→前回からのつづき

起のおはなし→承のおはなし

が終わり、琴のおはなしは

』へと続きます。


【転のおはなし】




◆オンリュグム独奏
《고향의 봄(故郷の春)》

誰もが歌えるスタンダードナンバーを
希少楽器オンリュグムで奏でるという贅沢。

タイトル『故郷の春』とはうらはらに
なかなかにテクニカルな曲でした。


そして出演者が並びしばしトークタイムへと。

まずはオンリュグム奏者:孫玲換さんのMC。

希少楽器オンリュグムについてのおはなしと
自身の想いについてのおはなしがありました。

『オンリュグムは現在日本に4台しかなく、
演奏者は私だけです。

これからもっとこの素晴らしい楽器、オンリュグムを知って貰い、広めれるように

演奏活動を頑張っていきたいと思います!!』

そんな孫玲換さんの熱い想いに温かい拍手が鳴り、

マイクは金栄実さんへ。

『さて、3つの楽器を紹介してきましたが皆様、

どの楽器のファンになりましたか?

お手元のアンケート用紙の回答数によって、

次回のセンターが変わる

かも知れません…』

(会場笑い声)

このひとことの影響か、

アンケートの回答率は
非常に高かったです
ニヤリニヤリニヤリ


と、そんな楽しいトークにより、会場は和やかムードに。

そしてマイクは、チャンゴからコムンゴへと楽器を持ち換えた河栄守さんへ。

3世紀頃に作られた《거문고(コムンゴ)》は実はカヤグムよりも歴史が古い、最古のチタン楽器だ。というコムンゴのおはなしがあり、更には


こんなステキな女性演奏家に囲まれて演奏できることを嬉しく思います!!
というエロいおはなしもありました。
ニヤリニヤリニヤリ


そして
超貴重なシークレット曲!!

◆五重奏
《출강(出鋼)》


この出鋼という曲は様々なバージョンがあり、

時にはソロで、
時にはカヤグムとデュオで、
またある時にはバンド編成で、
果ては筝や三味線などの和楽器とコラボで、

演奏されてきました!!

それがなんと今回は民族楽器100%の五重奏だなんてそれはもう民族楽器ファンどころか奏者たちだって

白熱して

白熱して!


白熱するわけですよ!!!

ここで観客は大盛り上がり!!

優しい、癒し系イメージの強いチタン(指弾)楽器も

血を滾らせる演奏ができるんだぜ!

ってのを示す演目でした!
びっくりびっくりびっくり



そして次曲

◆重奏
《Moon Lover》
(編曲:高明秀)
名曲《ムーン・リヴァー》と
名曲《Fly me to the moon》を、

メドレーにした《Moon Lover》。
タイトルはメンバーで話し合って決めたそうです
照れ照れ照れ



いつもと違って聴こえる知ってる曲。
一人ずつのソロ回しもあったりと楽しめるおしゃれな曲でした。
照れ照れ照れ

このあたりでチタン(指弾)楽器のファンになった人が増えたような、そんな会場の空気でした。

そして《転のおはなし》最後の曲



◆重奏
《아리랑(アリラン)》
(編曲:丁相鎮)

朝鮮民謡といえばまず名前が挙がる
아리랑(アリラン)》。

カヤグム、ヤングム、オンリュグムだけでここまで壮大な曲ができるのか!と感動したのを覚えています。
えーんえーんえーん

そうだ、今日は朝鮮の民族楽器のコンサートを観に来てたんだ!と再確認させられ、気付けば涙が流れていました。

会場は、希望に満ちた温かい空気と拍手で溢れていました。

転のおはなし』最後の曲が終わり、奏者たちは一旦退場。

大きな拍手に見送られ、
そして温かい拍手に迎えられ再度舞台へ。


ここで金栄実さんから奏者の紹介。

『ヤングム奏者:黄聖順!!』



『オンリュグム奏者:孫玲換!!』


『カヤグム奏者:金善華!!』



『そして私、カヤグム奏者:金栄実でお届けいたしました。』


そして“琴のおはなし”は最終章ー

結のおはなし』へ。


金栄実さんが話し始めます。
(※大事なのでそのまま書き起こしました。)
『プログラムをご覧になってお気付きの方もいらっしゃると思いますが、

“起承転結”の最後の【結】のおはなしに

演目は書いてません。

そしてサブタイトルとして~向かう~と付けさせていただきました。

この公演で【結ぶ】のではなく、
日本で生まれ育った私たちがこれからも民族楽器、民族音楽の発展のために

前に前に【向かって】進んでいきたい。
そんな想いを込めました。

これからも応援、よろしくお願いします。
ウインクウインクウインク

ーそれでは、本日の《琴のおはなし》。最後の曲になります。聴いてください。』


◆グランドフィナーレ
《청산벌에 풍년이 왔네(青山里の豊年)》
(編曲:丁相鎮)
元はオーケストラ編成で演奏される曲。
演奏すれば何がなんでも盛り上がる超定番曲

まさかの
チタン(指弾)楽器4重奏バージョン!!
ガーンガーンガーン

今回会場には朝鮮音楽に明るい芸術家の方々も来られていたのですが、

『これは新しい!』
『まさかの選曲(編曲)にヤラレた!』

などなどチタン楽器の可能性に感動している様子でした。
ウインクウインクウインク
 

鳴り止まぬ大拍手の中、花束を受け取ったメンバーは


右、左、中央と、3度深いお辞儀をし、

次の【向かう】場所を見つけたかのような、素敵な表情をしていました。



公演終了後、出口にて出演者がお見送りをしていました。


写真を撮りながら聞こえてきたのは


『朝鮮の琴がこんなにも素晴らしいなんてもっと早く知りたかった!』
『それぞれの琴のファンになりました!』

など、公演を観たお客様からの

《琴のおはなし》

でした。
ウシシウシシウシシ

一年前から歌劇団内部で実技発表会という名で4回行われたチタン発表会

数々の困難を乗り越えた出演者と
多くの方の協力と
温かいお客様のお陰で

世界に2つとない素晴らしい公演になりました。

これから新たなる道に【向かう】4人の活躍にどうぞご期待ください!!
😉😉😉


【以下スタッフロール】
(敬称略)
↓↓↓

《금 이야기~琴のおはなし~》
ー カヤグム、ヤングム、オンリュグム三つの琴のミニコンサート ー

◆出演
カヤグム        :
《2.16芸術賞》受賞者  金栄実
ヤングム        :黄聖順
オンリュグム:孫玲換
カヤグム        :金善華

◆Special Guest
チャンゴ/コムンゴ:
功勲俳優  河栄守

◆作・編曲
人民芸術家  丁相鎮

◆編曲
功勲芸術家  高明秀

◆アンサンブル指導
金成哲

◆音響
功勲芸術家  朴良基

◆照明
サンオープランニング  
呉光雨

◆舞台監督
黄炳柱

◆Special Thanks
梁聖晞
趙孝哲
韓悠己
全琴香

スペースDo

応援してくださった全ての皆様

◆主催
金剛山歌劇団


★ご愛読ありがとうございました!
このブログは次回のイベント公演までしばしお休みですウインク

日々の情報は


で更新中!!

フォロー&応援いいねお待ちしてます!!
おねがいおねがいおねがい


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★新作DVD
《조선무용기본동작》
(朝鮮舞踊基本動作レッスン)
※練習用CD音源付き¥5,000(内税)
 
★新作CD
梁聖晞ソヘグム独奏曲集
《내 사랑하는 꽃〜私の愛する花〜》
¥2,000(内税)
 
発売中!!
 
ご注文は
contact@kongozan-ot.com
まで!!
 
金剛山歌劇団
187-0023
東京都小平市上水新町2-3-9
 
TEL042-341-6411
FAX042-341-6410
 
Email : contact@kongozan-ot.com
HP:http://www.kongozan-ot.com
Facebook:https://www.facebook.com/kongozan/←オススメ★
Instagram:https://www.instagram.com/kumstagram_/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



AD
2017年9月19日(火)
新大久保スペースDoにて

初のチタン(指弾)楽器だけのコンサート

《금 이야기~琴のおはなし~》
ーカヤグム、ヤングム、オンリュグム三つの琴のミニコンサートー

が開催されました。


開演前の客席の様子。
立ち見も出るほどに満席でした!


公演は

・起のおはなし
・承のおはなし
・転のおはなし
・結のおはなし

の4パートで構成されていました。


先ずは

【起のおはなし】




◆オープニング曲
三重奏
《금 이야기~초원의 바람 타고~
(琴のおはなし~草原の風に乗って~)》


今回の公演の為に書き下ろされた新曲。
タイトル『草原の風に乗って』の言葉通り、静かでやさしく、奥に秘めた力強さを感じさせる曲でした。

何かが始まる予感

が会場を包みます。
おねがいおねがいおねがい



◆二重奏
《령산회상중에서
(霊山会相より)》

カヤグム、ヤングムに加え방울(パンウル),징(チン),장고(チャンゴ)たちがより一層

起(はじまり)

への予感を高めていきます。
おねがいおねがいおねがい


◆カヤグム独奏
《단산조(散調)》

様々な朝鮮のリズムを取り入れた大曲。
今回のコンサートの為に再編曲されました。

カヤグムとチャンゴというシンプルな編成で、最もポピュラーな琴:カヤグムをたっぷりと聴かせながら

琴のおはなし

が始まります。



ここで金栄実さんのMC。

来場者への挨拶と、今回のコンサートについての解説がありました。


コンサートを通して3つの琴ー

・カヤグム
・ヤングム
・オンリュグム

をより知って貰いたいということ。


そしてはじまりを意味する

起のおはなし

では朝鮮音楽の歴史を辿ったことが語られます。

・琴のおはなし~草原の風に乗って~は
朝鮮音楽の起源』を、

・霊山会相より、は
宮廷音楽』を、

・散調、は
民間に親しまれた民俗楽』を、

それぞれ表現しています。


そして琴のおはなしは次のおはなしへ続きます。


【承のおはなし】



◆ヤングム独奏
《닐리리야(ニルリリヤ)》

カヤグムとは違う琴ーヤングムの音色、
爪で弾く特殊奏法を取り入れた独奏曲に
会場の空気は張りつめ、緊張感が増していきます。
ガーンガーンガーン




そして黄聖順さんのMC。

話し出した瞬間に緊張感が弾け、一気に温かい空気になったのを覚えています。


MCはヤングムのおはなしから始まり、
自身のおはなしへ。

『6年前の3月11日、私は東京に居ました。
地震の影響で2ヶ月間地元、福島に帰れませんでした。

今尚復興に向けて頑張る福島へ、東京に居る私ができることをしていきたい。

そんな大好きな福島に
【頑張っぺ!福島!】
という気持ちを込めてこの曲を贈ります。』


◆二重奏
《花は咲く

お馴染みの曲でしたが、ヤングムとオンリュグムで奏でられる『花は咲く』は、新しくとても優しく響きました。

実際に会場でも涙を拭う方がチラホラ。
😭😭😭


曲が終わりヤングムとオンリュグムはチューニングをしていたのですが、それについて金栄実さんからのおはなしがありました。

『ヤングムとオンリュグムは30本以上の弦があり、一曲弾くごとに音がズレて行きます。

一見関係の無い時間に思えるチューニングですが、これも皆様へ

より良い演奏をお届け

するため。

どうか皆様、
チューニングもコンサートの一部としてお楽しみ下さい。


そんなひとことに会場は和み、次曲へと。


◆三重奏
《꽃노래(花の歌)》



歌劇『春香伝』のワンシーンで使われた
3つの琴による春のような穏やかな曲。


次曲への期待が高まる中、場面は奏者紹介へ。

金栄実さんより

今年入団したカヤグム奏者:金善華さん

が紹介されます。

『今まで
生徒と先生の関係
でしたが、やっと
同じ歌劇団奏者
として舞台に立てる日がやって来ました。』


そしてマイクは金善華さんへ。

『こんなステキな舞台に立てることを光栄に思います。これからは【先生を超える演奏家】になるべく、頑張って行きたいと思います!!』

会場からは大きな応援の拍手が響きましたが、金栄実さんからは

『是非【同じ奏者として】頑張って行きましよう!』

なんてやり取りがあり、会場ではコンサートいちばんの笑いが起こりました。
笑い泣き笑い泣き笑い泣き

『それでは、カヤグムが2台揃いましたのでこの曲をお送りします。』


◆二重奏
《첫 봉화(初烽火)》

16年ぶりのカヤグム奏者:金善華さんの入団により実現したカヤグム二重奏。

河栄守さんのチャンゴ伴奏がより会場を盛り上げます。
😍😍😍


さてここまでで

起承転結の半分

が終わりました。

後半は転・結と続きますがそれはまた次回お届けしたいと思います!!


【次回予告】
会場が感動で包まれる!


お楽しみに!!
🤣🤣🤣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★新作DVD
《조선무용기본동작》
(朝鮮舞踊基本動作レッスン)
※練習用CD音源付き¥5,000(内税)

★新作CD
梁聖晞ソヘグム独奏曲集
《내 사랑하는 꽃〜私の愛する花〜》
¥2,000(内税)

発売中!!

ご注文は
まで!!

金剛山歌劇団
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AD
前々回(第1部)

前回(第2部)←からのつづき



拍手喝采と大歓声の中幕を閉じた

《2.16芸術賞》受賞記念
李華仙 × 梁聖晞
ジョイントリサイタル



幕が閉じたあとはロビーが


混みに混み合いました!!




親族や

【写真提供:白在明】

友人や、



応援者や、



後輩やファンが



次から次へと

二人をお祝いしに

列を作りました。



CDの販売もしていた梁聖晞は

サインに追われていましたあせる
ニヤリニヤリニヤリ
【写真提供:白在明】


二人の元に訪れた人たちは

「感動した!」
「本当に来てよかった!!」
「涙がとまらなかった!!!」
「また私も芸術がしたくなった!!!」

などなど、今回のリサイタルの感想を口々に語っていました。
おねがいおねがいおねがい




海外からのお客様

も、とても感動をしたと記念撮影。



公演から終演まで息つく間もなく過ぎていきました。
ニコニコニコニコニコニコ




終演後に話をした際、二人も、

「本当に一瞬だった」

と興奮ぎみでした。
おーっ!おーっ!おーっ!あせるあせるあせる




年始から公演の準備が始まり、

本公演や、小公演の練習の

合間を縫って

作り上げてきた今回のリサイタル。



口には出せない苦悩を飲み込み、
人には見せない涙を流し、

時には全部投げたしてしまいたい日もあったでしょう。
ぐすんぐすんぐすん



それを乗り越え

リサイタルを成功させた二人

は、

誰よりも何よりも
いつになく果てしなく


輝いて見えましたキラキラキラキラキラキラ

【写真提供:白在明】

【写真提供:白在明】


そんな成長を遂げた二人から

リサイタル後のメッセージ

を預かりましたのでお届けします。
べーっだ!べーっだ!べーっだ!




舞踊家:李華仙より

皆様の暖かいご声援と、心強い仲間の支えの中、
ソンヒと一緒に一生忘れることのできない幸せな舞台に立つことが出来ました。

公演に来てくださった皆様、
ご尽力くださった皆様、
支えてくださった皆様へ
心から感謝の想いを伝えたいです。
고맙습니다!!




【ソヘグム演奏家:梁聖晞より】

ジョイントリサイタルにお越しくださった皆さま、ご協力くださった皆さまに心から感謝申し上げます。

皆さまの心温まるご厚意を忘れることなく、本番で決心したように、

私達はこれからも精一杯芸に励み精進して参りたいと思います!
감사합니다^ ^


入団後それぞれ約10年が経ち、ひとつ上のステージへ上がった

二人の芸術家

これからの活動に

どうぞご期待ください!!
チューチューチュー

そしてこれからも

厚くて熱くて温かい

応援を、

よろしくお願いいたします!
ニコニコニコニコニコニコ









以下スタッフロール

↓↓↓


【出演者】

金剛山歌劇団

・司会
功勲俳優   金明姫

・指揮
金成哲

・タンソ
趙孝哲

・高音チョッテ
李淑任

・チョッテ
韓悠己

・チャンセナプ
功勲俳優    崔栄徳

・テピリ/チョピリ
李文基

・チャンゴ
功勲俳優    河栄守

・ヤングム
黄聖順

・カヤグム
金栄実
金善華

・オンリュグム
孫玲換

・ソヘグム
呉香愛

・トランペット
全琴香

・トロンボーン
権容志
康明豪

・バストロンボーン
崔基泰

・キーボード
功勲俳優    高明秀
李悠希

【舞踊】
尹仙雅
朴琇香
文聖華
孫侑加
高和玲
金沙都
金瑛実
朴春玲
安聖愛
金素那
金莎倻
宋愛蓮

【声楽】
人民俳優    柳展鉉
人民俳優    李栄守
功勲俳優    蒋基生
李康樹
韓賢徹
金成大

【Guest出演】
・ソプラノ
金南娟

・高音/中音チョッテ
李由伊

・ソヘグム
尹慧瓊
河明樹

・チェロ
任炅娥

・コントラバス
韓琴寿

・パーカッション
沈貴銖

【朝鮮大学校】
・教育学部  音楽科  2班
金仙芽
崔恵仙

・外国語学部  2班
鄭芙華

・短期学部  1班
金貴廉

・理工学部  1班
林理香

【STAFF】
・作/編曲
人民芸術家    丁相鎮
功勲芸術家    高明秀

・舞踊指導
人民芸術家    康秀奈

・演出/舞台監督
金宰鉉

・助監督
黄炳柱

・照明
サンオープランニング    呉光雨

・音響
功勲芸術家    朴良基
崔賢春
金東晟

・映像
New style    朴英二

・衣装
卞春姫
傳統韓服    パランセ

・プログラムデザイン
黄炳柱

【Special Thanks】
金 哲
黄康成
蔡慶愛
劉正一
高仁華
朴康夫
金弥純
金侑里
李莉踊


















マモナク(・∀・)人(・∀・)オワリ























以上を持ちまして

【LRJRブログ】

は終了です!!

長らくのお付き合い

ありがとうございました!
爆笑爆笑爆笑


また次回のイベントブログまでしばしサヨウナラ。
ウインクウインクウインク


基本情報の更新はこれから

金剛山歌劇団公式Facebook

にて綴っていきます。
是非いいねグッド!とフォローをどうぞ
ウシシウシシウシシ



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次回は8月11日

  京都公演!!
(ロームシアター)

公演スケジュールは

金剛山歌劇団
 公式HPへ!!

↓↓↓
 

http://www.kongozan-ot.com

その他お問い合わせ、公演/出演依頼は


まで!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
AD