ことこと愛する日々@真姿で生きる幸せ

真姿パワーで幸せに生きる応援ナビゲーターよしだあゆみが綴る
ことことカフェでの愛の奇跡(軌跡)エッセイ

ホームページ:http://kotokoto-masugata.com/
メールアドレス:kotokotocafeayumi@mail.goo.ne.jp


テーマ:

夫婦カラーコラボWS「色を感じて食するまなび家」

虹の7色・皆勤賞でご参加くださった
yukiさん(2グリーン&ブルー)の記事の続きです。

全色のご感想をブログに書いてくださいました中で、
この記事では、
VOL.6:藍色&VOL.7:紫の
ご感想記事までを全文ご紹介します。


PurpleVOL.6:藍色:2015年10月27日(火)☆ご案内Wハート



yukiちゃんとご一緒に参加してくださったのは、
おたがい皆勤賞のちぇるちゃんと、
この会で5色めのちづるちゃんでした。


yukiさん
【レポ:色を感じて食する学び家★藍色 @ことことカフェ】 

2015年10月27日、
リコピンさん&あゆみさんのコラボ講座
「色を感じて食するまなび家★藍色の会」に参加しました!


とうとう最後から2回目となりました。
それぞれの色を「感じて学ぶ」につれ、
自分への理解が深まる不思議なカラーの世界。

今回の「藍色」でも新たなる自分発見がありました!


*☆*:;;;:*☆*:;;;:


まずは、お楽しみのリコピンさんのお料理のことから~
(ふふふ。いつもここから

みなさん、
もし自分が「藍色」をテーマにしたお料理を作るとしたら、
どんなものを考えますか???

お料理で「藍色」・・・・。
思い浮かぶかしらーーー

でもそこを想像力を駆使してアイデア満載でお料理してくれるのが、リコピンさんの素晴らしいところ!!

今回もビックリしましたーーー!

そうかー。
そう来るかー。

へえ~×1000!


(あ、私、食べるときうるさすぎです(笑)
でもいいですよね ね

ネタバレになってしまうので言えないのですが、
もう言いたくてたまりません!!(笑)

あ~、楽しい&嬉しい&美味しいのです(*^^*)

いつも思うのが、
お料理って素材はみんなどの人もだいたい同じですよね。
「特別に火星にしかないものを取り寄せました!」みたいな(笑)驚きの食材で作ってくれてるわけではないのです。

でも作る人の創意工夫と愛情のスパイスで、
本当に喜びあふれる美味しい食卓が作れるんですよね。

食べ方や食べる雰囲気によって、
取り込むエネルギーに差が生まれるんですよね。

リコピンさんが、
「食べるということだけでなく、
それを作った人たちとのつながりや、様々なこととのつながりを考えると、
「作ること」の新たな楽しさを感じることができるのでは」、
というようなお話をしてくださいました。

まさに、私たちが口にするまでのたくさんのストーリーを考えると、
ただエネルギー補給と言うだけの「食べる」ではなくなりますよね!

リコピンさんのお料理は、
創作することの喜びや、
食べる人への愛情、そして食材の良さ、そして味の美味しさなど、
たっくさんのエネルギーに溢れているんです♪

私は普段、あまりお料理が得意ではないのですが、
食卓を楽しい雰囲気でいただくことだけは、
子供が小さい頃から特に心がけていることです。

食卓では怒らず、不機嫌にならず、
みんな笑って楽しく食べられるように
ということだけは大切にしています。

食べるときに嫌な気持ちで食べると、
毒となる物質が身体から出るそうですよ


ちょっと脱線しましたが、
あゆみさんやリコピンさんが美味しく楽しく食べられるように配慮してくださるのも伝わってきて、そんなことを思い出しました♪

今回も心もお腹も幸せに満たされました!!

幸せなひと時でした♪
リコピンさん、ありがとうございました


*☆*:;;;:*☆*:;;;:


さて「藍色」。
ロイヤルブルー・紺色・藍色

私は普段、着ることも持つこともない色です。
なので、どんな色なのか、イメージもわきませんでした。

「藍色」に対応しているチャクラは第6チャクラ。
眉間のあたりの「第3の目」と呼ばれる部分だそうです。

ちょうど脳の松果体の場所でもあり、
睡眠や生活リズムと関係していたり、

直感力や本質を見る、などどいうことにも深くかかわっているそうです。


私は最近、
生活リズムや空間・時間の捉え方も個人差があることを強く感じていて、
自分に合った捉え方を認めてそれに合わせた生活をしたい
と思うようになっています。

なので、第6チャクラや「藍色(ロイヤルブルー)」の右脳的な感覚を開きたいと思っていたので、「藍色」に対して今まで意識しなかったものの、今とても必要に感じていて興味深い話ばかりでした。

藍色(ロイヤルブルー)についてのレクチャーを聴いているうちに、
子供の頃の自分が思い出されました。

赤ちゃんや子供は、大人よりも直感的で、6チャクラが開いていますよね。
そして大人になるにしたがって、その部分を閉ざしてしまうと思います。

しかしもう一度、
自分と周りの人を信じて直感を大切に生きる、というプロセスを、多くの人は経験すると思うのですが、私は今、まさにそのことを経験していると感じます。

補色のゴールドは、
内なる価値に自信を持ち、その豊かさを人に分かち合う性質があるそうです。

子供の時に直感的に感じたことを大人から注意されたり、
世の中とは合わないと感じたりして閉ざしてしまった能力を、
今度は自分で価値を認め、分かち合いの思いで開いていく、
それが人の成長過程なのかと思います。

振り返ってみると私はめちゃくちゃ直感的かつ右脳優先な子供でした(笑)
(って、子供って右脳優先にしかなり得ませんね、そういえば。
知識も少ないし、組み立てて説明する技術も少ないですし。)



●くじはどれが当たりか分かってしまい、すごい確率で当たっていた


●一度行った道はすぐに覚え、一人で遠い公園まで遊びに行った。心配したお巡りさんがパトカーで送ってくれた。(帰り道も分かったからパトカーの運転手さんに道を説明していた(笑))

●買い物に行くと、帰り道がわかるからお母さんより先に帰り始め(笑)、帰りのバス停でお母さんを待っていた。迷子になったと思ったお母さんはお巡りさんと新宿の街を泣きながら私を探していた(笑

)
●小さい頃、野原で花の妖精さんと話していた気がする(笑)

●食べない子だったがめちゃくちゃ直感がさえていた。小さい私にとっては、食べると直感が鈍って楽しくない感覚があったので食べることに興味がなかった。または好きではなかった。おなかが空いてるくらいが心地よかった。すごい痩せていたのでお母さんが泣きながら食べさせるくらいだった(笑)

●賢くてかわいくない子、だと大人によく言われた(泣)


などなど、第6チャクラ優性でまっしぐらだった子供の頃が次々と思い出されました。

でも、それによってどれだけ母親に心配をかけ泣かせたことか。。。!!
今は笑い話ですが、当時はたくさんの大人を心配させて、
さらに迷惑をいっぱいかけて、
トラブルメーカーさんだったのです


本人はケロッとしているし、本人は直感にしたがっているだけなので、
困ることはないし、自分ではすべてうまくいっているのです。


しかし親が心配したり泣いているのを見るにつれ、
だんだん社会に順応しなくてはいけない、
人に迷惑をかけてはいけない、
と思うようになり、
そういう自分にふたをするようになりました。

そして今の左脳優位の私に成長してきました(笑)

母には本当に心配をかけましたが、
結婚後はダーリンを心配させている気がして、
自分をなるべく抑えて、人に合わせて暮らすことが愛情かと思っていた部分があります。

でも私としては,
自分の直感にしたがえば間違うことはほとんどなく、
大丈夫なのも分かっています。確信犯なんですね(笑)

なので、

人の心配や言葉を気にしすぎて自分を抑えなくてもよいんです。
さらっと聞き流して、自分の直感にしたがっていく。
そして自分の言動の責任を自分でもてればいいんです。

心配は愛情のひとつでもありますが、
その人本来の美徳ではないです。

不安から発しているその言葉に合わせずとも、
直感にしたがって大丈夫だった、ということを見せていく方が大切だと思いました。

心配を寄せる人自身も、
私への信頼感が増えた時には、
心配ではなくて応援をしてくれるものです。


「藍色」を感じて学んでいった時に、
罪悪感を持って抑えていた自分を発見し、
抑えていた部分は、実は「藍色」の素敵な特性だったことに気がつきました。

抑えるのではなく、
良さを活かして分かち合っていきたいですね


*☆*:;;;:*☆*:;;;:

カラーって深いですね~


すべてのカラーの特性が自分にもあることに、毎回気がつきます。

そして、なんだか好きではなかった、または好きだったという理由も気づき、
新たな自分の発見にもつながります。

私たちの中には、いろいろな色があります。
いえ、すべての色があります。

すべてがあって、
すべて善し悪しではなく、
ただそうあるだけ、のです。

それを受け入れられるのがカラーの素晴らしいところだと思っています。


***


残すはあと一回「紫の会」。

カラーを感じて学ぶことで、自分をまるっと受け入れられるようになってきています。
まるっと受け入れると、自分の特性も見えてくるので不思議です。

人はみんな同じ。
そして、すべてを持っている。
だけど、みんな違う。
人に分かち合うべき特性がある。

この二つが統合されるということに気がつきます。

カラーって深い~~。


あゆみさん、リコピンさん♪
心を込めて毎回素晴らしい場を用意してくださってありがとうございます♪

ご一緒くださったちぇるちゃん、千鶴ちゃん♪
ありがとうございました

それぞれの色の会、リクエスト開催もあるそうですよ♪
おススメです
ぜひ行ってみてくださいね~




VioletVOL.7:紫:2015年11月24日(火)☆ご案内Wハート


yukiちゃんとご一緒に参加してくださったのは、
おたがい皆勤賞のちぇるちゃんと、
1色を残して準皆勤賞のちづるちゃん

この4人さんで前月の藍色の会から仲良く、
ラストカラーのまでご一緒となり、
ちぇるちゃんと同時に
ゴールのテープを切ってくださいました(*^o^*)


yukiさん
【レポ:色を感じて食する学び家★紫 @ことことカフェ】 

リコピンさんとあゆみさんのコラボ講座
『色を感じて食するまなび家★紫』に行ってきました

前回の藍色の会と同じメンバーで、リラックスしながら楽しめました。

赤から始まり、今回の紫が第7チャクラで最後の回でした。

4月から7回にわたり、じっくりとテーマの色を感じ尽くしてきました


目から口から身体から、
そのテーマの色を感じつくす、というコンセプト、
本当に他に類を見ない経験が出来ます
7回を通しての感想も、続けて書きますね。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:


みなさんの「紫色」のイメージはどんな感じでしょうか?

私のイメージは、
紫はきれいな色だけど、
結構、重たい・暗い・深刻な、存在感ありすぎな、
イメージがありました。

そして服に関しては、
「紫を着る勇気なんてないわ~」、と思っていました
なんだか、ゴージャスなイメージもあり。。。

カラーの会では、そのテーマの色の物を何か身につけていくのですが、
私は紫色の服は一点もなく、
買いに行ったもののなかなか出会えず、
結局、唯一ブルー系のネックレスの中に一つだけ紫色が入っているブローチ風のネックレスだけでした

ところが、まず驚いたのは、
みなさんが身につけていらっしゃる「紫色(バイオレット)」、
全然派手っぽくないのです。

むしろ、顔の色を引き立ててくれるような、
女性らしさを引き立ててくれるような感じでした。
暗いのではなく、逆に上品で上質な明るさを感じました



お部屋も紫をたくさん取り入れたインテリアになっていましたが、
全然重くなく、他の色と馴染み、他の色を引き立て、
統合させている印象でした。

う~ん、紫のイメージが変わるわ。。
私も紫を着てみたら、
女性性が引き立つのかしらんうひ





それは、リコピンさんのお料理でも感じました。

今回もリコピンさんの、テーマカラーを取り入れたランチは最高でした!!

これから行く方のお楽しみのために、写真は載せられませんが、
もうもう最高に幸せなランチをいただきましたー

をテーマにしたランチは、
想像していたよりも、
明るく・軽やかで、きれいでした

ちょっとしか入っていない他の色をも引き立てて、
うまい具合に全体をまとめてくれる
紫はそんなカラーなんですね。

そしてお料理は、いつも丁寧に作られていて。。。
心がこもっていて。。。。
本当に心に美味しさがしみこみました

リコピンさん、ありがとうございますーーー









今回のワークのポイントとなる美徳を、それぞれカードをひいてみると、
私は「信憑性(しんぴょうせい)」でした。
初めて見たカードでした

信憑性とは、コミットしたことを実行し「あてにできる」、ということ。

「自ら選択したことに十分傾注できるように、
あまり多くのことを引き受けるのをさけます。」
という言葉が心に響きました。

そして今日の気分で選んだボトルは、
68番のボトル♪

このボトルのアファメーションは、
「私は新たな始まりを迎えることができるように、
私は終えるべきことを終えることができます。」

どちらも、自分で選択した新しい道へ進む時期なんだと感じる言葉でした。


紫は
変化&変容をサポートする色で、
精神性において成長を遂げ自己実現をサポートしてくれる色だそう。

しかもその変容は、自分だけの自己実現を超え、
「弥栄の意思」=全体貢献へと向かわせてくれる色だと感じました。


私にとって今年一年は、自分の地固めのような一年で、
人生の目的」について私なりに明確になった一年でした。

その今年の地固めの集大成にふさわしい、
最終回「紫」のテーマだったように感じました。

人生の目的を考えるとき、
「自分のワクワク」を考えるといい、と言いますよね。

紫の補色は「黄色」で第三チャクラに対応していて、
インナーチャイルドの場所です

紫のテーマである、スピリチュアルや自己成長・統合・自分の存在意義を知って社会貢献していくにあたり、黄色のインナーチャイルドの声に耳を傾けたり、自分の好奇心やワクワクに正直になることでそれらを発見できるという、補色との兼ね合いが素晴らしい、と思いました。

インナーチャイルドもハイアーセルフも、全部つながって、
一つの私になっているんですよね。
いろいろな「私」はバラバラではなく、
全部まるっと統合して「私」なんだなぁ、と実感しました。

いろいろなカラーの資質を持った私たち、
下から赤・オレンジ・黄・緑・青・藍色。。。
それぞれの色にはそれぞれの特徴や資質があって、
そのすべてを私たちは持っていて、
それらすべてを紫のクラウンチャクラで統合して、完全な「私」になっているんですね。

ハイアーセルフの私はすべてを知っているし、
すべてを持っている。
すべては私の中にある、とはこういうことなんだなぁ、と腑に落ちました。

また「紫」の特徴として、
頭を使いすぎる、とか、理想主義・精神性・芸術家肌、とかありますが、
下の方のチャクラの行動的な部分とバランスを取ると生きやすいんだろうな、と感じました。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:




最後にひいたカード♪
新しい一歩を踏み出そうとしているところ

自分の中にすべてが統合されてあることを知り、
人生の目的を感じた今は、
恐れることなく新しい一歩を踏み出して行って大丈夫だよ♪というメッセージだと受けとりました。

カードには、
「上がらない雨はない。晴れ渡る日の、前の出来事」とありました。
美しい~

また、
「道のあることを知っているから迷います。
道を知らないものは迷うこともありません。

あなたは道を求めています。
道があることを知っています。

迷い迷い歩いていいのです。
道はできます。
雨は上がります。」


カラーの会の最後にふさわしい、
美しい励ましの言葉で締めくくられました。

すごく迷ったこの一年。
でも迷ったからこそ、自分の道が出来ました。

人が作ったのではない「自分の道」。

「きっと私なりの道がある」と信じながらも、
暗中模索で迷いながら歩んできた一年でした。

って、まだ一ケ月あるけど総評
(笑)

そして、何となく自分の道が見えてきたようなこの頃。

この後は、信頼とワクワクで踏み出していく時期になるんだなぁ、と実感しました。

どんな舞台でどんな扉が開いていくのやら

未知ですが、「宇宙にお任せ」スタイルで行こうと思います



*☆*:;;;:*☆*:;;;:

リコピンさんとあゆみさんのコラボ講座
『色を感じて食するまなび家』

全色終了しました
自分を理解する助けとなりました。
とってもおススメです



yukiちゃん、本当に素晴らしいご感想をありがとうございます

yukiさんは全7色を通して総まとめのご感想記事も
書いてくださいましたので、
さいごはその記事もご紹介させていただきます。

(4全色まとめ)へ続きます。

yukiさんのブログはこちら→★★


4~10月「7色連続コース」単発も受付中

色を感じて食するまなび家・メインご案内ページは→★★

とまとリコピンさん「旬菜アスリート食堂~はっちゃん定休日食堂~」始めました♪☆
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

真姿ままんぬ・よしだあゆみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります