本好き研修医の死生学日記 ~ 言葉の力は生きる力

「こんな苦しみに耐え、なぜ生きるのか…」必死で生きる人の悲しい眼と向き合うためには、何をどう学べばいいんだろう。言葉にできない悩みに寄りそうためにも、哲学、文学、死生学、仏教、心理学などを学び、自分自身の死生観を育んでいきます。

長足の進歩を果たした現代の医療は、
深い問いを人間になげかけています。

「必ず死ぬのに、なぜ生きるのか・・・」

真面目な患者ほど悩み、
やさしい医療者ほど燃え尽きてしまうこの問い。

でもこれは、
「人間に生まれてきてよかった、
 大変だったけど生きてきて本当によかった」

と幸せな人生を送るためには避けては通れません。

専門家でもなく、一般の人とも違う“研修医”だからこそ見えることもあるはず。

最近の連載
>>「医療現場で考える、やさしさの死生学」(仮題)

後学のため、ご感想を頂ければ幸いです m(_ _)m


テーマ:
キュア(治療)は主に医師が、

ケアは主に看護師が、

そんな大まかな役割分担で言われることがあります。

キレイに分けられるものでもないですが、ケアについて最近よく考えます。


ケアとは、「患者のお世話をすること」と言われることが多いと思いますが、
決して簡単なものではありません。

ケアは、その根底に「哲学」があり、
深い意味を伴うこともあり、
これは医者も是非学ばねば、と思い、
最近興味を持っています。



ケアに関心をもつきっかけになった言葉があります。


ケアは、一方通行ではいけない


ケアする側と、ケアされる側。

表面上はどうしてもこの違いは生じますが、
それが心理的な負担になることがあります。

一方的に何かをしてもらうのは、
ありがたい反面、申し訳なくもあります。


受け身でい続けると、
してもらって当たり前になってしまったり、
やろうと思えばできることも、やる気を失ってしまったり…。

キレイゴトではやってられない世界です。



「一方通行ではないケア」とは、
どんなものでしょう?



情けは人の為ならず。

幸せは、与えるほどに増えるもの。

東洋では自利利他、

西洋ではwin-winの法則とも言われます。


ケアしていたつもりが、ケアされていた。

そんな感覚のようです。



ボランティアなどではよく聞かれる感想です。

「手助けに行った自分が、かえって元気をもらいました」

「必死に生きておられる姿に励まされた」



「人間」の幸せは、人と人の間にあるもの。

そんな心の触れ合いを大切にする医療を目指したいです。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
「沈黙」は技術ではない。
「待つ」のが技術なのだと教わりました。
 
「沈黙」は関係の中で生まれるものですが、
「待つ」のは自分にできること、自分次第でできることだからです。
 
ことばが《注意》をもって聴き取られることが必要なのではない。
《注意》をもって聴く耳があって、はじめてことばが生まれるのである。
 
ことばが大きなミットで受け止められる、迎え入れられるという、
あらかじめの確信がないところでは、ひとはことばを相手に預けない

 

 

「沈黙」は、試されている時間なのかもしれません。

 

「本当に、私の苦しみを受け止めてくれますか。

 誤魔化さずに聴いてくれますか」と。

 

受け止めてもらえない、裏切られるかもしれないと思ったら、

信じて、気持ちを吐き出せません。

 

「注意をもって聴く耳」とは、

一言一句を聴き取ることではなく、

覚悟をもって受け止めますよ、という「心の姿勢」なのだと思います。

 

その覚悟を伝えることが、「待つ」ということなのかもしれません。

 

それは、

「沈黙の向こうにある、声なき声を聴くこと」とも言われます。

 

 

静かだけれど、重い、言葉なき会話を大切にする。

 

医師としての、一つの理想像です。

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

富士山​ 私の2017年の書き初め 富士山



\ 2017年 /
書き初めメーカー

鳥 新年の書き初めをしよう 鳥

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も、もうあとわずかです。

 

「師走」という言葉の通り、

最近目の回る忙しさにかまけて、

ブログを更新できませんでした。


一人ひとりとじっくり向き合い、勉強していた昨年とは大きく変わり、

今年はたくさんの様々な患者さんと接する一年でした。

 

そして、たくさんの臨終にも立ち会い、

命と向き合い、

人はなぜ生きるのか、を考えさせられました。

 

 

{9BEB000E-316F-4FC0-A5AC-BE92FF54535D}

 

それと、何よりたくさんの「言葉」に出会いました。

 

 

・人は、悲しみが深いほど、明るく振る舞う

 

・悲しみの中の笑顔は、楽しい時の笑顔に勝る

 

・乏しきとき与えるは、富みて与えるに勝る

 

・まいたタネは、必ず生える

 まかぬタネは、絶対に生えぬ

 

・苦しみや痛みは、その人らしさを奪う

 

”困った人”は、”困っている人”

 

・腹をくくれば、本質が見えてくる

 

・大きな目標を立てれば、小さな悩みは消えていく

 

・まず目的をはっきりさせないと、手段が手段にならない

 

・偉大とは、方角を示すこと

 

・「最大事」の最大の敵は「大事」

 

・信じるとは、覚悟を決めること

 

 

ざっと思い浮かぶ言葉だけでも、

結構ありました。

 

命と向き合うことは、

苦しみと向き合うことと、ほぼ同義なのかもしれません。

 

でも、悩み抜いたその先には、

きっと光が見えるはず。

 

そう信じて、これからも一人一人の患者さんと向き合い、

自分自身と向き合っていきたいと思います。

 

来年も、どうぞよろしくお願いします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)

テーマ:

【ほめる】時のポイントは、

 「結果」をほめるのではなく、

 「タネ」をほめること、と言われます。

 

【評価】は、多くの場合「結果」です。

結果の方が、分かりやすいからです。

 

学校の成績や試験も、仕事も、スポーツも、芸術も、

如何に結果を出すかが勝負です。

どれだけタネをまいたと言っても、結果が出なければ評価されません。

 

では、結果がでなければ、まいたタネは無駄かというと、

決してそんなことはありません。

 

「まいたタネは必ず生える」

 

まだ、結果が現れなかっただけだったのかもしれません。

努力したことは事実であり、

その経験、努力できたこと自体が、他の時にも力を発揮するはずです。

 

努力すれば必ず(すぐ)報われるわけではありませんが、

努力しなければ、絶対に報われることはありません。

 

だからこそ、

効率や、結果が求められるわけではない、

家族や友人、知人など、親しい人間関係では、

結果よりもタネまきを認め合う関係が大切だと思います。

 

頑張ったのに結果が出なくて、

「種まきが悪かった、足りなかった」と不安が強い時こそ、

そこを認めてもらえることは、大きな安心になります。

 

試験の点数も大事ですが、

遊びたいことも我慢して頑張って勉強したこと、

苦手科目にも取り組んだことをほめたり、

 

作ってくれた料理が美味しいにこしたことはなけいれど、

時間を割いて一生懸命作ってくれたこと、

好きなものを選んでくれたことに感謝したり、

 

続けてタネをまけたこと、

自分の弱い心と闘ったこと、

相手の為を想う優しい気持ちなど、

その「こころのタネ」に、感謝したり、ほめたり、一緒に喜んだりできると、

人間関係はとても柔らかな、温かいものになります。

 

評価されやすい、分かりやすい「結果」を急いで、

すぐにほしいと求めてばかりいると、

本当の「自分」「その人」が見えなくなってしまいます。


{68E1E6DA-870C-47D8-B26C-F3D3873A5F98}


 

また、私たちが感動するのも、

結果そのものよりも、種まきによるところが大きいと思います。

赤の他人の合格結果を聞いても、感動しませんが、

それまでの苦労や努力を知っているからこそ、そこに感動が生まれます。

不器用でたどたどしい子供の演技をみても、

その子が頑張っていることが分かるからこそ、見る人の気持ちを揺さぶります。

スポーツに熱狂するのも、

必死さ、努力、挫折、苦労、思いやりなどが、分かりやすいこともあるかと思います。

天才の華麗なプレーもいいですが、

努力家の泥臭いプレーも負けじと人気を博するのは、

「心を動かす」のは、「こころのタネ」だからではないでしょうか。

 

 

そして、

結果が出なくてもあきらめないこと、

失敗を受け止めて、しっかり反省したこと、

誤りを認めて謝罪し、同じ過ちを繰り返さないことなど、

 

短期的には、

「タネをまいても生えなかった」

と思わずにおれない場合でも、

長期的にみると、

やっぱり「まいたタネは生える」と納得できることもあります。

 

 

病気でつらくても、

「ありがとう」の一言を忘れない患者さんの、

やさしいこころのタネには、医療者の心も癒され、苦労が報われた気持ちになれます。

言葉は無くても、ふとした笑顔に、そのこころのタネが現れることもあります。

 

「苦悩の人の笑顔は、

 幸せな人の笑顔にまさる」

 

こころのタネの偉大さを知るほど、

人生にとって大切なものは何かを、

改めて考えずにおれなくなります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。