あずきちゃん、散歩の時にずんずんと力強く
歩きだしました ダックス

引っ張りは殆ど無いのだけど、急に立ち止まることが
あるので、首に負担かからないようにハーネスに
したかったのですが、ダンの時に買ったハーネスの
使い回しが出来ない えー

なぜなら・・・あずきちゃんはデカい 大きい
ケチケチおばちゃん悩んだけど、新ハーネスを購入する
ことにしました プレゼント
しかし、デカいからコスパが良い物を探すのに時間かかった 汗
んで、見つけたのがこれ ↓矢印

メッシュ素材のベスト型ハーネスです。
色は今後の子にも使えるように、ブラウンで~ 亜友未

あら、ピッタリじゃな~い きゃ
そのXLサイズ~ 笑

「おばちゃん、モデル代のオヤツ早よちょ~だい」面倒

おまけ映像 おまけ

さぁ、これは・・・?

makovv おちり見っけ~ 笑笑

あずきブルドーザーは全てを巻き込みながら
こたつに入っていくのですよ~ 笑 

ところで・・・
こういうブログを見て、幸せそうで安心した~と
思ってしまいますか?

確かに、過去にどういうトラウマを持っているか
わからない子達を普通の家庭犬として過ごしてもらう
ために、環境にも気をつかい努力もします。
我が子と出来るだけ同じように、接します。
(ハードルを上げ過ぎないように気を付けもします)

でも、決定的に違うのはここは本当の家じゃないんです。

預かりっ子が可愛くない訳ではありません・・・
長く預かれば情もわきます。
預かりっ子自身も、そこの生活に慣れてくれば尚更です。

でも、だからといって全ての子を救うことが出来ない中
まだまだ一部でも救えることが出来るのなら、託せる里親
さまを見つけ、涙をのんで送り出すことをしなければ
なりません・・・

今度こそ終生まで一緒に居てくれる家族と出会い、そこへ
嫁がせることを糧とし喜びにして、寂しさを飲み込みます。
そして、次の子をまた迎えることが出来るのです。

だから、お願いです。
私達ボランティアがお世話していることによって
どうか安心しないで下さい。

私達は命を繋ぐリレーを必死にやっているだけです。
ボランティアの崩壊もあるんです・・・

リレーのゴールは私達ではないのです。

また、最近のTSRでは健康状態に問題あるシニアの保護
が続いており、1年経ってもご縁が見つからない子も
います。

余程の決意がない限り、この子のケアは無理かもしれない・・・
また、長くなれば環境が変わることさえシニアには堪えます。
そんな想いから、苦渋の選択で我が子に迎えるメンバーも
います。

引き続き、多頭でも何とか預かるメンバーさんもいますが、
TSRでは預かりメンバーが不足しています。

預かりボランティアとして、協力メンバーを全国で募集して
おります。


       
 
     キキララキキララ 「 T・S・R 」ブログ キキララキキララ


あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと

 ミニチュアシュナウザーあずきちゃんはMシュナウザーレスキューの保護犬ですシュナ
    
ほしTSR(チーム・シュナウザー・レスキュー)HPほし

あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと足あしあと
AD