名前のことだま

命名言霊学協会代表による
名前のことだま®を伝えるブログです


テーマ:


桜の花が満開になりました。
金沢はまだつぼみの状態です。
来週あたりが満開でしょうか。

桜の木の下で花見を楽しむ姿があちらこちらに
見る時です。

桜の花の特徴は満開の美しさもそうですが、
散るときに美しさもそれに匹敵します。

桜吹雪はなぜあんなに美しいのでしょうか?
今日はそのことについて書いてみます。

桜は散り際の潔さも好かれる要素になります。

ただどちらかと言えば「散ることより」も
「咲く」ことのほうがいいイメージです。

大学に合格することを「サクラサク」と表現し
「サクラチル」は不合格の意味があります。



日本神話でも桜の咲く美しさを表している姫神が
「コノハナサクヤヒメ」です。

実は「コノハナサクヤヒメ」には「コノハナチルヒメ」という
姉妹がいたことが日本神話の中に記されています。
この姫神についてはほとんど記述がないので
どのような姫神かわかっていません。

「コノハナ」とは「桜」を意味しています。
その桜は「咲くこと」と「散ること」の二つの側面が
あったことを教えています。

「コノハナサクヤヒメ」は咲くことの大事さ
「コノハナチルヒメ」は散ることの大事さ


「咲くこと」は古代から大事にされていましたが
「散ること」はあまり重要視されていなかったのかも
しれません。

「咲くこと」と「散ること」の二つはとても
大事なことを教えています。


「咲くこと」は華やかなので誰でもわかりますが
「散ること」は誤解して否定的に捉えてしまうことが
あります。

「散る」とはどんな意味上がるのか?

名前のことだまⓇで「ち」の音の意味を知るときに
散ることはまた別の意味合いが含まれるのがわかります。

「ち」は地、血、乳とチカラを意味します。

桜の花が散るのは単に花びらが落ちるのではなく
落ちることでチカラが生み出されるのです。

あらたなチカラが生み出されるとき
それが桜の花びらが散る時なのです。
散ることが新たな始まりなのです。

桜吹雪の美しさはこれから始まる新しい命の
美しさを教えています。。

桜の花見は幸を与える「サの神」を迎える儀式です。
その「サの神」は花見で迎えられたあとにどうなるのでしょうか?

「サの神」はまず桜の木を依り代として山から降りてきます。
そして供えられた食事に入ります。
花見でいただく食事は私たちがたべるものではなく
「サの神」への供え物だったのです。
「サの神」はその食事に入り、そして食べる私の中に
入っていくのです。

「サの神」が入った私はサの神の手足となり
人々に幸を与えていくのです。

早く幸をみんなに与えなさい。
それで桜の花が早く散るのです。


日本人がなぜ春をスタートの季節にしたのか?
桜の花見が終わるとみんなに幸を与える季節が始まるからです。


★「名前のことだま®」にご興味があればこちらもご覧ください★

「名前のことだま®」は50音の持つ意味を名前に当てはめて
その人の使命、役割を紐解く日本発祥の幸せツールです。
日本語の中に秘められたやさしい日本をお伝えしています。
日程が合わない方は金沢で個人レッスンも行っております。
お問い合わせください。

名前のことだま®使命鑑定 詳細はこちら
名前のことだま®各種講座詳細はこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山下弘司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。