2006-08-23 09:53:28

『おまえうまそうだな』 愛情と捕食関係

テーマ:絵本・児童文学
私は『あらしのよるに』がキライだ。
その理由の大部分は、メイの自分勝手さにあるのだが、実はそれだけでなく
「捕食する側が、捕食対象と愛情/友誼をはぐくむというのは、どうなのか?」
と思うからだ。

もちろん、作者の意図としては、
生来敵対関係にあるものでも、チャンスと努力と状況次第で、愛情や友情をはぐくめるのだ、という、人類平和に向けた一種のアナロジーなのだろうと思う。

しかしね、それを突き詰めてしまうならば、
たとえばガブはメイ以外の羊を食えるのか? 食っても良いのか?
メイはそれを受け容れられるのか?
という問題が出てくるよね。
(事実、『あらしのよるに』は、先の方でそういう話題も出てくるわけだが)。

アナロジーなのだからそこまでは考えない、という意見もあるだろうが、
架空世界内にもある程度のリアリティがないと架空世界そのものが論理的に存在し得なくなるため、やはりこれは、物語上の弱点と思う。
まあ、すくなくとも、「友情」は残念ながら、このシチュエーションには、いささか弱いと思うんだな。
まして、その後ずっと彼らが一緒に暮らすのだ、という結末を導くには、弱すぎるものがあるのだ。

さて、本書も子供向けの絵本であり、似たようなケースを扱っている。
物語の舞台は「恐竜が生きていた時代」。
肉食恐竜の主人公が、卵の殻を割って出てきたばかりの、草食恐竜の赤ちゃんと遭遇してしまう。
「ちゃ~んす! ごはんめっけ!」
な状況ですよ(笑)。
ところが、赤ちゃん恐竜は、生まれて初めて見た彼を、自分のお父さんだと思ってしまうのな。
主人公が発した「うまそうだな」という言葉が、自分の名前だと勘違いしちゃう。
「おまえうまそうだな」
うまいだろうなあ、ではなくて、
「おまえは『うまそう』という名前だな」
と解釈しちゃうんだね(笑)。

なし崩しに、主人公はこの「うまそう」くんをしばらく養う事になるんだけど、生態の違う子供なので、なかなか大変です。
それに、最後は、
「このままではお互いにいけない」
と判断して、同種の親らしきカップルを発見した時点で、子供をそちらに返すようにする。

その時には、もちろん、お互いの間に、愛情が育っているわけなんだけど、だからといって、無理矢理一緒に暮らすという選択肢はとらないのだ。

『あらしのよるに』よりも良いと思う理由はそこにある。
異種の生物の間に友情なり、愛情なりがはぐくまれる、それが可能だというところまでは良いのだ。
しかし、だからといって、ずっと一緒に暮らすというのには、やはり無理が生じる点も、考えなくてはいけない。

本来は全く違うものを、強制的に同一基準で扱うよりも、
協調しつつ、お互いの「違う部分」を受け容れ、かつ必要あるいは可能な場合には、「別れることもできる」セルフコントロールが存在する世界の方が、少なくとも個人的には、好感が持てる(笑)。

そういう意味で、『あらしのよるに』を読んだ人には、こちらも読んでみてほしいなあ、と思うのだ。

さて、それはそれとして。
表紙画像でわかるとおり、主人公の肉食恐竜は、あとあしで立ち上がったスタンディングタイプとなっている。
これ、現代の恐竜学にはそぐわない、レトロな想像図なのですな(笑)。
今のはね。
ティラノサウルスを含め、USAゴジラにあるみたいな、地面に対して頭と尻尾がほぼ水平にあるというようなスタイルとされている。
頭、ていうかでかい口が前に突き出されているせいか、非常に攻撃的に見える。
昔ながらのスタンディングタイプは、それに比べてどこか優しく懐かしいイメージを感じてしまうのは……
不思議なものだなあ。


宮西 達也
おまえうまそうだな
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

とらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■>おまえうまそうだな

実は本があるところにご無沙汰なのです。
また行くチャンスがあったら続編を読もうと思っています。
確かに、最後まで読むと印象が変わるかもしれないですね~。

9 ■ご無沙汰しております

ぴぐもんさんのところから飛んで参りました。その後、続編は読まれましたか? 完結編まで読んだら印象が変わってたりして(^^;)まあ私の場合は何冊読んでも同じだったんですが…
とらさんにぜひオススメしたい絵本が「マルラゲットとオオカミ」です。機会があれば是非。

8 ■ティラノくんのその後

くコ:彡さん、いらっしゃいませ。
うおー、ティラノくん、その後もいろいろ多難そうですねえ。みつけたら読んでみなくては!
しかし、たしかにストーリーの予備知識なしに読み聞かせをするのは大変そうです。

7 ■あらしのよるに

ぴぐもんさん、いらっしゃいませ。
そうなんですよ、『あらしのよるに』は、ちょっと見にはいい話なんだけど、全く腑に落ちない。
考えてみると、メイが悪すぎ、と私は思うのです(笑)。この腑に落ちない感覚は、アニメ版『あらしのよるに』を見に行った時、母も感じたようで
「絵がきれいだったね」
としか感想を言ってくれませんでした(面白かった映画は、ちゃんと、面白いという母なのです)。
私の印象になりますが、どうも、本読みであればあるほど、『あらしのよるに』はキライだという人が多そうです(笑)。
それに比べると、こちらの絵本は、いいなあって思えるんですよ(笑)。価値観の違うものどうしが仲良くなる事はできるけど、だからといって安易に一緒に暮らせるわけではない、という結論になっているわけですから。

6 ■続編では

水生恐竜とティラノとの束の間の友情が切な~いのです。
乱暴者のティラノが初めて得た友達が、全然違う世界で暮らす水生恐竜(名前が長すぎて覚えられない~^^;) なんですが、お互い相手が何者かも知らないまま友達になってしまったもので、自分が水生恐竜が恐れるティラノサウルスであることを、ティラノはなかなか名乗れない…… この辺のジレンマが毎度ながらなかなかリアルで共感を誘います。
子供向け絵本でありながら、幕切れは予測を裏切ってドラマチックで、チビに読み聞かせしててドッキリ、詰まってしまいました。
……絵本って、チビに読み聞かせる前にまず一読しておかないと、ぐわっと来たときに詰まってしまい、周到に読めないことがママあります。なめてかかっちゃ駄目ですよね~(^_^;) 

5 ■生きる選択の自由

とらさん、こんばんわ
 確かになんでも「ただ好きだから一緒にいる」っていうのが幸せって訳じゃないですね。人それぞれ、いや生き物それぞれ自分に合った生き方があっていくら好きだからって 生活感覚や価値観が違う者同士が無理に一緒にいるのというのは如何なものかと考えさせられてしまいました。

 とらさんも「あらしのよるに」が好かないんですね。私もそうも好きになれなかったんですが、同じ意見の人がいてちょっと安心しました。

4 ■あらしの~

ペトロニウスさん、いらっしゃいませ。
やはりブタですか(笑)。
で、『あらしの~』。あれ、作者の意図するところはまあわかるし、ある程度のことはやっていると思うんだけど、いかんせん、メイのキャラが悪すぎると思うんですよ。
それに比べてというわけではないが、本書はなかなか好感が持てます。
ただ、続きが出ているようなので、いずれそちらも見てみたいとは思っています。

3 ■ジムシー

それしかないですよね(笑)

あらしの~は、僕も嫌い。捕食を美化すんなって思う。

2 ■うまそー

ひらさん、いらっしゃいませ。
やっぱりジムシー思い出した(笑)?
私もタイトルを初めて見た時、あのブタを連想しました。

1 ■そうだよ

標題を見て8/17の未来少年コナンに繋がるんだとばっかり。

ジムシーの愛豚ウマソー
「そうだよ。うまそうだろ!」

ジムシーの声が、僕には聞こえます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。