寿建設 社長ブログ

福島県福島市にある建設会社です。会社や現場の取り組み、日々の仕事や取り組みの中でのエピソードや思うことを綴ります。

NEW !
テーマ:

阿蘇から届いた各種商品は段ボール箱にして計25箱。
http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12164821069.html




壮観であった。
現実にはこの何千倍、何万倍もの商品が売り先をなくして宙に浮いているのだろう。


数人で中身のチェック作業と、当日の準備をした。




会場のじょーもぴあ宮畑
http://jomopiamiyahata.blogspot.jp/
のみなさんもいろいろお手伝い下さっていただいた。



本日「縄文なべまつり」というイベントが開催され、
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/miyahata/maizou160411.html
その一角でこれらの商品を販売させていただく。


本日お時間のある方は、遊びがてら足をお運びください。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いよいよ明日開催。

http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12163829740.html

段ボール計25箱もの商品が熊本から届いた。
そしてマスコミ関係でもいろいろ記事にしていただいた。


福島民報

福島民友


朝日新聞

福島建設工業新聞

本日夕方4時50分~54分の間、ラジオ福島 でも私のインタビュー付で告知もいただく。


天気予報は晴れ!降水確率0%!

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/7/3610/7201.html


今回の商品のメインである、崩壊した阿蘇大橋のすぐ近くで観光客向けの輸入雑貨店をやっていた清田真理子さんから昨日電話があり、廃業を視野に入れて片付け作業をしていたが、今回の応援販売でやる気が湧きあがってきて、今何らかの方法で前向きに事業の展開を考えている、という嬉しい話を聞いた。


自分なりに出来ることを具体的にやっていこうと思う。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月の熊本地震により、熊本県の南阿蘇鉄道は甚大な被害を受け、運行が不可能となり、現在のところ運転再開の見通しは立っていない。
(公式ページ発表と復旧義援金依頼)
http://www.mt-torokko.com/info/index.cgi?mode=dsp&no=54&num =


過日の熊本訪問で、南阿蘇鉄道の最終駅のある高森町に伺い、知人宅に宿泊させていただいた。

http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12158815598.html
夜の会話の中で、町の人たちの、この鉄道への思いがとても深いことが分かった。


その時私は、「赤色エレジー」で有名なあがた森魚さんに「いとしの第六惑星」という曲があって、歌詞の中で南阿蘇鉄道が駅名を連ねて紹介されているという話をした。
誰もご存知でなかったので、ちょっとした思いを込めて後日CDを送らせていただいた。
*経緯等は「れいざん・社長ブログ」参照
http://blogs.yahoo.co.jp/reizan0303/69368441.html


宿泊させていただいた、知人Hさんから数日前に届いたメールが以下。
Hさんのご自宅は、南阿蘇鉄道のすぐそばである。


英五朗ちゃん(注…私のこと)も我が家に来たのでご存じですが、我が家に隣接して南阿蘇鉄道(略して、南鉄ナンテツ)の踏切があります。

大地震発生以来列車は止まったままでバーは外されたままですが、ほとんどの車は一旦停止しています。
南鉄に親しんできた我らの強い願いからでた行為だと思います。

そこで下手な一句を

南鉄の列車は来ぬと知りつつも明日は走れと踏切停止



一日も早い運転再開を祈りたい。


小さなことからですが、明後日開催、熊本応援マーケットIN福島
http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12163829740.html

AD
いいね!(1)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画が終わると、「エンドロール」と言って、映画製作に関わったすべての人の名前が長々と流れてくる。
何度か知人が出たことがあるのだが、さすがに食い入るように探したことがある。


あれを建設業にも入れられないかと以前から思っていた。
当社の本業であるトンネル工事では、完成すると本体に「銘板」というものが設置され、発注者と施工業者名が記される。
しかしそれだけである。
実際に関わった人たちの名前がエンドロールのように刻まれることが出来れば、関係者には大きな誇りになると思っていたのだ。


と、過日業界紙で記事を発見。


長崎県で携帯電話やスマートフォンでQRコードを取り込むと、工事に関係した人の名前がすべて掲載されているのを見ることが出来る、「電子銘板」というものが取り組まれているのだという。
http://kensetsunewspickup.blogspot.jp/2016/04/c_20.html



これはすばらしいアイデアだと思う。
工事関係者に大いなるやりがいを与える取り組みである。


完成したトンネルにこの銘板があれば、関わった人は家族や友人に自分の仕事が社会に大きな関わりを持っていることを見せてあげることが出来る。
大いに展開していただきたい取り組みである。


(参考)
当社の名前が入った銘板が盗難されてショックを受けて書いたブログ。
http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12117197621.html
それほど思いが入るという証明である。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月初旬の熊本訪問でいろいろ縁が出来たのだが、その関係で以後もやりとりがあって、今回「熊本応援マーケット IN 福島」という取り組みをすることにした。


5年前の福島がそうであったように、一概に被災地と言っても、地域や人、仕事によって困っていることはいろいろである。
それは自分たちが十分に経験したことでもある。
われわれ建設業は、対応が直結して仕事になった。
しかしそうではない方々もたくさんいる。


熊本地震で、報道されている通り家屋等が崩壊して住むところを失って多くに方々が大変な思いをされている。

その一方、交通網が寸断された等の理由で観光客がほとんど来なくなり販路を失い経営難に陥っているお土産屋さんなども辛く不安な思いをされていることを知った。


そこで今回縁が出来た、上益城郡山都町町議会議員・吉川美加さん(永谷誠一さん
http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12159789422.html
の娘さん)と交流のある阿蘇周辺の観光客向け小売関係店の商品等をまとめて福島に送ってもらい、なにか熊本の支援をいたいと思っている福島の方々に買っていただくのである。


その名称が「熊本応援マーケットIN福島」。


第1回目を今週末に開催を決めた。
5月29日(日)10時~15時、私がいろいろ企画等でお手伝いさせていただいている、福島市内の宮畑遺跡史跡公園・じょーもぴあ宮畑(福島市岡島字宮田78)

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/miyahata/

で開催の縄文鍋まつり・フリーマーケット

http://jomopiamiyahata.blogspot.jp/2016/05/blog-post_12.html

に出店するのだ。


販売するのは南阿蘇村で崩落した阿蘇大橋のすぐそばにあった輸入雑貨店「ラブ・ランド」の衣料・雑貨・小物

(被災状況)


阿蘇周辺の主に道の駅等で販売していた米お菓子類・お茶・加工食品(ジャム、ドレッシング、缶詰等)などなど。

どこも観光客が皆無になり、販路を失い大変なご苦労をしいられている。


その後も現地でニーズがあれば随時受け入れ定期的にいろいろな催し、企画に参加して販売を考えている。


同様の経験をした福島の人間として、九州の血が流れる人間として、寄付による支援とは違うが、違う切り口での具体的応援として取り組んでみるつもりである。


詳しくは以下
http://star-mou.net/res/kf-market.pdf


趣意にご賛同いただける方で行事等である程度まとまった量を支援購入可能な団体・会社様などありましたらご一報いただければとりつなぎも可能であると思います。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。