育児日記

育児日記


テーマ:
ウェディングドレスを決め兼ねてる方参考にして下さい。

結婚式は椿山荘を選びました。(昨年9月に挙式)
レストランウエディングや海外挙式、色々悩みましたが、3つの理由で椿山荘に決定。

1つはガラス張りのチャペル庭園が気に入ったこと。
2つ目は写真のミニのレプリカドレスがもらえること。
3つ目はワンコ参列もOKのプランがあったこと。
(1匹しかダメという事だったので愛犬同席プランは結局使いませんでした)

ミニのウェディングドレスは細部に渡ってコピーされていて、ボディも自分のサイズを縮小したもの(だと思う)。ブランドはワタベウェディング

椿山荘で提供していたドレス会社はいくつかありましたが、ワタベはセミオーダーなので、自分の体型に合わせてドレスを作ってくれます。レンタルだと下半身はぴったりなのに、胸がガバガバで当日下着が見えたり・・・逆もありえますね。

私は上半身8号で下半身9号・・下半身デブ?だったのですが、さすがオーダー!ピッタリでした。式の前に急激にダイエットする人が多いのでサイズの最終チェックもあります。私は最初に計ったサイズからまったく変更なし(ダイエット失敗)。

自分だけのウェディングドレスってことです。
誰も腕を通していない純白のドレスを身に纏い、バージンロードを歩くわけです。

価格もレンタルとさほど差がないし、ドレスは持ち帰れるし、保管に困ったらドレスを使ってベビーのドレスを作ってくれたり、クッションにしてくれます。

私は気に入ったデザインを見つけられたのでワタベにしました。

毎年結婚記念日にはこのミニドレスを飾って、ダンナに記念日をアピールしようと思ってます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
写真は母から結婚前に贈られた指輪です。
たて爪の古いデザインをティファニーのリボンリングのデザインにリメイクしました。
ぷりんさんの記事をみて私も載せたくなりました♪)

ダンナからのエンゲージリングは結婚式の8ヶ月前に
ドラマチックな演出もなく、一緒にデパートまわりをして選びました。

友人達は婚約指輪の代わりに時計をもらったり、
婚約指輪はもらわないで結婚指輪を高価なものにしたり。
理由はエンゲージは婚約期間が終わったらあまり身に付けないから。

私もそんな友人達に影響され、指輪は一粒ダイヤではなく、
普段も身につけられるカジュアルデザインを探していました。

するとダンナが、「今しか身に付けられないからこそ、一粒ダイヤにしなよ。
それに子供にも受け継げるだろ。」
そんな彼の言葉にちょっぴり感動し、シンプルデザインの一粒ダイヤに決めました。

そしてその数ヵ月後、私は母から指輪を受け継ぐ事に。

父と母の結婚式に思いを馳せる・・

高校の同級生だった父と長い交際を得て結ばれた母。
その日幸せの絶頂にいたであろう母。
父はどんな気持ちだった?

たて爪の中のダイヤは一瞬にして35年前のその日に
私を連れていってくれました。

私達のまだ見ぬ子供もそんな不思議で幸せな経験をしてくれるのかと思うと
指輪の手入れも念入りになるのでした。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は休日なのにダンナは渋谷で仕事。
「打ち合わせすぐ終わるから、一緒にくる?」「いく!」

久しぶりに表参道でウィンドウショッピングを楽しみました。
ESQUISSEビルのシャネルの新作を足早に見て、2階、3階をふらふらしてるとセオリーカフェを発見。
中は20畳ほどでテラスは広くシンプルなデザイン。カラフルなクッションが二つ置いてあって座り心地もなかなか。それに表参道にいる事を忘れるほど静かで落ち着く。

定員さんに「お店の名刺頂けますか」と尋ねるとコーヒー無料券付き名刺をくれる。おそるおそる「あの~このチケット今使えますか?」
「もちろんどうぞ。次回もお使いください」とさらに2枚くれる。

無料でコーヒーが飲めるなんて、少しでも節約しようと毎日を過ごす主婦にとってはかなり幸せなひととき。

お友達を誘ってまた来よっと。
(セオリーカフェにいく機会がある方、ぜひ「お店の名刺ください」と言ってみてください。コーヒー無料チケットもらえるはず!)


ビルを出てダンナとの待ち合わせに場所に向かう途中、
「あの~〇〇プロダクションの者ですが‥」と声をかけられる。
ダンナにさっそく「スカウトされちゃったよ~」と自慢すると
「アダルト女優の勧誘でしょ。ったくこれだから主婦は騙されるんだよ」と
一言。
「・・・」

ダンナはその後、妻の機嫌を取り戻すのにかなりの時間を要したのでした。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
カキのキムチ和え

材料
1 生食用カキ 1パック
2 キムチ お好みの量で
3 酢 小さじ1
4 砂糖 小さじ1
5 ごま油 小さじ1
6 しょうゆ 小さじ1

作り方
1 生食用のカキの水気をきる。
2 酢、砂糖をカキにまぶす。
3 ごま油、しょうゆを2にまぶす。
4 3をキムチで和える。

ダンナが崇拝するキングカズの奥様、
三浦りさ子さんのHPから抜粋。

これなら新米主婦にでもすぐ作れます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
パークタワーで開催したコンランショップのファミリーバーゲンに行って来ました。

バーゲンだというのにマイペースなB型女の私はのんびりと40分遅刻で会場入り。
すでに会計で大行列が出来ているのに唖然・・
読みが甘かった。初めてで様子がわからなかったし。
セオリーバーゲンで痛い目みてるのに、同じ過ちを・・このバカバカッ

お目当てはチキンの丸焼きをのせる大皿。
天才さんに影響され素敵な大皿がほしくなる。
いいの発見!手に取ろうとした瞬間、横取りされる。

仕事をやめて動きがのろくなったのだろうか?
横取りされるなんてありえないー。ショック・・・

気を持ち直し、会場一周。
結局花瓶なのか灰皿なのかよくわからない小物1点を購入しました。
(ミニバラを生けてみました)

お会計待ちの人がもってる品々・・そんな物あったの?
バスローブほしかったな~。あっそのワイングラス素敵・・
旅行かばんまで??そのベットカバーもおしゃれね。くやし~

来年はお友達の消費ママとリベンジしたいと思うのでした。










^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大○建設の美人建築士さん、色々ありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
料理初心者さんへのおすすめの料理本は

ずばり「基本の和食」シリーズ!!

オレンジページさんが発行されている本で
「基本の洋食」など「基本の○○」本が数冊出版されてます。

これがめちゃくちゃわかりやすい!

基本中の基本から教えてくれます。

ご飯の炊き方から、計量のこと野菜の切り方だしのとり方
おにぎりの結び方まで!!

基本シリーズさま、
あなたのおかげでダンナからは料理上手(もしやお世辞?)と言われております。

感謝しておりま~す。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
以前紹介したヘアーアクセサリーの使い方です。

まず髪をひねり上げます。

両サイドからクロスするように

グルグルアクセを斜め上に向かってねじりこみます。

ふたつの「グルグル」がクロスすることによって

しっかり髪を留めてくれます。

夜会巻きの場合は

クロスするのではなく、

ねじってアップした髪の下の位置から

1本を上に向かってねじりこむ。

もう1本はトップの位置から

逆に下に向かってねじりこみます。



う~ん、自分の写真がうまく撮れなかったので
ウイッグ使いました。実際の感じが伝わってないかも。
今度ダンナに撮ってもらって写真アップします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
結婚するまで包丁を持ったことがなかった私も、主婦暦5ヶ月。
料理にも時間がかからなくなりました。

今日のメインはロールキャベツ。

まだまだ料理本片手に作ってます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
母との二人旅

今から一年半ぐらい前の事ですが、結婚が決まった時、母と二人で旅行に行きました。 親孝行したいのと、二人きりの旅行は最初で最後になるだろうと思ったから。

ロンドンに海外赴任していた先輩にお世話になる事で父も安心し、
旅行をOKしてくれたので、母も心おきなく出発。

ロンドンの先輩宅に6泊、パリに1泊。・・・珍道中でした。

イギリスといえば、アフタヌーンティ
硬水だから、日本では味わえない奇跡的な味の紅茶
あまりの美味しさに1日に何杯も飲んでしまい、夜眠れず初日から母は早速体調を崩してしまう・・こんなに弱い人だったっけ?

そうか母も還暦間近。普段風邪すら引かないパワフルな母を自分と同じに考えていた。 母の老いを感じたのはこの時が初めてでちょっぴりショックでした。

この旅行は母の以外な一面をたくさん発見出来ました。
普段は家事に追われ、自分の時間などあるはずもなく、あったとしても自分の為にはおそらく使わない。子供達がどんな時間に帰ろうともいつも温かい食事が出てくる。
娘の激務を承知してか、家事を手伝わない、寝に帰るだけの娘に何の文句も言わない、父と子供達につくすだけの母。

だけど、この旅行の間だけは料理、洗濯、掃除をしなくていい。
観光が終わって夜部屋で母と二人になる。ゆっくりシャワーを浴びて、明日の身支度をする。洋服やアクセサリーを選ぶ。メイクも入念。
この人も一人の女性なんだと実感する。

逆に母のわがまま、ずうずうしい一面も目の当たりにする。
自分のほうが大人だと思うことさえ、意外にもあった。
完璧な人間性を持ち合わせ尊敬する母だっただけに、かなりショック。それだけリラックスしてたのかな。
女のかわいい我侭を見せてくれた母をいとおしいと思い、面倒を見てもらう側から徐々に面倒を見る側になるんだと思った瞬間でもありました。

そんな素の母を見ていて、私は母のどれほどの犠牲でここまで大きくなっただろうと感じる。

私も母のような「お母さん」になりたい。平等で、慈悲深く、強くやさしい!
女の子はみんなそう思うのでしょうけど。

当たり前に思っていた見返りを求めない親の愛情に気づくことができた旅行となりました。

次の母との旅行は、妹が結婚した時に3人で?
それとも初孫をつれて国内旅行?

だけど生涯、「女性」の母を発見できた二人きりの旅行は、結婚前にしたこの旅行だけになると思います。行ってよかった!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
だらだらと書いたこの長い文章を読んで下さった方、
本当にありがとうございます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。