わたしの見た(モノ)

興味のあることなら何でも語らせさて戴きます

(映画、音楽、本、宝塚を中心に)


テーマ:
石田 衣良
アキハバラ@DEEP

「アキハバラ@DEEP」

石田衣良氏の同名小説がドラマと映画になる。


小説が発表になった直後に読み、

これはドラマで見たいと切望していたのでウレシイ。

出来れば「池袋ウエストゲートパーク」のスタッフでと思ったが、

期待できるスタッフが集まっている模様。


堤幸彦監督が手がけるドラマ

「下北サンデーズ」にも参加している河原雅彦が脚本、

制作は、

「池袋ウエストゲートパーク」「トリック」を手がけたオフィスクレッシェンド。

演出に大根仁。(堤監督、大根氏もオフィスクレッシェンドの取締役)


ドラマ化の話は数ヶ月前から知っていたが、

なかなか放送開始予定が判らず、心配していたが、

TBSで6月19日よりスタートと判明。


主なキャストは、

風間俊介(ジャニーズJr.)、生田斗真(ジャニーズJr.)、日村勇紀(バナナマン)、
星野源(大人計画)、阪由佳(ミスマガジン2004グランプリ)、

松嶋初音(ミスマガジン2004審査員特別賞)、北村一輝、本上まなみ

地味な気がするが、しっかりキャラを描いてくれれば問題なし。

映画は、東映が製作。

「東京タワー」「大停電の夜に」などを手掛けた源孝志氏が監督。

出演は成宮寛貴、山田優、忍成修吾、荒川良々、三浦春馬。

2時間程度に纏めれるのか、こちらも楽しみ。


石田 衣良, アカネ マコト
アキハバラ@DEEP 1 (1)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

堤幸彦監督のブログに登場していた作品Aが発表になり、

とっても驚き、とっても喜んでおります。


女優の上戸彩(20)が、7月スタートのテレビ朝日系ドラマ「下北サンデーズ」(木曜・後9時)に主演することが29日、分かった。上戸は現在放送中のフジ系「アテンションプリーズ」に続き、2期連続の連ドラ主演。

貧乏な劇団員の青春物語で、原作が石田衣良氏(46)、演出が堤幸彦監督(50)と、「池袋ウエストゲートパーク」のコンビが復活する。

堤監督、石田衣良、藤井フミヤの三人による企画、

脚本は「ピカ☆ンチ」シリーズの河原雅彦、音楽は屋敷豪太

テーマが“ビンボー”


放映中のドラマでは、

「弁護士のくず」「我輩は主婦である」しか好きな作品がなかった。

7月スタートとして「下北サンデーズ」は期待大。


ジャニーズ・エンタテイメント/ジェネオン エンタテインメント
ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 通常版
ジェネオン エンタテインメント
ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「女王蜂」

稲垣吾郎・主演の金田一耕助シリーズ、

「犬神家の一族」、「八つ墓村」に続く第3弾。


あれっ、怖さとか、オドロオドロシイ感じが全くない。

一応、ストーリーはなぞっているようだが、

登場人物、背景に深みがない。

コミカル部分を誇張しすぎではないでしょうか。


市川昆・監督、石坂浩二・主演の作品の中では評価が低い「女王蜂」であるが、

今回のドラマは、比較にならないくらい不出来。


良かった点は、

・正味2時間の枠によくまとめた点
・映画版よりも豪華な時計台のセット

・琴絵と智子を演じた栗山千明


納得できない点は幾つかあるが、

そもそも、金田一に事件解決を依頼した人がいないですよね。

突っ込み所はあるが、シリーズ続行を希望します。

次は、夏をイメージする「獄門島」「悪霊島」が見たい。


東宝
女王蜂
東宝
金田一耕助の事件匣
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

「古畑任三郎ファイナル」、

スペシャル3作品とも高視聴率を記録


第1夜「今、甦る死」 石坂浩二、藤原竜也

第2夜「フェアな殺人者」 シアトル・マリナーズのイチロー外野手

第3夜「ラスト・ダンス」 松嶋菜々子


第2夜は、イチローの為の作品でしかなかったと思う。

ストーリー展開、捻りの効いたオチでは、第1夜が優れているが、

第3夜「ラスト・ダンス」がダントツで好き。

三谷幸喜らしいユーモア、アイデアのある脚本。

普段見られない、古畑の感情が垣間見れたし、

松嶋菜々子が演じた加賀美京子という哀しいキャラに惹かれた。


多分、全作品見ていると思いますが、

連ドラから12年も続いているとは思いませんでした。

ひとまずファイナル、完結らしいが、

完全決着というわけではない。

またいつか新作が出来るのでは。


イチローの平常心を奪った古畑。

古畑の平常心を奪い、

感情を剥き出させるようなキャラの登場を切に望みます。

ポニーキャニオン
警部補 古畑任三郎(1)
ポニーキャニオン
古畑任三郎 2nd season 1
ポニーキャニオン
古畑任三郎 3rd season 1 DVD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドラマ「がんばっていきまっしょい」

松山第一高等学校ボート部の艇庫オープンセット見学。

 

尾道市向島町にある

「男たちの大和/YAMATO」ロケセット見学後、

しまなみ街道を渡り、愛媛県今治市大三島町、台海岸(うてなかいがん) へ。

ドラマ版公式ページ で、10月中に艇庫が取り壊されるという書き込みを読み、

是が非でも見たいという思いで車を走らせました。


艇庫1 艇庫2


夕方、シーズンオフの海岸には、波打ち際で遊ぶ子供連れ家族と、

同じようにセット目当ての4~5グループが。

 

台風の影響を受けたセットは、痛々しい姿で、

このまま艇庫を保存することの難しさを実感。


はじめて訪れた海岸。

白い砂、穏やかな海、

しばらくのんびりとした時間を過ごしました。

とってもイイ場所です。

今度は大三島をゆっくり観光したいです。


TVサントラ, 吉俣良
がんばっていきまっしょい オリジナル・サウンドトラック
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

“破壊王”橋本真也氏が急死

 

新日本プロレスとは、

その答えは橋本真也そのものだった。

 

復帰戦はいつになるのだろ、と心待ちにしていただけに、

前フリのない報道、彼の死を受け入れることが出来ない。

リアルじゃない。

 

握りこぶしに、奥歯を噛みしめ仁王立ちしている姿が脳裏から離れない。

これからもう一花咲かせてくれる信じていたのに、残念でならない。

 

新聞の番組欄を見ると、

多くのワイドショーでも取り上げられているみたいだが、

見ることが出来ない、見たくない。

 

心の整理にはしばらく時間がかかるでしょう

今は、「お疲れさまでした、ありがとう」

それしか言えません。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
山崎 さやか
はるか17 1 (1)

7月期の連続ドラマ、ほとんどの初回オンエアーが終わりましたね。

いくつか見た中で、

「はるか17」が一番面白い、ハマッタ。


桑田潔プロデューサーが“金曜ナイトドラマ”枠で作った、

「トリック」「ミステリー民族学者 八雲樹」が良かったので、

今回の「はるか17」も期待以上の内容で嬉しい。


平山あやが演じるのは、地味な22歳の女子大生・宮前遥。

なかなか就職出来ない中、

ひょんなことから17才の新人アイドル“はるか”としてデビューする。


人生初の挫折感を味わう遥の気持ちが上手く表現されている。

コメディ色の強い内容で、しっかり笑わせててくれる。

個性豊かなキャラ、ありえない設定、と思いつつ、

思わず納得、共感して、応援したくなった。

とにかく「はるか17」はオススメ。


視聴率は、妻夫木聡主演のフジテレビ「スローダンス」がトップ、

次いで伊東美咲、伊藤淳史らが出演の「電車男」。

上記以外に見たのは、

「いま、会いにゆきます」、「海猿」、

「がんばっていきまっしょい」、「ドラゴン桜」くらい。

及第点をあげれるのは、

「いま、会いにゆきます」と「海猿」かな。


ポニーキャニオン
はるか 17歳
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

大満足のドラマ、「タイガー&ドラゴン」が、

昨日の第11話、『子は鎹』をもって終了しました。

  

連ドラがスタートしてから、毎回O.Aが楽しみな反面、

古典落語をモチーフに連ドラを作るといった高いハードル、

このテンション、クオリティを保てるのか心配でしたが、

要らぬ心配でしたね。

  

“泣かせてぇんじゃねぇ、笑わせてぇんだよ”

十分に笑わせてもらい、時には泣かされました。

『厩火事』は、何度見ても泣けてくる。

O.Aが終わると、ストーリー展開に感心して見直。

毎回この繰り返し。

  

クドカンの脚本の面白さはもちろんたが、

今回はキャスティングが良かったです。

林屋亭どん兵衛を西田敏行が演じたことで、

泣き笑いのホームドラマ色が強調されたと思う。

威厳、風格漂う、大黒柱って感じ。

  

「タイガー&ドラゴン」は、作りは斬新なようで、

実はホームドラマのスタイル。

話の中心は、谷中家の茶の間、

家族揃っての食事シーン。

忘れかけている家族の絆、つながりがここにはあった。

子が親を殺したり、弟が兄を殺したり、

悲しい事件があまりに多い世の中。

ドラマのメッセージが沁みる。

 

虎児(長瀬智也)が三代目林屋亭小虎を襲名、

落語家として生きていくのであれば、

続編は望まないほうがよかろう。

スタイル、お約束にこだわった今回のドラマ、

信念を曲げてまで作ることはない。


 

タイトル: タイガー & ドラゴン DVD-BOX

9月7日発売予定のDVDの映像特典(予定)

1.どん太出演番組&どん太の一発ギャグ集

2.歌謡ショー・ノーカット版
・どん兵衛「フランシーヌの場合」
・浅草寺鶴子「泣いて国際通りII」
3.どん兵衛 未公開高座集

4.上方の天才・けんちゃん 高座ノーカット版
5.「中谷中」コント・ロングバージョン
6.上方まりもまるお漫才完全版
7.本編予告集
8.メイキング・ドキュメンタリー

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

正月のスペシャルドラマ、

「タイガー&ドラゴン 三枚起請の回」から約3ケ月。

待望の連続ドラマ。

 

人物紹介、ドラマの作りも分かっているので、

気楽に、そして期待して見ることが出来た。

家族で楽しめるホームドラマ。

林屋亭どん兵衛(西田敏行)の役どころが非常に重要に思える。

父親であり、師匠であり、債権者。

虎児(長瀬智也)、竜二(岡田准一)、どん兵衛の関係。

 

期待以上に面白かった。

既に2回視聴したが、声を出して笑った。

 

小虎(長瀬智也)の『寿限無』

「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ

海砂利水魚の くりぃむしちゅー...?」

 

古典落語をモチーフに連続ドラマを作る。

スタイルにこだわった作品。

見る側にとっては、斬新で面白いが、

製作側にとっては、高いハードルを作っちゃって、

大変かと思いますが、頑張って欲しいですね。

 

さて、これからクド監の「真夜中の弥次さん喜多さん」を観に行きますか。

 

著者: 宮藤 官九郎
タイトル: タイガー&ドラゴン―「三枚起請」の回
タイトル: タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

WOWOW drama W「巷説百物語 狐者異」
HPで見かけてから二ヶ月、本当に待ちに待った作品。

堤幸彦監督、初の時代劇は、
怪しさと胡散臭さが満ちて、大変美味しゅうございました。
出来ることなら、もう一編ドラマ化して欲しいくらいです。
ハマリマシタ。

小股潜りの又市(渡部篤郎)が、
胡散臭い魔除けの札を売りつけるシーン。
話すたびに値段が上がっていくあたりから、
心地よくツボを刺激された。

ちゃんと時代劇に仕上げっていましたね。
音楽に関しては、既存の作品とは異なり、またそれも良し。


人間の欲望とか、恨み、心の闇、噂といったものが、
本当に怖いものであり、
怪しい世界を形作っていく。

現代の犯罪、事件は、理解しづらい深層心理が働いている。
得体の知れない何かに、
操られていると解釈したほうが合点がいく程で。

京極夏彦先生と屋敷豪太さんが出演されていたのですね。
気がつかなかった。
何度も観る気でいたので、
初回は、深く考えず、世界感に浸っていたので。
まるで事件に巻き込まれてゆく山岡百介(吹越満)のように。

 

著者: 京極 夏彦
タイトル: 続巷説百物語
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。