2005-06-16 04:41:29

抱擁

テーマ:エッセイ



空から降りてきた天使を


ぼくは震えた手でそっと抱きしめた




君はとても冷たかった






ぼくは身体を何度も炎に変えて


君を焼いた






再び熱をもった君は空へとかえっていく






その繰り返しが僕の胸を焼く




君に会いたくて


君に伝えたくて




何度も


何度でも


空を仰ぐ






空から君が舞い降りてきたときの喜びと


君が空へ帰ってしまうときの苦しさ






空を仰ぐ時間の方が


君を抱きしめているときの時間よりも


ずっと長いけれど





君と一瞬でもいられるなら


その長い時間を胸の中で耐え続けることができた






僕は口にすることで


君が空から二度と降りてこないかもしれないから


それだけがこわくて


一度だって君を引き止めたことはなかった






でも


飛び立つ瞬間に見せた君の涙で


君が僕の言葉をずっと待っていたことに気づいた





僕は飛び立とうとしている


君の腕を掴んだ


振り返ろうとした君を


僕は静かに抱きしめた


君の足は地を踏みしめた


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-05 19:51:48

テーマ:エッセイ

スポーツ万能で


大学も一流を出て



仕事だって順調で






でも



そんな僕は



たいくつだった





みんながはしゃぐ行事も


僕にとっては




365分の1にすぎなくて







親が毎日のようにつれてくるいいとこのお嬢さん


甘い汁にさそわれて僕の肩にとまる黒い蝶たち




音声の無いものくろの映画を毎日見ているようだった





色を写さない僕の目


音を雑音にかえてしまう僕の耳


色あせたままの僕の時間







ぼくは


休暇をとって日本を出た




どこでも良かった


どこにいってもモノクロの世界だと思っていたから







だけど


それは突然起こった


僕の目には色のついた世界が広がり


君の黒い瞳と紅い唇が映った


僕の耳には音が奏でられ


君の優しい声がひびいた






長いこと空き部屋だった僕の中に


君はどんどん入ってきて


遠慮なんて全然なくて





そんな激しく美しい君を受け入れたいと思った





異国で出会った祖国の君


祖国で見つけられなかったのは


君は異国に旅をしていたから









僕は美しい花嫁をつれて祖国に帰った


まわりは大騒ぎで


ドアを開ける音がひっきりなし








それでも


振り返れば




美しい君の顔がそこにあって




僕は




君を守ると101度目の誓いをたてた





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。