私たちの人生を支配しているものとして、各々の人のもつ思考以上に感情がより重要な地位を占めていると言ったら、この意見をすんなりと受け入れられる人間は、そう多くないことでしょう。もうひとつ、私たちは自分がどんな集団に属していようが、その集団を覆い尽くしている感情と同調しており、それにともなって理性で物を考え、知性によって判断し、行動することなく、一生涯をその集団を支配する感情を超え出ることなく過ごしてしまうことになる、といったら、やはり自由であることを否定された気がして反発を覚えることでしょう。私は十分に独自の思考にもとづく考えをもち、集団からいつも距離を保ち、感情に曇らされることなく、知性的に判断し、行動できているはずである、というかもしれません。事実は違います。本当に自律的に物を考え、いかなる利害からも自由な立場で、決して感情に影響されず、理性にもとづいて判断し、知性的な行動選択を取れる人間など稀にしか存在しません。だからと言って、それが人間の本質であり、この状態を変えることは、永久に不可能だと言いたいわけではありません。むしろ、人間の進歩は、感情体と呼ばれるアストラル体を統御し、メンタル体(思考をつかさどる)をより高級な質料で充たし、アストラル体の低い欲望や感情と結びついた低位のメンタル体の思考(メンタル・エレメンタル)の影響を脱して、 高位メンタル界(コ―ザル界)から降りてくる、純粋で清らかな真理や叡智にもとづく思考や直観を受け取れるよう、肉体、アストラル体、メンタル体を浄めてゆくときに起こるのであり、それは可能だという点をこそ強調したいのです。



 では、集団的な感情がいかにその集団に帰属する個人の精神活動を縛っているのかを見てみましょう。つぎの一節は、『神智学大要』第二巻アストラル体の中の第二五章「感情の支配」から、編者がすぐれた書として紹介する『平和と戦時における民衆』(マーティン・コンウェイ卿)の抜粋を、筆者がさらに引用するものです。「圧倒的に大多数の人々は、ある心理状態の群集すなわち同じ考え方、特に同じ感情の動き方をする人々の集団の中で育ち、生涯を通じてその集団に属する。(後略)」「そういう群集は思想によるのではなく、主として感情によって形造られ、また感情によって育っている。一個の群集にはあらゆる感情があるが、知性は何もない。それは感じはしうるが、考えることは何もできない。(中略)いったんこの群集の擒となったが最後、彼は一個の人間としての物を考える力、感ずる力を急激に失い、その群集と一つになり、その存続期間、見解、態度、偏見、その他これに類するものを共にする」「自分が今まで属していた集団と縁を切る勇気、あるいは力のあるものは滅多になく、圧倒的多数が一生涯その支配に甘んじているのが実情である」


 

 ところで、一口に感情と言っても様々な種類があります。編者はそこで、感情の分類が一覧できる表を掲げています。その資料の大元は『感情の科学』(バカヴァン・ダス著)と呼ばれる一書であり、編者は同書に示された諸原理を十分に研究することを読者に勧めています。それが重要である理由は、もろもろの欲望、感情、執着は結局、精神と意志を働かせることによってのみ完全にコントロールできるものだから、というものです。



 これによると、感情は大別して、敬服、愛情、仁慈と、恐れ、怒り、高慢または専制となります。前半は「もっと」という欲求をともなう快感から来ます。そして、ひきつけられる感じである「愛」にグループ化されます。後半は「より少なく」という欲求をともなう不快と苦痛から来る、拒絶と「嫌悪」にグループ化されます。



ホワイトスピリットの光



 さらに、感情発生の要因となった対象に対する関係によって、二つのグループに属する各々三つの感情が決まります。それは相手を自分より上であると認識しているのか、同等であると認識しているのか、下であると認識しているのかの違いによります。「愛」で言えば、高等(尊敬すべき者、大いなるものへの)―敬服、同等―愛情、下等(しばしば弱き者、小さき者への)―仁慈、「嫌悪」で言えば、高等(強大なものへの)―恐れ、同等―怒り、下等(劣っている、弱小であるとみなす者への)―高慢または専制がある。そして、さらにそれらの下には、それぞれ4種類から5種類の感情が属し、合計で27もの感情があります。



 ここで、私たちは現在、日本が直面している事態に関して、具体例を用いて、人間がいかに集団の中で感情による支配を受けやすいものであるのかを見ることができます。



 今年の三月十一日に東北地方を中心にM9.0の巨大地震とそれに続く津波による福島第一原発のメルトダウン、放射性物質の拡散という出来事を経験する以前は、原発について真剣に考えようとする人は多くありませんでした。しかし、この出来事を境に、そこはだいぶ変わってきているように見えます。問題は、この国の国民の一人ひとりが、どこまでこの経験が突きつける課題を真正面から受けとめ、集団的感情から完全に自由となって思考し得ているかということです。これまで、日本国内で原発に疑問をもち、あるいは反対すれば、「反核」運動のレッテルを貼られ、特別な人たちと見なされる傾向がありました。今となっては、少なくとも三月十一日以前よりは「共感」をもって迎えられることが多くなっていると思います。とはいえ、必ずしもその「共感」が、思想の共有となってはいない、と言えるのではないでしょうか。



 それまで、人々がこの問題をまともに取り上げなかったのも、自分の所属する仲間や職場などの集団から異質な考えの持ち主と見なされ、浮いた存在になることを恐れる心理が働いていたのではないでしょうか。原発は安全といわれて、半信半疑でも、あえてその真偽を追求しようとはしなかった背景には、電力供給がストップすると経済が停滞するという恐れがあったと思います。そして、原発事故が起こって、放射能汚染の実態が明らかとなるとともに、環境が生命の安全と健康を脅かす状況が出てくると、そこにまた恐れが生じました。これらの恐れは、いずれも理由を異にしながらも、集団に共通のものであり、恐怖というネガティブな感情が集団を支配している事実は何ら変わりないと言えます。


 一方、日本の人々には集団的感情としての政府や東電への怒りがあります。  作家の村上春樹氏が震災から三ヵ月後にスペインのカタルーニャで行ったスピーチ(*註1…Youtubeのリンク先を記事の終わりに紹介)で、世界唯一の被爆国である日本の国民は、被害者であると同時に、加害者でもあり、それは原発事故に関しても言えることだと述べました。日本人は、核にたいして「ノー」と叫ぶべきだったし、原子力に頼るのをやめ、核を使わないエネルギーの開発を、日本の戦後の中心課題とすべきだったと言うのです。けれども、実際には効率優先の考えにより、倫理や規範を軽んじて、原発推進の道を選んでしまった。そのことの責任を改めてとるとともに、壊れた道路や建物の再建だけでなく、損なわれた倫理や規範の再生を行ってゆく必要があり、言葉を専門とする職業的作家の進んで関われる領域もそこにあるのではないかと述べます。たいへん感銘を受けました。村上春樹氏は、二年前にエルサレムで行ったスピーチ(*註2…スピーチ全文が読めるページを記事の終わりに紹介)でも、システムという高い壁に向かって卵がぶつかるしかないとき、自分は常に卵の側に立つ人間なのだと述べています。ここには、集団の感情から自由に思考し、表現する個の精神の美しさがあり、この意識の光こそは、日本と地球社会を変革する際の希望であると思います。


 ところが、これには反対意見も寄せられていて、冗談じゃない、責任は国と東電にあるに決まっているじゃないかというのです。この反応は、感情、それも怒りの感情を自分の外の対象にぶつけ、非難を浴びせるという典型的表現であることは言うまでもありません。その意見には、起きている事態をよく観察して、知性的に考えぬいた痕跡は認められません。この種の怒りが集団を支配する感情となることで、集団に属する大半の人は、己自身の内面を省みて、理性的に思考することができなくなります。この怒りの感情が、先に述べた恐れの感情の場合であっても同じことです。

 また、怒りの対象が、予期しない災害で多くの人命が失われてしまったことや、科学技術が支えてきた文明がこうした災害の前に脆さを見せ、敗北を喫したことだったとしても、結果は同じことです。


ですから、集団を支配し、その一員としての人間が理性的に思考することを停止させてしまう群集心理の犠牲となることから、私たちは自分自身を救出しなくてはなりません。

そのために、メンタル体が真理の領域とつながり、真理の祈りや清明で高い響きからなる言霊を同胞に、地球に、宇宙に捧げながら、アストラル体をきれいにし、統御してゆく必要があると言えます。  

今ほど、個として考えることの大切さが問われているときはないと思います。


(*註1)○村上春樹 Catalunya 2011

http://www.youtube.com/watch?v=vdjewFwkj_I&feature=related


(*註2)○村上春樹エルサレム賞スピーチ全文

http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php?page=all

AD

 人間が死ぬということは肉体波動を脱いで、より精妙な波動のアストラル界
に移行するということを意味します。
 そこにとどまる期間が長いか短いかは、もちろん個人差が激しいのですが、
どこで決まるかというと、結論からいえば、肉体界にいたときにどんな過ご
し方をしたかによります。というと、読者の中にはドキッとされる方もおら
れるかもしれません。でも、これはあくまでも意識のあり方とか、心の用い方
がどうであったかというところにつまるところは帰着する事柄です。
 たとえば、いつも欲しいものを手にいれることに躍起になって、そのために
他人の気持ちも考えず、他の人々の犠牲をも顧みないとか、激情に振り回され
続け、自制心も克己心も用いなかったり、節制を怠って嗜好品を摂取し過ぎたり、
享楽に耽ったりとかした場合は、アストラル界に長くいる必要が出てきます。
欲望といっても、いろいろあります。私がかつてOshoの瞑想やその弟子のマ・サ
ガプリヤを通して学んだのは、思考でも感情でも感覚でも雰囲気でも、起きて
いる出来事を変えようとせずに、あるがままをハートの空っぽさにより受容する
という意識を瞑想の次元とすると、「変えよう」とする態度はすべて欲望の次元
に属するということでした。通常、それは肉体頭脳を忙しくしている想念によ
って生みだされるあらゆる理想や願望や判断から生まれてきますが、それをも
純粋に観照できれば、「欲望の次元」に行かずに済むか、そこに行ったとして
み、いつでも「瞑想の次元」へのシフトが起きるのを可能にします。
 ク リシュナムルティは、何かになろうとすること自体が、思考者(考える主体)と
思考(考えられた対象)との分離、そして対立葛藤をひき起こす、それが苦しみの
原因だということを、Oshoとは多少異なる表現でいっています。
葛藤には、スピリチュアルなサトル(微妙な)・エゴのもたらす理想と現実との葛藤
も含まれますから、それにはそれなりの浄化が必要になります。
 結局は、いかにすべて起きることを受容できるハートの空っぽなスペース(空き容
量という比喩は不適切かもしれませんが)を持てるか、そこに意識をとどめ、無限
に広げてゆかれるかということが、瞑想というアートによって、欲望から自由にな
る道であるということになります。
 サガプリヤは、この空っぽさの度合いによって、人は自分自身ともあらゆる存在
とも響き合い、共鳴できる潜在性を高められるとして、この成熟度をレゾナンス
(共鳴)と呼びました。
 さて、アストラル体の話にもどしますと、アストラル界の質料は、欲望や感情(と
いっても、高位メンタル界と結びつかない下層の段階では、粗雑な波動の感情な
ので、否定的な感情、激情が主となります)と共振する低い波動を持っていますか
ら、肉体にある生前に欲望中心の生活を送ってしまうと、アストラル体の質料が
浄化されるべき、粗い波動の質料で占められるため、亡くなってからは、さらにま
たアストラル界の質料と感応しやすくなって、再び欲望や感情を満足させるような
誘惑に駆られるようになり、残存している想念を燃焼し尽くしながら、ゆっくりと
浄化するプロセスに入ります。もちろん、そこでの満足は真の充足であるはずがな
いどころか、かえって苦しみを大きくします。もちろん、苦しみが大きいほど、救
われたいという想いも強くなるので、そこではじめて欲望の充足の虚しさに気づい
て、高い世界の光を求め始めます。
 一方、アストラル界にとどまる期間が短い人というのは、どんな人でしょうか。
それは、肉体界で清らかな生活を送った人です。清らかといっても、いろいろな含み
はありますが、自らの欲望や感情に翻弄されない生活といいましょうか。
なかなか説明が難しいのですが、『神智学大要』の言葉を借りれば、つぎのようなこ
とになるでしょうか。


「生存中に美しい浄らかな生涯をおくり、その非常に烈しい感情と願望にしても非利己的であり、霊的なものであった人は、アストラル界層には何らの魅力も覚えず、したがって、たとえそこに比較的短期間だけとどまるにしても、そのままでは彼をそこにつなぎとめるものも、彼に何らかの行為をひきおこさせるものもほとんどない。
彼のもろもろの世俗的情念も地上生活の間に鎮圧され、その意志力も高次元のチャンネル(導管)に向けられているため、アストラル界で消費すべき低級な欲望エネルギーなど絶無に近い。したがってアストラル界での滞在はきわめて短期で、それも多くは夢心地のような半意識状態に近く、やがてそれも本格的睡眠の中に沈み、その間に彼の要因(高位精神、直観、霊的意志等およびその媒体)がついにアストラル体より離脱して、いわゆる天国の至福の生活に入る」(第二巻アストラル体「第14章 死後の生活-詳説」より)


 ここで誤解してはならないのは、清らかな生活といったからといって、何も聖人の
ような生き方を指しているのではないということです。
 私の経てきた道でいうと、五井先生に学んだ部分になりますが、現れては消えてゆく想念というものには、苦悩や不幸災難を生みだすものと、そうでない、喜びや幸せを生みだすものがあって、前者については、これは過去生から現在に到る誤った想念(神のみこころ、つまり大宇宙の法則、宇宙意識の波動と等しい波動圏内から外れた想念)が潜在意識に種子として貯蔵されてあった分が、消滅させられるために現象化してきて、それが悪い運命や苦労の多い困難な運命となって現れることもあるが、現れた以上は必ず消え去ると信じて、それがすみやかに消えてゆくように、大いなる宇宙の愛、神が願っている心と同じ波長の「皆が幸せでありますように」「皆の天命が完全に果たされますように」「世界人類が平和であれ」という高い想い、平和の祈りに自分の想念を全部、投入してしてゆくと、高次の光が流れ入り、潜在意識まですっかりきれいにしてくれます。
 だから、清浄な生活イコール悩みや善からぬ想いや不運とは縁のない生活というのではなくて、むしろ個々人でまったく異なる、過去生の因縁を消してゆくプロセスで顕在化してくる想いを、またもう一度潜在意識に返して、悪想念のリサイクルみたいなことになるんじゃなく、そういうものが出るたびに、完全に消してゆくことを望み、その方向性で努力してゆくという心の姿勢をこそ、「生存中の美しい、清浄な生活態度」といっているのだと思います。
でないと、「悪いことを想ったり行ったりした奴は地獄行きだ」という話になってきて、救いのない、暗い話になってしまいますから、これでは光明というものがありません。

 ただ、神智学では、想いのレベルに対応して、アストラル界の質料、メンタル界の質料という具合に使う質料が変わってきて、生前、あんまり激情に駆られたり、欲望の想念行為を習慣化してきた人は、低級な質料をたくさん使用することで、アストラル体の勢いを強化しており、肉体の死後も長期にわたって存続することになると説いています。
 これも特別に瞑想や祈りなどの努力がない場合の話にかぎるのではないでしょうか。そのことを付記しておきたいと思います。

メンタル界の質料をより多く使用するような生前の過ごし方によって、より高級な質料との結びつきが多くなっていると、死後はアストラル体は急速な崩壊に向かうことになります。

 ふつうは、アストラル界にとどまる期間は平均して20年から30年くらいだとされていますが、この本が出版されたのは、もうずいぶん昔のことであり、さらにそのもととなっている情報は戦前のものだと思いますから、アセンション(次元上昇)を目前に控え、地球の波動が加速化している現在は、もっとずっと早まっているはずです。

AD
 想念形態がどれくらい生きのびるか、つまりその寿命は、二つの因子によっ
て決まります。まずは、初発の強度です。想念がそんなに強くなければ、そ
れはじきにエネルギーを失って消滅してしまいます。
ところが、想念が発せられた瞬間に相当な強度を持つ場合、それだけ想念の
寿命は長くなります。
 とかくショッキングな出来事が引き金になって喚起される感情や印象、それ
にもとづいた信念はトラウマ(心的外傷)というものを形成しがちなことは、
一般によく知られていることでしょう。
 体の傷はやがて自然治癒力が働いて癒えます。ところが、心の傷はそう簡単
には癒えない場合があります。それは想念形態がいつまでも生き続け、影響
をおよぼすからです。
 想念の寿命を決めるもう一つの因子は、どれだけ繰り返され、エネルギーが
供され続けるかです。同じ想念が何度も繰り返されると、その想念は栄養を
与えられたかのように活気づき、いよいよ「安定」してきます。
また、同じ波長の想念は引きつけ合うため、雪だるま式にその力は強大なもの
になってゆきます。
 しかも、想念自体が「生き物」として、独立の意志を持ち始めると、自分の寿
命を延ばそうとします。その結果、想念の原発者にたいして、原因になった感
情を何回でも起させようとする本能的な傾向があります。その想念のターゲッ
トは原発者とはかぎりません。この想念形態に接触する人に同様の働きかけを
することがあります。
 ある状況に遭遇すると、同じ感情を味わうのは、盲目的ともいえるサバイバル
の欲望をもった想念形態が自分が生きながらえることを可能にしてくれるエネ
ルギー供給源を確保しようとするためです。
 したがって、トラウマから脱却するには、想念の主人から放たれた後、「生き
物」として振舞い始めた想念形態になるべく餌をあげないこと、別の言い方を
すれば、無関心でいることです。いかなる挑発が来ようと、催眠術にかけられ
たような機械的反応をしないこと、「その手にのらないこと」です。
 そして、自分の中で無意識的に強固になってしまっている、こういう状況にたい
しては必ずこうなるはずだという信じ込みから目を覚ますことです。
それができないと、主体的に決断する人間ではなく、衝動に従うだけの人間にな
ってしまいます。これほど不自由な人間はいません。
 しかし、実際には潜在意識に働きかける必要があるので、話はそんなに簡単
ではないと思います。
AD

 前回、想念形態には二種類あって、私利私欲などのない純粋な思考の場合にはメンタル界層のエレメンタル精髄(エッセンス)を材料(体)として想念形態をなし、欲望や激情などに支配された、欲望‐精神(カーママナス)の場合にはアストラル界層のエレメンタル精髄(エッセンス)を集めて想念形態をなすという話をしました。
 それらの想念形態は人エレメンタルと称して、メンタル体やアストラル体の発するインパルス(衝撃波)に容易に感応し、そのエネルギー振動を人工エレメンタル精髄の中に吸収します。すると、このエレメンタルは「生き物」のように振舞い始めます。つまり、執念や一つの考えによって生かされている存在となり、強烈な働きをする存在となるのです。
 これも最初は人がある書物とか場所とかについて考えるたびに、その人のメンタル体の質料が使われ、微小な像が造られて、当人の顔の前に浮かんでいる程度です。それらの像はメンタル視力のある人ならば、誰でも見えるといわれています。ところが、もっと執着の念が強くなってきて、ある一つの考えにとらわれたり、ある人のことをずっと思い続けたりするうちに、人工エレメンタルとして強大なエネルギーを増大させ始め、やがて独り歩きするかのように勝手に振舞い始めることになります。
 「生き霊」という言葉を聞いたことがあると思いますが、それを造り出した人の意志とは別に、独立した意志をもって行動し、また本能的に生き延びようとして、人間の思考や感情、欲望などのエネルギー源を求めて動き回る存在のことです。
 未熟な霊媒、霊眼者によって本物の生き物や人と間違えられるということが、しばしば起こります。
 気をつけなくてはいけないのは、こうした「生き物」と化した想念形態、つまり人工エレメンタルには、愛の力で守ってくれるものもありますが、むしろ多いのはマイナスのエネルギーである欲望‐精神から発したタイプで、この場合、私達のアストラル体の興奮にともなう振動とインパルスにより生ずるエネルギーを食べて、自らの寿命をながらえようとします。その結果、無意識であったり、不注意であれば、望ましからぬ感情や欲望を増幅させられてしまいます。これは、自分で自分の感情を激しくし、欲望を増大させたと思いがちですが、本当は影響を受けることを知らずに赦しているだけです。
 人工エレメンタルという名前のとおり、もともと人間が造った想念エネルギーでありながら、それが「生き物」としての独立性をおび、手に負えなくなることがあるのですから、目に見えない想いだからといって、決してあなどれません。
 想念のほうにしてみれば、生みの親である人間のエゴが、そのあまりの執着から一念を凝らし、執拗に注ぎ続けたエネルギーによって誕生した命です。しかも、親は子を生んだことに無自覚ともいえますから、無責任といえば、無責任です。 自らの命を守り育て、さらに保ち続けるため、無我夢中で栄養を与えてくれそうな欲望想念を求めて、誰彼かまわず喰らいついてゆかなくてはなりません。そして、こうした人工エレメンタルが、メンタル体やアストラル体に当たると、そこに蓄えているそれぞれのエネルギーを奪って、自分の体の中に移し入れてしまいます。
 そうした「生き物」や「生き霊」がそこらじゅうにさまよい、栄養源を探し求めているのです。といっても、彼らが感応できる質料が、メンタル体とアストラル体のそれぞれになければ、何ら影響されることは起きないことを知って、いつも自分の出している想念がどんな質なのか、その精粗に留意して、餌食にならないようにしたいものです。

想念形態は、メンタル体とアストラル体で造られます。これを造ることは、メンタル体とアストラル体のそれぞれの重要な役目でもあります。
 想念形態を構成しているのが、メンタル質料だけのこともありますが、多くはそれよりも粗い、アストラル質料から造られています。どこが違うかというと、非個人的で、欲望の混じらない、純粋に知的な思考の場合は、メンタル質料だけに作用します。これに反して、少しでも利己的ないし個人的な欲望や感情というものが入ると、その思考はそれ自身の周囲にアストラル質料を引き寄せてしまうことになります。
 つまり、精妙なメンタル質料と、それよりも波動の粗雑なアストラル質料とが混在した状態です。
 もちろん、単にこれら二つの状態があるだけではなくて、想念形態には、人間の意識の諸段階や悟りの度合いに応じて、無数の段階があるわけですが。思考がさらに高い霊的性質や無私の愛の性質をおびていたりすると、ブッディ界層特有の光輝に満ちた、美しい色彩を放つことになります。

 想念の現れ方には、二つの面があります。その一つは、波動です。思考や想念を、メンタル体が起こしたとします。すると、陽の光を受けた滝のしぶきが虹の色を呈するように、メンタル体から想念が美しい波動となって、放射されます。
この波動の性質によって想念は、それをひき起こした人のメンタル体から放射されて他人のメンタル体に到達し、その結果、同じ振動率でしかも同じタイプの想念をひき起こすことになります。
 ここで注意を要するのは、波動は想念の対象ではなく、性質だけ伝達するということで、たとえば、宗教的な感情の場合、クリシュナ神に帰依しているヒンズー教徒の発する、敬虔な感情の波動にたいして感応しやすい人に、同じく帰依の感情想念を起こさせるだけであって、必ずしも帰依という想念の対象である、ヒンズー教徒にとってのクリシュナ神を思い浮かべさせるということではありません。もし、その波動を受け取った人が仏教徒だったら、仏陀であるとか、キリスト教徒なら、イエスキリストであるとか、日頃、帰依の想念の対象とされている象徴が浮かぶことでしょう。
 では、どういう場合に、波動のもたらす影響力が大きいかというと、一つには、想念が明晰であればあるほど、その力は強まります。二つ目は、想念を発した人から届いた人までの距離に比例して、その力は減ってゆきます。
 つぎに、想念の現れ方の二番目は、形態となって浮遊するということです。どういうことかというと、想念を起こした母体がメンタル体であれば、メンタル体は振動している想念の一部を体外へ排出し、排出された部分は周囲のメンタル界層にあるエレメンタルエッセンスといわれる、いわば材料を周囲に寄せ集め、集まった材料は、質料として想念の質や内容に応じて形をとります。想念の質や内容に応じてといったのは、高尚か低俗か、非利己的か利己的かなどにより、その想念に感応する質料も精妙か粗雑かが決まるからです。
 仮に、想いのエネルギーを外側の欲望の対象に向けて発したり、激しい感情を発したりすると、そうした種類の想念エネルギーは、アストラル体の一部を排出させます。そして、その周りにアストラル界に存在する、エレメンタル・エッセンスというものが集まり、想念形態を形成します。
 このときの想念形態は、カーマ・マナス(欲望-精神)と神智学で呼ぶところの、メンタル界の下位の精神が、アストラル界の動物的性情をもつ欲望に支配されることで起きるものです。