【最新号のご案内】
「古典酒場特別編集
熊本 酒援酒場」VOL.1

(500円税込み)
2016年11月16日発売




詳細&ご購入は、コチラ から。


「古典酒場」VOL.12
FINAL
(2000円税込)
2013年5月20日発売です!

$古典酒場編集長酔いどれブログ



誌面の詳細は、コチラ から。




 【著者本&バックナンバー販売のご案内】

<単行本>
『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社刊)
本の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。



<『古典酒場』>
「古典酒場」VOL11
~絆KIZUNA酒場~


$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。
 
『古典酒場』VOL.10
~横丁酒場特集~


$古典酒場編集長酔いどれブログ
誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。


『古典酒場』VOL.9
~ホルモン酒場特集~



$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細&ご購入は、コチラ から。




 









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-28 08:08:05

雪が舞い散る石巻の夜。泣いて笑って、寿司折り詰め。

テーマ:宮城

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1915>

黄金澤<宮城県>

********************

 

【この日の立ち寄り場所】

居酒屋新幹線

仙台「朝市」

居酒屋仙石線

石巻「石ノ森萬画館」

石巻「サンファン館」

石巻「とん平」

石巻「サロン・ド・ミュウ」

石巻「助六鮨」

 

<「とん平」大将がご用意下さったお土産鮨。「助六鮨」。ものすごく美味! あたくしめは、翌朝の朝ごはんでいただきました。大将、ありがとうございました!>

 

4年ぶりの

再会で

大いに盛り上がった

「とん平」ロケ。

 

撮影も終了で

 

スタッフさん、

ディレクターさん

撤収。

 

ですが、

 

あたくしめは

 

これから

大将

そして

常連姐さんたちと

 

さらに

繰り出すのです。

 

どこへ連れて行ってくださるのかしら〜〜。

 

ワクワクで

大将に

ついていくと。

 

おおっ!

まさかの

クラブ。

 

麗しき

女性たちが

 

華やかな匂いを

纏っている

うっとりする空間。

 

意外な展開に

ますます

盛り上がる。

 

大将の

キープボトルで

 

ウイスキー

ご相伴に預かりながら

 

 

わいのわいの

談笑。

 

常連姐さん方が

お眠の時間に

なったところで

 

お開き。

 

ですが、

まだまだしつこく、

 

大将と二人で

ハシゴ酒。

 

大将オススメの

お寿司屋さん。

 

わぁ、

こんな夜中でも

やっているんだぁ。

 

日本酒を

冷やで

いただきながら

 

刺身をつまみ、

握りもいただき

 

大満足。

 

とにかく

ここのお寿司やさんの

穴子が

べらぼうに、べらぼうに、

べらぼうすぎるほどに

美味だった!!

 

ただでさえ

膨れているのに

さらに

膨れ上がったお腹を

さすっていたところ。。。

 

「はい、これ」

 

「とん平」大将が

 

お寿司の折り詰めを

2つ、

手渡してくださるではないですか。

 

ウヒャ〜〜!

お土産寿司まで

ご用意下さっていたんですね。。。

 

なんたるお気遣い。。。

 

優しいねえ、

本当に

優しい方だ。

 

ほろり

していたところへ

 

「ディレクターさんに

持っていくときは

 

ちゃんと

事前に電話入れるんだよ。

 

この時間帯だったら

ホテルで

有料チャンネル

見ている頃だろうから」

 

真顔でおっしゃる大将。

 

これには

大爆笑。

 

ええ、ええ。

ちゃんと、

一報入れてから

 

お部屋に

お届けに行きますわ。

 

そうお返事しながら

大将とお別れ。

 

雪が

舞い散る石巻の夜、

 

4年ぶりも

また

泣かされて

笑わされた。

 

✳︎「平成酒どころめぐり」@CS旅チャンネル

宮城県編は

下記で

リピート放送されます。

 

# 5 宮城県石巻 酒蔵編HD

05/05 (金) 15:30 ~ 16:00

05/05 (金) 23:30 ~ 24:00

05/05 (金) 29:30 ~ 06:00

 

# 6 宮城県石巻 酒場編HD

05/12 (金) 15:30 ~ 16:00

05/12 (金) 23:30 ~ 24:00

05/12 (金) 29:30 ~ 06:00

 

<ロケは

まだまだ続きます>

(2016.1.30)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-28 07:36:22

4年ぶりの再会。常連姐さんたちと大トロ祭り。

テーマ:宮城

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1914>

綿屋<宮城県>

********************

 

【この日の立ち寄り場所】

居酒屋新幹線

仙台「朝市」

居酒屋仙石線

石巻「石ノ森萬画館」

石巻「サンファン館」

石巻「とん平」

石巻「サロン・ド・ミュウ」

石巻「助六鮨」

 

 

 

 

 

<常連姐さん方と。とにかく女性陣の酒の強いこと!!>

 

 

古典酒場編集長酔いどれブログ

<一升瓶片手に踊りながら登場の大将。「古典酒場」VOL12製作時、2013年4月5日に取材させていただいた時の写真。>

 

古典酒場編集長酔いどれブログ

<看板娘のスミちゃんと。2013年4月5日に取材させていただいた時の写真。>

 

古典酒場編集長酔いどれブログ

<日本製紙の皆様方と。とにかくものすっごく楽しかった!!! 2013年4月5日に取材させていただいた時の写真。>

 

夕日が

きらめく

 

神々しいまでに

美しい

太平洋

 

木造船の

勇壮さを

 

撮影。

 

の後は。

 

石巻の酒場ロケへ。

 

向かうは、

「とん平」。

 

「古典酒場」VOL.12で

取材させていただいたお店です。

 

あの時は、

 

東日本大震災で

 

大変なる被災をされた

石巻の方々、

 

その中の

日本製紙 石巻工場さんが、

 

震災から

わずか1年後に

 

新しい紙を

新規開発された

 

聞及び、

 

その復興の力強さに

感銘を受けて、

 

「古典酒場」でも

その紙を使用したい、

 

のと、

 

石巻工場を

ぜひ

取材させていただきたい

 

というので、

 

4年ほど前に

石巻に取材で訪れたのでした。

 

ものすっごく

歓待をしていただき、

 

工場見学で

うるっとした後、

 

みんなで

懇親会。

 

場が

「とん平」でした。

 

工場長はじめ

日本製紙の皆様方の

行きつけの酒場。

 

コの字カウンターの

奥にある

 

座敷で

大宴会。

 

石巻工場にも、

そして

街中の各所にも

 

こんなところまで

津波が到達したんだ。。。

 

それが

まだ

まざまざと残っているとき。

 

涙で

その時の話を伺い、

 

胸を痛め。

 

そんな時間を

過ごした後の

 

宴会、

 

では、

 

「とん平」の大将が

一升瓶片手に

 

踊りながら

座敷に登場。

 

もうこれには

爆笑です。

 

と同時に、

 

あれだけの

想いをされて

今が

ある、

 

その強さ。

 

そして

せっかく

東京から

来てくれたんだから

 

楽しく笑って

呑んでくださいね、

 

との

おもてなし。

 

あぁ、

東北の人たちの

この

心の優しさは

すごいなあ。

 

笑いながら

泣く

 

そんな宴会でも

ありました。

 

その時以来の

往訪。

 

と、

なんと、なんと!

 

4年前の

宴会(兼取材)

の時にいらっしゃった

 

常連姐さんたちが

 

今回のロケでも

また

集まってくださっているではないですか!

 

わ〜〜〜!!

まさかまさかの

再会。

 

嬉しいなあ、ありがたいなあ。

 

この日のために

大将が用意してくださっていた

 

びっくりするぐらい

ものすっごい

大トロ

(その他も、

大変なるご馳走を

用意くださっておりました。

どうぞ放送本編でお楽しみいただければ)

 

いただきながら

 

大将オススメの

日本酒

「桃川」を呑みながらの

 

ロケ。

 

と。

「こっちの方が

もっと美味しいよ」。

 

ロケ中に

今度は

「桃川」 の原酒を

 

グイグイと

進めてくださる大将。

 

あぁ、

あの時と

本当に変わらずだなあ。

 

嬉しくて

楽しくて、

 

ありがたくて。

 

呑んで呑んで

食べて

笑って。

 

そして

この勢いのまま、

 

大将と

常連姐さんたちと

 

ハシゴ酒へと

繰り出します。

 

放送本編では

「とん平」で

終了、

 

なっているのですが、

 

実は

その後から

 

また

長い長い夜、

スタートしていたのです。

 

あはははは。

 

✳︎「平成酒どころめぐり」@CS旅チャンネル

宮城県編は

下記で

リピート放送されます。

 

# 5 宮城県石巻 酒蔵編HD

05/05 (金) 15:30 ~ 16:00

05/05 (金) 23:30 ~ 24:00

05/05 (金) 29:30 ~ 06:00

 

# 6 宮城県石巻 酒場編HD

05/12 (金) 15:30 ~ 16:00

05/12 (金) 23:30 ~ 24:00

05/12 (金) 29:30 ~ 06:00

 

<続く>

(2017.1.30)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-27 09:02:05

神々しいまでの美しき海を眺めながら。。。

テーマ:宮城

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1913>

金紋両國<宮城県>

********************

 

【この日の立ち寄り場所】

居酒屋新幹線

仙台「朝市」

居酒屋仙石線

石巻「石ノ森萬画館」

石巻「サンファン館」

石巻「とん平」

 

 

 

 

<白煙が登っているところが、日本製紙さんの石巻工場。石巻の経済を支える一大企業。4〜5年ほど前に取材させていただきました。「古典酒場」VOL.12、そして「熊本 酒援酒場」でも、ここの工場で震災直後に新規開発された紙・B7バルキーを使用させていただいております。あの取材時も、皆さんの力強さ、そして勢揃い・整列してのご挨拶に涙でした>

 

「石ノ森萬画館」

酔い出会いをさせていただいた後は。

 

「サンファン館」へ。

 

伊達政宗が

スペイン国王、ローマ法王の元へ

派遣した

 

慶長使節団の

航海船が

 

復元されている

施設。

 

小高い丘を登って

下を見ると

 

巨大な

木造船。

 

うわ〜、

すごいなあ。

 

立派だなあ。

 

その大きさに

圧倒されていたところ。。。

 

老朽に加えて

津波による

被災で、

 

取り壊しが

決定しているとのこと。。。

 

それにしても

ここからの

眺めの美しいこと、美しいこと。

 

夕日が

きらめく

 

太平洋、

 

神々しいまでの

美しさです。

 

でも

その美しき海が

 

あの

悲しき大津波となって

 

この街を

襲ったんだ。。。

 

自然の脅威と残酷さ。

 

感動的な

景色に

感嘆の声を

あげながら

 

やるせなさが

込み上げてくる。

 

 

✳︎「平成酒どころめぐり」@CS旅チャンネル

宮城県編は

下記で

リピート放送されます。

 

# 5 宮城県石巻 酒蔵編HD

05/05 (金) 15:30 ~ 16:00

05/05 (金) 23:30 ~ 24:00

05/05 (金) 29:30 ~ 06:00

 

# 6 宮城県石巻 酒場編HD

05/12 (金) 15:30 ~ 16:00

05/12 (金) 23:30 ~ 24:00

05/12 (金) 29:30 ~ 06:00

<続く>

(2017.1.30)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-27 08:41:20

「石ノ森萬画館」からも、熊本への復興エール。

テーマ:宮城

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1912>

蒼天伝<宮城県>

********************

 

【この日の立ち寄り場所】

居酒屋新幹線

仙台「朝市」

居酒屋仙石線

石巻「石ノ森萬画館」

石巻「サンファン館」

石巻「とん平」

 

<石巻は萬画の国>

 

 

 

 

 

<「石ノ森萬画館」>

 

 

 

 

 

 

 

 

缶ビールで

電車酒

しながら

 

到着した

石巻駅。

 

向かうは、

「石ノ森萬画館」。

 

ですが、

駅からして

すでに

石ノ森章太郎ワールド満載!!

 

駅入口の

モミュメントも、

 

窓も

ガラスも

 

そして

屋根までも。

 

すごいっ。

 

マンガロードを

眺めながら、

 

「石ノ森萬画館」。

 

まるで

宇宙船のように

中洲に建つ施設。

 

ここも

地震時には

津波に襲われた場所。

 

こうやって

再開できているのは

 

マンガファンでなくても

嬉しいところ。

 

著名漫画家さんたちの

手形に

自分の手を合わせたりしながら

 

入館。

 

トキワ荘の

ジオラマなども

あったり、

 

なかなかに

面白い仕掛けもあり。

 

それらを

体験ロケさせていただいていたところに

 

おや。

くまモン絵が

ある。

 

同じ

地震の被災地として

 

石巻の方々からの

熊本への

エールでした。

 

遠く離れた

我がふるさと・熊本のことを

 

ここ

石巻からも

応援くださっているとは。

 

嬉しいなあ。

 

感激していたところ、

 

「熊本ご出身なんですね」

 

館のスタッフさんから

 

熊本復興応援のために

製作された

漫画小冊子

 

いただいた。

 

なんだか

泣けるねえ。

 

✳︎「平成酒どころめぐり」@CS旅チャンネル

宮城県編は

下記で

リピート放送されます。

 

# 5 宮城県石巻 酒蔵編HD

05/05 (金) 15:30 ~ 16:00

05/05 (金) 23:30 ~ 24:00

05/05 (金) 29:30 ~ 06:00

 

# 6 宮城県石巻 酒場編HD

05/12 (金) 15:30 ~ 16:00

05/12 (金) 23:30 ~ 24:00

05/12 (金) 29:30 ~ 06:00

<続く>

(2017.1.30)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-26 09:38:35

仙石線で電車酒。

テーマ:宮城

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1911>

鳳陽<宮城県>

********************

 

【この日の立ち寄り場所】

居酒屋新幹線

仙台「朝市」

居酒屋仙石線

石巻「石ノ森萬画館」

石巻「サンファン館」

石巻「とん平」

 

<通勤通学列車で、電車酒。ボックス席があってよかった!>

 

<ウトウト夢の中のディレクターさんをつまみに(笑)>

 

<仙石線再開、おめでとうございます>

 

<野蒜駅>

 

 

<新しい家々が立ち並び始めておりました>

 

 

仙台朝市

買い込んだ

 

仙台味噌で

漬け込んだ

唐揚げ

 

片手に

乗り込むは

 

仙石線。

 

4〜5年ほど前に

石巻に

お伺いした時は

 

まだ

開通していなかった

仙石線。

 

こうやって

サラリーマンさんや

学生さんの

日常の足として

 

復活しているのを

見られるのは

なんだか

嬉しいなあ。

 

なんて

言いながら、

 

缶ビールをプシュ!

 

周りの乗客は

 

ノートパソコンを開いている

サラリーマンや

 

教科書を開いている

学生さん

だったりするのですが。。。

 

ボックス席を

確保できたことを

いいことに

 

我々の

空間だけは

 

ザ・観光客仕様に。

 

お疲れからか

(あたしの見立てでは

前晩相当なる深酒をされていらっしゃったのでは(笑))

 

熊井ディレクターさんが

ウトウトと、

夢の中へ

 

様子も

つまみにしながら

 

ぐびぐびっと

ビール。

 

そして

電車は

 

野蒜駅へと

差し掛かる。

 

あ!

ここは。。。

 

4〜5年前に

来た時には

 

まだ全くの

手付かずで

 

 

地震時の

被害が

そのまま依然残っていた場所。

 

あまりの

景色に

呆然とした場所

でも

あったところ。

 

今、

こうやって

復活したんだ!

 

真新しい家々も

立ち並び始めている!!!

 

すごいですねえ、

よかったですねえ

 

地元の方に

話していたら。。。

 

野蒜駅は

高台に

移動させての

開業だったとのこと。

 

そうか、

あの場所そのものでは

ないんだなあ。

 

いろんな想いが交差しながら

 

この酒旅の

目的地、

石巻駅に

到着。

 

✳︎「平成酒どころめぐり」@CS旅チャンネル

宮城県編は

下記で

リピート放送されます。

 

# 5 宮城県石巻 酒蔵編HD

05/05 (金) 15:30 ~ 16:00

05/05 (金) 23:30 ~ 24:00

05/05 (金) 29:30 ~ 06:00

 

# 6 宮城県石巻 酒場編HD

05/12 (金) 15:30 ~ 16:00

05/12 (金) 23:30 ~ 24:00

05/12 (金) 29:30 ~ 06:00

 

<続く>

(2017.1.30)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD