寿建設 社長ブログ

福島県福島市にある建設会社です。
会社や現場の取り組み、
日々の仕事や取り組みの中での
エピソードや思うことを綴ります。

NEW !
テーマ:

愛知県に氷室建設という解体工事を主体として建設会社があるそうだ。
この会社、前科者や引きこもり、ニート、薬物経験者、虐待経験者など、過去に問題のあった子たちをどんどん採用しているという。
そして正面から向き合って教育し、「仲間」として育てているのだそうだ。

 

愛読している「みやざき中央新聞」にその会社の社長さんの記事が出ていた。

社長さんはある時、社員たちにこんな話をしたそうだ。
「これからの時代はCS、すなわちお客さんを満足させてなんぼだ。でもオレたち解体業は形やモノを壊す仕事だから、なかなかそれが難しい。でもやっぱり大事なのはその『顧客満足』だから、とにかくその意識は持っていよう。何をするかはこれから見つければいいから」

 

講演会で、この言葉に続いて話した内容を文章にした「みやざき中央新聞」の記事を以下転載する。


~~~~~~
次の日は現場の最終日でした。
狭い現場で、それまであったコンクリートの通路を工事の際に撤去していたので、道がガタガタになっていました。
その道の奥にはおばあちゃんと息子さん夫婦が住む家があり、おばあちゃんは毎日そのでこぼこ道を手押し車を押して歩くのでとても大変そうでした。

カンペイ(注釈…幹部社員)はその光景を見たとき、「これだ!」と思ったんです。
そして6万円くらいの材料費をかけて新しい道を作りました。誰かに頼まれたわけじゃなく、自発的に。

現場のトップはスーパーゼネコンの建設会社です。その下に大きな解体屋さんがいて、うちはその下で働いていました。だから、そのままにしていてもうちとしては何の問題もないのですが、「お客さんを喜ばせるために」と考えたカンペイが自ら動いてくれたのです。

週が明けた月曜日、現場トップの建設会社の監督が最終確認のためにやってきました。
するとそこにおばあちゃんの息子さんが走ってきて、「道をきれいにしてくださってありがとうございます。母も大変喜んでいます」と言いました。

監督はその時初めて道が補修されていたことを知り、「あ~、いえいえ」と応えただけでした。
でもその後、監督は「これからは氷室建設を必ず使えよ。今までこういう下請け、おらんかったやろ」と言ってくれたのです。

それを聞いたとき、「監督のこの言葉を、生の声で社員たちに聞かせたかった」と思いました。
僕は日頃から、「おまえらは毎日毎日朝から晩まで汗だくになって、臭くなり汚なくなりながら働いてるよな。でも臭いとか汚いとか、それは人間の価値とはまったく関係ないぞ。男の価値とも違うぞ」と言って励ましています。
でも内部の僕が言うのと、外部の人から言われるのとでは違います。外部の人から言われるほうが格段にうれしいはずです。

解体業というのは、日頃は迷惑がられたり、やったことが形として残らなかったりして、なかなか仕事にやりがいを見つけられない職業なので、そういう評価の言葉を直に届けたいと思ったのです。
でも間接的にですがそれを彼らに伝えることができたのでうれしかったです。
そして「これからもオレはこのために会社をやっていこう」と思いました。
~~~~~~

https://miya-chu.jp/latest/?itemid=2192

 

建設業のこれからを作っていくのは、こういう発想であり、行動なのだと思う。

氷室建設さんのHPもとても熱く、面白い。
社長さんが自分の会社の社員に求めていることが、とてもカッコいい。
↓↓
http://www.himuro-kensetsu.co.jp/html/policy/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

1ヶ月ほど前、小4の娘がずっと歌っていた。
♪秋の夕日にテルヤマモミジ~

娘に聞く。
「テルヤマモミジって何のことか分って歌っているの?」
「・・・・、えー分かんない。何~?」

娘は歌詞を何も考えてないで歌っているのである。
これは親として教えてなければならない。

 

「照るって言葉知ってる?光が反射するっていう意味の。秋の夕日にね、反射する山の紅葉ってことだよ」
「ん?ん?」

ピンとこないのでしばし時間をかけて説明してようやく納得した。

この歌は、曲に歌詞が乗るとカタカナっぽく聞こえるのではないかという印象がある。
「テルヤマモミジ」とか「スソモヨウ」とか。

 

このような、歌詞の意味が分からかったり誤解されたまま音だけを覚えてしまっている歌の話はよくある。
漫画のアニメ「巨人の星」のテーマ曲の「思い~込んだら」の部分が、映像と重なって「重いコンダーラ」と誤認されていた話は有名な例。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1484179899


「テルヤマモミジ」の全部の歌詞は以下。

 

1.秋の夕日に 照る山紅葉(もみじ)
 濃いも薄いも 数ある中に
 松をいろどる 楓や蔦は
 山のふもとの 裾模様

2.渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉
 波に揺られて 離れて寄って
 赤や黄色の 色さまざまに
 水の上にも 織る錦

 

文章で見るとなんと美しい日本語だろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月初めに足を運んだ「地図展」
http://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12216775167.html
の会場で知ったのだが、地図と学ぶ月刊誌「月刊 地図中心」という冊子があるのだ。
一般財団法人日本地図センターの中にある地図倶楽部事務局が編集している、まさに「地図」の雑誌。

そして最新号の特集がわが福島市なのである。


合計29ページに渡って写真や画像をふんだんに使い、「地図」をテーマにしながらさまざまな切り口で福島市に迫っている。

以下5つの記事からなっている。
•地図が伝える流域の「喜怒哀楽」   越智 繁雄
•米沢と結ぶ道~米沢街道から東北中央自動車道へ~   柴田 俊彰
•地図からみる福島市街地の移り変わり   初澤 敏生
•「くだもの王国」にみる原点、萱場における梨栽培の130年   高田 明典
•福島市の鉄道を巡る~阿武隈急行線・福島交通飯坂線~   髙橋 悠
(著者のうち2名の方は存知あげている)

 

数ページだけチラ見せするが、地元に何十年も住んでいながらも知らなかった情報だらけで実に面白い!


福島市内の岩瀬書店等で販売中なので、福島市民は一家に一冊買うべきだと思う。

 

バックナンバーも何かと興味深い。マニアック好みの私には涎(よだれ)が出そうである。
↓↓詳細
http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく前のことだが、書店に入ったら不思議なカバーに包まれた文庫本が売っていた。
本のタイトルなどはすべて隠されてしまっていて、

申し訳ありません。僕はこの本をどう勧めたらいいか分かりませんでした。どうやったら「面白い」「魅力的だ」と思ってもらえるのか、思いつきませんでした。だからこうして、タイトルを隠して売ることに決めました。

から始まる手書きの文章で、いかにこの本を読んでもらいたかという熱い気持ちを綴っているのである。


思わず手に取って中を開いてみたところ、既に読んだ本であった。確かにそう思わざるを得ない内容の本だったので納得しつつ、変わった宣伝手法が印象に残っていた。

 

この手書きのカバーが全国的に話題になっていることをインターネットニュースで知った。
http://news.livedoor.com/article/detail/12367223/
盛岡市の書店の店員さんのあえて本のタイトルを隠して「文庫X」と称して購入意欲を引き出したアイデアが全国に広がり、既に18万部の大ヒットになっているそうだ。

 

また、つい先日インターネットで買った本の帯も、かなり秀逸であった。

立ち読みして下さい。

買うことになりますから。


ミステリ作家・北村薫さんの文章である。相当インパクトがある。

 

どちらも常識とはこと逆のことをやっているのだ。
道路の逆走は大事故を引き起こすが、発想の逆走はインパクトになるのであろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当社ネットショップ「寿建設商店」で販売中の福島りんご、「木村の本ふじ」。
http://www.kotobuki-shop.com/syouhin/005_apple.html

漫画家の西原理恵子さんがブログで紹介下さいました。

福島産農産物に対する風評被害がまだ根強く残っている中、こうした力強い応援は本当にいつもありがたいです!

12月15日まで販売中。

 

西原理恵子さんの最新著作、「洗えば使える泥名言」は大傑作です。

いつもそばに置いて、時間があれば開いてしまいます。
本音の、生きた言葉は響きます。渾身を込めてご一読をおすすめします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。