日々の手仕事 in Singapore

2005年よりトルコの伝統手芸『オヤ』の技法でレースジュエリーをデザイン・製作およびレッスンしています。
2015年より愛猫2匹とシンガポールで生活。手仕事、猫、インテリア、ヨガ、旅行とシンガポールのある日常。

旧ブログ(2006年4月から2016年2月)こちら


著書

(文化出版局刊)

2015年03月『Fleurs dentelees au crochet Accessoires en Tig Oya』(仏語版)

2013年12月『Fleurs&Papillons en Broderie Oya』(仏語版)

2013年10月 『シャトルで作る花レース メキッキオヤのアクセサリー』

2013年03月 『かぎ針で編む花レース トゥーオヤのアクセサリー』

2012年10月 『針1本で作る花レース イーネオヤのアクセサリー』


(雄鶏社)

2009年03月『トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ』

2008年10月『トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ』


メディア

2012年06月 NHK BS1『ほっと@アジア』

2010年07月 NHK教育テレビ『素敵にハンドメイド』


作品取り扱い店

靖山画廊(東京 銀座)
銀座三越7階 Japan Edition

ラクサが大好きだった来星まもなくの頃、

カトンの有名どころのラクサ屋さんにも通いました。

オーチャードで食べるラクサに比べると、

麺が短くレンゲだけで食べるのが特徴的でした。

 

先日のラクサ料理教室で聞いたところ、

スープと一緒に食べれるようにするために

敢えて麺を短く切ってレンゲですくいやすいようにしている、

とのことでした。

 

ラクサ好きが半ば中毒になっていた頃、

こんな高級ラクサにも手を出していました。
Chatter Boxのロブスターラクサ

あまりにおいしくて、1週間後に再訪してしまったほど。

 

確実に食べ過ぎたからだと思いますが、

その後ラクサから遠のく時期がありまして…。

 

先日、料理教室で久しぶりにラクサを食べたら、再燃。

最近お気に入りのラクサはこちらのパスタバージョン。

伊勢丹4FのDOME

かなりチリが効いています。

辛いですが、おいしくて病みつきになります。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

シンガポールに来たばかりの頃、

最初に好きになったローカルフードはラクサでした。

ピリッとスパイシーな辛味に

ココナッツミルクが馴染んで大好きな味でした。

 

もうすぐ日本に本帰国する友人と

ラクサづくりを習いに行ってきました。

 

もちろんペーストから作ります。

干しエビ、エビペースト、ショウガ、キャンドルナッツ、

レモングラス、唐辛子、エシャロット、コリアンダーシード、

ターメリックパウダーがラクサペーストの材料。

 

まずは、スパイスグラインダーでひたすら砕きます。

赤トウガラシやレモングラス、エシャロットなどは

細かくみじん切りにしてから一緒に砕きます。

これがかなりの労力。

粘り気が出て、原型が残らないぐらいまで

ひたすら砕きます。

このとき、擦ってはいけないそうです。

 

ペースト状になったものをサラダ油でいためます。

市販のラクサペーストを買って作る場合も

このひと手間を加えると味が全然違うそうです。

 

オレンジだったラクサペーストが

濃くなって茶色くなってきたらココナッツミルクと

具材の油揚げを投入。

油揚げからも良い出汁が出るのでこのタイミングで入れます。

クツクツと煮立って大きな泡が鍋底から上がってきたら

火を止めて完成!

 

他にも春巻きと、デザートにクエダダを作りました。

ラクサには仕上げにラクサリーフのみじん切りをパラパラ。

ラクサってこんなに大変なんですね!

5ドルで食べてたけど、急に申し訳なくなりました。

 

シンガポールのニョニャ料理は、

お姑さんからお嫁ちゃんに家庭の中で伝授されてきました。

家庭の中で育まれてきた料理には

料理人のレシピはなく、各家庭の秘蔵レシピがあります。

 

友人の本帰国日までカウントダウンに入りましたが、

一緒に行ける限りいろいろ出かけて

たくさんの思い出作りができれば、嬉しい~。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

午前中は、太陽光が柔らかく差し込む

ダイニングテーブルで水彩画の宿題をします。

 

何もここで寝なくても・・・

 

IPadをどんどんお尻で押すポルカさん

 

ボクモくん(ワルツ)も来た!

 

ワルツはパレットの上を歩いて逃げていくので、

肉球スタンプがテーブルや椅子、床についてしまう。。。

 

集中できない…(^▽^;)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月第4週のお弁当は3回でした。

 

火曜日

おかず:鮭のムニエル、レンコンのはさみ揚げ、

           オクラとエノキのベーコン巻、薄揚げ卵、

            カリフラワーのトリュフバターソテー、プチトマト

ごはん:梅干し&ふりかけ

汁物:中華スープ

 

 

水曜日:揚げ物は前日の夜に作り置き。

おかず:鶏のからあげ、味卵、鮭のムニエル、

           しし唐のしらすいため、ピリ辛こんにゃく、

           トマトのナンプラーマリネ、オクラとエノキのベーコン巻

ごはん:うめぼし&ふりかけ

汁 物:中華スープ

 

 

木曜日

おかず:ハンバーグ、ひじきの煮物、薄揚げ卵、ピリ辛こんにゃく、

     オクラのおかか浸し、トマトのナンプラーマリネ

ごはん:ふりかけ

汁物:クラムチャウダー(昨晩の残り照れ

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1月から4月の約3か月間、夫の長期出張がありました。

先々週、ようやくシンガポールに戻ったので、

夫の『おかえり★お疲れさん会』をしました。

 

お鮨がきっと食べたいだろう、と思い

はし田さんをランチで予約。

ミドルエイジの我々は、週末はランチに一番

ボリュームを置く食事をしています。

 

 

コースは4つあり、橘を選択。

1品目:湯葉といくら

 

2品目:鯛と桜の茶わん蒸し

 

3品目:お刺身(金目鯛、タイ、しめさば、水ダコ、)

 

4品目:お鮨7個と巻物

エンガワ

 

カンパチ

 

イカ

 

シマイサキ??失念しました

 

初カツオ

 

ノドグロ

 

巻物

 

中トロ

 

5品目:丼ぶりとあおさのお味噌汁、卵焼き

このウニが甘くて、いくらの弾力がすごいです。

 

6品目:フルーツ(日本のいちごとオレンジ)

 

久しぶりに上質なお鮨をいただいて大満足でした。

コースは橘を選びましたが、量もちょうど良かったです。

コースの菖蒲(お刺身なし)では少しもの足りず、

柊(天ぷら付き)では量が多すぎて

肝心のお鮨までたどり着かなかったと思います。

 

お客様は9割がシンガポーリアン。

こういうお店に来るシンガポーリアンは

何度も東京までお鮨を食べにいってしまうほど、

お鮨が好きで舌がこえていています。

 

日本から食材を週4回空輸していて、

お魚の絞め方も鮮度を保つために工夫されているそうです。

 

大切にしたいお店がまた出来て、

ゆっくり堪能する楽しみが増えました。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2泊3日で滞在していたストランドホテル@ヤンゴン。

フレンチレストランとカフェ、そしてバーがあります。

 

朝食はカフェでいただきます。

入るときれいなバラがふんだんに飾ってあります。

 

クラシカルな室内にラタンの椅子がカジュアルで

重くなりがちな雰囲気を和らいでいます。

 

窓ぎわはモノトーンで。

 

朝食メニューはたくさんの種類がありましたが、

せっかくなのでミャンマー料理を選択。

 

ラクサに似た麵料理。

 

午後にハイティーをしました。

 

左側中央に移っているティーリーフサラダが

とても美味しかったです。

茶葉、キャベツ、トマト、干しエビ、ピーナッツ、豆、ゴマが

入っていて体にも良さそうです。

 

夜はバーで少しお酒を飲みながら、

次の旅行先をどこにしようか、と夫と話す。

 

シンガポールで知り合った仲良しの友人は

以前の駐在先がロンドンでした。

そこで『マンダレー』というレストランが好きで、

ミャンマー料理に一時期とてもハマったそうです。

 

今回の旅行でミャンマー料理がとても楽しみでしたが、

あいにくお店がお休みでホテルの中でしか楽しめず。。。

 

また、ゆっくり来たいと思います。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

水かけ祭りの時期ということもあり、

お店はことごとく閉まっていました。

 

ホテルでゆっくりする目的でもあるミャンマー旅行なので、

居心地の良い落ち着いた雰囲気を求めて、

The Strand Hotel に宿泊。

入り口からすでに期待が膨らむ好きなテイスト。

 

ドアを開けるバラの花のアレンジがステキ。

シックな雰囲気が、外の水かけ祭りの残像を

なかったものにしてくれます。

 

天井にはファンが回っていて寒すぎないのが嬉しい。

 

お部屋にももちろんファンが回っています。

 

2015年にシンガポールに引越す前に、

住処のビューイングに訪れた際に

宿泊したラッフルズホテルに雰囲気がとても似ていました。

 

それもそのはず。

ストランドホテルは、シンガポールのラッフルズホテル、

ペナンのEastern&Orientalの成功をもとにしています。

(ペナンのE&Oは去年満室で我々は泊まれませんでしたしょぼん

 

1901年にサーキーズ兄弟によって建設されたこのホテルは

現在31の部屋数からなり、全室スイートルームという贅沢ぶり。

コロニアルな雰囲気はゆったりと優雅な気持ちでくつろげます。

外部の喧騒を完璧に遮断して、ここだけ静かな別世界。

 

*ホテル食事編に続く*

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2日目はシュエダゴンパゴダに行きました。

 

まずは参道口から裸足で階段を使って上ります。

水かけ祭りの時期なので、

濡れてもいい、どうでもいいザツな服装。。。

(エレベーターもあります)

 

のぼりきったら広い境内に黄金色の仏塔

 

 

 

ミャンマーでは自分の生まれた曜日が重要。

曜日は水曜日のみ午前と午後に分けて全部で八曜日。

自分の生年月日から生まれた曜日を確認すると、

私は月曜日でした。

 

月曜日の守護神にたっぷりお水をかけて

無病息災を願います。

 

 

 

帰りに乗ったタクシーはシートをビニールで覆って完全防備。

水かけ祭り対策はばっちりですが、

すべってすべって乗りにくい~。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先週のGood Friday のお休みを利用して、

2泊3日でミャンマーに行ってきました。

 

イギリスの植民地だった影響もあり、

建造物はその面影を色濃く残しています。

メンテナンスがなされていないので、

老朽化によって色あせ、外壁が崩れていますが、

かつてのクラシカルな雰囲気は残っています。

 

ミャンマーはちょうど水かけ祭りの祝日でした。

 

水かけというより放水レベル滝汗

 

おいしそうな屋台がたくさん出ていました。

 

何度も出張でミャンマーに来ている夫が

慣れた町のガイドをしてくれてラクでした。

 

*シュエダゴンパゴダの観光に続く*

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夫が3か月に及ぶ長い出張から

週末シンガポールに戻りました。

 

昨年末から作り始めた夫のお弁当。

わずか数回作っただけで

長期間の不在になってしまった。

 

なので、さっそく再開しました。

月曜日は大まかな食材の買い出しデーなので、

火曜日から金曜日がお弁当の日になります。

 

久しぶりに作ったら手際が悪くて1品入れ忘れ。

おかず:パプリカの豚肉巻、薄揚げ卵、ちくわのチーズ焼き、

     いんげんの胡麻和え、プチトマトのマリネ

汁物:ミネストローネ(昨晩の残り照れ

ごはん:梅干しとふりかけ

 

 

焼き魚をご飯にのせようと思ったのに、

焼くのを忘れました。

というより、魚の存在自体忘れてましたね…。

 

とりあえず、明日のお弁当の作り置きの材料です。

 

1時間後、こうなりました

春巻きの具材、オクラの煮びたし、ナスとパプリカの味噌炒め、カリフラワー(茹でただけ)が出来ました。

上の食材の写真から使わなかったのはお豆腐。

力尽きて白和えが作れずガーン

 

あとは春巻を包んで、揚げておしまいニコニコ

 

お弁当に白・茶・黄・赤・緑を入れるようにしています。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。