2005-08-10 11:11:11

沢口靖子と回る寿司・・・の巻

テーマ:Diary of lie

ゆうやけ


「こたろう兄ちゃん、久しぶりやなぁ~」
∑( ̄◇ ̄*)エッ!?
振り返ったそのおなごはんは、なんと、沢口靖子でして・・・。
「なんや、いつ帰ってきたん?」
実は、わいと靖子んちは、父方の親戚に当たりましてなぁ~。姪っ子が小学生の頃は、家庭教師代わりによう勉強も見てもろてて、めちゃ可愛がってもろてましてん。
せやけど、なにせ、一時期はえらい売れっ子になってしまいましたからなぁ~。忙しゅーて、すっかりご無沙汰してましてんよぉ~。
それが、最近の出番といえば、2時間ドラマスペシャル箪笥にゴンくらいなもんで、目まぐるしい忙しさっちゅーわけではなくなったみたいで、夏休みとって帰省したらしいんですわ。
ノ(_ _ ノ)オカエリナサイマセ
「この夏休みは、懐かしい人たちんとこ、うーんと周るつもりやねん」
昔のままの、くったくのない笑顔でそない言うと・・・。
「あぁ~、お腹空いたわ。食べ放題やて聞いたから、昼も抜いてきたんやで」と、靖子はわいの腕をつかんで、とっとこ店内へと入って行きましてん。
C= C= C= ┌(・_・)┘トコトコ
せっかく久々に靖子を連れて寿司を食べに行くのやったら、ほんまは、もっともっと旨い店に連れて行きたかったんですけど、靖子は、そんなん全然、平気の様子で、わいの目の前で、ほんまに美味しそうに、次々と皿を空にしていきますぅ~。
なんや、一緒に食べてるわいまで、この間来たときと味が違うんやないかと思うくらいに、なんでか美味しく感じてきましてなぁ~。
「ほんまに美味しそうに食べるなぁ~」
わいが、しみじみとそうつぶやくと、靖子は、また満面の笑顔で・・・。
ヾ(*⌒¬⌒*)ノ ウマヒィ
「そら、こたろう兄ちゃんと一緒やもん。
何食べたって、美味しいわ」
そない言うてくれますねん。
(ノω・、) ウゥ・・・
なんて、ええ子なんやろ・・・。
売れっ子の女優になっても、ちーっと落ち目になってきても、靖子はちっとも変わらへんで、いつまでも、ずーっと昔のままのやさしさを残しててくれて・・・。
どんなものでも、笑顔で「美味しい、美味しい」言うて食べてくれると、多少はまずいもんかて、ほんまに美味しく思えてきますねんなぁ~。
わいは、理想のおなごはんリストの中に、「美味そうに、食事をしてくれる人」という項目を付け加えましてん。
(* ̄。 ̄*)ウットリ
「いつまでボーッとしてんねん! 
早よ、食べんと片付けられへんやん!」
・・・ふと気づくと、おかんが、ムッとした顔でわいのこと睨んでまして・・・。
「あれ? 靖子は?」
「はあ?」
「沢口靖子やん」
「さっきコマーシャルで出てた子やろ?
それがどないしたん?」
「うちの親戚やなかったっけ?」
「なに、寝ぼけてんねん。
とっとと食べてしもてや」
「・・・・・・・・・」
(ー。ー)フゥ。。。
また、やってしまいましたわ・・・。「沢口靖子と親戚で仲良しや」幻想は、またも、現実の前に、木っ端微塵に吹き飛んでしまいましたわ。
ご応募くださった皆はん、ほんま、すんませ~ん。どうか、わいの空想癖を許しておくんなましぃ~。
反省の意味を込めて、わいは、こいから一生、回らん寿司を自腹で食べに行くことは絶対にしまへん!
(◔‿◔。)
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-08 13:45:34

謎の女性と寿司食べ放題・・・の巻

テーマ:Diary of lie

回転寿司


わがままに生きてきたが、おとんが亡くなってからというもの、姪っ子(姉の子)連れて、週末にちょこちょこ泊まりに来るようになりましてなぁ~。
わいは、これまで何かと姉の尻拭いばっかしさせられてきた身やから、どうも手放しで喜ばれへんとこありますねんけど・・・。
あんまし不機嫌な顔してますと、おかんに小言言われてしまいすから、ほどほどに、あたらず触らずを決めこんでますねん。
( ̄。 ̄)フーン♪
その姉ちゃんが、何を思ったか、いきなし、「寿司食べに行こう」言い出しましてなぁ~。
まさか、わいにたかる気やないやろな・・・と、内心、ドキッとしましてんけど・・・。
いつもは、「長男のこたろうを差し置いて、私がでしゃばるわけにはいかん」とか何とかうまいことほざいて、いろいろわいに押し付けてくるくせに、今回はご馳走してくれるて言いますねん。
Σ('◇'*)エェッ!?
で、おかんと姪っ子も連れて4人で、近所に新しくでけた、「○○寿司」に行きましてんけど・・・。
回転寿司とはいえ、この界隈じゃ、ちーっとばっかし名の知れたお高めな店! それやのに、味はなーんてことないごく普通のレベルで、まさに、噂倒れですねん。
まずいわけちゃいますけど、値段が値段やから、ちーっとも得した感じ=満足感がおまへんのや! 
ε- ( ̄、 ̄A) フムー
ようこんなんで、関西でやってけるなぁ~って感じで、わいに言わせれば合格点からはほど遠い店でしてんけど・・・。
そんなこと一言でも口に出そうものなら、また姉ちゃんがブチ切れて、喚き散らしかねまへんから、じっと我慢の子でほどほどに食べて、おとなしゅう帰って来ましてん。
でも当然、わいのお出かけリストからは、しっかりと外しておきましたでぇ~!
(((((¬_¬) フンッ
ところが、それから1月もせんうちに、その「○○寿司」から、抽選に当たったていうて、無料で食べ放題のチケット2名様分が送られてきましてなぁ~。
そういえば姪っ子があの日、冗談半分で何かに応募してたんを思い出しまして・・・電話で確認してみたら、「お母さんがいっつも迷惑かけてるお詫びや」言うて、わいにプレゼントしてくれましてん。
しかも、「一緒に行く相手まで、用意してあるから楽しみにしといてなぁ~」って、意味深な言い方しよりましてなぁ~。
(ーー .。oO(想像中)
まさか、「仲良うしなさい」なんて説教じみたこと言うて、姉ちゃんと2人で行かせようて魂胆ちゃうやろな・・・と、ついつい裏を考えてしもて、サグリを入れてみましてんけど、はっきし「違う!」て言いまして・・・。
そのうえ、わいがめちゃめちゃ喜ぶ相手やて断言しよりますねん。
わいが喜ぶ相手・・・もちろん、おなごはんで・・・しかも、姪っ子の知り合いで・・・どう考えても、どう記憶を手繰り寄せても思いつかんまま月日は流れていきまして・・・。
\(||_ _)/ オテアゲ
せっかくの姪っ子の好意を無にするわけにもいくまいと、一度はお出かけリストから外したその店に、夕べ、意を決してお出かけしてみましてん。
待ち合わせの時間5分前・・・すでに店の前には、日傘を差したおなごはんが立ってはりまして・・・。
傘で隠れて顔は見えまへんでしたけど、きっと、その人に違いないやろと、わいは一歩一歩・・・早鐘のように高鳴る胸の鼓動を抑えつつ・・・そのおなごはんに接近・・・。
ヘ(-.-;)...オマタセ
「あの・・・」っと、わいが声を掛けた途端、振り返った彼女は・・・確かに、わいのよう知ってる人で・・・もちろん、姪っ子もよう知ってる人で・・・というか、恐らく日本国中の多くの人が、よーく知ってる人で・・・。
あ、あかん・・・おかんが夕飯やて呼んでますわ。
続きは、また後日と言うことで。
さて、わいは誰と一緒に、寿司食べ放題の店に行ったんやと思いますぅ~? 正解者の中から抽選で1名様に、回転寿司をご馳走しますでぇ~!どしどしご応募を!
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-04 11:24:06

小樽の夜は更けて…の巻

テーマ:Diary of lie

小樽運河


わいの愛の放浪者としての、人生の旅が、いよいよ再スタートしましたでぇ~。

機会を見つけては心機一転しとかんと、心はすぐに慣れた癖を繰り返してしまいますからなぁ~。

実はここんとこ、何やるのもちーっと億劫になってしもて…気持ちブルーが入ってましたよってに、ここいらで心の中にも風通して、空気の入れ替えすることにしましてん。





スウ~(-。-)ハァ~(-0-)





…というわけで、わいは今、小樽に来てますぅ~。思い出の地、小樽…。

街を流れる運河の水面にランプの灯りが映し出され、えらいノスタルジックな雰囲気を醸し出してますねん。

なんで彼女がこの街に来たがったんか、ちっとだけわかるような気がしますわ。





(ーー;).。oO(追憶中)





「別に結婚なんか望んでへん。ただ、あんたの子供が欲しいだけやねん」


そない、わけのわからん強がり言うて、自分から穏やかな愛の暮らしをぐしゃぐしゃにしてしまうよなおなごでしたから…。

派手に見せてる化粧の裏側に隠した、寂しがりやな自分を支えるためには、何かしらの‘物語’が必要でしてんなぁ~。




レ( ̄ー ̄)ナットク!!( ̄^ ̄/)




水面に揺れるランプの影のように、はかなげで美しい物語…こら、南の島じゃあきまへんねん!

季節外れの静かな街で、ゆっくりと、一枚一枚、心のカセやわだかまり、嘘や虚栄や強がりを、脱ぎ捨てていきますねん。

で、いつもは恥ずかしがってそんなことせーへんくせに、手と手が触れたときに、こそっと指をからめてきましてなぁ~。




イヤン(*ノ∇)ゝ




そんときの、はにかんだ顔が可愛いて…何年付き合うてても、おなごって、いろんな顔見せてくれて…ええなぁ~って改めて思いましてんよぉ~。

今夜は高倉の健はんみたいに、地元の炉端焼きかなんかで、熱燗を一杯…。彼女が焼き魚の身を食べやすくほぐしてくれたりして…。




(-ι- ) クックック




「あーあ、肉食べたい!」


(゜゜;)エエッ

「…魚ちゃうん?」

「なんで?焼肉行こぉ~」

「お、小樽やでぇ~!?」

「だって肉食べたいねんもん」

「北海道やでぇ~!?」

「あっ、ジンギスカンか!」

「そうやなくて、高倉健はんやん!」

「高倉健の店があんの?」

「………」

「なんやねん!」





(ー。ー)フゥ




そやった…!ヤクザ映画観た後、肩で風切って歩くのは男の方やった。ほんまは、‘物語’が必要なんは、わいら男の方ですねんなぁ~。

せやから、いつも男は、美しきヒロインを追い求めてしまいますのや!




レ( ̄ー ̄)再びナットク!!( ̄^ ̄/)

 



小樽のカルビもなかなかのもんです…。



ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-04-24 22:55:52

拝啓、クリソツ君・・・の巻

テーマ:Diary of lie

2度付けお断り

 

こんなかたちで、こたろうさんとの約束を守れなくなってしまったこと、本当に申し訳なく思っています。

私が約束の場所へ行けなくなってしまったのは、決して、マーガレットの花を髪に付け、赤いふうせんを持って行くのが恥ずかしかったからではありません!

むしろ私は得意の玉乗りだってお見せしようと、スプリングコートの下はレオタード姿で出かける予定でした。
それが、私のために必死でオカリナの練習をしてくれた、こたろうさんに対する礼儀でもあるし、関西人のお笑いポリシーだと思ったからです。

でも、結局、私は行けなかった…。

私には今、こたろうさんに会う資格がないと気づいたからです。

こたろうさんのやさしさや、お茶目な部分に急激に惹かれていったのは本当だけど…でも、私はいつもあなたに、ある別な人を重ね合わせていました。

最初に言ったよね、昔大好きだった彼に似ているって…。

こたろうさんのこと知れば知るほど、ますます彼との思い出と重ね合わせてしまって、私はまるで彼がまた私の元へと戻って来てくれたような錯覚すら覚えてしまっていました。
オカリナを吹いて欲しいなんて、おかしなことを頼んだのも、彼がオカリナ奏者だったから…。
私はいつの間にか、こたろうさんのことを、もっともっと彼に似せようとしていたのです。

無意識とはいえ、最低だよね。ごめんなさい。本当にごめんなさい!

今すぐ許してなんて虫のよいことは言えないけれど、いつの日か私が、他の誰でもない、こたろうさん自身をちゃんと見れるようになったら、そのときこそ、改めてデートして欲しい!
どうか、それまでもう少し、私に時間を下さい。

スルメとオカリナも、その時まで保存しておいて下さいね。





(ー。ー)フゥ





わいは、めぐみちゃんと行くはずやった串かつ屋で軽く一杯やりながら、この手紙を読みましてん。

まだ何も始まってへんのに、まるでひとつの恋が終わったみたいな、妙な寂しさが込み上げてきましてなぁ~。

正直、ぐったりしてしまいましたわぁ~。






((((_ _|||))))ドヨーン






でも、わいなんかより、こんなわいの嘘日記を読んで本気でわいのことを応援してくれはった皆はんの方が、何倍もぐったりしてはる思うと…。
今夜は悪夢にうなされそうですぅ~!






(ノω・、) ウゥ・・・






こんなホラ吹いてしもて、ほんまにすんまへ~ん!
許しておくんなはれやぁ~!






・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。 ウワァーン!!






わい、反省の意味込めて、こいから一生、オカリナ断ちしますぅ~!
今までも吹いたことおまへんねんけど、たとえ、オカリナ奏者にならへんかて誘われても、きっぱしお断りしますわ。






<( ̄- ̄)> キッパリ!






せやから、どうか、どうか、お願いだからぁ~、堪忍でっせぇ~!




(*_ _)人ゴメンナサイ




ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-04-23 21:12:08

合い言葉は、マーガレットと巨大なスルメ・・・の巻

テーマ:Diary of lie

 

マーガレット  


いくら写真の交換はしてるて言うても、初対面には変わりはおまへんから、わいは2人の出会いを盛り上げるべく、ちょっとした作戦を練りましてん。

せやかて、わいの好きな韓国ドラマでは、大抵、待ち合わせですれ違いが起きてしもて、その後、とんでもない悲劇へと巻き込まれていきますねんもん。

こら、用心するに越したことないと思いますやん!





(━_━)ゝウーム





で、まず、人混みの中でお互いを見失うことのないように、めぐみちゃんには、頭にマーガレットの花付けて、手には赤いふうせん持って来てもらえるよう頼んでみましてん。

もちろん、わいかて多少のリスクは犯さなあきまへんから、胸ポケットにデカいスルメを入れてく言いましてんよぉ~。

つまり、それが合い言葉の代わり…互いが互いを認識する方法ですねん!

なんや、スパイみたいで格好ええですやろ?






<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!






実は、このユーモアおちゃめなセンスにどこまで付き合うてくれるかが、わいとしては、相手のお人柄を知る大きな決め手やったんですけど…。

先ほどめぐみちゃんからダメ出し入りましてなぁ~。わいだけ目印が地味やて言いはりますねん。






。。。ρ(▼、▼*)チェッ






なんでやねん!…って思いますやんかぁ~。

胸ポケットにスルメでっせぇ~!見た目地味でも匂いがきっついですやん。
多少遠く離れとっても嗅ぎ分けられるでぇ~て言いましたらなぁ~。

チクノウ
やから、そんなんではわからんて言わはりますねん。





ヽ( ̄ー ̄ )ノおてあげ





ほな、どないして欲しいねんって聞いてみましたら…。

「オカリナ吹いて欲しい」

そない言わはりますねん。





( ̄へ ̄)ふむっ・・






敵もさる者…!わいかて、‘チャーミーこた’の名に掛けて負けるわけにはいきまへんから、それを了承!

幸い、小学生の頃は、オカリナ奏者として、ちっとは地元でも知られる腕前でしたよってに、一夜漬けの練習でも、すぐまた昔の勘を取り戻せるやろう思いましてなぁ~。

この際、ギャフンて言わせたるために、こいから特訓しますねん!






p( ^ 0 ^ )q がんばるで~!






…ところで、デートって、こんな心でのぞむもんでしたやろか…?

ま、えっか。



ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005-04-23 13:20:02

立ち飲みデート・・・の巻

テーマ:Diary of lie

よどばしカメラ


やしきたかじんがよう行くていう、串かつの店行ってみたい」…初めてのデートやのに、と書いて‘めぐみ’と読むていうそのおなごはんは、わいに気を遣うてか、安い立ち飲みの店指定してくれましてん。

わいのブログの写真見て、
昔好きやったお人に似てるから直接話してみたい…そない言うてきはったんが、そもそものきっかけですぅ~。




(*μ_μ) イヤン♪





めぐみ
ちゃんもブログを書いてはって、見せてもろた限りではごくごく普通のお人やったし…。
試しに
メッセでも話してみましてんけど、これまた怪しげな感じもなく好感が持てましたから…。

実は、地味にここ数カ月、
ウェブ交際を続けてきましてんよぉ~。





(*v.v)。ハズイ。。。。





ここんとこ、自己主張の激しい、気の強いタイプのおなごはんとばっかし付き合いが続いてましたよってに、こういう謙虚な、さりげな~い気配り見せられると、わいもふーちゃんもグッときてしまいましてなぁ~。

写真交換して、電話でも何度か話した後、いよいよ会うことにしましてん。






((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪






聞けばお嬢様育ちみたいやのに、ほんまに立ち飲みの串かつでええんやろか…。ふーちゃんのお帽子はまだいらんやろか…。
それより何より、わい…まただまされんのちゃうやろか…。





(ーー;).。oO(想像中)





さまざまな疑問や妄想が渦巻く中、わいはついに決心!

明日、梅田のヨドバシカメラの前で待ち合わせして、初デートすることになりましてん!





p( ^ 0 ^ )q がんばるでぇ~!






詳細はまた明日ご報告しますよってに、どうか、皆はんも、わいの久々のデートの無事を祈ってておくんなましや~!




ほな、また。
ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD



ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。