わたしの見た(モノ)

興味のあることなら何でも語らせさて戴きます

(映画、音楽、本、宝塚を中心に)


テーマ:
博士の愛した数式

「博士の愛した数式」

予告編に惹かれて、公開日の翌日に早速鑑賞してきたが、

正直、感情移入できず、作品に入り込めなかった。


寺尾聰、吉岡秀隆、浅丘ルリ子らの演技は素晴しいし、

擬似家族の愛情に満ちた心温まるエピソード、メッセージも悪くない。

だけど、抑揚のない、苦手な授業を受けているような、居心地の悪さ。

好みの問題なのかな。


今回始めて、日本語字幕付上映で鑑賞したが、

どうも勝手が違い、集中力を欠いてしまった。


吉岡秀隆が演じる数学教師・√(ルート)、

授業中に回想形式で語られる、

80分しか続かない天才数学者(寺尾聰)と、

家政婦である母・杏子(深津絵里)と三人の思い出。


数学の授業は、頻繁に挿入される効果がない。

小泉堯史監督の「雨あがる」、「阿弥陀堂だより」は未鑑賞。

多分、私が求めているモノとは違うようなので、

今のところ観る予定はないが、

小川洋子の原作は、近いうちに読みたいと思います。

博士の愛した数式
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

kotonaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。