こんばんは。

パーソナルスタイリスト小種ゆうこです。


春先の定番アウターとなっているトレンチコート。

寒暖の差が激しい今の時期、便利なアイテムです。


着ている方が多いだけに、素敵な着こなしの方を見かけると、つい目で追ってしまいます。

目を惹く方の着こなしは、どこが違うのでしょう?


素敵に見えるひとつの要素は、トレンチコートの「シルエット」が、着ている方と調和しているか、という点ではないでしょうか。


ボディスタイルによって、得意なシルエットと、苦手なシルエットがあります。

得意なシルエットを身に着けると、スタイルよく、おしゃれに見えます。

苦手なシルエットを身に着けると、だらしなく見えたり、やぼったく見えたりします。



トレンチコート自体のデザイン、色、素材などの違いはさておき、付属のベルトを利用することで、手軽にシルエットを変えることができます。


ご自身がより素敵に見えるシルエットを探してみてはいかがでしょうか。


ベルトの結び方を変えて、代表的な 3 つのシルエットをつくる方法をご紹介します。



≪① Iラインシルエット≫

縦長の直線的なラインをつくります。

印象:ベーシック、トラッド


・ウエストマークは、きつすぎず、緩すぎず。

・ベルトの位置は、ウエストジャストでバックルに通します。

・ベルトを結ぶ場合は、シンプルな結び方できれいに結びます。


洗練された女性らしい、正統派の着こなしに。


トラディショナルなバックル通し↓↓




クールな固結び↓↓





≪② Xラインシルエット≫

ウエストを絞り、ボディコンシャスで、ソフトなラインをつくります。

印象:フェミニン、エレガント


・ウエストマークをややきつめに。

・ベルトの位置は、ウエストより高めで結びます。

・ベルトはリボン結びにするとフェミニン、片リボン結びにするとエレガントな印象です。


華やかで女性らしい、ドレス風の着こなしに。


後ろ姿がフェミニンなバックリボン結び ↓↓




エレガントな片リボン結び ↓↓





≪③ Aラインシルエット≫

ウエストは絞らず、Aラインのシルエットをつくります。

印象:ナチュラル、カジュアル


・ウエストマークはあえてしません。

・ベルトは結ばず、ラフに垂らしたり、無造作にポケットに入れます。


大人のおしゃれ感が漂う着こなしに。


ラフに垂らしてカジュアルスタイル↓↓




ポケットに入れてナチュラルスタイル ↓↓




ご自身にしっくりくるシルエットは見つかりましたでしょうか。


少しの着こなしバランスの違いで、定番トレンチコートスタイルが、ぐっと垢抜けますよ。
AD