祝0.5歳

テーマ:

坊やは6ヶ月を迎えました。


今日まで、このそそっかしく、おおざっぱな母の元

元気に成長してくれてありがとう。


初めての育児。

君も初めての世界で戸惑うことたくさんあったね。


おっぱいは吸うのも、吸われるのも不慣れで大変だったね。

おまけに出が悪くて、おばあちゃんたちには

粉ミルクをたくさん飲まされて、ママは落ち込んでました。


いろんな世界を見たいのに、外は北海道の寒い冬。

窓から通りを眺めることしかできず、君は退屈してよく泣いた。

ママはどうしてわからず、泣いた。

二人ともパパが帰ってくるのが待ち遠しかった。

早く春になって、外へ出たかったね。


夜泣きをしなかったけど、

無理な体勢でおっぱいをあげながら寝るので、

ママは体中が痛かったよ。


君がどんどん重くなって、手首が腱鞘炎になり

抱っこができないのもツラカッタ。


あれほど、君が来るのを待ち望んでいたのに、

いろいろ辛くて、ママは死んでしまいたいと思ったこともあったけれど

すべて君の笑顔に救われて、思いとどまることができました。

私は少しずつママになって行ったんだと思います。


パパも父親になるというプレッシャーに負けそうになっていたけれど

今では、誰よりも強く君を思い、守ろうとしています。

彼も、ママに遅れてゆっくりパパになりました。


君の笑顔の魔法のおかけです。


これから、君にたくさんのものを見せてあげよう。

たくさんの音を聞かせてあげよう。

そして、たくさん君とお話しよう。


ようやく北海道も春になりました。

さあ、”家族”で外へいこう!!

AD

だんなさまバトン

テーマ:

函館在住のゆうまま さんから

「旦那バトン」渡されました。

結婚4年目の旦那さまのこと考える良い機会ですね。ラブラブ


私の相方は未妊時代のブログ

「子供がほしいと願う毎日」 ←(読んでみてね)

でも、けっこう人気があったのですよ。


それでは行ってみましょう!!



1.旦那様と初めて会ったときの印象は?


初対面というか同期入社で同じく北海道から採用されました。

会社の研修で100人以上の新人の中で1,2位を争うかっこいい人

ということで噂になってた人ですが、

「そんなにかっこいいかな?」というのが正直な気持ちでした。


彼はすぐに彼女(私ではありません)をつくっていつも一緒にいたので、

彼女とアツアツ(当時はこういう言い方してた)だなと思いました。

だけど、彼女は有名大学出身で彼はおばか大学出身なので

二人の結婚はムズカシイだろうなぁとは思ってました。

(そのおばか大学卒と12年後、自分が結婚するとは夢にも思いませんでした)


2.旦那様の口癖は

ヒャッホーイ!

嬉しい時、驚いた時、困った時、なんでも使いますヾ(@^▽^@)ノ


3.旦那様のニガテなものは

寒さ。

変温動物のように寒いと動けなくなる。

気温20度以下だと、家の中では毛布にくるまっている。

寒いとつらいので最低4枚は服を着ている。


4.旦那様の結婚して変わったところは

オナラがクサくなくなった( ̄□ ̄;)

結婚当初はスカンクのようだったけど

食事が改善されたのか、彼のオナラで呼吸困難にさせられることがなくなりました


5.旦那様のこれは妻の自分しかしらないだろうということは

タイタニックを観て泣く

映画なんて疲れるからキライな人ですが、タイタニックだけはスキらしく

一人で見て、しかも泣いてました

6.旦那様のここが好きという点を3つあげてください。

①目にチカラがあるところ

相手の目を見てお話する妙に自信のあるところがいいですね。

②大きな手

やせてるけど結構たくましく、チカラも強くて大きく包んでくれてます。

③私に感謝の言葉をかけてくれること

私としては照れくさいですが、当たり前のことでも感謝してくれてます。

こちらこそ、どうもありがとう


7.旦那様のここが嫌いという点を3つあげてください。

①パチンコで負けてくるところ

趣味だからしかたないけど勝ってる内に帰っておいでよ。

②巨人が負けたときに落ち込むところ

ミスした選手に悪態をついて、不機嫌になるところ

ニュースも見ないでふてくされて寝てしまう。

③巨人が勝ったとき大喜びするところ

選手をホメ、監督を褒め、大喜び!

その後、各局のプロ野球ニュースを

「いろんな角度から良いプレーが見られるから」

という理由で見まくっている。


8.旦那様の1番かわいいなぁって思うところは

ハナウタで私の名前を連呼するところ

(頭の中は私でいっぱいなんだねドキドキ


9.旦那様と今、1番したい事は

キャンプして相方のつくるカレーが食べたいな


10.次のバトン5人に渡す。

いつも読ませていただいてる

若奥様のおしゃれ育児!? のakachan117さん

せっけん のhandmadesoapsさん

こころ鳩日和 のkokorohatoさん

☆さくらんぼうのあばれんぼうな毎日☆ のoira06210724kobutanuykiさん

ぴよ成長記 hiyo-hiyoー1128さん

よろしくお願いします。

AD

じょびじょば~

テーマ:

こんなことは私だけ?


お風呂から出ると”アソコ”からお湯が

じょーびじょばぁ・・・


体を拭いてると、お湯が太ももを伝います。

ガウンを着て座ると「じょわぁぁ」


出産してからなのです。

ゆるんでる?


帝王切開だったのでここから坊やは出てないのですが

5時間もりきんでしまったから?


全部出さないうちにパジャマを着ると

”おもらし”してしまいます。


私だけ?

どーでもいいですよ・・・

というわけにも行かず


相方におもらしがばれないように

気合入れて、”穴”閉じてます。

AD

ポリオを受けてきました

テーマ:

ポリオの予防接種に行ってきました。


春と秋の実施で春は今日が最後と言うことでとても混んでいました。


ポリオは過去50年日本で発症していないので受けなくてもいいし

実際全体の60%くらいしか接種していないそうで、摂取率も下がっているそうです。


なのに、なぜ受けたか?

それは退屈だったからです。

毎日、坊やと私はお出かけする理由を探しています。

予防接種とは言え、注射じゃなく、飲むタイプなので痛くな~い。

仲良しの保健士さんにも会える。

よーし、行ってみよう!!


混雑してるけど、保健センターは目新しいので

坊やはあっちキョロキョロこっちキョロキョロ。

仲良しの保健士さんに「こんにちはー」とご挨拶してごきげん。

お医者さんの”もしもし”も「イヤンくすぐったい!」とにっこり。

ポリオをスポイトで1滴。ン?んまいぞ!!


しかーし、その後30分は指しゃぶり禁止。

しゃぶった手は即アルコール消毒。

よだれがついた衣服は熱湯消毒。

今後30日間はウンチに菌が混じるので取り扱い要注意。

退屈しのぎの代償ですな・・

爪でかりかり

テーマ:

最近の坊やのマイブームは

爪であちこち「カリカリ」と引っ掻くことです。


ソファーをカリカリ

おもちゃもカリカリ


おっぱいを飲んでると

私のジーパンのひざをカリカリ

乳房をカリカリ

私のぷよぷよ腹&ぷよよん二の腕をカリカリ

ジーパンはいいけど、生身のお肉は痛いです。

たるんでつまみやすいやすくギューと握られることもしばしば。

引き締めに努力します(〃∇〃)

サクラサク

テーマ:

北海道でも桜の花が咲きましたよ。

近所の公園は19日が満開でした。


サクラ


たった1本しか無いサクラですがとてもきれいでした。

花びらが雪のように舞っていました。


北海道の春は一瞬です。


去年のこの時期、お腹の坊やに話しかけながら

この公園をお散歩したことを思い出しました

夫婦水入らず

テーマ:

5ヶ月くらいになると生活のリズムをつけるため

早寝早起きの習慣をつけさせましょう!

と保育士さんに言われたので、いままで親の都合で11時に寝かせていましたが

9時に寝かせることにしました。


急にはムリかなと思いましたが

お風呂に入れてすぐ、部屋を暗くして寝かしつけたら

あっさり寝てくれました。


居間では相方がテレビを観ていました。

「坊やは寝たの?」

「うん、すぐ寝てくれた」

相方はジーット私の顔を見つめます。

もしかして、ラブラブモード突入?

そういえば妊娠発覚以来、清らかな二人の関係が続いていたので

ここら辺でラブラブ??

なんて思っていたら、

「ちょっと待ってて」と言って立ち上がり

すぐに戻り手に持っていたのは電気カミソリ


「ヒゲのびてるよ、そってあげるよ」

「イヤダ!そんなのでイヤー」

「いいからイイカラ!!」と私を押さえつけて

ジジジジジジ

「んむーううううう」あせる

「ほーらきれいになったよ」

やられた!男の人が使う電気カミソリで剃られるなんて・・・

クサイ!電気カミソリはおやじ臭がする


なんだか大切なものを失ってしまったような汚されてしまったようなショック。


自分の顔のお手入れをしていなかったことも反省。

きれいなママを目指しますガーン





何がどうしたいの!

テーマ:

昨日の夜のことでした。

ぐずるから
「おっぱい?」
「イヤー(>。<)ヽ」

「ジュースかな?」ジュースをつくると
「ギャー(さらに大泣き)」哺乳瓶を投げ飛ばす

「ミルクだよー」いそいで冷やしてきたのに
「チガウー(イナバウアーして泣く)」ミルクを吐き出す。

「なんなんだー散歩かな?」抱っこしてベランダへ出る。
「ぎょえぇぇぇぇ(ひたすら泣く)」

「こいつー!ジュースでも飲め\(*`∧´)/」
と哺乳瓶を口に押し込んだらピタっと泣きやんで
「ゴクゴク」あっという間に飲み干す

「モットチョウダイ」
「ジュースはもう無い。ミルクを飲めプンプン
「ゴキュゴキュゴキュ~天使

「アアツカレタ、グーグー」

坊やは時々これをやります。

飲むならなぜ最初にあげた時に飲んでくれないのしょぼん


そこへ相方が帰宅。

「コイツが・・・コイツがぁ汗(泣き)」

「自分の子供にコイツは無いだろう。

よしよし、二人して泣いててしょうがないな」


わからん・・・こいつは何を要求してるのか
母として理解できない(ノ_・、)グスン

いいお天気!こんな日はお花見に行きたいところですが

まだ、近くの公園では少ししか咲いてません。


同じくらいの月齢の子が集まるサークルに行ってきました。


5ヶ月~7ヶ月くらいの子が20人くらいいました。


なんと7割くらいが男の子だったんですよΣ(・ω・ノ)ノ!


住所が近い人同士3つのグループに分けて

保健士さんと座談会したんですが、

私のグループは7人全員が男の子でした男の子


保健士さんのお話では女の子の出生が多く、

市全体を見ても女の子が多いのだけど

今回集まったのは男の子が多かったとのこと。


男の子のお母さんたちは、元気な男の子をもてあまして

サークルに集まってくるのかな?

(私はそういう理由で通ってます)



坊やは何ヶ月?

テーマ:

母が来て言いました。

「坊やも、もう6ヶ月過ぎたんだから、ミルク以外のものどんどん食べさせないと!」


「え?何言ってんの??坊やは5ヶ月だよ!」


「なんで?11月生まれだから12、1、2(と指をおり)

今は5月だから6ヶ月じゃないの!!」


「だってこの前4月に検診行って、保健士さんに”4ヶ月と20日ですね”

って言われたよ」


じゃあ、保健士さんが間違ったのよ

なんて自己中なんだ( ̄□ ̄;)


「あのね、まま、生まれて1ヶ月は0ヶ月目なの。

だから今は生後5ヶ月なのよ。

数え年じゃないんだからね」


「えーこんなに大きいのにまだ5ヶ月なの・・・

6ヶ月でもいいよね~」

私のオカンは自分の意見が正しいといつも思ってる人です

どうしても、間違いを認めたくないようです。


子育てには自分の意見を押し付けて

私が病院で習った現代の理論と合わずいつも衝突しては

「昔はこうしてきたよ」と言います。


私の子供なんだから、私の考えを尊重すべきじゃないの!

とケンカになったり、腹がたったりします。


大人同士だったら、遠慮とか尊重とかありそうなものですが

親子って本音で戦いあえるものなのかな?

どちらも折れること無く実の親子なの

自然と歩み寄ってしまいます。