日蓮宗専門 心に残るお葬式*供養*除霊お祓い

いい葬儀 ご供養 お祓い 敷居の低い僧侶。腰が低く物腰の柔らかい対応を心がけております。御依頼の際は僧歴が長く修行経験豊富な僧侶が皆様のもとに伺います。


テーマ:

*近親者による密葬後、本葬儀・お別れの会などを行う*

故人が、各界に於いて、要職を歴任されたお方や、広くお名前が知られ、社会的にご活躍されたお方等、

 

生前、交際範囲が、広くあられたお方の場合、一般的には、まず、近親者によって、密葬が執り行われ、

 

後日、改めて、故人と公私それぞれにおいて、お付き合いのあられたお方にお知らせをし、本葬儀・お別れの会

 

などを行います。この場合、密葬においては、個人葬として親族が喪主をつとめ、費用的にも負担し、本葬儀・

 

お別れの会などの場合は、喪主とは別に、葬儀・会の主催者を立て、その主催者の責任において、式進行や

 

会計上の対応が行われることが多いようです。そして、本葬儀においても、お別れの会などにおいても、

 

故人に向けて、いく人かの代表のお方から、弔辞やお別れの言葉をいただくことが多いのですが、

 

そのいただくお言葉によって、式場に参列・参集された方々は、改めて、故人を偲ばれ、故人への感謝の念や、

 

追慕の情も新たにされ、何よりも、そのお言葉は、喪主をはじめ、遺族にとって、こころに残るものと

 

なると存じます。このように多くの方がお集まりになることは、その準備も大変だと存じますが、

 

亡き人のために、「集う」ということは、誠に、尊いことと存じます。

 

合掌

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





引用元:*仏事供養*こころ・すがた・かたち(4)故人が、交際範囲の広・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 *周囲の方々の善意に合掌*

そのお方は、お子様もなく、老人介護施設にて、施設の職員の方々をはじめ、民生委員さん等の

 

ボランティアの方々のお世話を受けられながら、最後を迎えられ、天寿を全うされました。

 

お亡くなりになられた時、個人財産は、ほとんどなく、お葬式費用のやりくりも大変だったと

 

思われますが、民生委員さんのお世話で、葬儀の段取りも進められました。私も、仏縁により、

 

通夜、葬儀とつとめさせていただきました。御布施についても、民生委員さんからのご相談もあり、

 

例外的な対応をさせていただきました。この時のお葬式の段取り、その前後に於ける手続きなどは、

 

故人をお世話されておられた民生委員さんを中心に、周囲の方々の善意によって進められたのですが、

 

その尊い行為には、頭の下がる想いでございます。このように、社会的弱者といわれる人々をサポート

 

されているボランティアの方々には、合掌を以て、敬意を表したいと存じます。

 

合掌

 

玄妙事務所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





引用元:*仏事供養*こころ・すがた・かたち (3)身寄りのない方のご・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

*人生の支えとしての「仏壇」*

早坂暁さん作・脚本の「夢千代日記」は、テレビドラマ化され、1981年から、放映が始まった

 

作品ですが、その物語の設定は、太平洋戦争に於ける広島原爆投下によって、胎内被爆し、今は、原爆病を

 

発病し余命2年の宣告を受けている、温泉場の芸者置屋の女将・夢千代を主人公として、夢千代を取り巻く

 

人間模様が描かれています。ある時、このドラマを書かれた早坂暁さんが、NHKFMラジオに出演しておられ、

 

「夢千代日記」の中の仏壇にまつわる一場面を紹介されておられました。それは、夢千代が女将をつとめる

 

置屋に籍を置く芸者の中に、幼少期より、身の上が薄幸のもとにある女性がいて、その女性から、夢千代は

 

女性が守り続けていた亡き母から受け継いだ小さな仏壇を「しばらくの間、預かってもらえないか?」

 

頼まれるのですが、夢千代は、断ります。その時の夢千代の真意は、「この子は、この仏壇を持ち続けている

 

限り、人の道を踏み外すことはない」というものでした。この早坂暁さんのお話をラジオで聴いたのは、ずいぶん前

 

のことなので、多少の記憶違いがあったならば、お赦しいただきたいのですが、この夢千代の「この仏壇を持ち

 

続けている限り、人の道を踏み外すことはない」という想い、感性こそ、日本人の徳性のひとつとして、

 

長く未来へ、伝えていきたいと思います。

 

合掌

 

玄妙事務所

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日蓮宗専門お坊さん僧侶派遣
http://souryohakenn.com/
住所:東京都立川市柴崎町2-9-3
TEL:042-512-5313 / 0120-601-701
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





引用元:*仏事供養*こころ・すがた・かたち (2)仏壇と日本人
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。