2012-02-05 14:09:23

『闘竜戴天 1~5』〈時の車輪9〉

テーマ:海外SF・ファンタジイ


この物語は、前提として、「世界の終焉が間近に迫っている」事になっている。
人類にとっての大敵は、闇王と呼ばれる存在で、三千年以上も封印されていたそやつの牢獄は、次々に封印が解けており、全界に闇王の影響が刻々と強まっている段階にあるわけだ。

従って、ともに封印されていた闇セダーイの活躍が活発になっているし、諸王国にはそれぞれ、闇セダーイが入り込んでいる状態。
(王国だけでなく、ショーンチャン帝国や白い塔も例外ではないし、黒い塔も、光の子も、ともかく権力やパワーと関係のあるところには闇の信徒が深く浸透している)。
なんと物語のこの部分では、エレインも、ランド・アル=ソアも、暗殺されかかる。
特に、ランド・アル=ソアの方は深刻で、ますます彼の人間不信を強めてしまう。

一方、エレインはアンドール王国に戻り、混迷している王国で、母の王位を無事に継承すべく、奮闘をする事になる。
アミルリン位としてめざましく成長を遂げていくエグウェーンにくらべると、エレインの歩みはもどかしいところもあるが、妊娠という女性の重荷をにないながら、王位継承者であり、かつ異能者(アエズ・セダーイであるという立場を上手に利用して立ち回る彼女の活躍も、目をはなせないものがある。

ところで、初読した時、このあたりでかなりげんなりしていたのは、主人公であるランド・アル=ソアがどんどん人間不信に陥り、とげとげしく、そして孤独に、冷酷になっていくのを見るのがしんどかったからかと思う。
その状況を改善するために、カドスアンやナイニーヴが活動するのdが、後に、ミンが、「結局はそのふたりも含め、誰もがランド・アル=ソアを思うがままに動かそう(ランド視点では、操ろうというところ)としているのが間違いだ」と看破するとおり、なかなかうまくはいかない。
いやもう、一人で何もかもやろうとして破綻するパターンそのままだ。

も・っ・と・ま・わ・り・を・た・よ・れ・よ!

と、読んでいても凄くやきもきするのだ。
だからこそ、余計に、助言を受けるところは受け入れ、自分の考えを通すところは通す、エグウェーンやエレインの活躍に共感を覚えてしまうのだろう。
特に、エレインの場合、妊娠しているという状態のため、周囲から制約されるところが実に人間らしく、ほほえましくもある。まわりは香料入りのワインを楽しんでいるのに、自分はお湯も同然の薄いお茶しか飲めない(蜂蜜も入っていない!)など。しかも、うまいこと、アビエンダがその「窮地」を救ってくれたり、ビルギッテが絆のためにお酒を制限せざるをえないなど、ほんとに、エグウェーンよりもさらにエレインのまわりは、読者にとって等身大のキャラクターに映る。

また、若者三人に目を向けると、やはり最も面白いのはマットで、ティリン女王との関係もさることながら、いよいよここで、予言の女性である、九つの月の姫君が登場する。
マットとの結婚を運命づけられている女性だというのに……マットが、ティリン女王のツバメであるところに登場するというのは、どうなのか。
これは、あまりにも、ヒドイ。
マット以外の男なら、もう逃げ出してしまうだろうと思えるのだけど、さすがマット。
そのシチュエーションを脱そうと苦闘しつつも、なぜか苦労を感じさせない。


闘竜戴天1・黒アジャ捜索 <時の車輪第9部> (ハヤカワ文庫 FT)/ロバート・ジョーダン
闘竜戴天2・偽りの英雄・ (〈時の車輪第9部〉)/ロバート・ジョーダン
<時の車輪第9部〉 闘竜戴天3 -九つの月の予言- (ハヤカワ文庫 FT)/ロバート・ジョーダン
闘竜戴天4 -消えた聖竜士 〈時の車輪第9部〉 (ハヤカワ文庫 FT)/ロバート・ジョーダン
闘竜戴天5 -シャダー・ロゴス崩壊― 〈時の車輪第9部〉 (ハヤカワ文庫 FT)/ロバート・ジョーダン
2004年4月~2004年8月
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。