弁護士の家族法(離婚・相続)法律相談室@川崎市・武蔵小杉

こすぎ法律事務所(川崎市中原区武蔵小杉)の弁護士北村亮典が、家族法(離婚・親権・財産分与・慰謝料・相続・遺産分割・遺留分)について日々の法律相談、裁判で扱っている問題について書き綴ります(+雑談も)。
離婚相談、相続相談は随時受け付けております。

【弁護士北村亮典(こすぎ法律事務所)のご案内】


<弁護士北村亮典ウェブサイト>


http://iryubun-bengoshi.jp


<弁護士北村亮典のtwitter>


http://twitter.com/#!/kitamulo


<アクセス>


・JR武蔵小杉駅徒歩4分


・東急東横線武蔵小杉駅徒歩4分


<業務範囲>


・家族法(離婚・相続・後見),会社・個人の破産処理,個人再生手続,不動産取引(売買,賃貸管理,建築訴訟)を専門にしています。その他民事法全般(労働問題,債権回収、交通事故など)も取り扱っています。


<相談案内>


・法律相談は完全予約制です。事前の予約をお願いします。ご予約は、電話、メールで受け付けております。


・電話受付は平日の9:30~18:30です。相談をご希望の方は044-431-1520までお気軽にお電話ください。


・相談時間は、平日は10:00~21:00、土曜日は10:00~18:00です。


・日曜・祝日は休業日となります。


<初回相談料>


・30分間 3000円(税込)、50分間 5000円(税込)の2コースから選べます。


・50分を超過した場合、以後10分後ごとに1000円(税込)となります。



テーマ:

質問

私の父はずっと一人暮らしをしており、私も海外で生活していたためずっと父とは疎遠な状態でした。

父の認知症がひどくなり、成年後見人を付けなければいけない、ということを聞いたので、帰国して父の面倒を見ることになりました。

そうしていたところ、父が5年前に、父の知人に全財産を相続させる、という内容の公正証書遺言を作成していたことが判明しました。

ヘルパーの方やお医者さんに聞いた限りでは、遺言を作成した当時、父は既にかなり認知症が進んでいたようなので、この遺言は、その知人が父をうまく唆して作成したに違いありません。

しかし、父は、今はもう完全に認知症が進んでいて、今から遺言書を作り直したり、撤回する、ということは不可能な状況です。

どうしたら良いでしょうか。

 

答え

法的には、今は何もできず、お父様が亡くなった後に、遺言無効確認訴訟を起こすしか手段はありません。

 

一度遺言書が作成されたが、その後認知症等になり判断能力が喪失されてしまった、という人については、その遺言書を撤回したり、新たに作り直す、ということが不可能となります。

なぜなら、遺言書を作成したり撤回したりするためには、遺言能力(単純にいえば、その本人が遺言の内容をしっかり理解できるだけの知的判断能力)が必要となるからです。

 

そうだとすれば、今回のケースのように、以前に疑わしい状況で遺言が作成されてしまっているが、当の本人は認知症により判断能力が喪失されてしまっている場合、その家族は、何とか生前に遺言を無効にできないのでしょうか。

 

この点が問題となったのが、最高裁判所平成11年6月11日判決のケースです。この裁判例は、今回のケースと似たような事案ですが、遺言を書いた者の子どもが、遺言を書いた者の生前に、遺言無効確認訴訟を起こして遺言の無効を求めた、という事例です。

 

この裁判は、最初の奈良地方裁判所の判決は

「遺言を書いた者の生存中に遺言の無効確認を求める訴えは原則として不適法である。」

として、訴えはあっさり却下されてしまいました。

しかし、その後の大阪高等裁判所は、

「本件のように遺言を書いた者による遺言の取消し又は変更の可能性がないことが明白な場合には、その生存中であっても遺言の無効確認を求めることができる。」

と述べて、遺言無効確認訴訟を認めました。

 

そして、最高裁判所までもつれましたが、最高裁判所は

「遺言者の生存中に本件遺言の無効確認を求める本件訴えは、不適法なものというべきである。」

と述べて、結局訴えを却下しました。

 

最高裁判所の判決内容の詳細はこちらの記事で解説しています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は宅建協会の勉強会に講師としてお招き頂き、高齢者の賃貸入居の際に考慮すべき法律問題、賃貸仲介の広告宣伝費の問題、民法改正について話をしました。
これらの分野は、法律だけでは片付かない実務対応の難しい問題が多いように感じています。それだけに、講義しながらこちらも悩む場面が多々ありました。

#法律 #民法


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

遺言無効確認訴訟のため、岐阜地方裁判所に来ました。
岐阜は初めてでしたが、織田信長が岐阜と命名してから450年ということで盛り上がっているようです。

#岐阜 #遺言 #無効


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

神奈川県弁護士会の家族法研究会があり、今回は面会交流援助をしているFPICの方の講演でした。

面会交流を巡って争う事案は年々増え続け、最近ニュースになるような裁判例も出てきていますが、この種の事案は面会をする側もさせる側も不満を抱えることが多く、その調整をする弁護士もかなりのストレスを抱えることが多いです。

面会交流は夫婦の条件闘争の場ではなく、あくまでも子どものためのもの、という視点で考えることが第一ではあるのですが、「子どものために 」というのも答えは一つでは無く、子どもへのプレゼント一つとってもそこで夫婦の考えが対立する場面も多々あります。
万人が納得するような解決策というのは無く、結局は悩みながら一つ一つの事案に当たっていくしかない、と改めて感じた次第です。

#面会交流 #子どものため


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

今日は溝の口の住宅展示場で、住宅に関する相談会の相談員として参加しています。
仮面ライダーショーも行われていて、寒いのに会場は賑わっています。仮面ライダー人気恐るべし。

#溝の口 #住宅展示場 #相談会


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。