按摩マッサージ師と鍼灸師のためのブログ・げんき本舗治療院

按摩やマッサージについて、鍼や灸について。臨床上のことや指導上のことをいろいろ。

仕事は鍼灸とオステオパシーをしています。研究会で、按摩とマッサージと鍼と灸を教えています。

研究会についてはこちらをどうぞ… 臨床伝統医療研究会のサイト

専門的なことが中心になりごめんなさい。一般の方にもお読みいただけるようにできるだけ優しく書くように努力します。治療の仕事とセミナーの日常の中からの一こま一こまを紹介します。


ペタをいただいた方のブログは、すべて拝見しています。ペタは、時間があってなおかつ気が向いたときしかお返しできません。なにとぞご容赦下さい。


よろしければ下のバナーのクリックを!↓


人気ブログランキングへ



テーマ:

臨床伝統医療研究会のセミナー、募集開始しました。

 

鍼灸セミナー、按摩マッサージセミナーともに、各回特定の疾患や症状をテーマにし、東洋医学のみからではなく、解剖学などあらゆる角度から、どのようにしたら治るのか改善するのかを考えていきます。

 

せっかく鍼灸師になったのに、痛いところに刺す以外知らない、どのように治していいのかわからないという人はいませんか?学生さんで、学校の授業が物足りないという人はいませんか。臨床伝統医療研究会の鍼灸セミナーは、そのような方の期待に応えます。

 

あん摩マッサージ指圧師免許を持っているけれど、実費治療をする自信がない、気持ちのいいマッサージはできるけれど、病気を治す方法がわからない、せっかく学校に入ったのに臨床をあまり教わらない、そのような人はいませんか。臨床伝統医療研究会の按摩マッサージセミナーは、そのような方の期待に応えます。

 

募集定員に達したら、しめ切りにします。

 

9月始まり、約1年間、計11回です。

 

1年間続けられるかわからない、または、どのようなセミナーなのかを知りたいという方、1回目に限りお試し参加ができます。費用は1万円です。その後も続けたいという方は、年会費と残りの参加費(参加費は分割可能)でご参加いただけます。

 

もちろん開催地の京都周辺の方だけとは限りません。これまでに、関東、中国地方あるいはもっと遠くからの方もお越しになっています。

 

詳しくはホームページを。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

 

臨床伝統医療研究会

講師・羽山弘一

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の臨床伝統医療研究会按摩マッサージセミナーでちょっとしてみたんですけれど、被検者のある一定の部位に手を置いて、ある経穴を圧すると、手を置いた部位にどのような感じを覚えるかというもの。触診力がないとなかなかわかりませんが、結構面白いのでそのうち何例かを紹介。

 

1,目を閉じ眼球に手指を置き、太衝を圧迫。→眼球が盛り上がるように感じる。

 

2,額に軽く手を触れ、至陰を圧迫。→額が後方(頭頂部の方)に移動するように感じる。

 

3,胸骨柄に手を置き、湧泉を圧迫。→胸骨柄が沈むように感じる。

 

4,百会に手を置き、大敦を圧迫。→百会が沈むように感じる。

 

などなど。

 

げんき本舗治療院

院長・羽山弘一

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

新入生諸君、解剖学をこれから勉強すると思います。またすでに国家資格を取っている方、解剖学しっかり臨床に生かしていますか?

 

学校での解剖学、面白かったですか?単に部位用語の羅列だけを暗記させる、このようなケースが多いと聞きます。

 

でも、解剖学は暗記科目でないんですね。臨床に直結した実用科目なんです。

 

ところが臨床に生かせないという人、います。たいていの場合、文字の羅列やせいぜい図が目に浮かぶだけで、立体的なビジョンが見えていないんですね。

 

人体は3次元のものですから、紙の上だけを暗記しても意味がありません。実際の人体である立体を頭の中で思い起こして臨床に当たるべきなんです。

 

たとえば圧迫をするとき、その手技がどこに作用しているのかを考えながら治療するのとしないのとでは大きく作用が変わります。常に解剖学的にどこに作用させているかを考えていないとだめなんです。鍼をするときもそうですね。今どの組織に鍼をしているのか、どのような作用を期待しているのかを考えて鍼をするのとしないのとではかなり治療効果が変わります。

 

解剖学は暗記科目と思っている人。もうあなたには臨床能力がつきません。断言できます。暗記科目と思っている人は治せません。

 

げんき本舗治療院

院長・羽山弘一

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いわゆると書いたのは、東洋医学と書いてもいろいろあるからだ。

鍼灸師は、黄帝内経を基本に考える(はずだ・・・)。

湯液家は、傷寒論がポピュラーだ。

 

今年、東洋療法学校協会の東洋医学概論の教科書が大幅に変わった。前のものは各流派に遠慮してまとめていたので、よくそれぞれの流派を知らなければ理解できないという不都合があった。今回の教科書は、中医学を基本にするという。

一読したが、中医学の既存テキストの焼き直しの印象が強い。

はっきり言って、あまり臨床をしたことない人が書いたのか、文章を書き慣れてない人が他のテキストを参考に書いたのか、という印象を受ける。

なぜ中医学を基本にしたのか?古典をしっかり読んでいたなら、中医学のいいところと悪いところがわかるはずで、その悪いところは無視して上っ面だけなぞったようにも思える。

鍼灸学校の教科書なのだから、東洋医学には多様な考えがあるということも書いて欲しかった。

 

げんき本舗治療院

院長・羽山弘一

 

>

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ある人が毎週末スポーツジムに行っていました。

その人が治療にお越しになりました。

「最近ジムで膝が痛いんです。」

「この間のジムで肘に痛みがありました。」

「ジムで運動中に首が痛くて。」

ところが拝見してもそれほど悪いところはない。念のために整形外科に行ってもらって検査をしてもらったが、特に所見なし。

一度ジムを休んでみては?と提案したんですが、

「いえ、健康のために行かなければならないんです。」

 

ここで、なるほどと思いました。

「『気楽に行くのも』健康に役立ちますよ。」と提案しました。

 

それからも一度も週末休まずジムに通っていますが、痛みは取れました。

 

げんき本舗治療院

院長・羽山弘一

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。