「ダ・ヴィンチ・コード」

テーマ:
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (初回限定生産)
¥7,128


「ダ・ヴィンチ・コード」

ダン・ブラウンの原作を読んだのは約一年前。

絵画、歴史的背景、キリスト教など、

全くといっていいほど興味のない私に、

真実を上手く絡めて、

嘘か誠か、強引な展開でも、虚構を信じ込ませてしまう力があった。


謎解きに必要な絵画、建築物、小道具など、

ビジュアル的要素が重要なので映像として見た方が伝わりやすい。

それに、ストーリー展開が面白く、絶対映画向き。

そのときから、この作品を映画としてみたいと思い続けていた。

映画化した製作者、2時間半にまとめ上げたロン・ハワード監督に感謝。


小説とは違う驚きを用意してくれたし、概ね満足だが、

問題点は幾つかある。

主な点としては、

ラングドン(トム・ハンクス)がアッサリ謎解きをしてしまい、

暗号解読のエキスパートであるソフィー(オドレイ・トトゥ)の活躍する部分がない。

重要な敵キャラである修道士シラス(ポール・ベタニー)の背景が説明不足。


原作に忠実にテンポよくすすむ展開、

未読者、予備知識のない方にはかなりツライ作り。

DVD発売時には、完全版か、ロングヴァージョンで観てみたい。

サントラ
映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
アキヴァ・ゴールズマン, 越前 敏弥, 青木 創
映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック