【最新号のご案内】
「古典酒場」VOL.12
FINAL
(2000円税込)
2013年5月20日発売です!

$古典酒場編集長酔いどれブログ



誌面の詳細は、コチラ から。




 【著者本&バックナンバー販売のご案内】

<単行本>
『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社刊)
本の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。



<『古典酒場』>
「古典酒場」VOL11
~絆KIZUNA酒場~


$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。
 
『古典酒場』VOL.10
~横丁酒場特集~


$古典酒場編集長酔いどれブログ
誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。


『古典酒場』VOL.9
~ホルモン酒場特集~



$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細&ご購入は、コチラ から。




 









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-26 08:45:16

花街の町家酒場で、「文芸酒場」。

テーマ:石川

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1662>

いいちこ<大分県>

********************

 

 

【この日のほろ酔い場所】

金沢「いろは食堂」

金沢「近江町市場」

金沢「AKE BAR 數 KAZOE」

金沢「よし坊」

金沢「広坂ハイボール」

 

 

 

 

 

 

<ご参加くださった皆様方、ありがとうございました!>

 

あまりにも

素敵すぎる

石段の坂、

 

「暗闇坂」

 

風情に

うっとりしながら

 

みなさんの

後に

続いて

 

向かった先は

 

「文芸酒場」の

酒場トーク会場

「AKE BAR 數 KAZOE」。

 

町家が

酒場になっている

 

日本酒バー。

 

これまた

ものすごく風情がいいなあ。

 

二階の

座敷。

 

川沿いの

窓が

 

すべて

オープンになる造り。

 

川風も入ってきて

気持ちいい。

 

この酒場、

あたしの

ドツボ。

 

プライベートで

じっくりと

呑みに来たい酒場だ。

 

空間の素敵さに

ニヤニヤ

しながら

 

酒場トーク開始。

 

もちろん、

金沢の地酒を

呑みながら。

 

文芸に関すること

など、

 

水丸さんとの交遊酒のことも

お話させていただいたり

しながら。

 

それにしても

ものすごい

緊張!!

 

なぜならば。。。

 

この第二夜め

には

 

高校時代の同級生が

参加してくれていたのです。

 

以前に

金沢へ

とある仕事で

出張した折。

 

現在、

金沢の大学で

助教を

している

その同級生を

 

突如呼び出して

 

初めての

サシ呑み。

 

お互い

中年になっても、

 

会えば

気持ちは

高校生。

 

お酒を

片手に

 

懐かしい時代を

語らう

ひととき、

 

これが

とても楽しい時間でした。

 

その彼とは

 

行きつけのバーが

 

同じという奇遇も

あり、

 

なんと

 

金沢在住の

彼と、

 

まさかの

銀座のバーで

 

ばったり遭遇する

という

奇縁もあったり。

 

そんな酒縁深い

同級生が

 

この場に

いる。

 

あぁ、

恥ずかしいやら

申し訳ないやら、

 

緊張!!!

 

<続く>

(2016.7.30)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-26 08:26:17

現実と夢の世界をつなぐ、暗闇坂。

テーマ:石川

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1661>

千羽鶴<大分県>

********************

 

 

【この日のほろ酔い場所】

金沢「いろは食堂」

金沢「近江町市場」

金沢「AKE BAR 數 KAZOE」

金沢「よし坊」

金沢「広坂ハイボール」

 

<暗闇坂。素敵な坂!>

 

 

 

 

 

 

<わんちゃん!>

 

<この日の酒場トーク会場は、浅野川沿い>

 

<素敵な建物だなぁ>

 

 

食堂昼酒、

 

近江町市場徘徊

 

楽しんだ後は。

 

この日のトークイベント

「文芸酒場」へ。

 

まずは

「泉鏡花記念館」

 

学芸員さんのトークを

楽しんだ後、

 

主計町にある

町家酒場で

 

酒場トークです。

 

第一の会場、

「泉鏡花記念館」へ。

 

鏡花の

生家が

 

記念館になっています。

 

鏡花愛用の

道具類なども

展示されている

記念館。

 

非常にそそられる。

 

さらに

学芸員さんトーク前に

ご挨拶させていただいた

 

館長さん。

 

この御方の

肌の美しさといったら!!!

 

びっくりするほど

つやつや。

 

聞くところによると、

大変なる日本酒党でいらっしゃるとか。

 

この日は

第二会場の酒場には

ご一緒叶わず

とのことで、

 

無念すぎる。

 

大変に

心そそられる館長さんでいらっしゃいました。

 

さて

とても素晴らしいトークを

ご披露くださった

学芸員さんと

 

この日の参加者の皆様と一緒に、

 

酒場トークの会場、

主計町にある

「AKE BAR 數 KAZOE」

へ。

 

その移動の道が

これが

猛烈に素敵すぎました!!

 

泉鏡花記念館

から

花街である

主計町

へと

向かう、

その道は、

 

暗闇坂。

 

細い石段を

降りていけば

 

そこには

格子窓の花街。

 

カーブしている

石段から

徐々に

花街が

見えてくる

そのアプローチの

 

なんと

情緒的であること!!

 

現実から

夢の世界へと

 

入っていく

秘密の通り道

 

だったそう。

 

粋ですねえ。

 

<続く>

(2016.7.30)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-25 13:30:59

ドジョウを求めて、市場へ。

テーマ:石川

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1660>

豊潤<大分県>

********************

 

 

【この日のほろ酔い場所】

金沢「いろは食堂」

金沢「近江町市場」

金沢「AKE BAR 數 KAZOE」

金沢「よし坊」

金沢「広坂ハイボール」

 

 

 

 

 

 

 

 

旅先で

 

地元の方々が

通われている

食堂で

昼酒。

 

こんなに

嬉しいことは

ない!

 

あまりに

贅沢な時間を

過ごしてしまった

後は。

 

さらに

金沢の街を

ご案内いただきます。

 

「近江町市場」。

 

お目当は、

ドジョウ。

 

金沢では

ドジョウが

昔からの

おやつ、

なのだそう。

 

「近江町市場」へ行けば、

 

ドジョウ串

 

買い食いできるから、

 

向かったのでした。

 

で、

この日は

 

土用の丑の日。

 

 

うなぎ屋さんの

店頭で

 

ドジョウも

売られているとのこと、

 

すごいことに

なっている事であろう。

 

人ごみの

あまり

 

ドジョウも

買えないのではないか、

 

ちらり心配をしていたのですが、

 

あたしの予想を

はるかに

超えた事態に

なっておりました。

 

まだ

時間は

昼過ぎ、

 

というのに、

 

うなぎ屋さん、

 

すでに

店じまいしているところあり。

 

はなから

この日、

 

お店を

閉めてしまっている

うなぎ屋さんまで

ありました。

 

うひょ〜

すごい。

 

あたしが

市場に到着した時点では

 

すでに

うなぎ熱風は

過ぎ去っている状態。

 

みなさん、

出足が早いなあ。

 

金沢野菜を

眺めながら

 

待望の

ドジョウも

買い食い。

 

そして

以前に

金沢で

食べた

 

かぶら寿司。

 

これが

美味しくて、美味しくて。

 

ぜひとも

買って帰りたい

思っていたのですが、

 

これ、

冬の酒肴、

でしたね。。。

 

無念。。。

 

もう一つの

お目当の

酒肴、

 

フグの子粕漬け

 

ゴロわた入り

イカの干したもの

 

買い求め、

 

そして

酒屋さんで

 

金沢の地酒を買い求め。

 

前夜の

「歴史酒場」ご参加くださった方に

 

教えていただいた

 

金沢でしか

手に入らないという

 

希少な地酒を

求めて

 

さらに

酒屋を

はしごし、

 

気づけば

 

もうすぐ、

「文芸酒場」開始

時間。

 

ありゃりゃ、

市場に

夢中になりすぎちまった!!

 

あれが欲しい、

これも欲しい。

 

貪欲に

金沢のうまいもん土産を

求めて

 

はしごする

あたしに

 

辛抱強く

お付き合いくださった

経田さんには

 

ただただ感謝。

 

おかげで

酔い酒肴たちに

巡り会えました!

 

では

ホテルの

冷蔵庫に

それらを

突っ込んで、

 

第二夜めの

「文芸酒場」の会場へ

 

向かいますか!

 

<続く>

(2016.7.30)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-25 13:05:42

「ナイトミュージアム」@金沢、第二夜めも、食堂昼呑みからスタート。

テーマ:石川

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1659>

宗麟<大分県>

********************

 

 

【この日のほろ酔い場所】

金沢「いろは食堂」

金沢「近江町市場」

金沢「AKE BAR 數 KAZOE」

金沢「よし坊」

金沢「広坂ハイボール」

 

 

 

 

 

 

 

金沢の街を

贅沢にも

 

車で

ぐるりと周遊ガイド

いただいた後は。

 

昼酒へ。

 

連れて行っていただいた先が、

 

金沢駅近くの

「いろは食堂」。

 

食堂前に

飾られている

 

食品サンプル、

 

酔い風情

醸し出しておりますねえ。

 

若い頃から

ここに

通われているという

経田さん、

 

酔いね、酔いね!!

 

中に

入ると

 

地元の

お父さん方が

 

ランチ中。

 

食堂とは

思えないほど

 

大きな

ダイニングテーブル

椅子が

 

それぞれに

しつらえてあります。

 

なんて

贅沢空間!

 

入り口

そばの

冷蔵庫では、

 

瓶ビールや

ちょっとした

酒肴皿が

冷やされており、

 

その中には

缶酎ハイも。

 

なるほど、

ここで

 

酎ハイを

オーダーしたら

 

缶酎ハイ

供されるって寸法ですね。

 

では

昼酒を

始めますか!

 

おやっ、

瓶ビール、

 

複数銘柄を

取り揃えてあるんですねえ。

 

素晴らしい。

 

サッポロを

いただきます〜。

 

そして

前日の

「宇宙軒食堂」で

 

はまってしまった

冷奴、からし添え。

 

冷たい豆腐に

からし、

 

やっぱり

酔いねえ。

 

 

経田さん

オススメの

 

シロの味噌煮も

つまみながら

 

 

あぁ、

なんて

幸せな

昼酒。

 

あまりの

気持ちの良さに

 

瓶ビール、

おかわり!

 

ゆったりとした

空気を

 

じっくりと

堪能し、

 

〆麺に

きつねうどん。

 

刻み揚げに

生姜あんかけ。

 

なるほど、

金沢の

きつねうどんは

 

京都スタイル

なんですね。

 

このバージョン、

 

ものすっごく

酒のつまみに

なるんですよねえ。

 

大好きな

 

金沢で

出会えて

ますます嬉しい。

 

<続く>

(2017.7.30)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 09:59:57

ありがたすぎる、金沢。

テーマ:石川

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1658>

久保<大分県>

********************

 

 

【この日のほろ酔い場所】

金沢「いろは食堂」

金沢「近江町市場」

金沢「AKE BAR 數 KAZOE」

金沢「よし坊」

金沢「広坂ハイボール」

 

「金沢ナイトミュージアム」

第二夜めは

 

「文芸酒場」。

 

今宵も

酒場で

呑みながらのトークイベント。

 

の前に、

 

またしても

呑みに出ます。

 

前日も

 

金沢に到着早々の

昼酒から

 

最後の

〆の

パブまで

 

ず〜〜っと

つきっきりで

 

酒場のアテンドを

してくださった

 

このイベントの

ディレクターさんで

いらっしゃる

経田さん。

 

前晩、

ホテルまで

送り届けてくださった折に、

 

「明日は

お昼頃、

お迎えにあがりますから」

 

そう

おっしゃってくださっておりました。

 

ということは、

二日めも

昼酒に

連れて行ってくれるんだわ!!!!

 

期待大

 

深夜風呂、

さらに

朝風呂もやって

 

前晩の

お酒を

綺麗に抜いて、

 

朝食も抜いて

 

万全の体制で

待ち望む。

 

と、

今度は、

 

奥様が

ドライバーで

車での

お迎え。

 

おおおっ!?

 

どこまで

行くのかしら〜〜。

 

不思議に思っていたら。。。

 

あまりの

蒸し暑さの

金沢。

 

なんと、なんと

「お暑いでしょう」ということで

 

車での

金沢周遊

してくださったのでした。

 

車窓から

町並みを

眺め、眺め、

町の歴史や文化

 

などを

ご丁寧に

ガイドをしていただいたところで、

 

向かいます、

昼酒の場所へ。

 

<続く>

(2016.7.29)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD