THE 中島邸 ~分離発注で挑む建築日記~

人生計画に無かった戸建て生活案が突如浮上。
紆余曲折を経て至った結論は「オープンシステム(現「イエヒト」)の分離発注で家を建てる」。
分離発注って何?ガレージライフ、アクアリウムリビング、ウッドデッキからの眺望を楽しむ目標は達成できたのか?


テーマ:

本日は、緊急特別ブログ、です。


私の愛読施主ブログのひとつが、自粛という事態になりました。


施主の奥様のブログですが、ご家族の様々なしがらみや、依頼先とのやり取りから、なかなかご苦労されている様子が伝わるものでした。

が、記事の内容で依頼先へ多数クレームがあったとの事で、自粛、という事態となりました。


私も、応援の意味でコメントを何度か寄せております。

私も含め、依頼先へは疑問を感じる旨のコメントがいくつかありました。

詳細な状況はわかりませんが、それらも含め、依頼先にとっては、マイナスに作用したものと思われます。


さて、この機会ですので、施主ブログについて、思うところを

特に、これから施主ブログを始める方、必見。


ブログに限りませんが、ネットでの情報発信には責任が伴います。

これは、ネット以外での日常生活でも、当然のごとく、です。

ただ、大きく違う事は、それを知る人の数、です。


日常の会話で、何かのマイナス情報を口にしたとしても、それは聞こえる範囲にしか、直接は伝わりません。

もちろん、それが波及していけば、多くの人の耳には入るかもしれません。

一方、ネットの情報は一瞬に全世界へ公開されます。

無論、その情報を皆が見るわけではありませんが、検索で拾われたり、誰かの操作で目に付きやすくなりもします。そして、その情報は本人が消そうとしても、完全には消えないのです。

場合によっては、大問題に発展する事もあります。

そこまでの状況を考えて、発信している人は少ないと思います。


施主ブログは、ハウスメーカーや工務店、建築設計事務所にとって、良い宣伝になるとは限りません。
うまく行っていれば、少しは宣伝になりますが、ひとたびトラブルなどのマイナス情報が載れば、非常に大きなマイナスの宣伝になります。
特に、小さな工務店や建築設計事務所にとっては、その影響力は大きいものになります。


施主ブログとは、非常に破壊力の大きな、武器です。


情報公開によって、依頼先へのプレッシャーにもなりますから、護身のための武器にもなりますし、トラブル報告はそのまま依頼先の信用を砕きます。

ただの日記、覚書帳ではないのです。


事実さえ書いていれば、それは正義だと思う方は、ちょっと考えて欲しい。


事実。


これって、本当にひとつなのでしょうか。


施主ブログに書かれることは、”施主から見た事実”です。
客観的な事実”、とイコールになるとは限りません。


ブログを日記帳感覚で書いていると、ついつい、思ったことをそのまま書いてしまします。

深く考えず。
読者は、書き手の事情とは無関係に、文面をそのまま、自分の解釈で吸収します。
フィルターをかける方もいれば、そのままな方もいます。


時に意図せぬ方向に捉えられ、問題に発展することもあります。


先ほど、ブログを武器に例えました。


そうですね、拳銃だと思ってください。


気に入らないからと、反射的に引き金を引かれたら、どうでしょう。
あるいは、目の前でちらつかされたら、どうでしょう。
的を狙ったつもりが、外れて流れ弾が誰かに当たったら、どうでしょう。


嫌ですよね。私は嫌です。


幸い、ブログという武器は、所持が許されています。
しかし、決して安全なものではありません。

扱う自由はありますが、同時に責任と義務が伴います。


さて。
施主ブログを開設する場合の、私なりの心得を、挙げておこうと思います。


1依頼先の承諾を得る

名前を出す以上、ブログにて逐次状況を発信する旨、伝え、承諾を得るべし。
相手が望まない場合は、仮名を使うなど、依頼先が特定されないように配慮すべし。


2ミスは修正せよ

過去の記事であっても、ミスが判明したら直す。なぜなら書いた本人には過去の情報でも、読者にとっては目にした日が情報を得た日。別記事で訂正しても、検索で引っ掛けた方がそこまで目にするとは限らない。


3発信した情報は消せないと思え

記事を削除できても、公開した記事がどこかに保存されていれば、また誰かがそれを目にします。一度出した情報は消えないのです。


4日記帳ではない。メモ帳でもない。

先に書いたとおりです。個人の日記帳感覚でつらつらと何でも書いてしまうと、意図せぬ解釈で他人に伝わることがあります。


5読み返せ

書いてすぐに公開なんてのは、以ての外。
最後に一読は最低限。できれば一日置いて公開したほうが良いくらい。
これだけでも意図せぬ方向には進みにくくなる。



一方、読者としての心得も記しておこうかと。


1疑問を持て

ネットの情報なんて噂話みたいなもの。正しい情報だけではないことを肝に銘じながら読むべし。


2コメントにも責任が生じる

ブロガーにとって、コメントが頂ける事はうれしい。だから積極的に書いて欲しい。
しかし、責任は生じる。何を書いても良いわけではない。


3事実と異なる話は指摘せよ

ミスをゼロにすることは難しい。読んでいて、明らかに間違った情報が載っていたら、ぜひ指摘してほしい。


取り止めが無い話ですが、そういうことです。

せっかくの良い道具です。上手く使って活かしましょう。



↓ランキング参加中。クリック願います!また脱落中・・・↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

こたちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。