※参考ブログ

http://yaplog.jp/drum_oftherain/archive/1

↑ 確かに検索で2ページ目のtopにでてたと思ったら不自然に、一時間後に圏外に飛ばされてたり、業者を使って

検索エンジンの上に出ない様に、妨害されてるらしいです。

つまり、逆に音楽家にとって重要な隠したい内容のサイトの可能性が高いのでじっくり見てみては?

 

::::::::ここから本題です:::::::::

 

私のブログのように稚拙ではなく、

もっと大人な感じで、

でも凄く生々しく、この会社に受けた
対応の酷さを綴ってる

ピアニストの方のブログを是非ご覧いただきたいです。

 
タイトルで検索していただければすぐわかります。
タイトルは

  

ピアノ室防音工事業者にだまされないための方法


         です。

 この方もそうとうこの業者に嫌な思いをさせられた様で、

途中解約も考え、弁護士に何回も相談した様です
(私も何回も弁護士に相談しました)

この方のブログは、
私の記事に何度か登場した、
(社団法人)日本音楽スタジオ協会の
前理事長さんのfacebookでも紹介されていて
「いいね」されています。

 別トピックに書きました様に、この前理事長さんは
日本の音楽スタジオ、防音室、ホールなどの設計の
権威者で、半世紀に渡り日本の数々の超有名スタジオを
設計なさって来た方で、音響工学の学者さんです。
優れた音響研究者に贈られるアメリカの

AES(Audio Engineering Society) Fellow
も受賞なさってます。

アコースティックエンジニアリングを

 以前から良く知ってる方です。

 更に、この前理事長さんは、
アコースティックエンジニアリングの
手抜き防音室の被害者の現場に複数回現地視察なさってるのです。
 どれだけいい加減な会社かを目の当たりにしてるので、音楽家の被害者が増えない様、ご自身のfacebookで
アコースティックエンジニアリングの、独自遮音規格
Dダッシュについて注意する様にも投稿してくださっています。
 
(防音工事 facebook で検索すると出て来ます)

  タイトルの方のブログに話しを戻しますと、
この方はピアノ教師の方だけが読む、PTNA(ピティナ)の
 会報誌の裏表紙の広告を見て、この会社に依頼してしまった様です。(わたしは市販の雑誌です)

 

  その方のブログを読んでいただくとわかりますが、
この会社の 道徳観、倫理観の
おかしさが良くわかる記事があります。

 ご本人は長い期間、相当苦しんだだろうと
思います。すごく良くわかります。


 防音工事中、このピアノの先生の、特注の高級楽譜棚を
 業者が壊してしまったそうです。

(しかも当初は、その壊したという事実にも

しらばっくれ、隠蔽しようと、板を張ってペンキを塗って

誤摩化そうとしたらしいです。あり得ない!)

 

 ピアノの先生ですから凄い数の楽譜をお持ちでしょうから、特注家具屋でオーダーメイドで作った棚らしいのですが、


家具屋さんに修理の見積もり書を書いてもらった所

修理代金だけで、なんと¥243,248-!

ということは
元の家具の値段がどれだけ高い、

大事なこだわりの家具だったかが伺えます。

 

(ごめんなさい.良く読んだら

 何度にも及ぶ 採寸のミスでその都度、棚(たな) カットし直しを繰り返し、本体に傷もつけられ、修理不能だったようで

事実上「作り直し」ということだった様です。

まともな人なら、特注の高級家具を

 自分でのこぎりで何度も切るなんて、恐ろしくて出来ないですよね。万が一を考えて専門家に委ねます。

 

 でもこの会社は徹底的にコストカットして自社の利益率を

高めようとする会社ですからこういう判断になり

 結果として客が半年も苦しんだのです。



 そして、防音施行中に業者が壊してしまったのですから、
当然、補修(作り直し)費用を差し引いてくれるかと思いきや

なんと半年近く、会社は応じなかった様です。
 私は理解出来ます。
 そう言う会社なんです。
 そして、さらに凄さがわかるエピソードが書かれていて

 半年かけて、説得し?!

(半年も責任回避し続けた人間が納得したのではなく、

社長を退任させられたそうです。

 

 

この会社の社長を更迭できる人物の判断が働いたのかもしれないと思います。

 

 私の経験からの憶測ですが、女性が遠隔地から、約半年

訴え続けたとしてもこの会社はまず自社の非を認める事は無いと思います。

 

 

壊した家具の修理代金を

差し引いた額の「防音施工」代金を支払う事で
話しが決着したと思ったら、
そのあと、なんと
この会社が、ピアノの先生の旦那様に

「その賠償したお金で実は別の買い物でもするんじゃないのか」と皮肉を言ったというのです。

 

(ブログを良く読み直したら

 作り直し費用を施工金額から差し引きます、という

当たり前の決定がくだされる前の半年間に言われた事の

様です。

 

 そうやって言いがかりをつけて

逆に客を悪者あつかいして

 責任回避する‥‥それは私もやられましたから

よくわかります。)

 

 お客の高級家具を壊した業者が!ですよ。

 もう誰だって激怒しますよね?

 でもそう言う会社なんです。わたしは全く驚きません。

何をやっても自分たちだけは許されると思ってるのです。

 

******************

自社が苦しめたお客の中で

泣き寝入りしないでこの私のブログのような告白をする客が

苦しめばいいと考えてるのでしょう‥‥‥‥‥‥ね?

 

被害者の客がこの会社をどう思ってるか

 それを想像だに出来ない人たちなんです。

 

(知恵袋より)

この会社の被害者のネットの書き込みの後

 

誰かわかりませんが‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

「詐欺業者がちゃんと訴えらることも、もちろん望むことだけど、
こういう周りが見えていない人が威力業務妨害罪で逆に訴えられるのも見てみたい。両成敗で。」

 

 

 

 

 

という書き込みが残っています。

 

 いったい誰がこんな感想を持つでしょうか?

 

営業妨害

 

つまり商売を妨害されて不愉快だと考えてる人間です。

 

「両成敗」‥‥‥‥‥つまり業者の側の違法性を認める

 

業者は「逮捕」でなくて民事で済ませて欲しくて?

 

しかし一方

「客は刑事犯として逮捕されろ」と言うのですね?

 

 

騙された客も‥‥逮捕‥‥‥されるの‥‥‥‥ですね?

 

 

 

騙した側は、そのまま営業続けたいのですね?

営業妨害だというのは。

 

「他の記事で書いて来ました様に、

事前に、民事では客に不利になる様に

手足を縛る様な(比喩ですがまさにそういう事です。

客を無力化させ自社が民事で優位に立つような)

仕掛けを施してから

 

誤解させてサインさせて入金させる‥‥‥‥‥‥

そして、手抜きがバレても当然想定内なので、

なんだかんだと不愉快な態度で突き放し、責任回避する。

(民事裁判までは想定内だと個人的に思います)

 

半年もそれ以上も、客の本気度を伺いつつ

根負けして諦めるのをずーっと待つように、

拒否し続ける‥‥‥‥‥ 。

 

そういう行為に対する、営業妨害‥‥‥‥?」

 

 

業者の故意の違法は認める? でも

逮捕されるのは騙された客‥‥‥この‥‥メンタリティです。

 

 

意図的に、しっかり悪い事をしてると認識してるのです。

 

わかっていて確信的にごまかす行為をやっているのです。

 

 

だけどそれを告発されたり、第三者に知らせて

被害に逢わない様に呼びかける様な

 

客を許せなくて、逮捕させたいのですね?

 

 

 

 

 

人の痛みや苦しみを忖度する能力が欠損してるのは解ります。

 

 

この書き込みは

見事にこの会社の人間の脳内‥

 自分が世界の中心であるかの様に考えている事実を

 表しています。

 

音楽家側はなにをされても我慢しなければならず

反対側は、何をやっても許される。

 

そして酷い目に会わされたお客がそれを口外したら

(つまり完全に泣き寝入りして黙し続けなければ

 

客は逮捕されてしまえ。という発想。

 

なぜそこまで「自分たちだけは何をやっても許される」

という境地に至ったのでしょうか?

 

***************

 

この書き込みは残っています。

警察は誰が書いたかわかります。

 

訴えられて負けなければ何をしてもいいと思ってるのですね?

 

告白の様に見えます。

 

ネット上にそれを裏付ける証拠はたくさん残っています。

 

同じく知恵袋に

ふだんアコースティックエンジニアリングを

賞賛する様な宣伝書き込みを繰り返してる人が

同じハンドルネームで別の日には

 

「全国共通の防音規格を用いない腐った業者も居る」

と書いてるのです。

確認してみたらたしかに同じ人物です。

 確信的であるという証拠ではないでしょうか。

 

日本全国共通の防音規格を使わないのは

 この会社だけです。

 

 

てきとうな防音施工をして、当然失敗しても、訴えられても

 民事で負け「にくくする」目的で「自社独自規格」を

   貫いています。

 

「腐った業者」と ハッキリ善悪を示してる訳ですから、

 

全国共通でない防音規格が

「悪用されている」ことを示している訳です。

 

ふだんアコースティックエンジニアリングの宣伝の

ステマを繰り返してる人が自分で告白してるのです。

******************

 

 私はこの方のブログを(「ピアノ室防音業者にだまされないための方法」です)

日本スタジオ協会の前理事長さんの
facebookで紹介されてるのを見て初めて知ったので
ブログ開設当時から見てた訳ではないのですが
 そうとう悶着が有った様なのに、
 細々とした不愉快な事は今は、書いていらっしゃいませんね。

 

 悩まれて、悩まれて、絞り込んだ内容に成ってるのでしょうか。続報も是非投稿してくださる事を
期待しています。

 



  わたしもこのブログを作る時
相当悩みました。 なんか会社を非難する様なブログだと思われかねないし、そう言う事を書いてるだけで
イヤな思い出が蘇り気が滅入って来ます。

個人情報も書くと、なんだか不安ですし。

常識の全くない業者なので。

 でも、わたしもピアノの先生も同様に、ブログで
公開する決意をしたのは
こんなにも苦しい思いを、他の音楽家の方にして欲しく無いからです。

 普通の真面目な社会人の常識が通用しない会社なんです。

わたしだって、この会社が、
 失敗施工後のあとも誠実に対応してくれてれば
 何一つ、不満に思う事も無かったでしょう。

普通の日本人はそんなことで怒ったりしません。

でも私の訴えは無視されました。

 なぜなら意図的に、最初から性能に満たない防音室

になると見越した上で施工に踏み切るからです。

 確信的なんです。

 

 

 でも、ピアノの先生のエピソードでわかる様に
客の私物を壊しても補修するのを半年も拒む様な会社なんです。

 その上皮肉を言う。

(その皮肉は、壊した業者でなく 

「壊された客に責任がある」と強弁する為の道具として

発せられた皮肉ですよね。業者の責任を認めるなら

 そんな嫌がらせ言いません。

 

 この会社は絶対自社の失敗、意図的手抜き、

あらゆる非を認めない何度も書きましたね。

その精神がこの会社の根本にあります)

 

そんな会社が何百万円もの商品(しかも故意に手抜き)

 を多くの広告を打ちながら販売してるから

 もう「気をつけて!苦しむことになるから!」と

 言わずにはいられないんです。

 

 ピアノの先生は半年間しっかり粘り強く交渉して
不本意ながら楽譜棚作り替えはできたようですが、

 そうとう深い心の傷を負ったと思います。

 

 

わたしは、最初に防音室の酷い不具合を告げた時
 この方と同じ様に
 突っぱねられた上に

 わたしが防音室の不具合について

まるで虚偽の訴えをしてる様に言われました。


その瞬間「この人たち、絶対まともな人たちじゃない」
と判断し、他の方に間に入ってもらう様に考えました。

 

こんな業者が法治国家で許されるはずが無いと

信じてたので。

 しかし法律の狭間を上手くすり抜けていることも

わかって来ました。

(日本の法律を甘く見ている様です)

 

 

こういう会社のことをwebで告発することは被害者を

増やさないようにするためにもとても大事なことであると、

ブログで発信しています。

 

 


 だって、ピアノ雑誌「ショパン」や
ピティナの裏表紙に全面広告打ってる様な会社が
ここまでデタラメな会社だなんて
誰も思いもしないじゃないですか?
 だからこそ告知する必要があると思ったのです。

 出版社のスタンスは
「広告費をいただけば広告は掲載し続ける」という事です。

 出版社は広告に掲載されてる会社が
普段どんないい加減な仕事をしてるかなど調査しないんです。

 みなさんも

「三ヶ月で身長が10cm伸びる方法」の教材や
 女性だったら「数ヶ月でBカップがFカップになるサプリ」

 「三ヶ月で恋人が出来るブレスレット」などの

怪しい広告が、案外まともな雑誌に掲載されてるのを見た事が有ると思います。
 そう言う事なんです。

 

(つい最近、ウェストはくびれてバストは大きくなるサプリ

に行政指導がはいったようです。)

 

どんな荒唐無稽な商品でも、業者でも

 広告収入が得られるので、雑誌社にとっては

広告を毎月打ってくれる会社は
「ありがたいお客さん」なのです。
 雑誌社は責任なんか感じてないのです。

 ということで雑誌やweb広告を
絶対に「うのみ」にしてはいけない!
ということをお伝えしたいんです。

 web広告も、この会社が毎月広告費を払ってる
リットー社のwebページや

音楽雑誌「player」のwebページ「player blog」

同様に、

毎月広告を打ってる、オーディオ雑誌をたくさん出版してる

 音元出版のwebページ「phile-web」

 

 musicbird

 

 

などは
当然、この会社を絶賛する記事しか書きませんし

この会社が
「〜〜こういう風に記事に書いてくれ」と言えば

当然そのまま書くでしょう。

金を払って絶賛記事を書いてもらうのですから

下書きして「〜〜と〜〜と〜〜を盛り込んだ内容で」

と細かく指定してるでしょうね。

 

 

 記事を書くライターも、当然お金をもらってるのですから
アコースティックエンジニアリングが指定する通りの
記事を書きます。

 

(事実かどうかの性能などの検証はしてないはずです。

 普通のオーディオライターや音楽雑誌の記者さんに

建築や防音性能の知識は無いからです。

 防音業者にだって知識の無い業者が居ますから。

  (この会社です)

 でも署名記事の責任は追求されるでしょう。

「この記事を読んで契約してしまった」という場合が当然あるでしょうから)

 

  そう言う事なんです。この世はそういう風に
お金で動いてるのです。
  掲示板だって、スポンサー付きの掲示板だったら
お金を払えば、この会社の悪い評判は
削除されるでしょう。
 何を信じていいかわかりません。


大金を投入し、広告を打ちまくって風評を操作し

 実績も大きく偽っている珍しい防音会社‥‥‥である
この会社の広告を信じてしまい
酷い目に会う音楽家がこれ以上出ない事を祈るばかりです。

 

この会社は今後、自社が

 

「適法な事しかやっていない会社である」ということを

 証明し無ければなりませんが、それは出来ないでしょう。

 

 まず、事実ではないからです。

 

そして過去に1つも法を犯す様な行為を「していない」という事を証明する事は絶対に出来ないからです。

 

 

 私や前理事長さんやタイトルのブログ主さんの発信する情報に納得
してくださった方は、是非友人の音楽家に教えてあげてください。

  最後になってしまいましたが、

 ブログの内容を
勝手に紹介してしまったことをお許しください。

    
  リブログというのをやった事が無いので、こんなカタチで
 のご紹介になりました事、また少し事実とニュアンスが違ってたらすみません。
 

 

 皆さん、是非ご本人のブログをご覧になってくださいね。

AD