さえないサラリーマンの日記。

普段は『さえないサラリーマン』ですが、ブログサイト上では芸能人・タレントの情報をはじめとして、豊胸・バストアップ関係のプロフェッショナルとして活動しています。
ただ"それ"だけと言われればそれまでだが、"それ"に特化した10年以上続いている老舗ブログ。


テーマ:

今回はタイトルの通り現衆議院議員の宮崎議員の不倫騒動についての記事です。

 

 

 

私はこの手の記事が大好物です。

 

 

 

なぜなら外ではいい面をして、内では言っている事とやっている事が真逆の人間が大嫌いだからです。

 

 

しかもルックスも良く、高学歴のエリートのパーフェクト人間ともなれば、更に叩きたくなってくるのは私の人格に問題があるのかもしれないが、そこはご了承いただきたい。

 

 

 

過去にもサエサラでは国会議員や県議会議員の不祥事に鋭くメスを入れてきた。

 

 

過去の関連記事

ウソ泣き野々村議員の過去や噂|結婚している?家族構成は?

塩村文夏(あやか)の過去|恋のから騒ぎ・Twitterの画像

 

 

宮崎議員の不倫騒動について知らない方の為に、まずはその元ネタとなった週刊文春のニュース記事をご覧ください。

 

 

加藤議員の不倫騒動について

 

自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が地元・京都で女性タレント(34)と不倫・密会していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。

1月30日、宮崎議員は伏見区の自宅に東京から来た女性タレントを招き入れた。

女性タレントは一泊した後に帰京した。

この6日後の2月5日朝方、宮崎氏の妻で同じく自民党の金子恵美衆院議員(37)が都内病院で無事男児を出産。宮崎氏も出産に立ち会っている。

宮崎氏は昨年12月、自らの結婚式後の囲み取材で国会議員としては前代未聞の「育児休暇取得宣言」をぶち上げ、議論を巻き起こしていた。

「公職にある国会議員がプライベートを優先し、育休中も歳費が全額支払われるのはおかしい」といった批判も上がったが、宮崎氏は

「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ」(毎日新聞2月2日付)と反論。

女性を中心に「子育ての在り方を考え直すよい機会になる」と期待の声も大きかった。

週刊文春は宮崎氏に電話で事実確認を求めたが、

「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」

と話し、一方的に電話を切った。

宮崎氏は女性タレントの名前すら知らないとトボケたが、電話の直後、女性タレントのブログやツイッターから2人が会っていた1月30日と31日の記述が削除された。

妻だけでなく、男性の育休取得を応援するすべての人の期待を裏切ったイクメン政治家の“ゲス不倫”。

宮崎氏には、選良として責任ある対応が求められる。

 

出典:週刊文春web

 

最近はベッキーといいゲスな不倫ネタが続いているが、こいつのは個人的に究極にゲスだと思う。

 

 

 

その理由は彼の経歴や活動にあるので、また引用が続いてしまうが、彼のプロフィール経歴をご覧ください。

 

プロフィール

姓名:宮崎 謙介(みやざき けんすけ)

生年月日:1981年1月17日

現年齢:35歳(2016年2月現在)

身長/体重:188cm/78kg

血液型:O型

出身地:東京都新宿区

出身校:早稲田大学商学部

学位・資格:商学士

前職:会社社長

所属委員会:法務委員会・予算委員会・科学技術・イノベーション推進特別委員会・憲法審査会

世襲:無

選出選挙区:京都3区

当選回数:2回

所属党派:自由民主党(二階派)

党役職:青年局次長・自民党ネットメディア局次長・キャリア教育推進特命委員会事務局次長・IT戦略特命委員会幹事・雇用問題調査会幹事・国土強靭化総合調査会幹事

会館部屋番号:衆議院第2議員会館616号室

公式サイト:宮崎けんすけ

出典:Wikipedia

 

漢字が多くて読んでいて眠たくなる見事な経歴の持ち主だが、もう少し掘り下げた経歴・略歴をご覧いただこう。

 

 

 

経歴・略歴

1981年(昭和56年)- 東京都生まれ、2歳~7歳まで総合商社勤務の父の仕事の都合によりフィリピンで生活。
1999年(平成11年)- 早稲田大学高等学院卒業。
2003年(平成15年)- 早稲田大学商学部卒業。日本生命保険に入社。
2007年(平成19年)- 人材派遣会社のインテリジェンスに転職を経て、株式会社ネオトラディションを創業。
2010年(平成22年)- 京都大学大学院工学研究科非常勤講師に就任。
2011年(平成23年)- 親戚がいるため、幼少の頃より馴染みがあった伏見区がある、自民党京都府第三選挙区支部長に選任。
2012年(平成24年)- 第46回衆議院議員総選挙で、自由民主党から出馬し(京都3区)、初当選。
2014年(平成26年)- 第47回衆議院議員総選挙で2回目の当選。

 

絵にかいたようなリアル出木杉君みたいな人物だ。

 

最後に人物像エピソードをご覧ください。

 

 

 

人物像・エピソード

2006年に加藤鮎子と結婚するが3年あまりで離婚。

この時は宮崎が加藤姓に変え加藤紘一の引退後の出馬に控えていたと報道されるが、本人は「当時は政界に興味は全くなかった」と否定している。

2015年5月19日、同じ二階派所属の金子恵美との結婚を発表した。
妻の出産が控えている中、男性の育児休暇について、

「休暇を取ることによって職場で冷遇されるのではないかということが障壁になっている中、国会議員が先例となって率先して育児に参加したい」

として、国会中に一ヶ月程度の育児休暇を取りたいという意向を示した。

このことについて、女性活躍を担当する加藤勝信一億総活躍担当大臣は、

「男性の育児休暇を促していきたい中で、議員が率先してやっていくのは大事」

と述べるとともに、現状、衆議院の規則では育児休暇の規定はないため、

「民間の就業規則などとは違うので、どのように国会の制度に入れていくのか、国会で議論してほしい」、「国民から負託を受けた一票は大変重たいが、それをどう行使していくのかバランスの問題だ」

との考えを示した。

また、宮崎は有志と共に、個人事業主などの育休の取得が困難な労働者のための法整備などを議論する勉強会を立ち上げた。

 

前置きが長くなってしまい申し訳ないが、これらを踏まえ今回の不倫騒動を考えると如何に宮崎議員がゲスを極めているかが分かるし、常人には理解しがたい行動を連発しているかが分かる。

 

 

 

まず、男性の育児休暇の為、率先して有給を取得するという、誰でもできるような女性層の支持を得る為だけの知恵の無い方針をアピールして注目を浴びていながらの、不倫。

 

 

 

『私は女性の味方ですよ!』と善人ぶっていただけにこの不倫は、世間の女性を裏切ったという罪も加わり、普通の不倫より罪は重い。

 

 

そしてこの育児休暇の件に関して、国会内で勉強会を立ち上げ多くの議員を巻き込んでおり、安倍首相の注目も高かった事から、そういう関係者に対してにも多大なる迷惑をかけているという点も罪に加えよう。

 

 

 

今回の件で間違いなく、今進めている男性の育児休暇取得の件に支障をきたしてくるだろうし、恐らく国会答弁の中にも登場してくる事を考えると、こういう時間を我々の税金を無駄に使っていると考えると腹ただしい。

 

 

昨日の衆院本会議に出席後、国会内で記者団に不倫疑惑について問われた宮崎は、無言のまま駆け足で車に乗り込みその場から立ち去ったのだが、逃げ方が挙動不審すぎてとてつもなく気持ちが悪かった。

 

 

 

かつて一世を風靡した野々村さんばりに気持ちが悪かった。

 

 

 

やっていないなら正々堂々と『私はやっていない』と身の潔白を証明するべきだし、やってしまったのであれば素直に謝ればいいし、白を切り通せる準備ができているならウソでもなんでもつけばいい。

 

 

 

キョドって無言で逃走という絵は、やった事を認めてしまったと同じ意味だし、潔が悪すぎて気持ちの悪い最悪の行動だと思う。

 

 

4日前の宮崎議員のブログには生まれたての赤ちゃんの画像が載っており、『長男が出てきてくれました。』と書いているが、子供が不憫だし、どんな不倫した4日後にどんな気持ちでこの写真を撮ったのだろう。

 

 

 

宮崎議員の不倫相手のFカップの女性タレントって誰?

次に気になってくるのが、今回の宮崎議員の不倫相手と報じられている女性芸能人という人物だ。

テレビや週刊誌ではまだ名前が伏せられているが、週刊文春の記事内容と本人のブログの内容を照らし合わせると1名の人物に的を絞れてしまうのだ。

 

その人物が、宮沢磨由(34)

 

奥さんの金子恵美さんが知性あふれる美人な人なだけに、それよりも魅力的な女性に揺らいでしまったのかと思いきや、なんかオバさん臭くて品の無い女性だ。

 

 

今話題の狩野英孝の彼女の加藤紗里とジャンルは違うが気持ち悪い。

公称プロフィールでは34歳になっているが、34歳には見えないし、2007年にミス湘南グランプリに輝いているが、ミス湘南の品格を疑ってしまう。

私に言わせれば郊外の安い人妻デリヘルレベルと言ったところだろうか。

 

 

 

ここから考えられる事としては、

 

  • 宮崎議員は凄くB専で、奥さんが世間一般では美人なのにどうしても美人と思えないまま、世間体だけを気にして結婚していまったので、今回ブスな方に揺らいでしまった。
  • 出産を迎える間、夜の夫婦生活を営めないので、溜まりに溜まって性欲が抑えきれず、理性が崩壊してブスを抱いた。

この2択になると思うが、どちらにせよ、ブスがいる風俗店にお金を払って行っていればこんな大きな問題にならずに済んだのであろう。

 

 

何よりも出産を無事終えて、これから子育てをしていくというただでさえ不安定な精神状態の中で、この騒動に巻き込まれてしまった金子恵美さんが不憫でならない。

 

 

 

今回の件で、謝罪会見が近いうちに行われると思うが、どんな言い訳を準備してくるかが見ものだが、どんな会見をしようが、彼の失った信用は大きいし、支持してくれていた人達の大半を失うと考えると、彼の政治生命も危ういであろう。

 

 

 

私は元々支持もしていなかったし、彼に関心も無かったが、今回のゲスい事をしてしまった件で、潔く不倫を認めて議員を辞職して、ゲスの極み乙女。の川谷と

 

 

センテンススプリングというユニットを組んで謝罪ソングを一生懸命に歌えば、許してあげるし、今後支持もしてあげようと思う。

 

 

そしてそのユニットをプロデュースするのは、谷原章介であってほしいし、

 

「あいつらやっぱりセンテンススプリングだ!」

 

 

 

なんて決めセリフを言ってくれれば、それだけで白飯3杯は食べられる。

 

 

 

自分でも驚くほど、想像を絶するしょーもないオチになってしまった事はお許し下さい。

 

 



調査実績39年 原一探偵事務所

 

 

いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)