「転職から天職、氏名は使命、改名から解明」~ことだまメッセージ

あなたの名前にはあなたが生まれ持った使命・役割が隠されています。
あなたの名前の秘密を解き明かす「名前のことだま」。
一番身近なところに、秘密の鍵があるのです。
一番身近なところ・・・それは親からもらった貴方の名前です。


テーマ:
みなさまご無沙汰しております、ことだま教師です。
ブログ引っ越ししましたので、お伝えします。
http://ameblo.jp/kototama-himehiko
読者登録やコメントお待ちしております!
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑い日が続きます。
ことだま教師です。

しばらくブログをお休みしておりました。
現在、ブログのリニューアルをしておりますので
もうしばらくお待ちください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マザーテレサは次の言葉を残しています。

「愛の反対は憎しみではない 無関心だ」

好きとか嫌いとかの感情を持つのは
そのものに対して興味、関心を持っているからです。

関心のないものには何ら感情が湧いてきません。
どうでもいいということです。

このどうでもいいがくせ者です。

私は名前から使命を紐解く話をしていますので
講座をやるときなどに受講者の方に名前について
どう思うかを聞いています。

名前が好き、名前が嫌いとはっきり答える方もいますが
一番多いのが何とも思っていない人です。

自分の名前を好きでも嫌いでもない人が圧倒的に多いのです。
つまりどうでもいいのです。
名前に無関心の人が多いのです。

マザーテレサの言葉を借りると愛の反対は無関心なら
名前に無関心ということは自分を愛していないことに通じます。

名前に無関心なのはさまざまな原因があると思います。

名前を単なる人と区別するための符号ととらえる人もいますし、
親の子どもに対する期待であり、自分とは関係ないと思う人もいます。

名前=自分なので名前に対して無関心なのは
自分を愛していないことに繋がってしまいます。

名前の由来を聞くだけでは、多くの人は名前に興味を持つことは
少ないことを多くの人の名前を見ることで感じてきました。

名前に意味を込めて伝えることで、名前に興味を持ちます。
名前が動いてくるのです。

名前に含まれた親の思いを伝えるだけでは少し弱いです。
名前に自分がこの世に生まれて来た意味を伝えることがです。

あなたが必要ということを伝えることが必要です。
人は必要とされると力が出てくるからです。

名前に向き合ってみる。
名前に関心をもってみる。
それが名前を愛する第一歩になるのです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
美輪明宏は次のことを語っています。


「ありのままの私を受け入れて」

なんていう女はムシがいいのよ。
ありのままのお前がなんぼのもんじゃっていうのよ。
なんの努力もしないで、ずうずうしい。
例えば畑の大根だって、
引き抜いて、泥を落として、皮をむいて、千切りにするなりして、
お皿に盛って、「はい、召し上がれ」って、
それで美味しく受け入れられるんでしょう。
泥だらけの大根を突き出してさあ食えって、失礼だと思わない?



ありのままの自分を受け入れて欲しい、
こんな思いを持っている人が多いのでしょう。

美輪明宏はそんな思いを持つ人に対して
努力もしないで、ありのままの自分を受け入れて欲しいなんて
なんてずうずうしいと喝破しています。

それを大根にたとえて。

それでも、ありのままの自分を受け入れて
そんな思いを持っている人に対して
次のことばを送りたいと思います。

すべての人はありのままの自分を受け入れて貰ったから
今、生きているのです。

赤ちゃんの時に、何もできず
泣きたいと時に泣いて、気分が悪ければぐずり
そんな状態でも、おしめを替えてくれて
ごはんを食べさせてくれて、なだめすかせてくれて
まったくありのままの私を受け入れてくれた親がいたからこそ
大きくなってきたわけです。

ありのままの自分を受け入れて貰うのは
未来永劫では無く、ある時期にそうであればいいのではないでしょうか?

すでに私たちは赤ちゃんの時に
ありのままの自分を受け入れて貰ったわけです。

それをただ思い出すだけでいいのです。
努力もしないで大人になった今、
ありのままの自分を受け入れて欲しいと願ってもそれは
無理な注文と言うことです。

ただ思い出すだけ。
ありのままの自分を受け入れて貰ったことを。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
名古屋は今日も暑い一日でした。
こんな暑い夏は久しぶり、そんなことを感じています。


「幼稚舎に落ちる理由はないが、受かるには理由が必要」

このタイトルにひかれて大岡史直氏の著書「子どもはなぜ跳び箱を跳ばなければならないか」を
読んでみました。

大岡史直さんは毎年多数の慶應幼稚舎合格者を輩出する
「ジャック幼児教育研究所」の理事をされています。

幼稚園児を持つ親の必読書ということでさまざまなアドバイスが
書かれてあります。とても参考になります。

その中に次のことばがあります。


「ありがとう」の言える子、言ってもらえる子


母親が
「ありがとうはしたの?」
「ありがとうってちゃんと言ったの?」
と子どもに声をかける姿をよく見かけます。

中略

しかし「ありがとう」と言うだけでは、やってもらってばかりと
いうことになります。できることなら、その先を目指したい。
つまり「ありがとう」と言える子であると同時に
「ありがとう」と言ってもらえる子になるということです。


この箇所を読んで全くその通りと思いました。

「ありがとう」のことばを数多く口にすることの大事さを
伝える人はたくさんいますが、「ありがとう」と人から言ってもらえる
ことがもっと大切と日頃、みなさんに話していますので
とても共感しました。


ここ最近、ありがとうを言いましょうという流れを見ていると
幼稚園児に「ありがとうって言ったの」と諭す母親のようではないかと
思いました。

多くの人たちが子ども、幼稚園児なのかもしれません。
今、多くの人たちが本当の大人になっていく必要があるのを
さまざまな現象を通して強く感じています。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。