てしごとや kotori♪手作り大好き!子育て、ガーデニング、てしごと日記

群馬県で2男2女4人の母、
自宅で布小物やトールペイントなどの受注製作の仕事を始めました。
気ままに作った作品は自宅で販売も。
元ガーデンデザイナーで、自宅の庭はDIYでコツコツ育てています。
料理も手芸も手作り大好き!
子育てと手作りとお庭の日々を綴っていきます。


テーマ:
通級の先生に勧められて

最近発達障がいの子育てに関する

コラムなどをネットで読んでいる。

先生は長男のことをギフテッドだと

思ってくださっている。

確かに、発達検査を受けた時にも

ギフテッドの域に達していると言われた。

でも、当時ギフテッドについて少し調べて見たけど

日本ではギフテッドだと認められても

飛び級があるわけでもないし、

一部の抜きん出た能力の子供ばかりを集めて

教育する機関があるわけでもないし、

むしろ、公立の義務教育の中では

ハンディキャップにしかならないと感じて、

それ以来ギフテッドという概念は

私の中で、

あまり意味のないものとなっていた。

もしそういう呼び方で

子供をくくってものを言えば、

周りの方から快く思われないだろうという思いも

少なからずあった。


しかし、

最近長男の求めるものが

どんどん高度になっていて

正直私もついていけない。

興味のある科学のことに関しては

特に。

その欲求に

答えられる場は

なかなか無くて、

科学部の顧問の先生には

つい、その役割を求めてしまう親心。

部活に対して

消極的な先生と親の思いのかけ離れた現実に

どうしても対決姿勢になってしまう構図が出来上がっていた。


帰宅すると毎日不満を漏らす息子。

息子に寄り添いながら、

先生の機嫌を損ねない様気を使いながら

どうやって交渉するか

作戦会議の日々に

学校への失望も重なり

心が疲れ果ててきた。



よく眠っても

疲れが取れず、

眠いし体はだるいし

頭がいつもボーッとして

考えがまとまらなかったり、

多くの家事や仕事をこなせなくなっていた。



そんな時、

あるコラムを読んで、

ハッとしたのだ。


支援疲れ という言葉に。


育児疲れとか、

介護疲れとか、

そんな言葉は世の中に認知されているけど、

支援疲れという言葉には

初めて出会った。


でも、今の私の状態は

まさに支援疲れではないだろうか?


私自身もADHDの傾向が強いと自分で感じている。

過集中すると、物事をそこそこにすることが出来ない。

とことんのめり込むし、

ずっと考え続けてしまう。


常に頭の中で思考が高速回転し続ける感じ。

体がじっとしていられない多動はないけど

頭の中が多動なのだ。



だから、過去にも

子供の進学のことなどで

学校の先生と意見を戦わせなければならなかった時などに

参ってしまい、心身のバランスを崩したことも何度かあった。


今回は

今までと全く違うアプローチをすることで

ちょっと事態が好転した。


それは、信頼する友人のアドバイスのおかげだ。


そして、支援疲れという言葉に出会い、

頭のフル回転スイッチを

自分でオフにする努力も出来たので、

少し冷静に対応できた。


母親だから、

子供のことになると

自分のことなどなりふり構わず

必死にもがくのだけど、

支援支援と、眉間にしわを寄せていては

見えるべきものが見えなくなることもあるかもしれない。


子供は母親の笑顔が好きだし、

支援の技法やテクニックよりも

ただ、可愛いと子供を抱きしめ、

一緒に楽しい時間を過ごすことも

母親にしかできないことなんだから。


そのことに気づかせてくれるのは

やっぱり、ネットで読んだ情報よりも

リアルに会って話せる友人だなぁとも

強く思う。

素敵な友人に囲まれている私。

本当に感謝ですね。












ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援頂けると
嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ことりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。