2013-04-22 20:09:15

ダージリン新茶 ファーストフラッシュ オカイティー茶園

テーマ:ブログ
今年は、久しぶりに、オカイティー茶園の新茶が届きました!!!


紅茶 【紅茶について】 紅茶専門店のスタッフがつづる..  紅茶ブログ


あのネパールとの国境沿いにあり、ダージリンの中でも特に標高が高い

オカイティー茶園ならではの 「高原の澄んだ空気を思わせる香り高さ!^^」 

オカイティー茶園 訪問旅日記
http://www.verygoodtea.com/shop/travel/darjeeling1/05/



オカエティー茶園 新茶 のサンプル

 口に入れた瞬間に広がる、

  透明感ある、爽快な香りの広がり^^



まさに、これこそが、


 「ファーストフラッシュの新茶の若々しい香りと言えるでしょう!!!」


ヒマラヤ山脈の麓のダージリンから新茶を届けてくれる、現代の飛行機に感謝! 飛行機がないと、こんなにも、早く、新茶を飲むことができませんね(^^;  ヒマラヤ山脈の麓のダージリンから届く新茶をこんなにも、鮮度よく飲めることに感謝してます。


紅茶 【紅茶について】 紅茶専門店のスタッフがつづる..  紅茶ブログ

この写真は、オカイティー茶園に訪れたときの写真です。

写真一番右が、オカイティー茶園のマネージャーです。
写真右から2番目が、私、セレクトショップ店主/中野です。
写真左側が、オカイティー茶園のマネージャーの息子さんと奥さんです。


オカイティー茶園は、とても、標高が高く、標高が高いゆえ、空気が綺麗で、寒暖の差があるので、「透明感ある香りの紅茶」を作り出します。

当店は、1998年に初めて仕入れたダージリン紅茶が、オカイティー茶園のものでした。

今年も、久しぶりに、このオカイティー茶園の「透明感ある香り」の紅茶が手に入りました!

5月中旬に、ファーストフラッシュ 5茶園セットとして、入荷予定です。 ご期待くださいませ。^^

ダージリン紅茶
http://www.verygoodtea.com/shop/tea01.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-04-04 19:44:29

紅茶 ペニンシュラ ホテル 朝食

テーマ:紅茶日記
紅茶 【紅茶について】 紅茶専門店のスタッフがつづる..  紅茶ブログ-100306_0900~01.jpg

アフタヌーンティーで有名なペニンシュラです。

朝食の紅茶はミルクティーにもできる

味が濃いめの紅茶でした。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-08-31 13:46:01

紅茶 ガラス製 ティーポット

テーマ:ブログ

紅茶 ガラス製 ティーポット

ガラス製 ティーポット

紅茶教室をされている尾山雅子さんに、紅茶ポットについてのコラムを
書いていただきました。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 「ガラスのポット」 

こんにちは、尾山です。

 朝夕の寒さも増して、家にいても真冬を感じるこの頃です。

  古きよき一軒家を実感しながら紅茶を淹れて暖まっています。

 半纏ひとつ羽織ると身体もぽかぽか暖かいので、寒い時にはポット
にも、やはりポット用の半纏=ティコジーがあったほうがよいだろう
とも実感できる今日このごろです。
 
 近代建築ではない家は寒いのです。マンションにいた頃には知らな
い寒さです。ティコジーの生まれた訳が少しわかります。

 うちの猫もマンションにいたころと違って、今年はこんもりとした
冬毛になっていてさわりごこちがいいです。 


 さて、ティポットは、各種メーカーからいろんなスタイルのがでて
いて、皆さんのお手元にもあると思います。いくつかの種類を持って
いらして、使い分けている方もあるでしょう。

 私の教室では、主にガラスのポットを使っています。

 説明しながら、紅茶を淹れていて中の様子が目で確かめられるから
です。

 例えば、フルリーフタイプとブロークンタイプ、CTCタイプの淹
れかたを実技で行う時、中の見えないポットでも別にいいかとも思う
のです。

 実際、ご自宅に帰れば、陶磁器のポットなど中の見えないものが、
ほとんどと思いますので、同じように見えないポットで講議を行うと

「帰っても同じように淹れられると思う」というご意見もあります。


  ですが、やはり教室では「ガラスのポット」を使います。


 茶葉の侵出具合を見ていただけるからです。

 日頃は見る事のない、でも身近な「舞台の裏側」です。
 
 お湯の注がれていく様子も、茶葉がそれによってどう動くのかも、
私の説明では分からないところが、一目瞭然。 

 煎茶と淹れ比べてみると、紅茶との違いがまたはっきりと見て取れ
ます。葉がお湯を含んで拡がっていくその具合が、まぁ、見事に違う
のです。

 茶葉のジャンピングダンスにしばし見とれてしまう時もありますが
それも、ガラスのポットならではの楽しみでもあります。

 ダージリンファーストフラッシュの青々しさも、ケニアティのオレ
ンジの夕陽のような景色も数分間に、しかし、ゆっくりとくりひろげ
られます。
 
 教室の時に限らず、自分の為に一杯淹れる時などにガラスのポット
をおすすめしているのは、この楽しさからです。

 たっぷり淹れるには、もしかしたら実用的ではないのかもしれませ
んが、紅茶には、いろんな楽しみ方があるので、そのひとつに加えた
いと私はいつも思っています。


 最近は、600mlのガラスのポットが発売されていて、これも教室で
とても重宝しています。

 ちょっとした考え事や、お気に入りの音楽を聞きながらの時間を、
ちいさなガラスの庭園で繰り広げられるひとときを、ちょっと試して
みませんか?

by Food & Tea Coordinator
 尾山 雅子 / Masako Oyama


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。