女将のブログ★南紀すさみのホテルベルヴェデーレ

和歌山県すさみ町にある南紀すさみ温泉「ホテルベルヴェデーレ」。四人の子育てとホテルベルヴェデーレの女将の私が日々思うことや日常をつづっています。


テーマ:

今 ある人からお借りした


「お金ではなく、人の縁ででっかく生きろ!」


という本本を読んでいる。



中村文昭さんという人のサクセスストーリーなのだが


誠実で一途な性格と飾らないストレートな語り口が


楽しくて面白い合格




いつの時代であっても 何をするにしても


やはり人を動かすのは


その人の持つ情熱メラメラ


それをベースに働きかけてゆくパワーグーだと確信できる、


元気になれる本であるアップアップ




その本を私に貸してくれた室さんは


古座川の人であるが、


その人から聞いたちょっと気になる怖い話。



その人のご近所に昔からの湧き水があって


真夏でも15度以上になったことがないし、


その水は代々冷たいことで知られていた。


ところが今年妙に温かく


子供たちも平気で遊んでいるという!?



不思議に思って計ってみると


なんと21度えっ


いまだかつてなかった事であるあせる


さらに流れ出す水に


時々湯の花が浮いている!?


つまり、地下で何らかのマグマが噴き出しドンッ


本来の湧き水に混入してきたと考えられる。




近い将来地震がおこるのではと懸念されると言うのだ叫び



ここ数年、南海地方に大規模な地震が起きると予測されているが…


実際その予兆も見える事をはっきり聞くと


やはり背筋がゾクッえっとするのである




だからと言ってどうすればいいのだろうしょぼんはてなマークはてなマーク


生活がここにある以上、


放って逃げ出すDASH!訳にもゆかないし


仮にどこかへ移ったとしても


その他が絶対安全という保障はないガーン




であれば毎日の生活を誠心誠意生きていくしかないのである


人は自然のエネルギーの前に


ほんの小さな者にすぎないのだから…チョキ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ベルヴェデーレ には


和食割り箸 ”花かいろう ” の他


フレンチレストランナイフとフォーク ”ル・シエル ” 、


そしてバーベキューテラス 船がある。




宿泊のお客様は今の時季


バーベキューされる方も多いが


和食を選ばれる方の方が一般的。


フレンチは少数派の方々には人気があるのだが…かお



そこで何とか知名度を上げようアップ


リニューアルの4月からシェフをはじめ、


フレンチのスタッフがいろいろ頑張ってDASH!くれている。スタッフのブログ



そのかいあってか


夏の時期、結構テーブルが埋められていて


ビックリマーク


なかなかいい傾向だな…グッド!


と思っているニコニコ




8月30日(土)には


歌手を迎えて初めてのディナーショーを催す運びとなったクラッカー!!




フライヤー


5:30から宮沢シェフによるスペシャルディナーコースワインを楽しんで頂いて


8:00からショーを見て頂こうと企画している。


お値段はフレンチのコース付きで


前売 ¥6,000


限定30食で予約を承っています音譜



また9月27日(土)にも


別の歌手音譜によるディナーショーも企画しているチョキ


以後 月一度のペースで


こういうショーを折り込み


おしゃれなル・シエルを定着させたいと考えているのである得意げ




今の時期


朝晩の風が心地良い


「ちょっぴり秋のにおいが…もみじ


と感じられるのだが


少し淋しい気もする。



カーッメラメラと照りつける太陽晴れ


やかましい程のセミの声も


幾分勢力を失ってきたダウン



真夏の草花ヒマワリたちは早くも秋の準備に入ろうとしているのだ



…ご苦労さま


暑いさなか、よく咲いてくれましたネラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古座川の奥に


滝の拝(たきのはい)というところがあって


うちのホテルから約1時間半くらい


本当に秘境のような山道を


くねくねと曲がって車


慣れないうちはこの道で大丈夫なのかガーン


心配するような道のりなのであるあせるあせる




その小川という村に


滝の拝染色工房がある


大阪から移り住んだという熟年のご夫婦が住人でおられ


ご主人は畑仕事カエルやコーヒーコーヒーの自家焙煎などをしておられ


奥さんがローケツ染をしておられる



藍や草木、


又、化学染料も使われての


とても美しいキラキラ絵画的な作品を作っておられる


磯田好子さんである




お訪ねした日も


地元のお祭りをテーマにした


畳一畳くらいの大作の下絵を描いておられ


そのお祭りの様子や


その他の伝統などを


いろいろ説明して下さったニコニコ




大阪など他府県から移り住んだ人々の中には、


磯田さんのような芸術家や


何か目的をもって地元に貢献しようという


力を持った人が


結構多いような気がするひらめき電球




子供の巣立ちや定年退職など


きっかけは様々だけど


そうして第二の人生を切り替えて生きてゆこうという


魂の炎メラメラのようなものが見えるのである目




若い人のようなバリバリとした力ではないけれど


自分にできることをコツコツと楽しみながら


勤勉にされる誠実さが読み取れて美しいグッド!




又、川のせせらぎや


ヒヨコのさえずりなど


いっぱいの自然に囲まれていると


そこに溶け込み調和してゆく智慧も


自ずと学んでゆけるような気がするにひひ




私もこのすさみに移り住んで早8年になろうとしているが


年を追うごとにここに溶け込んでいる自分を


感じているのである得意げ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。