眠りの森の・・・

テーマ:

眠い!誰か私に麻酔を打ったのか??

それほどひどいつわりも無くピークを乗り切ったはずでしたが、

ここへきて睡魔との闘いです。

会社では10時頃と3時頃更衣室で横になって10分ほど寝ています。

家に帰れば夫が帰るまでソファーで爆睡。

食後テレビを見ながら爆睡。

夫がお茶碗を洗ってくれているようですが、起き上がることもできません。


「あなた、ごめんなさい。寝てばっかりで私ってぐうたら主婦ね」

「ほんとだよ、妊娠してなかったらゆるさないぞ」


本当に本当に眠りの森のぐうたら主婦です。

でも、このまま妊婦のままでもいいかなー

相方は家事に積極的に参加してくれるし、

ごろごろも正当化されるんだもん。


でも、このままじゃ体重が加速増加してしまうな・・・

AD

プレママ教室

テーマ:

同じ職場の妊婦さんに誘われて、「プレママ教室」に参加しました。

まだ、お腹も目立たないので早いかなと思いましたが、

「おみやげいっぱいもらえるから仕事休んでも出たほうがお得よ」

という誘いにつられて行って来ました。


内容は妊娠出産のビデオ見て、産婦人科医の講演とわらべ歌、絵本の読み聞かせ

の講演、お楽しみ抽選会でした。


もちろん、会場は妊婦だらけ。

本当に日本は少子化なのか?と思えるほど。

中にはカップルでご参加組も。平日休みの人っていいな。


出産のビデオを見ている時は、周りの皆さん感動で泣いてました。

私もようやく生まれておっぱいを飲む赤ちゃん映像にウルウル、グスグス。

妊婦は涙もろくなってるのでしょうか?


産婦人科医の講演はヘタでしたね。

何を言いたいんだか良くわかりません。ひとつだけ参考になったのは

たくさん水分を補給してあげないと、羊水もきれいにならなくて出産が大変だということ。


お楽しみ抽選会はなんとか紙パンツが当たりました。

オムツはずしのトレーニング用です。

1等のベビーカーがほしかったのですが

「妊婦は当たる」と言われていても、全員妊婦じゃ競合ぞろいで当たる気がしませんでした。


ミルクやおしゃぶりなどたくさんお土産をもらったので、また次も参加しよう!!



AD

ムンクの叫び

テーマ:

出血があったのですが、

「すぐ止まったし・・・おなかも痛くないし・・・」と

ほおって置いたのですが、母や友人、それにブログを読んでくださってる方からも

「早く病院で見てもらったほうがいい!!」

と言われましたので、予定より早く診察を受けてきました。


今までは「経膣検査」だったのですが

今回からお腹の上にゼリー見たいのを塗って超音波の機械をグリグリされる方法に変わりました。

私のお腹の分厚い皮下脂肪に阻まれて、赤ちゃん見えるかな?と心配でしたが、

少し大きくなった赤ちゃんがはっきり見えました。

「ママー元気にしてるからね!」というふうにぴょんぴょん飛び跳ねてくれました。

心臓音もしっかり聞こえました。


先生に出血があったことを告げましたが

「すぐ止まりましたか?」

「ハイ」

それで終わりでした。

一応、どんな色で・・・どれぐらい付いて・・・と説明を頭の中で反すうしてみてはいたのですが

なにも聞かれず残念。


「赤ちゃん、大きくなってますよ、元気に動いてますよ」

と先生に言っていただいたのでそれですべて解決だと思います。


私の病院ではエコーの画像をビデオに録画してもらえるので

家に帰って相方に見せました。

相方は初めて動く赤ちゃんにご対面です。


でも、「うーんよくわかんない」とのことです。

私には顔もはっきり見えるし、口も動かしてるように見えるし

手足はばたばたして、ジャンプしてみえるのですが・・・


赤ちゃんの顔は「ムンクの叫び」みたい顔です。

そう見えるのは私だけなのですが・・・


AD

カミングアウト

テーマ:

私の派遣先は毎朝ミーティングがあり

日替わりで今日の”目標”みたいなのを言います。

先日、私の順番が来たので、皆さんに妊娠したことを報告しました。


上司や親しい人には話をしておいたのですが

改めてみんなの前で礼儀正しく報告するのは緊張します。

一応出勤の車の中で「このたび赤ちゃんを授かりまして・・・」なんて

練習してはいたのですが、本番になりますと

なんだか声が振るえるし、自分で感極まって涙ぐむ始末。


とにかく、大切なオチは「高齢出産ですので私のことを大切に扱ってください」ってこと。

これを言えば、重たいコピー用紙運びも、隣の課へのお届け物も私に頼まなくなるはず。

”めんどうな仕事はしたくはないのよ。自分でやってちょうだいね。”

という意味を含めまして言わなくてはなりません。


ですが、「ようやく子供を授かりまして(うるうる)・・・10月に退職することになりました。よろしくお願いいたします」おしまい。


言えよ!あたし!練習してたこと!


でも、朝礼終了後はみなさんから「よかったね、おめでとう」と

たくさん声をかけていただき、まあよかったのかな。

更にうるうるしてしまいました

きっと会社のおじさんたちも、自分の奥さんが妊婦さんだったことを思い出して

大切にしてくれることを期待します。



出血

テーマ:

夜の1時頃出血しました。

初めてのことです。

今、パン講師試験にむけて課題つくりに追われています。

連日夜中まで台所に立って、パンを焼いています。


昨日はパンをオーブンに入れたとたん”便意”をもよおしたのです。

で、トイレでしばし気合を入れた後、トイレットペーパーを見ると

「!?」

血がついているではありませんか。

おしりが切れちゃったかな??でも確かに「前」をふいたはず・・・

確認して何度拭いても血がついている。

やばい!とにかく安静にしなくちゃ。本には出血があっても

痛みがあったり、だらだらと続かなければダイジョウブと書いてあった!

お腹はちっとも痛くない。すぐ寝よう。

パンの焼け具合も確認せずベットに入りました。


相方に「血が出た」というと寝ぼけながら

「病院行くか?姉ちゃんに来てもらうか?(義姉は看護士・・・循環器科ですが)」

と言ってくれましたが、夜中なので

「明日まで続くようなら病院へいく。とにかく安静にして寝る」

と言って納得してもらいました。


眠りに着くまではあれこれ考えてしまいましたが

朝、目が覚めて確認すると、何事もありませんでした。

ああ良かった。


ムリしてたので赤ちゃんが警告してくれたのかな。

ごめんね。


ああ胎教

テーマ:

今日は仕事帰り用事があったので

相方にスーパーのお刺身880円を買って冷蔵庫に入れておきました。

昨日の納豆ご飯でも文句も言わず食べていたので

ちょっと気の毒になり、サービスしてあげました。

家に帰ると炊飯ジャーのご飯を全部たべてしまっていました。

お刺身がおいしかったらしです。


相方が絵本を読むたび

「こんなの有る分けない」とか「なんでペンギンがイチゴたべるんだよ」と

文句を言うので、文句を言えないように

”英語の絵本”を図書館で借りてきました。


子供用に簡単英語だから読めるはず。

ところがですね、むちゃくちゃな直訳をわざわざつけるんです。


Mother cat carrries her kittens in her soft mouth.


「お母さん猫は彼女の子猫たちを柔らかい口で運びます」

やわらかい口って入れ歯はずしてんの?

とか訳わかりません。


12月までに彼にパパの気持ちが芽生えてくれることを祈ります。



胎教

テーマ:

妹は妊娠中、お腹にむかってせっせと本を読み聞かせたり

だんな様の声を録音したテープを聞かせたり、童謡やクラッシック音楽を聴かせておりました。

彼女なりに胎教をやっていたわけですが

「胎教したおかげで大変素直でやさしい子だよ。」と言ってました。


ソニーの井深さんの書かれた胎教を勧める本や、ビデオを見て

胎教をしてIQの高い子になってほしいと思い

私なりに、本を読んであげたり、話しかけたりしています。


相方にも夜寝る前に絵本を読んでもらっているのですが

照れくさいのか、ぶっきらぼうに読んだり、

「こんなのあるわけないじゃん!」と絵本の内容を否定したりするんです。


「胎教に大事なのは愛情だから、もっとやさしくして読んであげて」

と言ってるのですが、まだ大きくも無いお腹に彼は父親になる実感など

まるでないのだなーと思います。


男の人って生まれてみないと父親になれないのかな?

妹からベビー用品のお下がりをもらって、

私は「こんなにちいさな服着るんだね。かわいいね」と見せるのですが

「まだ早いから、邪魔でしょう」と言います。


邪魔と言われて悲しくなったので、晩御飯は味噌汁と納豆しか用意しませんでした。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


母子手帳

テーマ:

母子手帳をもらいました。

これって病院でもらうものではなかったのですね。


病院では「妊娠証明書」を渡され、

「市役所でもらってくおいてくださいね」と言われたのでした。


隣の町に住む友人は

「高齢出産だから、2回くらい検診無料券がついてくるよ」

言っていたので、高齢出産でラッキーかも!

と思ったのですが

私の住む町は妊娠後期の超音波検査1回無料なだけでした。

いいえ、無料とは言われませんでした。

6500円値引きされますと言われたんです。


??ってことは検診にはそれ以上お金がかかるのかな?

他にも”妊婦一般検診”の書類が2枚

これも7000円くらい割引されるそうです。

こちらは35歳以上とは書いてないので妊婦さんはみんなもらえるのかな?


改めてこれからお金かかるなーと思いました。

病気じゃないから保険はきかないのはわかっていたけど

これじゃみんなお金かかりすぎて産めないね。

少子化問題は解決されないのではないのでは??

羊水検査

テーマ:

やったー待望の赤ちゃんができた!

と喜んでいたのですが、私の目の前に突きつけられたのは

「高齢出産」

私は子供の頃から健康優良児で風邪で学級閉鎖になれば

ラッキー!!とぴょんぴょん飛びはねて家に戻る子でした。

大学まで運動系の部活に所属していて体力もあります。


でも、そんな自信も打ち砕かれるほど

年齢で判断されるようです。

それは卵子が老化してきているから。

男性と違って卵子は生まれながらに持っているものを1個ずつ放出して

私は36年前の卵子で妊娠したから、不安材料があるらしい。

自分の健康度とは関係が無いようです。


検査をして、染色体に異常があれば堕胎するのか?


相方は「バカな子供ならいらなーい」と言います。

「バカな子供」ってそんな言い方あるだろうか!

この人はなんて無知なんだ。

そんな偏見をもつあんたがよっぽどバカよ!と言ってやりました。

彼は障害の有る人に接することもなかったようで、単なる無知なのかもしれません。

世の中には彼のように、”無知”の人が多いのかもしれません。


私は妹が障害学級の教師なので、日ごろから彼女の話を聞いたり

本を読んだりしているので、障害があっても育てていけると思っていました。


でも、母に相談したら、

「障害があるのに産むなんてそんな理想論は賛成しない。

実際、育てている親はどれほど苦労してると思う?

かなこちゃん(姪)だって外見はどこも悪くないのに心臓を何回も手術して

世話をするのは親戚中巻き込んで大変なんだから、親の負担は相当なものよ。」


もし、検査をして異常が見つかったら堕胎する。

なんてことは絶対イヤだ。

検査で見た、かわいい丸い体の赤ちゃんを思うとそんなことはできない。

だから私は検査をしません。




産科デビュー

テーマ:

不妊治療のための婦人科から産科での診察に変わりました。

一番違うと思ったのは腰から向こうのカーテンが無いこと。

ひざの上にバスタオルがかけられるので先生の手元は見えませんが

超音波の棒(?)があんなに大きくて長いとは知らなかった。

今までこれを入れられてたから、痛かったんだと思いました。

そして初めて心音も聞きました。

「トクトクトク」というかわいい音を期待していましたが、

「ぷしょわぷしょわぷしょわ」という大きな音で感動というよりは

何の音?って感じです。

赤ちゃんも2週間前よりずっと大きく、頭も手足もありました。

これには感動しました。

患者以外も診察室に入れるので、次回は相方にも見てもらおうと思います。