2005-07-24 14:29:28

『魁!! クロマティ高校 THE☆MOVIE』 の、パンフレット

テーマ:その他
クロ高

これが、映画版『魁!! クロマティ高校』の、パンフレットだ!
(どどーん)
一目瞭然ですが、メカ沢であります。
裏表紙は、とうぜん、メカ沢の後ろ姿となっている。
タテヨコの比率も、おおむね、メカ沢通り(と、推察される)。
ただし、大きさは、ふつうの映画のパンフレットより、だいぶ小さい。
ぴったり、B6サイズだったりする。
それでも、メカ沢βではないのは、服装からわかるとおり。

いやあ、実は昨日が、この映画の初日でありました。
モーニングショーとレイトショーしかしないっていうから、やむをえず、池袋でモーニングショーを見てきたのだ。6時半置きでした。帰りは地震による交通麻痺に見舞われました。
だが、そんなことは、どうでもいい。

昨今、映画のパンフって、なんか高いわりに内容がイマイチって気がしないか?
ところが、どうして、今回のパンフレットは、小さいわりに読み応えがあった。
さすがは(表紙が)メカ沢だ。

いや、なに、ね……。
もちろん、内容の半分以上は、映画クロ高の公式サイト とか、
あるいはそのメイキング映像と、内容がかぶっているのだけれども。

まず、このパンフレットのイイところは、まんなかより1頁後ろにある、
ゴリとラーの解説、これだ。
なに。
ゴリとラーを知らない?
これは、『宇宙猿人ゴリ』という実にユニークな特撮テレビドラマが昔あってだな……(笑)。
いや、普通は、これ、『スペクトルマン』という名前で知られているんだけどね。
この、『宇宙猿人ゴリ』という作品に関するこだわりが、わずか1頁とはいっても、みちみちてあまりあり、パンフ全体に溢れているのだ。

もちろん、ゴリとラーは映画でも大活躍(当然だ)。
ええっというほど大活躍。
ともかくすげえ(笑)。
なんでもいいから特撮ファンは絶対に見よう!(笑)

パンフに入ってる映画関係の話題ってのはたいてい、ひどくつまらないものばかりなのだが、このパンフの中の、
『魁!!クロマティ高校 THEMOVIE』@ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005
というコーナーは、対談形式ながら、大爆笑もの。
主人公を演じた俳優の、天然ボケっぷり、クロ高映画の、スゴイようなせつないような扱い、いやあこんなんでいいのか。

単行本ではおなじみの「クロマティ高校校内新聞」が終わりの方に数頁にわたって、収録されている。
くくくく。

そして、最後のページ。
著者のコメントとサイン(そしてメカ沢のカット<ここでもメカ沢かよ?)。

どんなコメントかは、まあ、ファンは想像できるだろう……(笑)。

なにはともあれ、表紙の出来だけで、「買い」ではないだろうか!
500円。高い?
同人誌を買ったと思えば、安いものじゃないか(爆)。

★映画評は、こちら★
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

とらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■いつもながら

>フーシェさん
ぜんっぜん、無問題です。
こちらからもTBさせてもらいますね。

9 ■いつも後からですが

トラバさせてください。
お願いします~(汗)

8 ■クロマティ氏、ぢつは

喜八さん、いらっしゃいませ。
たしかに、そう疑いたくなってしまいますよね(笑)。
事実、そういうスタンスで書いている新聞もあったようです。
とはいえ、そもそもクロマティ氏がクロ高に「インネン」をつけたのは、映画が初めてではないのだそうです。
そもそも、連載に対して講談社にねじこみ、あっさり「連載中止の請求は拒否」されたのだとか。
もっとも、これもスポーツ新聞の記事をネットで読んで知った話なので、真相はなんともいえません(笑)。

7 ■まったくもう、誰も彼も

なんで歌えるんだろう……(笑)。
明るい空さん、いらっしゃいませ。
もしかして、脳内で歌ってました?

6 ■うちにあった『宇宙猿人ゴリ』

主婦いちみさん、いらっしゃいませ。
ああ、いいなあ。お持ちだったのですね。
私の手元には、当時のものはありません。
たぶん、アニメと特撮を集めた10枚組かなんかのLPをカセットに録音したものは、掘り出せばどこかにあるはずで、そこにこの歌も入っていたはずなのですが……(笑)。

5 ■疑問

とらさん、こんにちは。

ふと気づいたのですが・・・。
映画制作者とクロマティ氏は、裏でつながっている可能性はないでしょうか?
つまり、映画の宣伝のために、トラブルを「演出」したのでは?
ああいう世界のことは知りませんが、それくらいはしかねないと思うのです・・・。

4 ■困った

歌える♪

3 ■「宇宙猿人ゴリの歌」

ウチにあったのは、だいたい『スペクトルマン』に変わった時期くらいに発売されたんでしょうかネ。
なんか、両A面みたいな装丁のSP盤だった気がします。
あ、、、クロマティの記事でしたっけね(^^;)

2 ■永遠の、ゴリとラー

フーシェさん、いらっしゃいませ。
おおっと、宇宙猿人ゴリ、お好きですか!
同志よ( ‥)/
あ、映画およびクロマティ氏関連については、ココログの方にたったいま記事をあげてきました。
本記事末尾にリンクしましたので、よろしければご覧下さい。
決着したというか……ぷぷぷぷ、です。

1 ■ラーよ永久に!

『宇宙猿人ゴリ』。ああ、あの勇ましい主題歌(?)が蘇ってきます。もちろん、ゴリの方の。
あれは確か3回ほどタイトル変わったんですよね。でも私の中ではあの作品は『宇宙猿人ゴリ』。
私ゃ今でも力強い知性(フーシェとか、オーベルシュタインとか、神津恭介とか)が大好きなんですけど、その第一号がこのゴリだった。。。
ラーの愚直さも好きですけれど。

スミマセン。見当違いのところでコメントしてしまいました。
もう映画、始まったんですね。
クロマティさんとの決着はついたんでしょうか? バースやデストラーではほとんど気にしていないそうですけれど。ちょっと心配。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。