2005-09-22 19:25:05

『指輪物語-旅の仲間-』

テーマ:海外SF・ファンタジイ

『指輪物語』……。
世界中の、ファンタジイ・ファンの心をとらえ、文学に、映像に、ゲームに、多大な影響を与えた文学作品である!
私がこれにはまったのは、小学生の頃。
赤いクロス装の6巻本をクリスマスに買ってもらったのだ(当時はまだ文庫版なぞなかった)。
そして、そりゃもう夢中になって、何度も読み返したものだ。

後年、大学に入ったあたりからか。
本が好きです、SFとかファンタジイを読みたい、という後輩に
「で、『指輪物語が』……」
という話をもちかけても、けげんな顔をされる事に気がついたのだな。
そういう後輩の答は、
「知りません」
「読んでいません」
「読めませんでした」……!
……読めない?

思えば、そう言い出した世代は、ライトノベルで育った世代であるように思われる。
なるほど、ライトノベルは、スタートからすぐ、ストーリーが動く、わくわくどきどきが始まる。
それに比べると、『指輪物語』の始まり具合は、かなり悠長で、話が進まず、ましてや冒険の「ぼ」の字もないように思えるかもしれない。
おそらく、ライトノベル世代にとって、『指輪物語』の話運びは、のれるテンポではないのだろう。

「最初のところで挫折した」タイプの人には、とりあえず、第2部から読む事を勧めるのだが、不思議と、私が最も印象深くいろいろなシーンを思い出せるのは、第1部だったりするのだ。
あのホビット庄や粥村、古森の、独特の雰囲気は、たしかにメジャーにはうけないのかもしれないが、イギリスの児童文学に親しんだ人ならば、きっと両手をあげて喜ぶようなシーンが連続しているはずだ。

ひるがえって、それはどういうことかといえば、早い話が、イギリスの田園風景のエッセンスが、惜しみなくそそぎこまれているという事ではなかろうか。
(だからこそ、そういったものに馴染みがない人には、話に入り込めない壁となってしまってるかな)。
ホビット庄のパブで飲むエールもうまそうだし、
粥村なら、そりゃもう絶対、踊る子馬亭でバタバーの料理を食わなくちゃ。
いやいや、お百姓のマゴットさんとこで茸料理も捨てがたいし、
できることなら、トム・ボンバディルのもてなしも受けてみたいんだが……
って、食べるもんばっかりかよ自分!

いや、実に。
ホビットは、食べる事を愛する民で、一日に六食たっぷり食べる、なんて描写があったりするが、
『指輪物語』の全篇を通して、この第1部が、一番、「うまそうなシーン」に恵まれているのだ。
黒の乗り手の恐るべき影はあるものの、ホビット庄も、粥村も、裂け谷も、居心地良さそうだしね。
そうそう、気持ちの良さそうなベッドも、第1部にしか出てこないぞ。

そして、大事なことだが、このような、居心地の良いコーナーから出てきた人々が、苦しい旅を始める。
そういうコントラストが、第2部以降の凄さを際だたせているとも言える。
また、主人公のフロドと、ホビットの仲間たちをユニークなものとしている、
地味で平凡だが、きわめて粘り強い。
この特徴も、第1部を見る事なくして、読者は理解できないものだと思うのだ。

『指輪物語』の最初で挫折をしてしまったなら、
第2部から読んでみるもよし、
とりあえず映画を先に見てみるもよし。
だが、そうやってもし『指輪物語』が気に入ったなら、そこで第1部を手にとってくれるといいなあ、と思う。


J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈2〉旅の仲間 上2
新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1
新版 指輪物語〈4〉旅の仲間 下2
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

とらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

21 ■アラゴルンあるいはストライダー(馳夫)

駒吉さん、いらっしゃいませ。
おおっ。アラゴルンですか(笑)。
私は、この人は王様だと自覚する前、ストライダーの頃の方が好きです。
おかげで、後にTRPGで「レンジャー(野伏)」に惹かれたくらいです(笑)。

20 ■挫折してしまいましたが・・・

折を見て再チャレンジしてみます!
今急にアラゴルン様のご尊顔が浮かびました~

19 ■第二部あるいは裂け谷から

>nicoさん
探すのが面倒でなければ、第1部の途中、裂け谷のあたりから、というのも良さそうです。
というのは、話がここから転がり始めるから、のみならず、その後活躍するメインキャラがここで顔をそろえるからです。
もっとも、映画を見てらっしゃれば、キャラ一覧がわかっていると思いますので、第2部からで全くだいじょぶだと思います。

18 ■とりあえず第二部から始めてみます…

…実は私も「読めませんでした」って言うクチです。なので映画を見た時は「えー!こんなに面白い話なの!?」とものすごくビックリしました。その後すぐにまた原作を第一部から読み…「読めませんでした」の繰り返しです。
そうですねもういっその事とばして読めば良かったんですね。近々挑戦してみます。


17 ■裂け谷の手前まで

しのぶさん、いらっしゃいませ。
シルマリル。いやーあれほど「必死こいた」原書は現在にいたるまで、ありませんでした。
あれも、最初のヴァラがとうたら、ってあたりが、死ぬほど苦痛でした(笑)。
『指輪』の必勝法。なるほどー。
やはり、最初でつぶれる人が多いけど、なんとか裂け谷まで耐えよと(笑)。
思えば私も、一番最初に読んだ時は、トム・ボンバディルが出てくるより手前はちょっと退屈だと思ってた気がします。
子供の頃は塚人が怖かった。
(そして、あの短剣がほしかった)

16 ■↑必勝?法の2は

『旅の仲間 上』を読み終わるまで耐えろ、でした。肝心の「読み終わる」が抜けてたヨ。
下巻に入ると、回想シーンでも大事件がでてきますから。裂け谷に辿り着ければ、読み続けるのもそんなに難しくなくなるよ、という話でした。

15 ■あれを原書で読みましたか。

さすが、とらくん。わたしは持ってただけ(笑<シルマリル

トラバ返しありがとうね。

今ならまず映画を見て。いや全部でなくても第一部SEEをレンタルしてきて1枚目だけ見て、裂け谷出発シーンから原作を読みはじめるのも有りかもね。
「キャラがちがーう!」と思ったら原作をさかのぼるか、とりあえず映画の続きを見るか(笑。

ちなみにワタクシが大学SF研の後輩に伝授した『指輪…』必勝?法は。
 1.序章は後まわし。むしろそのほうが味わい深い。
 2.『旅の仲間 上』(文庫版だと『旅の仲間 上2』までは耐えよ。
 備考.『旅の仲間 上』(同)巻末の訳者あとがきはネタバレなので飛ばすこと。

こんなとこですねえ。

14 ■トム・ボンバディル

とむぼんさん、いらっしゃいませ。
そうか、とむぼんさんのハンドルの由来は、なんとトムだったのですね!
すばらしい。
私も、あのシーンが映像化されなかったのはほんとに残念だと思っています。
まあ、省きやすい部分といえば、そうなのですが(笑)。
ゴールドベリの足もとの蓮。
柳のじいさんや塚人からホビットを救うトム・ボンバディル。なんともいえない魅力を持ったエピソードです。

13 ■しょっぱなで「もうだめ」

明るい空さん、いらっしゃいませ。
SF者だと、ブラッドベリの『たんぽぽのお酒』も、このパターンというか、だめな人は導入部でもうだめ、と聞きます。
わりに、そういう小説ってあるのかもしれませんね。
ヘッセの『ガラス玉~』は、記憶にないや。読んだんだったかなあ……。

12 ■わぁぁい

久々指輪のお話が色々な人と出来て
とても嬉しいですっ。
クリスマスプレゼントに指輪物語って
なんて素晴らしいんだろう・・!
それも小学生とは・・・感動して涙が出そうです。
トム・ボンバディル好きでこんなHNをつけた私なので
話題に上るといそいそと出てきますよー。
あの陽気なじいさん、映像で見たかったです。
きれいなゴールドベリも。
TBお返しにさせてくださいねー。

11 ■導入部分で挫折

と言えば、ヘルマン・ヘッセの「ガラス玉遊戯」が私の周りでは、一番有名かな? 数日であの分厚いのを二冊読んだと友人に話したらビックリされました。あれも下巻に入ると物語が動いて面白いんですが。。。

10 ■瀬田訳

rizwordsさん、いらっしゃいませ。
いやー、なんつっても瀬田訳ですよ。
ですから、評論社は明らかに子供向けという形で出していたと思います。
挿絵も児童文学系ですしね。
『シルマリル』はよほど好きでないと読み進められない感じですねえ。
私は高校の時、やむにやまれずペーパーバックで挑戦した為、翻訳の方はずっと後に、さくさく読めてしまいました(高校当時はまだ翻訳されていなかったのです)。
で、原文の印象では、やはり英語で読んでも、指輪とシルマリルは、読みやすさが、ぜんっぜん違います(汗)。

9 ■ではこちらからも!

>ぐるぐるさん
同じ記事からで恐縮ながら、ばしばしとトラ返させていただきます。

8 ■小学生の頃

ってすごいですね…。さすがとらさん。
自分は中学生の時に英語教師に文庫を借りて読んで、その後「ゲドとナルニアはあるのに指輪がないなんて変だ!」と言って学校の図書室に買わせました。今母校の学生が学校で指輪を読めるのは私のお陰(笑)。
やはり不朽の名作です。
でもシルマリルの物語は挫折しましたが(爆)。

7 ■そおお~~~ですか。(笑)

括ってTBできたら…(大笑)
では、SEEを見に行った時のとか。
ロケ地ツアーは47記事ですしね。
(ホビット庄あたりは大丈夫ですね←やるんかい)
でも次回もアリってことならへっ。へっへ

6 ■TB数上限は

>ぐるぐるさん
ありませーん(笑)。
もちろん全部でもだいじょぶです。
とはいえ、指輪のことですから、私の方も、今後また記事を書くかもしれませんし(笑)。お心のままにどうぞ。

5 ■またお邪魔します。

(上のコメント)ああ、ととむぼんさん、カタカナでゴメン。と先に陳謝(汗)
TBさせていただきます。と書き忘れていました。
映画記事でもいいとなると、うちは20以上出来ますがそれはご迷惑になるでしょうと今日の分だけにします(大笑)
どっちにしろ、いっちゃった記事ですみません。

4 ■映画の方の記事もいつか……

喜八さん、いらっしゃいませ。
映画の記事からのTBも、もちろん大歓迎です。
また、ブログの記事は、ブログどうしというよりどちらかというと、記事レベルでのリンクという意味が強いと思いますので、複数記事に同じ記事からTBいただいても全然気にしません、歓迎です。

3 ■久し振りに!

とらさん、こんばんは~。
久し振りに名前を知っている本の記事がでました(毎日チェックしていますよ(笑))。
本ではなくて映画の記事なのですが、とりあえず(強引に)トラックバックを送らせていただきます!

よく考えたら既に『世界の怪物・神獣事典』と『ホビットの冒険』にも送っていました・・・。
が、勢いは止まらないので送ります。m(__)m

2 ■今日が冒険の始まり

ぐるぐるさん、いらっしゃいませ。
おー、喜んでいただけて何よりです。
トム・ボンバディルのシーン。
番外でいいから作ってくれないかなあ、と淡い期待を、まだいだいていたりします。あれって確かに本編とはほとんど関係のないエピソードですが、凄く好きなんですよ。
ともあれ、「旅の仲間」は、イギリスの田園地帯について知識があるほど、楽しめるのではないかという気がします。雰囲気いいですよねえ……。

1 ■まってました。

よりにもよって(?)今日と言う日付でと言うのが嬉しいです。
ほんとうに「物語」動き始めたのが「ビルボとフロドの誕生日」の今日なのですから。
トムボンさんの記事にもあるように、今日はたくさんの区切りの日でもありますし。
「映画」から「原作」というのも確かにお薦めです。
場面が浮かんできて楽しめますし、カットされちゃったトムボンバルディは想像できてコレも楽しいです。
ああ、きりないから、一旦引き上げます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。