【最新号のご案内】
「古典酒場特別編集
熊本 酒援酒場」VOL.1

(500円税込み)
2016年11月16日発売




詳細&ご購入は、コチラ から。


「古典酒場」VOL.12
FINAL
(2000円税込)
2013年5月20日発売です!

$古典酒場編集長酔いどれブログ



誌面の詳細は、コチラ から。




 【著者本&バックナンバー販売のご案内】

<単行本>
『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社刊)
本の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。



<『古典酒場』>
「古典酒場」VOL11
~絆KIZUNA酒場~


$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。
 
『古典酒場』VOL.10
~横丁酒場特集~


$古典酒場編集長酔いどれブログ
誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。


『古典酒場』VOL.9
~ホルモン酒場特集~



$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細&ご購入は、コチラ から。




 









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-08 09:21:23

酔い酔い角打ちで、ごくり、ごくり。

テーマ:門前仲町

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1757>

人気一<福島県>

********************

 

【この日の酩酊場所】

門前仲町「某店」

門前仲町「折原商店」

門前仲町「某店」

門前仲町「店名失念」

門前仲町「だるま」

門前仲町「いずみ」

月島「某店」

月島「某店」

 

 

まさかの

ヘパリーゼ

ダブル摂取

 

肝臓も軽やかに

向かうは、

 

富岡八幡宮の

鳥居そば。

 

坂崎重盛翁&加藤ジャンプさんと

合流したところで、

 

坂崎翁の

お気に入りのお店へと向かいます。

 

「折原商店」。

 

角打ちのできる

酒屋さん。

 

ここ、

かねてより行ってみたいと

思っていた酒屋さん、

 

なるほど〜

こうなっているんですねえ。

 

酔いですね、酔いですね!

 

おのおの

酒冷蔵庫から

 

好みの日本酒をセレクトし、

 

あらためて乾杯!!

 

同じテーブルを

囲ませていただいた

カップルさんから

 

おつまみの

おすそ分けをいただいたり、

 

おすそ分けしたり

 

などの

交流もしながら

 

2杯め!

 

次は

どれにしようかなあ。

 

えへらえへら

おかわり酒を

物色していたところ。。。

 

その

背中越しに、

 

「ねえさん、ねえさん、

もう(笑)」

 

あたしの

ジャケットの裾から

 

だらしなく

垂れ下がっていた

糸のほころびを

 

パパっと

切って下さる

 

スーパーアイドル氏。

 

あぁ、

お恥ずかしい。。。

 

肝臓から

着ている洋服まで、

 

ほんと

ご面倒おかけします。。。

 

 

<続く>

(2016.9.5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-08 08:45:46

お気遣いの錠剤とドリンク。

テーマ:門前仲町

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1756>

大七<福島県>

********************

 

【この日の酩酊場所】

門前仲町「某店」

門前仲町「折原商店」

門前仲町「某店」

門前仲町「店名失念」

門前仲町「だるま」

門前仲町「いずみ」

月島「某店」

月島「某店」

 

「あぁ、吐きそう。」

 

「もう吐くかもしれん。。。」

 

そんな

激烈二日酔い状態で

 

類さんボーリング大会にまで

ちゃっかり

同席していた

 

「吉田類と仲間達」。

 

あれだけ

苦しい思いをしていたというのに、

 

翌日も

さらに

酒宴へと

 

繰り出します。

 

坂崎重盛翁、加藤ジャンプさん、

スーパーアイドル氏

 

との

はしご酒。

 

超絶多忙を極めていらっしゃる

スーパーアイドル氏。

 

この日ようやく

1日フリーな時間ができた

とのことで、

 

坂崎翁、ジャンプさんも

緊急招集し、

 

はしご酒

へと繰り出すことになりました。

 

今回は

門前仲町。

 

この町にも

馴染みの酒場を

持っていらっしゃる

スーパーアイドル氏。

 

「ねえさん、

お時間大丈夫であれば

0次会、

いかがですか?」

 

わ〜い!

ご一緒させていただきます!

 

前日の

二日酔い

 

三日酔い状態

のこの日。

 

いや、

三日酔いどころか

 

熊本での

連日の取材から

 

ず〜〜っと

続いている

 

この

ふわふわとした

酔い。

 

もはや

1ヶ月酔い状態で

 

ありながら

 

0次会から

参加。

 

あははははー

いくらでも呑める〜

 

そんな危ない状態でも

ありつつ、

 

でも

今日も確実に

先に沈没しちまいそうだな、

 

そんな

確信めいたものも

持っていたのでした。

 

それを

看破

されたのでしょうか、

 

ふたり0次会の

席で、

 

「ねえさん、

これ、のんでおいてください」。

 

 

手渡されるは

ヘパリーゼの錠剤。

 

「いつも先に潰れちゃうから。

今日こそは、最後まで一緒に呑みましょうよ」

 

あははははは〜〜!

 

今日も

潰れる気

満々だったこと、

 

バレてらぁ(笑)。

 

酎ハイで

錠剤ぐいっと

呑み込んで、

 

坂崎翁、ジャンプさんとの

待ち合わせ場所へ

 

途中で、

 

「ちょっと立ち寄っていいですか?」

 

町の

ドラッグストアへ

 

すたすたすたすた〜っと

入っていかれる

 

スーパーアイドル氏。

 

お!

アイドル氏も

なにか摂取されるのかしら?

 

そう思っていたら、

 

「ねえさん、

はい、これも」。

 

さらなる

ヘパリーゼドリンクを

手渡される。

 

それも

スーパー

とかって文字がついたやつ。

 

ぎゃはははははは。

 

あたしゃ

そんなに

信用ないですか(笑)。

 

いや、

逆に

信用があるんだな

 

「このひとは

必ず先に沈没するひと」って。

 

まるで駄目な

人間(=あたし)

 

いつも

タクシーに

押し込んでくださるのが

 

超絶お気遣いの

スーパーアイドル氏。

 

今日こそは、

そんなご迷惑は

おかけしません!!

 

絶対

最後まで伴走します!!!

 

そう

高らかに宣言する

ほどの

 

自信もないけれど、

 

できうる限り

最後まで伴走、

 

がんばります〜〜。

 

まるで

老婆を気遣うように

 

あれやこれやと

ご配慮くださる

スーパーアイドル氏

 

感謝しつつ、

 

肝臓軽やかに

はしご酒

へと

出発!

 

 

<続く>

(2016.9.5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 12:28:58

連載「酩酊日記」@東スポ(大スポ&中京スポ&九スポ)、本日(12/6)発売に掲載。白割烹着女将。

テーマ:新宿・大久保・笹塚・下高井戸

 

呑んで呑んで

呑まれて

呑んで

 

取材を重ねている

 

連載「酩酊日記」@東スポ(大スポ&中京スポ&九州スポ)、

 

今月は

本日発売(12月6日)の

紙面に

掲載です。

※紙面日付は12月7日。

発売地域によって、発売日が7日の場合もあります。

 

今回は、

 

湯島に

ある

酔い酔い女将酒場で

 

山口の

酒肴にお酒を

堪能してまいりました。

 

和服に

白割烹着女将、

 

大好きだなあ♥

 

今月も

どうぞご笑覧いただければ。

 

(2016.12.6)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 08:11:04

マーライオン目前で「吉田類と仲間達VOL.9」。

テーマ:新宿・大久保・笹塚・下高井戸

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1755>

大天狗<福島県>

********************

 

【この日の酩酊場所】

笹塚「吉田類と仲間達」@笹塚ボウル

 

<熊本の日本酒がずらずらずら〜〜っと。振る舞い酒されました>

 

<赤羽「まるます家」さんからは、ジャン酎モヒートが振る舞われました〜〜。ライムとミントまで同梱くださる、お気遣い女将・和子さん!>

 

この日は、

 

東北&熊本復興支援チャリティイベント

「吉田類と仲間達」。

 

回を重ねること

今回で

9回目。

 

今年は、

熊本の復興の応援もしよう!

 

ということで、

 

熊本の

日本酒を

 

熊本の

酒屋さんから

 

買い求めて

 

ご来場の皆様方に

振る舞い酒。

 

そんな

熊本酒ブースも

新設されました。

 

うれしいなあ、

ありがたいな〜〜。

 

 

あたくしめも

 

トーク登壇

 

熊本ブースで

 

酒振舞

させていただくことになっております。

 

が。。。

 

前日の

「古典酒場部講座」@川崎教室

での

 

はしご酒

 

 

猛烈なる

二日酔い。

 

あぁ、

吐きそう。。。

 

口を

ひとくちあけたそばから

 

つるっと

何かが

 

出てきてしまいそうなほどの

 

激烈二日酔い。。。

 

ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。。。

 

トーク登壇中に

 

うっかり

マーライオン、

 

なんて

目も当てられぬ。。。

 

バックヤードで

 

迎え酒を

ダクダクと

 

投入し、

 

気持ちを

麻痺させたところで

 

トーク登壇。

 

慎重に慎重を重ねながら

 

口を開き

すぐ

口をしぼませる。

 

一種の

挙動不審に

なりながらの

 

トーク。

 

あふぅ〜

 

なんとか

マーライオンだけは

避けられた。。。

 

ここから

胃袋を

さらに

ぎゅぎゅっと

 

しめこんで

 

熊本酒ブース。

 

古典酒場部講座の

部員さん方々も

 

ご来場くださっており、

嬉しい限り。

 

「このお酒も美味ですよ、

これもいいですよ」

 

熊本の酒蔵取材で伺ってきたことなども

少しご説明を

させていただきながらの

 

熊本酒

振る舞いも

 

無事

完了。

 

昨晩のはしご酒

から

ずいぶんと時間が

立っているにも

関わらず、

 

あぁ、

もう、

ダメだ。。。

 

吐きそう、

いや

もう吐く。。。

 

そんなギリギリな

状態

で。。。

 

 

類さんの

ボーリング大会にまで

 

同席させていただく

ちゃっかりもの。

 

類さんとボーリングの

権利を

獲得された

 

女の子ちゃんたちの

弾ける笑顔が

素敵だったなあ。

 

 

類さんは

いらっしゃるだけで

 

みんなを

幸せにしますねえ。

 

素敵。

 

今回の

イベントの模様は

 

類さんの

「酒王」にても

ご紹介されております。

 

東北&熊本へ

思いを寄せながら

 

呑んで応援、

 

ご賛同くださり

 

足を運んでくださった

ご来場の

皆様方

 

ありがとうございました!

 

 

そして

毎回

たくさんのコンテンツを

用意してくださり、

 

隅々まで

仕切ってくださっている

 

須永番長、

 

そして

手弁当で

運営ボランティアスタッフを

してくださっている

 

皆様方

 

いつも

感謝です。

 

(2016.9.4)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-05 09:58:22

スパイスの魔術師、大好きだよ〜。

テーマ:新橋

********************
呑も! 呑も! 熊本・大分・東北のお酒<1754>

千功成<宮城県>

********************

 

【この日の酩酊場所】

川崎「サイゼリア」

川崎「古典酒場部講座@よみうりカルチャー」

鶴見市場「正木屋」

新橋「工藤軒」

 

<大好き、センマイ。「工藤軒」のセンマイは、一度食べたら、忘れられなくなる唯一無二の美味しさです>

 

<「tea for 酎」。スパイスの香りが、たまらんです>

 

 

 

<tea for 酎のおかわりがもどかしく、デカグラスで。川崎のマドンナと一緒に、ふたりごくごく>

 

<あれ、おそば、食べたんでしたっけ? 記憶喪失>

 

<〆カレーライス。これ食べ始めると、また呑みたくなる。エンドレス呑み>

 

<横浜組のみなさんは、こんな感じではしご酒されていたそうです>

 

 

 

古典酒場部講座@川崎教室

での

 

定番

課外授業場所

鶴見市場「正木屋」で

 

大いに呑んで

大いに笑った

あとは。

 

謎の行動の

間口さん、

 

そして

横浜組の

みなさんと

 

お別れし、

 

東京組

+横浜組

 

のみんなと

 

はしご酒。

 

向かうは

新橋「工藤軒」。

 

大好きな

立ち呑み酒場。

 

古典酒場部講座を

はじめてからと言うもの、

 

生徒さん方々が

 

よく

この酒場で呑んでいらっしゃるようで

 

とっても嬉しい。

 

授業で

ご紹介させていただいた酒場を

 

同じように

気に入ってくださる、

 

これほど

嬉しいことはないです!

 

酔眼で

新しきメニュー発見。

 

「tea for 酎」。

 

おおおおおっ!!

 

これ、

ヤバイやつだ。

 

ものすっごく

呑んじゃうよ〜〜。

 

スパイスが絶妙にきいた

紅茶酎ハイ。

 

マスター、

さすがは

スパイスの魔術師。

 

めちゃめちゃ

ハマってしまう味。

 

ここで激愛食している

センマイも。

 

あぁ、

ほんと、

美味しい!!

 

tea for 酎、

おかわり〜〜、

 

いや、

もうもどかしいから、

 

倍のサイズでください〜〜〜!!

 

デカグラスに

特別に作って頂き、

 

がぶ呑み。

 

〆のカレーライスも

ばぐばぐ。

 

ここ、

カレーも絶品なんですよねえ。

 

ほんと、

スパイスの使い方が

上手だなあ。

 

〆のメシまで

大満喫。

 

(2016.9.3)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD