これは、とっても簡単であり、とっても難しいモノなのでしょう。
他人と楽しくコミュニケーションを取るには・・・、

自分が好きな人とか!
自分と趣味があう、とか!

自分が嫌な気持ちにならない人ですよねっ!

でも、そんな人ばかりではないのがこの世の社会であります。

生理的に合わないとか!
とりあえず、ムカつくとか!

そんな人が多いんじゃないかと・・・思うわけです。

嫌いな人とは、無視・もう会わないとか、接点を持たなければいいわけです。
でも、それが、もったいないとですよ(ノ゚ο゚)ノ

好きなら関係を持ち、嫌いなら関係を断つ。

これは”ヤバイっす”

もう、本当に、インターネットの世界が、リアルな現代社会を侵食しております。

関係を断つときも必要です。
でも、最終手段としたいですね。

嫌な人とコミュニケーションを取る・・・・
これはそ相当の我慢ですよね。

嫌いになるところはなんなのか、考えてみることが最初だと思っています。

ボクが、若き日の頃・・・
嫌いなタイプがいました。

それは、理屈野郎です。

今でも、苦手意識はなくなっていませんが、特に、問題なくコミュニケーションが取れるようになりました。結構、仲よくなれたりもします。

理屈野郎とは?

それは、自分の知識を見せびらかし、知識や自信のない人間に対して、上から目線んで説得してくる野郎です。こっちは、納得はしなくても、何も言えず、イラッとします。(  ̄っ ̄)

我慢できなくなったときは、口げんかをしたこともあります。
そのおかげで、少し態度に変化がありましたが、信頼関係は構築できませんでした。

それから、何年もたって、そんな人も受け入れることができるようになりました。

1.相手(理屈野郎)は、こっちの気持ちを考えられない、成長途上の人間なんだ!
2.だから、自分の意見ばかりを押し通してくる、気の毒な人なんだ!

それを、こっちが、まともに受けて感情をむき出しにして怒っても、もったいないと考えたのです。

もっと冷静になって、
逆・上から目線で対応することを思いつきました。

相手が、こちらの言ったことなどを上げ足を取って攻撃してきたら・・・

素直に認める。
ありがとうとお礼を言う。

なんのこっちゃと思いますよね^^

ちょっと違うかもしれませんが・・・

小さな子供のわがままに対して、大人が感情丸だしで対応したら・・・
きっと、「あの人、大人げ無いわねぇ~」なんて言われそうですよね!

そうな感じで、嫌いな相手を見れれば・・・
冷静な対応が取れる。
そうすれば、自分の話し方、接し方も変わってきて、
相手も変化する可能性が大きくなると思います。

子供のまま大人になった人って、意外と多いです。
職場の中でも、偉そうにしている人でも、実は子供だった。

みたいな!

そんな人に、対応に真剣に感情出すことがどれだけ、

もったいないか!!
だったら、大人の対応をしようと考えるのです。

ここまで書きましたが、
これは、自分が成長して相手のコトを考えられる人になった!
そんな人が、相手のコト考えても相手とのコミュニケーションが取れないときの考え方の1つですo(^▽^)o

この1つのやり方だけでも、それなりに効果があると思います。

素敵な我慢をして、自分が成長して、楽しい人間関係を構築して、日々楽しいなぁ~って思えるようになりませんか?

対人間。今回の話です。
対企業や会社 これは!?

まずは、ボクの嫌いな会社を書きたいと思います。
それでは、また後日・・・


AD