わざとらしい大人ばかり。

テーマ:


 

 昨年末の総選挙のとき、すでに中東の人質事件は起きていたのに、すべてに口封じを命じて、のうのうと選挙なんぞをやっていた連中がだ、ここにきてあ~だこ~だ言ってる姿は漫画でも描けない。

 新聞・テレビは相変わらずの間抜け阿呆の集まり。

 その時 選挙どころではないだろう? その一言さえ発することもなく、選挙報道にトチ狂っていた光景がジャーナリズム? を語る資格なんざあるわけもない。

 そ~んな報道をまだ正座して聞き入って感心している大人って? 

 子供たちにはそう教えてやっている。


 資本主義はおわりだ! とは言いながら、その日常は借金漬けで、家や車や買い物までも分割ローンと来たもんだ。

 これは笑い話だ。

 そんなあんた自身も、終わるというオチ。

 政治も金融も経済も、その辺の賭場の日常の光景となにも変わらない。

 個人も企業も借金漬け。

 そんな姿で利益がどうの含み資産がどうの・・・ここは猿の惑星か?


 まわりや他人に注意され怒られるまではなにをやっても良いんだとさ。

 だれも見てなければ、なにをやっても良いんだとさ。

 良い悪いの話ではなく、そうやってまわりばかりをキョロキョロ見ながら生きてる大人社会は、もうとるに足らない昆虫図鑑。

 まわりなど関係なく、まず自己主張すること、自ら自分を律し、自分の価値観で、自分のリズムで生きること・・・これが出来る大人なんて、老若男女を問わず、そんなに見掛けなくなった。

 他人や社会を常にビクビク眺めて、そうして自分の生き方をその日暮らしに決めている。

 退屈じゃ~ないの?


 縄文式土器の時代が先で、弥生式文化が後世だという方程式が正しいと考えている貴方とは、すでにお話が出来ない。

 狩猟移住生活が先で、農耕定住生活が後だという常識に阿呆みたいに捉われてしまっている貴方とは、すでにお話が出来ない。


 登山やスキー、年に1回、前もって予定を組んで、準備して出掛けていって悪天候。

 俺はどんなに忙しくとも、空を眺めて風を感じて、隙があれば即効で出掛けてゆく。

 特別なことではなく、ただの日常の、なんでもないことなのよ。
AD