きねんび

テーマ:
ことこと食堂



いやいやいやいやいや~

驚いたね。

今日は高江に行ったのだ。
帰りに近くに住んでいるTくんご夫妻を尋ねて。
Tくんのお家では川が有効利用されている。

飲み水、生活用水、全て川のお水だそう。
水道局と契約していない。

国から一つフリーに。


さて、彼のお家に行く為には川で待ち合わせるのが1番。
と言う事で、川で遊んで待っていました。

すると娘さんが、トイレ~と。。。

川でしたまへよ。とお伝えするも
でーなーいー!!と都会派なご意見。まぢっすか…Σヽ(゚Д゚; )ノ

と言う事で公民館へ戻ってトイレを借りる事にしました。
山道を登って行く途中すれ違う人はみんなアイサツしてくれます。

「こんにちは!」「こんにちは!」と声かけあって
袖すりあってゆきすぎます。

山の上に着いた時に、そこには女の子連れのお母さん達が二組と
若い女性が一人。
こんにちは、と挨拶すると、先ほど公民館で一緒だった女性が
「あ、さっき公民館でお逢いしましたね。」と話しかけると
お逢いしましたねーとなって、会話が始まりました。

関東から避難されてるお母さん達でした。

色々話をしてると、やっぱり避難ママさんたちは
同じような考えで、この先の事も同じような展望を持っている事がわかってくる。

そこに車が一台ざざざっと入ってきました。
すると一人のおかあさんが「あ、帰って来たかな?」 あら(´・∀・`) ?
Tご夫妻の車でした。

なんと同じ人を待っていたと言う事がわかりました。
不思議~。

出会うべき人とは勝手に出会ってしまう島、琉球王国はまだ
神様が見守っていて下さる土地なんだなぁ。
感謝です。

その後みんなで、Tご夫妻の気持ちのよいお家へと
ご招待いただき、川をジャブジャブと上ってお家へ・・・。

こんな経験したことないよ。なんだか素敵だよ。

川の流れに沿って上流に向かうと左手にTくんご夫妻の借りているお家が。
なんとご神木がお出迎え。

ゆっくり流れる時間と、日射しを遮る古民家の屋根と
木の造りのお家の匂いに癒されて
なんとあの、有名なお料理家さんが逗宿されてるということで
お手作りの梅ジュースをご相伴にあずかりながら
セミの声や、鳥の声をききつつ
色んな話しをさせていただきました。

日本昔話だったら雲がうずまいてたなびくような、
そんな時間でした。

色々話して行くうちに、その中のお一人がなんと!
このブログを読まれてる方だったのです!

偶然だよ!びっくりでしょ?
わたしそんな出会いは初めてだったので、
ええーーーっ!!ってどぎまぎしてしまったの。

でも新しい出会いに感謝。

また次回約束しなくても、必ず会えるね。

そんなところです。沖縄って。素敵。


ことこと食堂



AD