北航平_kita kouhei公式ブログ『ホンマ独り言やねん…。』

音楽家・打楽器奏者・アーティスト北 航平。音楽制作、BGM/著作権フリー音楽studio guzli【スタジオグズリ】主宰


テーマ:
おぼくり/朝崎郁恵


¥3,000
Amazon.co.jp


これはホンマに素晴らしい。

ここ数年間で出会った音楽の中で、個人的には
ダントツで一番素晴らしいと感じたアーティストです。


朝崎郁恵さんは、なんと77歳の日本のおばあちゃんで、奄美島唄の伝承者でもありゴッドマザー
とも言われてる人で、周りの強力な理解者を得て制作した記念碑的アルバムと言われてるらしい。

名曲「十九の春」はもちろん、その原曲でもある「嘉義丸のうた」も収録されています。
かなり泣けます。もうボロボロ涙が出てくる。

他にも、「奄美の島唄」から「竹田の子守唄」「故郷」など日本の名曲まで幅広い選曲と、
日本人の魂を揺さぶる喜怒哀楽を含んだ、年季の入った深い歌声が心に響く作品です。
「おぼくり」とは奄美の古い方言で「ありがとう」の意味らしい。

多分、自分の中にある日本人の遺伝子が呼び起こされるんやろうなぁ、と思う。

今現在、周りの諸外国との問題で、戦後以降はじめて日本人のナショナリズムが高まってきて
いると言われている中で、日本人として平和を維持する為に必要な優しさと強さのバランスを
ボクも考えたりするんですが、そういう時こそぜひこの人の音楽を聴いてみて欲しいです。
とても色んなことを考えさせられます。

アホみたいな顔してしょうもないアイドルなんちゃらの音楽なんか聴いて、
それに何千円何万円も金をつぎ込んでる暇があるんやったら、
日本人全員がまずこれを買って聴け、と思います。

それくらい素晴らしい。
もう1年位聴いてるけど、聴けば聴くほど素晴らしさを実感します。



ホンマ独り言やねん…。



一応、以下に詳しい説明を。

【アーティストについて】
朝崎郁恵:1935年奄美大島生まれ。

奄美諸島で古くから歌い継がれてきた民謡(島唄)の第一人者。
両親、特に島唄の研究に情熱を傾けた父辰恕の影響を受け、天性の素質を磨いた朝崎は
すでに10代で天才唄者として活躍していた。
現在、東京を中心に活躍中。後進の育成を図るとともに、日本各地の芸能や各国の民族音楽
とも交流し、新しい島唄の創作に力を注いでいる。

1984年から十年連続して国立劇場で公演。
2002年、UAがゲスト参加したメジャー・デビューアルバム「うたばうたゆん」を発表。
折からの奄美島唄ブームの気運に押し出されるように突如登場した「本物」に、音専誌、
一般新聞から芸能系報道媒体とジャンルを問わないあらゆるメディアが絶賛。

地元を離れて40年以上になるが、いまだに現地の音楽界での影響力は大きく、
ゴッド・マザーのような支柱的存在を保ち続け、「奄美の美空ひばり」と呼ぶ人もいる。






このアルバムに収録されている最も重要な曲のひとつです。
すごく長い曲で、しかも最初はしばらくアカペラで少ししんどいかもしれないですが、
4分位からピアノの伴奏が入ってきて、かなりじわじわと込み上げてくるものがあります。
ピアノもとても美しいです。途中でやめずにぜひ最後まで聴いてみて欲しいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。