ノン・リン・ニョロ子の「のんほい日記」

2010年6月、898gで生まれた未熟児ノン、リン姉さん、妹・ニョロ子が繰り広げる、明るく楽しく、時に熾烈な3姉妹の日々。


テーマ:

2017年、あけましておめでとうございます。

 
齢40にして、今までにないハイフィーバーな年明けとなりました。テンションじゃなくて、体温の方が…(ノ_<)
 
さかのぼること12月28日、フェリーに揺られて帰省先の北九州へ。
 
12月30日午後  次女ノン発熱
 
31日 急患センターで「インフルエンザA型」陽性。  その午後、私&長女リン発熱
 
1月1日  私のみ、急患センターへ。綿棒を鼻の穴に10秒突っ込んで、「インフルエンザA型」陽性……うん、知ってたヽ(´o`;
 
2日 夜 3女ニョロ子発熱
 
ノン以外の子も急患センターに連れて行きたかったんだけど、いかんせん私の身体が動かない。
急患センターに行けば、子供用にタミフルの粉薬を数日分出してもらえるわけですが、ドクターいわく、タミフル飲んでも、1、2日治るのが早くなるだけ、とのこと。(実は、タミフルを早々にゲットしたノンも、あまりの苦さにのめずじまい)
どうせ冬休みで急ぐわけでもないので、子どもたちには、自身の治癒力を振り絞り、じっくり治してもらうことにしました。
 
子どもたちは揃って、2日間(発症日+翌日)高熱のあと解熱、その後、1日おいて再び発熱という道筋をたどりつつ回復に向かってます。
 
私は、家族で唯一ワクチン打ってたにもかかわらず、3日間ほぼ動けませんでした。気分は小島よしお。
image
 
その間、こて夫はどうしていたのかというと、、、
常に「オレ」最優先な男!
ホテル滞在で2部屋とっていたため、なるべく我々インフラーたちとの接触を避けて過ごしてました。私はどんなに高熱でも、娘たちと添い寝で、数時間おきに起こされましたけどもね(−_−#)
 
そんな家族の犠牲のおかげで、こて夫はほどほどの熱で収まり、今のところ、一家で一番軽症で済みそうです。
 
ホテル滞在だったから、狭い空間でこんなにうつっちゃったんだろうなぁ。
家族総倒れなんて、初めて!
そして、ニョロ子&ノンにとってはインフルエンザ人生初!!
非常に思い出深い年越しとなりました。
 
熱にうなされながら見た初夢。
 
ニョロ子がどういうわけか水洗便所にはまって、しかも溺れちゃってる(←あの水量で!?)
それを見つけた私。とりあえず大声で「ニョロ子、ニョロ子~」と叫ぶけれど、返事がない。
これはもう、救急車を呼ぶしかない!スマホで119番通報するが、なんかうまく通話できない(°Д°;≡°Д°;)
 
↑電話する前に、目の前の娘を助けてやれよ、私(;´Д`)ノ
 
年をまたいだインフルの大厄を便所の水に流して、いい年にしたいものです。
 
 
おまけ☆
去年の冬、リンが妹たちに教えてあげた大事なこと。
「今、学校ではインフルエンザB型が流行ってるんだよ。
image
妹たち(O型)も、ぜひお気を付けください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「家族のこと」 の記事

テーマ:
はげしく咳き込む次女ノン。
image
咳き込むあまり
ゴホゴホゴホっ、ウゲっ

image

 

 

「ママ、なんか出たっ!大丈夫?
これ、脳みそ!!??
 
 
「……大丈夫。痰、あるいは、食べカスっす」
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある夏の日の思い出

 

旅先のホテルで、子どもたちより先に目覚めた私。

次女ノンが、ベッドから今にも落ちそうな寝方をしていて、「よくこんな端っこで寝られるわ~」と思いながら見ていたら、そこから数秒間で、あり得ない起き上がり方を披露したのです。

 

以下、再現写真。

(起きたあとで、本人に説明して再現してもらったため、メガネかけてます。本人は「へ~、そんな起き方だったの?」と、意識がなかった模様。。。)

 

こんな感じで寝てて・・・

image

ずるずると下がってきて、

image

さらに、ずるずる、、、あっ、手が床につかえた。

image

と、思った瞬間

image

image

image

起き上がると同時に、爽やかな「おはよう!」

 

・・・いつもと何ら変わらないトーンで1日を始めないでください。

こっちは、オドロキのあまり、言葉を失っているところです( ̄□ ̄;)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大変久しぶりですので、ここでちょっと登場人物の確認を。

☆こて丸3姉妹☆

長女 リン 小2

次女 ノン 年長、6歳

3女 ニョロ子 年少、3歳

となっております。

 

*********

先日、食事中のこと。

口をつける前から、「このスープ、いらないっ!食べないっ!」と言うニョロ子に、母、プッツーン(古)

3歳児相手にどなり散らしたところ、ニョロ子は隣の部屋へ逃げて、号泣。

 

それを見ていたノン姉ちゃんが、やや呆れ顔で「子どもによる子どもゴコロの解説」を始めました。

「ママ、あのね。

ニョロ子には、ニョロ子の気持ちがあるんだよ。今は、寂しいとか、悲しい気持ちなんだよ、きっと」

image

子どもゴコロ解説=「状況把握」につづいて、「誤りの指摘」

「それから、スープを飲んで欲しいときには、怒るんじゃなくて、優しく言った方がいいと思うよ。『スープ飲もうね』って。

あとで、私がニョロ子のところに行って、気持ちを聞いてきてあげるから。それからニョロ子と一緒に、ママに謝りにくるね」

母へのダメ出しかと思ったら、フォローまであった...(´□`。)

 

こうしてニョロ子は、心優しいノン姉ちゃんに救われたのでした。

 

と言いたいところですが、ノンが助けにいくまでもなく、3分ほど泣いたらケロッと食卓にもどってきて、何食わぬ顔で食べてましたとさ。(・・・末っ子ですが、何か!?)

 

*******

母(まもなく40歳)に、分かりやすくかつ丁寧に3歳児の扱い方をレクチャーしてくれる6歳。

「いや~、お母さん、あなたのこと尊敬してるわ」と、伝えずにはいられない次女なんですが、実は、ただいま絶賛トラブル中(>_<)

保育園行き渋り、チック、強迫観念に近い不安感、見えない小人さんとの会話、、、

私も医者、担任、園長、教育相談、と、あっちこっちに相談に行っては、凹んだり、焦ったり、少し前向きになったり、と、体も心も忙しい感じです。

いろんなアドバイスもらうけど、私自身の根っこはここ。

「なんか知らんけど、ノンはとっても魅力的で心根の優しい子。私にはないステキなところをいっぱいもってる。ノンはきっと大丈夫」

 

小さな心を痛めていると思うとこっちまで苦しくなるけれど、それだとドツボにはまるだけなので、母として私ができることをやるだけやって、ノンを信じていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人のものが欲しくなるのが、人間の心理でありまして・・・


ある晩、お父さんとなにやらペチャクチャ話をする長女リン。

それを見た、次女ノン。
「パパ、パパ!ちょっと聞いて。ねぇ、聞いて」

「なになに?お母さんが聞いてあげるよ~」と言っても、

「ママじゃないっ!」

image

それを見ていた3女ニョロ子。
そっと部屋を抜け出し、階段をあがって、2階から大声で

image

3人の娘たちの愛に身をひきちぎられそうなこて夫。
ニョロ子に向かって、一言。

image

これは、私たち夫婦共通の友人「すけこましK」、もとい、「イケメンK」が、ある時期、出会う女という女にひっきりなしに惚れられまくり、思わず漏らした苦悩の一言。
私たち夫婦の間で、「一生に一度は言ってみたい日本語ランキング」不動の1位なのであります。

いや~、まさか、こて夫がこの言葉を発する日がくるとは!
人生捨てたもんじゃないね *:・( ̄∀ ̄)・:*:



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
動物の絵本を見ていて、なにげなく
「うわっ、このマレーグマの顔、ニョロ子に似てない?」
と言ったら、

「ホントだ。似てる、似てる~。一緒に写真撮って~」

image
「ママ、撮った写真、見せて。わ~~~っ、似てるねぇ」
思いの外、本人にウケた模様。


そんな会話も忘れた頃。。。
動物園で、マレーグマを発見したニョロ子!

一目散で駆け寄り、半径50mに響き渡る元気な明るい声で、

{B2150D50-3AA1-4DA8-A373-A2E8967637A1:01}

純粋無垢な3歳児をちょっとした出来心で茶化した過去の自分を恥じる母でした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある日の食卓で。
牛乳パックから自分で注ごうとする3女。

「あ~、待って待って。それ、今、パック開けたばっかりで重いから、ニョロ子は無理。お姉ちゃんにやってもらって!」

image


そして、夜。
「誰か~、洗濯物たたむお手伝いしてくれる人、いますか?」

image

我が家のお助けマン、ならぬ、お助けガール・ノン☆
洗濯物をたたむのも、おもちゃの片付けも、さっとやってくれる。

「ニョロ子も、お手伝いしてくれる?ノンと一緒にたためるかなぁ~?」

image

本当に小さい子は、効果音的に「バブー」って使わないんだよっ(`ε´)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【長女リンのトイレトレーニング】

保育園の先生の「保育園ではだいぶおしっこできるようになりましたよ。そろそろおうちでも進めてください」の言葉を真に受けて

母、うちでも必死にがんばる!

がっっっ、本人が母のプレッシャーと焦りを感じてかなかなかうまく進まず、我慢と忍耐の長期戦(><)

【3女ニョロ子のトイレトレ】
保育園の先生「保育園ではだいぶうまくいってますよ~」

家ではオムツでいっか~(´∀`)
トレーニングは120%保育園にお任せ☆

いつのまにか家でもオムツ取れちゃった、のラクラク短期型。ちゃん、ちゃん♪

「キョウダイあるある」ですね。

3女・ニョロ子は、寝ている時にほとんどおしっこをしないという性質もあって、3歳少し過ぎには夜も布パンツになり、また、同じ頃、外出先でもしっかり予告排尿&排便できるようになって、完全にトイレトレ終了(^∇^)/

3歳児のために置いてあるかのような顔をしている我が家のオムツパックは、実はまだ「夜はオムツ派」の次女と、時々おもらしする長女2人のために存在する(^^ゞ

++++++++
3女が、トイレトレ真っ最中だった頃の話。

1階から、2階の母を声を張り上げて呼び出し
「ママっ、おしっこ~!もれる~!ママ~、早く来て~~っ」

急いで階段を駆け下り、「ニョロ子、教えてくれてありがとね」と、わざとらしく優しく声を掛ける私に、背を向けて一言。
{82AF2140-6B2F-435D-AC9A-AFCA7D5F04BE:01}

グヌヌ・・・
コイツっ、今、自分が圧倒的絶対的に優位にいることを分かっていやがる(-_-メ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月で3歳になった3女・ニョロ子。
おしゃべりが単語から文へ進化し、文をいくつかつなげて長~くお話ししてくれるようになりました(´∀`)
ただ、必死でしゃべってくれるんだけど、だんだん支離滅裂になり、最後はとんでもないところに着地。(今日ね、今日ね、かのんちゃんとね・・・・から始まって・・・だから、パパは女の子なんだよね。で終了)
本人は言い切った感満々でドヤ顔☆という、かわいい成長過程におります。

++++++++++++
<3女の条件反射>
水などをこぼす

お母さんが「もうっ!」って言う(※感情に正直な母)

「ごめんなさい」

という過程を幾度か繰り返し、最近は水をこぼしたら即「ごめんなさい」と言うようになりました。

ある日、また水をこぼしたニョロ子

image

「心の声」漏れてますよ。。。(´Д`;)

しかも「ゴメンナサイ」の方には心がないよねっ!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3キョウダイというのは、上と下がつるんで、真ん中が1人というのはよく聞く話で、我が家も例にもれず、次女ノンが1人になることがしばしばあります。

状況から推測するに、その理由はおそらく
「寄らば大樹の陰」  by 3番目

上の2人が反発しあった時、さて残された3番目の私はどちらに付くべきか…力の強い方に決まってるでしょ!と、幼いながらも政治力を発揮。
なかなかあざとい。

でも、いつも次女が外されてるわけではなく、年齢的にまだ3女には入れない遊びも多く
「ニョロ子は来ちゃダメ!あっち行ってて」
と、リン&ノンに邪険に扱われることもよくある。

上2人でニョロ子をのけ者にして、泣かせてしまった時。。。その悲しそうな姿を見て、ニョロ子にそっと近づくノン。

image


3女の気持ちに寄り添ってみた。

さすが、次女。長女はほぼ感じることのない悲しみと辛さを日々経験しているだけのことはあるわ。


♪人は悲しみが多い~ほど~
人には~優しくできるのだか~ら~~~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。