

人気を裏切ったベルルミエールは、前走こそスタートがまともであったが、今回も出遅れて持ち味が生きなかった。

プリンセスムーンはベルカントを捕まえにいったが、2キロの斤量差と枠の恩恵がありながらも、実力と状態に差があった。


2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。
北九州記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬8番人気バクシンテイオーが勝利。

※ 下記は配信でお届けした考察

バクシンテイオー

サクラバクシンオー産駒であるが、バリバリのスプリンターではなく、胴が長めで決め手を生かすレースが合うタイプ。

距離は1400m近辺が合うが、1600mであれば、スタミナが要求されない中山であれば対応できる可能性はある。

比較的鉄砲は利くタイプ。

どれだけ成長や変化があるか、馬体写真がないため確認することが出来ないが、デビュー前の馬体写真をみる限り重賞レベルとまでは感じられない。

ただ、ハンデ戦で斤量の恩恵がある。

昨年は体重が大幅に増えていたことが影響して凡走したが、条件自体は合う。

2014年に1600万条件で2着に0秒3差をつけて完勝しており、今後オープンで通用する可能性はあるとお伝えした。

その後、よくもなく悪くもないレースをしているが、条件を選ぶ部分があるため。

人気がなければ狙いたい。


重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

北九州記念 8番人気1着 バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着 ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着 リラヴァティ
安田記念 8番人気1着 ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着 マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。

推奨穴馬ガリバルディ勝利

テーマ:
中京記念は無料メルマガ無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)で推奨した穴馬7番人気ガリバルディが勝利。

※ 下記は配信でお届けした考察

ガリバルディ

重賞で活躍したマルカシェンクやザレマの半弟で、父がディープインパクトに変わっている。

距離は1600mから 2200m辺りが守備範囲となるが、コースは合い、条件はベストに近い。

脚質はそれほど問わないタイプであるが、先行するレースが合い、決め手では劣る。ややペースが上がった方がいい馬。

手脚の長さや骨格がしっかりしている体型、それに伴って合うレースなどはブロードストリートに似ているイメージ。

3歳時に重賞を複数勝てる素質があるとお伝えしたが、オープンまで上がってきた。重賞で通用するにはもう少し成長が必要。

近走結果が出ていないが、条件が合い、55キロは有利で巻き返す可能性はある。


重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。

宝塚記念 穴馬の特徴は?

テーマ:
重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着ラヴェンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着ダンツプリウス

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。



[宝塚記念 穴馬好走要因]

2015年10番人気2着デニムアンドルビー:穴馬推奨。牡馬と走る混合戦で結果を残すタイプ。オークス、秋華賞、エリザベス女王杯、ヴィクトリアマイルなどで凡走し、3歳時のジャパンカップであわやの2着と好走したのはそういった点が影響しているため。

2015年11番人気3着ショウナンパンドラ:穴馬推奨。古馬になってから馬体をみると、3歳時と比較すると能力的な上積みがあった。穴馬のパターンにも符合した。

2013年5番人気2着ダノンバラード:穴馬推奨。フットワークが小さく、人気馬が状態や道悪に不安がある中で、休み明けをつかわれた上積みがあり、時計のかかる馬場が合う馬で、前日の降雨も追い風になった。

2011年宝塚記念6番人気1着アーネストリー:ここはほぼベストの条件。昨年はやや重という馬場状態が響いて3着に敗れており、降雨に泣かされた部分もあるが、良馬場まで回復したことも大きかった。

2010年8番人気1着ナカヤマフェスタ:自信の穴馬推奨。時計のかかる馬場の方がいい馬で馬場の悪化が追い風に。昨年から体重が10キロ近く増えて、休み明けを叩かれた上積みとともに能力的な部分でも成長していた。

2008年11番人気3着インティライミ:休み明け3走目で状態面の上積みがあり、重馬場で行われたが道悪での実績もあった。人気馬に道悪を苦にする馬もいた。

2006年10番人気2着ナリタセンチュリー:人気馬が馬場の悪化に苦しんでいたが、重馬場でも結果を残していた。近走は休み明けの天皇賞(春)、日経新春杯などを除けば、重賞を2勝するなど、能力的にはそれほど落ちるものではなかった。

2005年11番人気1着スイープトウショウ:前年秋華賞を勝ち、前走は安田記念で2着と好走していたが、あまりにも評価が低かった。気難しい部分がありあてにはならないがはまると強い馬。

2004年6番人気2着シルクフェイマス:前年の3歳クラシックで活躍した4歳馬に人気が集まったが、勢いのあった点や距離短縮もありベストに近い条件に変わったことを考えると評価が低かった。

2003 年6番人気1着ヒシミラクル:時計がかかる馬場であったが、前半1000m59秒4で推移し、その後も12秒0以下のラップを刻む速い流れ。最後のラップ が12秒9という消耗戦になったがスタミナが生き、他の実績馬は速い流れとスタミナが求められる流れが向かず人気を裏切る結果に。

2001 年8番人気3着ホットシークレット:前半1000m61秒3と落ち着いたペースで推移したが、そこから11秒台で推移しスタミナと持ち味が生き、前半の貯 金も生きる結果に。前走G2の目黒記念で57キロと重いハンデを背負いながら2着に0秒6差をつけて快勝しており人気がなさ過ぎた。




重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。


2人気の穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

宝塚記念 前哨戦のポイント

テーマ:
重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着ラヴェンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着ダンツプリウス

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。




[宝塚記念 前哨戦のポイント]

○ 目黒記念

前半800m48秒6と水準のペースで推移したが、
レース時計は2分30秒6とやや遅い決着。中盤はそれほど緩むことはなく、ラスト5ハロンは12秒0以下のラップを刻んだが、上位2頭の上りはともに34秒台前半で、上りの速い決め手勝負に。

2014年と同じようなラップで推移したが、この年の方が時計と上りが速く、より余裕のあるレースをしていたと考えることが出来る。

2着マリアライトは2000m以上の距離がいい馬で、能力を考えるとこれくらいは走る。3着ヒットザターゲットは58キロを背負い、休み明けであったが、鉄砲も利く馬で、馬場が追い風に。


○ 天皇賞(春)

前半1000mは60秒台が水準となるが、今年は前半1000m61秒8と、やや遅い流れで推移し、1000m通過後も12秒台後半のラップを刻み続け、緩やかな流れに。

13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

勝ったキタサンブラックは絶妙なペースでレースをすすめ、前有利のレースであったが、スローペースを利したということが勝利した要因。

鞍上の武豊騎手は、スタート後、逃げることを決めたようだが、ペース配分にくわえてスタートをきれいに決めたことが、非常に大きかった。

好騎乗にくわえて、内枠に入っていたことにより、スムーズに前の位置につけることも出来た。レース後、鞍上が「すべてが上手くいった」というコメントを残しているが、枠も追い風になった。

ただ、そこまで出来はいいように感じなかったが、上積みの余地はある。

13番人気2着カレンミロティックは長距離適性は折り紙付きであったため、自信の穴馬推奨

3着シュヴァルグランは距離、直線が長いコースともに合ったが、ペースと展開に泣かされる結果に。能力、状態ともにまだよくなる余地を残していた。

掲示板を確保し、復調を感じさせたトーホウジャッカルであるが、この条件は合う。ただ、まだよくなる余地を残しており、直線が長いコースであれば、重賞でもバリバリやれるか。

サトノノブレスは前でレースが出来ず万事休す。

○ 大阪杯

前半61秒1、後半58秒2という後半の方が3秒近い速いペースで推移し、スローな流れとなったが、馬場状態からも前有利の展開。

勝ったアンビシャスは道中で行きたがる素振りを見せていたが、瞬発力上位の馬がこのペースの中であの位置でのレースは、おあつらえ向きの展開。

ただ、状態はそれほどよくなく、上積みの余地を残していた。

逃げて2着のキタサンブラックは休み明けながら出来はよかったが、展開の恩恵も大きかった。

ショウナンパンドラは56キロも影響し、人気を裏切ったラブリーデイは58キロを背負っていた。

能力が高い馬と状態がいい馬で決着したため、単純な前残りのレースとは言えないかもしれない。


○ 中山記念

勝ったドゥラメンテはまだ上半身や臀部の筋肉の付き方など、上積みの余地がありながら高いパフォーマンスをみせたが、体型も幾分大人びていた。

2着アンビシャスは、やはり高い能力を有しているが、馬体写真がないため状態に関しては何とも言えない。ただ、調教は動いていた。



重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。


2人気の穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。