北航平_kita kouhei公式ブログ『ホンマ独り言やねん…。』

音楽家・打楽器奏者・アーティスト北 航平。音楽制作、BGM/著作権フリー音楽studio guzli【スタジオグズリ】主宰


テーマ:

今年に入ってからというもの映画を観まくっています。

2018年に入ってまだ一ヶ月ですが、もう既に30本。

 

映画(この場合は洋画に限ってですが)や海外ドラマは、

音楽やBGM、音響効果に至るまで本当にクオリティが高く、

インスピレーションの宝庫で、どれだけ観ても飽きないんです。

 

ちなみに、去年はあまりたくさんの本数は観られなかったので、

一年間で53本にとどまってしまったんですが、以下のタイトルです。

 

■ イヴの時間
■ 雲のむこう、約束の場所

■ 9〈ナイン〉~9番目の奇妙な人形

■ ATOM

■ めがね

■ アース・トゥ・エコー

■ チャーリーとチョコレート工場

■ セッション

■ メンタリスト(ドラマ)

■ クラウド・アトラス

 

■ 8mile

■ マジシャンズ(ドラマ)
■ ウォーキング・デッド(ドラマ)
■ フィアー・ザ・ウォーキング・デッド(ドラマ)

■ 12モンキーズ

■ フルメタル・ジャケット

■ A.I. Artificial Intelligence

■ アイ・アム・レジェンド

■ ワールド・ウォー Z

■ 素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー


 

■ アウト・オブ・タウナーズ

■ テッド2
■ 海街diary

■ ノルウェイの森

■ 箱入り息子の恋

■ キツツキと雨

■ ぱいかじ南海作戦

■ さいはてにて やさしい香りと待ちながら

■ ふしぎな岬の物語

■ ぶどうのなみだ


 

■ ビューティフル・マインド

■ イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
■ ライフ

■ ビッグ・ストーン・ギャップ

■ ローマでアモーレ

■ 秘密と嘘

■ ミッドナイト・イン・パリ

■ ブルー・ジャスミン

■ 愛と哀しみの果て

■ 八日目

■ シュタインズ・ゲート(ドラマ)

■ ロッタちゃん はじめてのおつかい
■ ロッタちゃんと赤い自転車

■ 100歳の少年と12通の手紙

■ バガー・ヴァンスの伝説

■ 劇場版 スター・トレック

■ 劇場版 スター・トレック イントゥ・ダークネス

■ 劇場版 スター・トレック ビヨンド

■ ストレイト・アウタ・コンプトン

■ 第9地区


 

■ 高い城の男(ドラマ)

■ 名探偵モンク(ドラマ)
■ バスキア

 

好きか嫌いかは別にして、印象に残ったものは「セッション」。

これは音楽物で、しかも「ドラム物」だったので、やっぱりどうしても

色々と分かる所が多く、非常に興味深かった。

 

あと、観るのは初めてじゃないけど改めて面白かったのは「A.I」。

色々な意味でよく出来てて、映画としての完成度が高い。

 

また、初めて観て意外と好みだったのは、「ウディ・アレン」シリーズ。

カメラワークや音楽がおしゃれで、観てて楽しい。

 

あとは、「ロッタちゃん」シリーズも良かったなぁ。スウェーデンの映画。
誰も不幸にならない映画って良いもんですよ。あたたかい気持ちになります。

それにやはり北欧の映画はいちいち芸術的センスが良い。

 

という訳で、今年は50本以上を目標にしたいと思ってます。

 

 

ホンマ独り言やけど…。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
久々にDVDを購入して映画を観た。
普段はほぼ毎日のようにHuluで映画を観てるんですが、これはHuluに入ってなかったのもあり、でもどうしても気になって一度観てみたかったので買ったみた。

未来を生きる君たちへ

『未来を生きる君たちへ』
デンマークの女性監督による映画。

2011年にアカデミー賞やゴールデングローブ賞などを取っているみたいです。ただ、日本ではそこまで話題になってなかったようで全く知らなかったんですが、今ボクがもっとも気になってる楽器のひとつ「アレイムビラ」が、この映画の音楽に全面的に使われていることを知って、即購入に至ったわけなんです。

ストーリの要点だけを説明すると、アフリカを舞台にした難民キャンプを取り巻く理不尽な暴力と、デンマークを舞台にした子どもの世界での理不尽な暴力「いじめ」や、それに関連する大人の暴力などについて描かれている。テーマとしては、おそらく「復讐」と「赦し」だと思う。


実際に映画を一度観てもらえたら分かると思うのですが、簡単にはなかなか答えが出ない非常に考えさせられる問題だと思った。


英題は「in a better world」、原題はデンマーク語で「Hævnen」、意味は「復讐」。
この各国のタイトルの違いを見てもらえれば分かると思うのですが、それぞれ解釈が正反対だったりするところが、この作品の深さの特徴かもしれない。観ながら、自分ならどうするか、どう感じるかというのを考えてみても、答えはなかなか出ない。


しかし、その非常にシリアスなテーマながら、小難しさや押し付けがましさなどは感じられず、きちんと人間模様やあたたかさ、希望なども表現されており、さらに北欧ならではの雄大な景色や映像の色彩センス、音楽の効果的で絶妙なアプローチがとても良かった。個人的にはここはとても重要な要素なんです。


特に音楽(スウェーデンの音楽家ヨハン・セーデルクヴィストが担当)は本当に素晴らしかった。シンプルなアプローチが楽器の倍音の響きを引き立てており、それが琴線に触れる。


自分も「ものづくり」をする立場の一人としては、色んな意味でこの映画のようなテーマやメッセージ性、そして表現力を持った音楽をいつかは作りたいと強く思わせてくれる本当に素晴らしい映画でした。


ぜひ、機会があれば一度観てみてください。



ホンマ独り言やけど…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いやぁ、久しぶりにとても良いコンサートを観てきました。

現代音楽や民族音楽、アンビエントやミニマルミュージックなどといった
色んな要素が入ったイギリスのアーティスト「ペンギンカフェ」の公演なんですが
とても近所にある京都コンサートホールに来ていたので、早速観てきました。

このコンサートについての様子や感想を、少し長いのですが、映像等も含めて
こちらのstudio guzli【スタジオグズリ】ブログ の方に詳しく書いているので、
もし良かったらご覧くださいな♪


なぜこんな面倒な事をさせるかと言うと、
音楽関係の内容なので、先にstudio guzliブログの方に記事を書いたのですが、
同じ内容のものをこちらの個人ブログの方にコピペなんかして載せてしまうと、
googleさんに重複コンテンツであると判定されてしまう事が非常に恐ろしく、
ネットショップ運営という立場上、SEOは最重要で、スパム判定は許されないので、
今後も同様の事がある可能性がありますが、ご理解いただければ幸いでございます。



ホンマ独り言やけど…。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。