コトノハイク2周年

テーマ:
8月8日は

コトノハイクが生まれた日

「言の葉育」と突然降りてきた時の

世界の彩りをまだ鮮明に覚えています。


改めて
コトノハイクとは?


【コトノハイク=言の葉育】
言葉を育てることは、自分自身を育てること。


「言の葉」を織り成した俳句で体感しているのは

自分自身を通して言の葉エネルギー=言霊を降ろすということ。

五感や、それを越えた先の感覚を詠う俳句は

日本人独特の感性の文学。

言葉に力があるのは、脈々と受け継がれた遺伝子によって当然のものと知っているはずです。

レッスンを続けて何度も痛感したのは、多くの人が五感を閉じてしまっているということ。

五感が閉じれば、その先のエネルギーを感じ取るのは難しいのです。


話し方が上手になるより前に、もっと大切なことがある。

言葉のエネルギーを感じるようになったら、

もっと自分らしく生きて、内側からきらきらと輝き出す。


私はそれを伝えたくてここまで続けてきたし、

これからのやるべき事がはっきりわかったのです。


言葉を育てることは、自分自身を育てること。





今もなお

コトノハイク

という言葉にワクワクしています(๑˃̵ᴗ˂̵)


何故だか分からないけど

大きな何かに導かれてる気がしてならないのです

3年目の今宵は
台風一過で
とっても華やかなエネルギーの満月

{953F9B29-2582-4997-A337-382373722CDD}


光が強過ぎて
お月様の○が見えない、笑


いまここに生かされているありがたみに
包まれながら
思いっきり月に手を伸ばしました。

3年目のコトノハイク。
私自身も大きく変化していく予感…
これからもどうぞよろしくお願いいたします

AD