ことばの魔法 ことばのチカラ~ことば探検家ひろが見つけたコトバと人間

ことばに宿る、不思議なチカラ。
人間の言語習得やコミュニケーション能力の奥深さはまだ解明されていないけれど、とんでもなくおもしろい。
気づいたら私のコトバ探検は本格化されていた。

人間だけが持つとされている
まだ解明されていない
誰もが自然に身につけてきたことばたち。


人を傷つけることも、癒すことも、勇気づけることもできる言葉たちは
時に誰かの人生を左右する。


ことばを味方につけたら、私たちの世界は今よりずっと広がる。


NO BORDER
ことばによる壁なんか、存在しなくていい。




     ポチしていただけたら励みになります♪
        ありがとうございますv


テーマ:
外国語を学んでいると「何故」がたくさん生まれる。
多くの何故の根本には、おそらく母語の影響がある。


たとえば英語の【run】

ジーニアス英和辞典によると
 「走る」「駆ける」からはじまり
 「(川などが)流れる」
 「(洗濯して)色落ちする」
 「(インクなどが)にじむ」
 「(機械などが)動く、作動する」
 「(物事・人生が)進んでいる」
 「立候補する」
 「(道などが)続いている」
など、様々な和訳が載っている。
(ちなみにこれでもまだ、すべてではない。)

学習する立場から眺めてみると

「全然違う言葉じゃない!
 どうして全部同じ単語で表すわけ?!」

と不満を感じても仕方ない。
見てわかるように、日本語で表せばすべて違う言葉だから。

ネイティブじゃないから、その単語が持っている基本的感覚なんて持ってないのだ。


これが、母語以外の言語を身につけようとするときに起こるひとつの弊害なのだろう。

 「英語ってわけわかんない!」

英語嫌いの誕生だ。


では、日本語にはそういう言葉はないのだろうか。
おもしろいものを発見した。


1、相手の力を甘く見ていると、足元をすくわれるよ。
2、このエリアには、見るべき場所がたくさんある。
3、すいぶんつらい目を見てきた。
4、自転車と車が衝突するところを見た。
5、発芽から開花までの様子を見て記録した。

ここに出ている「見る」の意味はすべて異なる。

1は「判断する」
2は「観光する」
3は「経験する」
4は「目撃する」
5は「観察する」

私たちにとって日本語は母語だから、普段は意識していない。
言われてみれば…という感じ。

でも確かにね、そうなのだ。


ということは、日本語学習者が

「どうして全部【見る】なわけ?!
 全部違う言葉じゃない!」

と不満を持っても仕方がないというわけだ。


これに気づいたとき、私は思った。


 ま、しょうがないか…

 お互い様だ。


感覚を掴むまでは、わけわからないことに変わりはないのだけれど。
AD
いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
点字を学びはじめてちょうど1年。
たった6つの点で言葉を表記する画期的なシステムは、学べば学ぶほど奥が深い。

ほんのワンフロア分、エレベーターに乗った買物帰りのこと。

ふと、「開」ボタンの上に表示されていた点字が目に入った。

 【アケ】

 えっ?!
 命令形??!


最近は開閉ボタンを三角形で表示しているボタンも多いが、私はあの表示が実は苦手。
いつも一瞬、どっちがどっちなのか戸惑ってしまう。

「開」「閉」と書いてくれた方がわかりやすいのだけれど、漢字の読めない子どもや外国人を思ってあの手の表記が増えたのかなと考える。

1964年の東京オリンピック開催時にピクトグラムが開発され、その後あの美しい記号が世界的に受け入れられたように。


「開」という字の訓読みはこう。
 
 【ひら-く、ひら-ける、あ-く、あ-ける】

なので点字であれば【ヒラク】か【アク】という表記になるのが普通かなと思うのだけれど…

これは果たして間違いなのか、意図されたものなのか。


まぁ確かに、閉まりかけた扉を前に

 「開(ひら)け!開(ひら)け!」

という気持ちでボタンを押す人はいるだろう。

 「開(あ)け!開(あ)け!」

という気持ちの人もいるかな。


でも何というか…
表記がそもそも命令形というのは、何ともおもしろい。

 【アケ】

切実だ。
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーストラリアで新年を迎えたとき。
ホストマザーに連れられ、娘婿家族のニュー・イヤー・イブ・パーティに参加させてもらった。

あちらでは大人も子どもも、みんな揃って夜を越す。
パーティ会場はその家のご主人が自分で造っている最中だというガレージだった。


 「ひろこ!ここに『Do your best!!』って日本語で書いて!」


テンション高く彼が言う。

『Do your best!』『Do my best!』
向こうでは頻繁に耳にし、使っていた言葉だ。

だったのだが…

英語に染まりきっていた私は、とっさに日本語が浮かばない。


 「えーと、えーと…」


困り果てた私に、彼が言った。


 「じゃあ『Happy new year』でいいよ」


それならわかる。
と、私は油性マジックでカウンターの小口に大きく書いた。


 「明けましておめでとう」


うーん…微妙…

だってこれ、数日経ったら季節外れじゃない。
我ながらがっかりもいいところ。

しばらくして、ふいに私は思い出した。

『Do your best!』って、


 「最善を尽くせ!」じゃん!!


ああ…こっちの方がいい。
断然かっこいい。

何故咄嗟に浮かばなかったのか…
(それは英語脳になっていたからなのだけれど^^;)

漢字も『最善』の方がものすごく複雑でかっこいい。
英語圏の、ましてや日本語を知らないけれど興味のある人なら見ただけで大興奮すること間違いなしだったのに…!


というわけで、あれ以来『Do your best!=最善を尽くせ!』の方程式は私の中から消えてはいないけれど。

あのガレージは今、どうなっているのかな?

初めて南十字星を見ながら年を越した13年前のあの日。


あけまして おめでとうございます。
AD
いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「よいお年を」っていい言葉。


 「Have a nice day!」
 「Have a nice weekend!」

英語でならしょっちゅうこんなことを言っている。

でも日本語にそういう感覚はないな~…
なんて思っていた。


 「よい週末を!」

少なくとも私は言わない。
「楽しんできてね」と言うことはあるけれど。
でもそれは、相手が何かをするのを知っていることが前提だ。


 「Have a nice day!」
 「Have a nice weekend!」


「よいお年を」は、感覚的にあれの新年版なんじゃないかな…なんて思いつき、妙に感慨深かったこの年末。


逆に彼らにとっては「よいお年を」も「あけましておめでとう」も、どっちも「Happy new year」だ。

この言葉をわけるかどうかは、文化的な背景があるのかな?


みなさま、よいお年を♡
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
我が家の高性能スキャナーには、『埃除去機能』がついている。
写真を取り込む際、自動的に埃を分別して修正してくれるというスグレモノ。

もうかなり昔になるけれど、主人と2人で映った写真をスキャンしていた。

埃除去モードにすると、性能がアップする分時間がかかる。
パソコン操作し、しばらく別の部屋で他の作業。
戻ってみるとスキャンされた写真がデスクトップに映し出されている…はずだった。
…のだが…


そこには

 ものすごく不気味な写真が映し出されていた!


ああ、全身に鳥肌が…


一体何が起きているのか。
「おえ…」となりながらよくよく写真を見てみると、

 
 なんと私の目がない!!


そう。
スキャナーはなんと、笑って細くなった私の目を【埃】と認識して消去してしまったのだ。


 がーん…


昔から「笑うと目がなくなるよね~」とはちょくちょく言われていた。
でもこの友人たちの言葉は、概ね好意的なものだったのだ。

なのに…


 まさかこんな扱いを受けることになろうとは…!



こんなエピソードを思い出したのは、昨日我が家にやってきたインド人Sちゃんとの会話から。

日本人の私からすると、目鼻立ちがはっきりしていて彫りの深い深い彼女はかなりの美人顔。
でも彼女の側からすると、日本人の鼻が小さく華奢な雰囲気はかなりかわいく見えるのだそう。


 「ちょっと不思議に思ってることがあるんだけど…」


Sちゃんが言う。


 「どうして日本人て、瞼の内側から睫毛が生えてるの?」


最初、私は何を言われているのかわからなかった。


 瞼の内側から睫毛???


「全員じゃないけど、そういう人がすごく多い」と彼女は言う。


何のこっちゃと話を聞いてみると、どうやら彼女は「奥二重」のことを言っているらしい。
まさに私は奥二重。

会話の感じからして、インド人は基本的に「二重」の人が多いのだろう。
「一重」までは理解できても、「奥二重」の人と会うのは日本に来て初めてで驚いたようだ。


 「笑ったら目がなくなるし!

  本当に見えてるの?!

  この指何本に見える?!」


顔の前に指をかざしてそう言いたくなるほど、彼女にとって、奥二重と細目の笑顔は衝撃的だったようだ。


まぁ、あちらはぱっちりお目目のインド人。
こちとら埃と間違われて除去されてしまう目の日本人。(これは私だけ?!)


縁もゆかりもない所にいくと、
そういう細かいことが実は一番驚くものなのよね。
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「私ってば、英語ができる人っぽい♪」

こう思えるのはどんなとき?


長めの文章が言えたとか、難しい言い回しができたとか、きっとそれぞれあると思う。
「あんな風に話せたら…」はみんないろいろあるもんね。


「私ってば、英語ができる人っぽい♪」
私がそう感じられたのは

 「I do!」

と言えたときだった。


さて、意味がわかるだろうか?


これは中学校で習った
 「Do you have ~?」
 「Yes, I do.」
の『I do.』ではない。(文法的意味としては同じだけど)


ではどういうことかというと…


たとえば相手がこんなことを言ったとする。
(たとえが実生活丸出しだけど^^;)

「この間友達が、卵も砂糖も乳製品も使わないでお菓子を作るんだって言ってたんだよね。
 どういうことだろ?
 そんなんでお菓子になるのかな?
 味とかさ…おいしいのかな?」

首を傾げる彼。
それに対して私がひとこと。

 「I do!」

これだ。
そして相手からはこう返ってくる。

 「Oh, you do?!」

そして会話が展開されていく…

こんな感じ。


日本語で言い換えれば

 「私作るよ!」

 「え、マジ?!」

みたいな感じかな?
すごくナチュラルでネイティブっぽい(と私は思う)。


そんな感じの会話を展開したとき
私は密かに、一人で勝手にうっとりしている。


 今の「I do.」かっこよかった~!!


なんてね。
ものすごい自己満足。


でも外国語を身につけるなんて、自己満足がなければ続かないじゃない。


私は学者ではないから、外国語で難しい文献を読んだりはしないし、長文読解ができなくてもそうそう困らない。

それよりも会話の中でナチュラルな言い回しができたときに、テンションが上がる。

もちろんNatural Englishは「I do.」だけではない。
だからやっぱり、いろいろな単語・イディオム・表現を自分の中に落としていく必要はあるけれど。



「私もそれをすることができます」って言うより
「私できるよー!」って言えた方が、より嬉しい。

そんな感じ。
伝わるかな?
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英会話スクールで、今までの総復習をしていたとき。

一緒に進めていたアメリカ人のDさんがある一文を目にして首をかしげた。


 【I could communicate with my body.】


「うーん…この文、意味わかんないな。
 どういうことだ?話すの?
 Hello, my foot. Hi my hands.
 ……??」

首を傾げるDさんに、笑いながら答える。


 「私はできるんだけどね」

 「Really?!」


まぁだからこそ、そこにそのフレーズがタイプされていたわけだけれど。


「体とお話しする」なんて、私も以前はさっぱり意味がわからなかった。
ボディ・セラピストの友人たちが「今ひろちゃんの体とお話ししてるからね」なんて言うのを聞いては

 この人たち、ちょっと変

なんて思っていたのだ。
意味がわからない。

でもそのうち(今は割愛するけれど)その意味がわかるようになった。
そしてDさんとは別のインストラクターのレッスンの際にそのフレーズが出てきたわけなのだけれど。


ここで私は、ものすごく当たり前のことに気がついた。


インストラクターとはいえ、一人の人間。
彼らは、彼らの経験と常識の中で生きている。

だから英会話でのナチュラルフレーズの言い回しを教えることはできても、知識外・経験外・専門外のことを言われれば戸惑うのだ。
たとえそれが英語であっても。

日本人同士でも、自分が経験したことのないことや聞いたことのない言葉を言われれば戸惑う。
それと一緒。

当たり前のことなのに、話す言語が“外国語”になった途端、ネイティブが何でもわかってるパーフェクトな存在だと錯覚してしまうあの感覚は、多くの日本人が持つ「英語コンプレックス」に端を発しているのだろうか。



マンツーマンでレッスンを受けられるこのスクールには、何人かのお気に入りのインストラクターがいる。

Dさんもその一人。
彼とはいつも “経験を積んだ大人同士の会話” ができるのが楽しい。

「あの頃はそこまで考えられなくてさー…」とかね。


そしてBさん。
彼は何の違和感もなく【I could communicate with my body.】という言葉を受け入れた。

つまりはそういうこと。

おもしろい。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「日本人は曖昧だ」
「日本人はYES・NOをはっきり言わない」

こう言われて久しい。
私自身、メディアやら学校やらで小さい頃から聞き続けているから、いつの間にかそんなものだと思っていた。

でも以前も書いたけれど、すべての物事を黒か白か、ゼロか百かでなんてわけられない。
むしろ「どっちでもない」「どうでもいい」ということの方が圧倒的多数だと私は思う。


 本当に欧米の人たちはすべてにおいてYES・NOなのだろうか…?


疑問が湧く。
実際、直接話をすると「どっちでもない」「どっちでもいい」という反応が返ってくることは往々にしてある。

確かに、日本人は会話や芸術においても「間」を大切にするし、曖昧の文化という一面を持つことはうなずける。
「空気を読む」なんていう言葉があるくらいだから、場の雰囲気を読むことにも慣れている。
(長けているかどうかはわからないけれど。人によるし、勘違いも入るから)

でもそれと「YES・NOがはっきりしない」というのは違うと思うのだ。


先日、アメリカ人のJさんと話していたときに言われた。


「多くの外国人が、日本人は【ambiguous】だって言うよ」


【ambiguous】=not clear
 あいまいな、不確かな、不明瞭な


 うーむ…、また言われた。


一体何を見てそう思うのか。
せっかくだから聞いてみると…


「例えば、ビジネスのときに日本人は『Yes』『Yes』って言うんだよ。
 だからこっちはOKなんだ、そのまま進められると思うんだけど、日本人は最後に『ちょっと考えます』ってなる。
 『Yes』って言ったのに!
 僕たちにとって、『Yes』はこれでOK、GOっていうことなんだけど…よくわからない」


この時私は、答えが見つかった気がした。


日本人は話を聞いている旨を示すときや相づちを打つときに「はい」と言う。
子どもの頃から
「『うん』じゃなくて『はい』と言いなさい」
と言われるくらい。

その『はい』を日本人は『Yes』に置き換えて話をするのだ。
だから行き違う。

日本人の『Yes』は
「あなたに全面的に同意します。このまま進めましょう」
の「はい」ではなく
「聞いていますよ」「なるほど」
の「はい」なわけだ。

おそらく英語でのネイティブとの会話に慣れた人たちだったら使うのは『Yes』ではない。
日本人的感覚でいうところの「はい」は、例えば…『aha』とかね。

でも当然、みんながみんなそうではないわけで。
加えて非母国語だから、ネイティブ同様の細やかな言い回しや感覚での会話ができるわけではない。

多くの日本人は、英語を用いて話ができたとしても、ネイティブと比べれば圧倒的に少ないボキャブラリーと感覚の中でやりとりをしている。

結果、

 日本人は【ambiguous】だ

と受け取られるようになったのではないかな。


もちろん他の要素もあるかもしれない。

でも、
一理あると思いません?
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ロイター通信の記事に載っていたアラブの超高層ビル。
述べ12,000人の人が建設に関わったというそれは、オープニングの日まで高さが公表されなかったらしい。

「建設中に公表しちゃうと、それより少し高いビルを建てようという人がすぐに出てくるからじゃない?」
とはイギリス人のTさん談。
なるほど。

それからしばし、世界の有名な高層ビルやタワーの高さについて2人で話していた。

「きっとエッフェル塔の方が東京タワーより高いよね?」
「ううん、確か東京タワーの方が高いよ。333m」
「本当だ!」

そんな話の流れから、思い浮かぶのは東京スカイツリー。

「東京スカイツリーはね、634mなんだけど。
 これは日本語だと『ム・サ・シ』って読めるのね。
 武蔵は東京にある地域の名前でね…」

本当は武蔵“野”台地だし、地域というよりは関東平野西部の台地を広く指す。
東京の西エリアで生まれ育てば身近な名前。
特に私は武蔵野市出身なのでこの名前への思い入れはひとしおだ。

しかし日本語を話さないTさんにわかりやすく話すには、私の英語力だと若干の語弊が生まれてしまう。
まぁそれは今は置いておくとして。

その話をした時、Tさんが不思議なことを言った。


「日本語の『difficult』…」

 ん?

「『difficult』と似てない…?」

 何が??


首を傾げる私。
Tさんがポツリと呟いた。


「ムズカシイ…?」

 ああ!!


まさにTさんの言いたいことが I got it!という感じ。


 「ムサシ」と「ムズカシイ」


拍数(音の数)も違うし、「ム」しか一緒じゃないけれど、イギリス人の彼には似た音に聞こえたらしい。

こういう、ネイティブじゃない人の感じる、言葉の音に対する感覚って面白い。
「なるほど~」と笑いながら、私は数十分前の自分を思い出した。


それはアメリカ人のBさんと話していたときのこと。

「『revenue』?『revenue』って何?」
「『revenue』っていいうのは企業の…」
「あ!『street』?!」
「それは『avenue』だね」
「Oh…」

思わず顔を覆った。

ようはあれと似たようなことだ。


そういえば…
連鎖して記憶が蘇る。

アフリカのガボンから来た2人に
「『mariage』と『fromage』って似てるよね。
 フランス語には『~age』っていう音が多くない?」
と言いたかった時のこと。

(残念ながら私のフランス語力では全然伝わらなかったのだけれど)



ネイティブには「なんのこっちゃ?」なことが、世紀の大発見のように感じる言葉が紡ぐ音の不思議。

生粋の日本人の私にとって、ムサシとムズカシイは混同することの方がムズカシイ(笑)
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前我家にホームステイにやってきた韓国のEちゃんからメッセージがきた。

「9月に東京へ行きます。ワーホリで1年間住みます!」

わお♡
札幌にホームステイをしにきた彼女と、東京や神奈川で会えるとは!!

お土産の希望を聞かれ、思わず「韓国のキムチが好き」だと言ってしまった私。
(その前にちゃんと「韓国のりが好き」だとも伝えたけれど)

私は辛いモノが苦手。
わさびもからしも食べられない。
マスタードもダメだし、チリなんてもってのほか。
当然のことながらキムチも苦手だった。

でも札幌市内にある韓国料理店「チンチャチンチャ」に出会って、価値観が激変。

 本場韓国のキムチはおいしいんだな~!!

それまで韓国料理に縁のなかった私たちが通ってしまうほどにおいしいお店。


そんなわけで、思わず言ってしまったわけなのだけれど…

Eちゃん、「持っていきます!」って言ってたけど、生ものは無理じゃない?!


このことをシェアしたら、
「それだけ日本滞在がよかったんですね~。おめでとうございます」
とある方に言っていただいた。

そっかー…
そういう風に受け取れるのか~
嬉しいな…
なんてしみじみしたところでふと気づく。

 私も同じだった!!

14年前、まったく話せないのに無謀にも1人でいきなりイギリス・イタリア一人旅に出た私。
ロンドンとシュールズベリーでトータル3週間のホームステイ&ファームステイを体験して思ったのは

「英語が話せたらもっとホストファミリーと話せるのに!!」

それは図らずも、子どもの頃ベルギーで現地の子と遊んだ時に思ったこととまったく同じものだった。

「フランス語が話せたらもっと楽しかったのに!!」

4歳の私は、母にそう訴えた。

帰国後すぐに英会話スクールに通い始めた私は、半年間毎日通い詰め、そこそこ話せるレベルになってワーホリでオーストラリアへと旅立った。
(残念ながらイギリスは年齢制限があって行けなかった)

あんな感覚かな? Eちゃんも。


4歳の時に芽生えた言葉への興味。
それは悲しいことに、そしてある意味とても日本人らしいことに、学校英語の影響ですっかりへし折られてしまった。
でも25歳で再び私の人生と交わることとなる。

今でもお勉強スタイルの語学は大の苦手。
「単語をいくつ覚えましょう」とか、ない!ない!!
でも「話せて楽しい」「通じて嬉しい」がベースにあるスタイルのものはやっぱり楽しい。

それは根底に「もっとあの人たちと話したい」があるからだろうな。


さて今日は英会話スクールにて、レベルチェックの日。
最近、日によって自分の英語レベルが揺らぐ気がする。
何だろう?
毎日話していないからか、頭で考えすぎているのか、はたまた伸び盛りのスランプか(笑)

願わくは、毎日ネイティヴの人と話せる環境があるといい。
実際に向き合って。
しかも本当は、それが多言語でできる環境があるといいのだけれど!!

緊張でお腹の中がもぞもぞする(笑)
いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。