だれでもできる! 速読勉強術 

読書、試験勉強、仕事、さらには人生にパラダイム・シフトを起こす高速大量回転法

                                       by 宇都出雅巳


テーマ:

速読法と記憶術を活用して

難関試験にスピード合格させる

学習コンサルタントの宇都出です。

 

一昨日、コメント欄に寄せられた、friendsさんからの

「思い出す」についてのコメントをご紹介しました。

こちら↓です。

社労士試験の合格報告届きました!& 「思い出す」よりも「解く」ことが必要?(読者のコメントから)

 

こちらのブログにも何度か登場してもらっている、資格の専門学校・TACの司法試験講座の中村充先生の「思い出そうとしてはいけない」という主張からのコメントでした。

 

あなたはfriendsさんのコメントを読まれて、どう思われたでしょうか?

 

すでに、前掲記事のコメント欄には非常に興味深いコメントがいくつも寄せられ、私からもまだすべてではないですが、返信しています。そちらもぜひチェックしてみてください。

 

なお、TACの中村先生の「思い出そうとしてはいけない」については、ちょうど1年ほど前に、このブログで何度も取り上げたことがありました。

 

関連記事をいくつか挙げますと……

 

 ⇒ 過去問を「読む」べきか? 「解く」べきか? それを考える前に押さえておくべき大きな違い

 ⇒ 「思い出そうとしてはいけない」中村先生と「思い出すをクセにしろ」という私の勉強法を合わせると……
 ⇒ TAC専任講師・中村充先生の勉強法と私の勉強法の違い(2年前に取り上げた記事のまとめも含め)
 ⇒ 「解く」ための「読む」であり「思い出す」であることを忘れない(TACの中村先生の勉強法との比較)
 ⇒ 試験で「解く」とは「相手の話をよく聞いてそれに答える形で 自分の意見や経験を語る」 こと

 

試験直前でない方はチェックしてみてください。

 

では、私からfriendsさんへの回答コメントをご紹介します。

細字がfriendさんのコメント引用部分、太字が私からのコメントです。

 

==================================================================

>しかし、受験や資格試験の本試験では、その問題と同じ問題は出ないし、半分以上は未知の問題が問われるから、その記憶・理解を“思い出す”という形では問題を解くことができないことがほとんどです(もちろん、過去問をそのまま覚えれば、本試験でもその肢のまま問われるような試験であれば、有用ですが、特に難関といわれる試験ほどそうではないですね)。

 

 確かに過去問の問題・解答解説の内容を思い出せたからといって、解けるとは限りません。

 ただ、そこに書かれている「押さえるべき知識」ぐらいは思い出せなければ、解くこともできないとは思うのですが。。。

 

>とすると、記憶・理解した知識を“思い出す”という訓練・努力しかしていないと、本試験で問題を解く訓練・努力を全くしないまま、本試験に臨むことになりかねないですね。
>これで合格できるのは、ほんのわずか一握りの“天才”か、運に恵まれた受験生だけですね。

 

 過去問の問題や解答解説を「思い出す」だけではダメだと思います。

 あくまで本番で問題を解けるようになるために勉強しているわけで、そこを意識した「思い出す」でないといけないと思います。

 

>だから、普段の勉強は、何ら知識がなくても、勘でも良いので、自分の常識で解いてみる。

 1年前の記事でも書いたとは思うのですが、この「自分の常識で解いてみる」をどの程度がんばるか、ですね。

 

 私は、試験勉強の段階で、勘などを使ってがんばって解こうとしてもあまり報われないと思っていて、解くことはもちろん、解答解説にしても、ざっくり読むことをお勧めしています。

 

>解いてみたら、解説を、自分の思考の参考としてざっと読む(決して覚えようとして読みこまない‼)。

 

 このあたりは、ほぼ同感ではありますが。

 

>これを繰り返すと、暗記・理解しようとしなくても、くり返すうちに、正解とされるものと同じような解答が自然と想起でき・解けるようになってきます。

 

 ここの「正解とされるものと同じような解答が自然と想起でき」というのは、「思い出す」ことで得られるものとかなり違うのでしょうか? あまり変わらない気がするのですが。。。

 

>そのような形で、無意識に自然と記憶・理解された知識は、問題を解いた経験(手続記憶・エピソード記憶)と密接に結びついているので、抜けにくいし、問題を解くために正しく“使える”形になっています。初めて自転車に乗るために繰り返しこけまくったあの感覚ですね!

 

 ここが、中村先生と私の勉強法の大きく違うポイントだとは思います。

 自転車に乗れるようになる経験を例にあげておられますが、確かに自転車に実際に乗ろうとして失敗する経験を積み重ねることは必要不可欠だとは思います。

 ただ、そうはいっても闇雲に自転車に乗って、こけるをくり返すわけではないと思うんですよね。

 たとえば、ペダルなしの「ストライダー」から初めて、乗る感覚をまずはつかんでから、ペダルありの自転車の練習をしたほうがいいなんていうことも言われます。

 それって、すぐに解答解説を見て、必要な押さえるべき知識を思い出すことに通じると思うのですが。。。どうでしょう?

 

>要するに、記憶・理解しようとして頭に詰め込んだ(INPUTした)人為的・不自然な記憶・理解ではなく、本試験と同じように問題を解く(OUTPUTする)中で自然と“身についた”記憶・理解でなければ、異常な心理状態に追い詰められる本試験現場では使いこなせないと思います。

 中村先生も、そしてfriendさんも、「記憶・理解しようとして頭に詰め込んだ(INPUTした)人為的・不自然な記憶・理解」だけでなく、「思い出す」ことも「人為的・不自然な記憶・理解」と考えて、否定されるんですよね。

 私はここは否定しないので、そこが違いだとは思います。
 
 ただ、解くことをただくり返すのは、時間が余るほどあればいいですが、非効率だと私は思います。

 また、「自然と“身についた”記憶・理解」ということですが、これを「身についた」ということを、どうやって判断すればいいのでしょう?

 私の勉強法であれば、思い出す・語るを行なって、反応スピードもみながら判断するわけですが。。

 おそらく、中村先生やfriendsさんのやり方でも、結局は、楽に思い出せる、語れることで、”身についた”と判断される気がするのではないでしょうか?

 そうすると、目指しているところはあまり変わらないような。。。

 また、「解く」をくり返すこと自体、本番での状況と比べれば「不自然な記憶・理解」であることには変わらず、別に「思い出す」ことで記憶・理解することを「不自然」とまで考えて否定する必要はないのではないかと。。。

 確かに、「思い出す」を何のためにやっているかというと、「解く」ことができるようになるためであることは、忘れないようにするのはとても重要だと思います。

 あれこれ書きましたが、さちこさんも、またfriendsさんも参考にしてもらえればと思います。

==================================================================

 

いかがでしょう?

 

結局、書いていることは1年前に書いたものと変わらない気がしますね。

 

たとえば、こちらの記事

 ⇒ 「解く」ための「読む」であり「思い出す」であることを忘れない(TACの中村先生の勉強法との比較)

 

やはり、「思い出す」ということは大事で、ただし、「解く」ためにしていることを忘れない、ということですね。

 

もし、あなたが「解く」ことにこだわるにしても、あなたが「解く」なかでどういう行動を行い、どんなプロセスをたどっているのか? できるだけ自覚化してもらえればと思います。

 

また、何を思い出すか? ということを考えさせられるコメントも寄せられていますが、それについてはまた改めて。

 

ご意見、ご感想、ご質問はお気軽にコメント欄にお寄せください。


宇都出

 

⇒ AKBにKTK(高速大量回転)法を教授! 11月21日夜 NHK・Eテレ「テストの花道」に登場!

 

講座のお知らせです。

 

 11月20日(日)14時~ 東京・日本橋の三越カルチャーサロン

 『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』短期講座

 

 11月26日・27日 福岡・博多で速読勉強術マスター集中講座

 

 12月3日・4日 東京・池袋で速読勉強術マスター集中講座を開催

 

日刊メルマガでは読書や試験勉強の参考になる「今日の言葉」など、

あなたに役立つ情報を配信しています!

 

ご興味のある方はメルマガ登録してみてください。

  ⇒ だれでもできる! 速読勉強術 メルマガ 登録フォーム


高速大量回転(KTK)法の仲間を増やすために

以下のバナーをポチッとクリックお願いします!


本やブログなどの文章では伝わらないこともあります。

あなたの試験勉強に確かな軸をもたらします!
4回分のセミナーに加え、実践合格者2名の体験談を収録
→ 『なるほど!合格勉強術』解説講座動画プログラム

高速大量回転法の歴史と本質がわかる!
2004年・2012年・2013年の3回のセミナーを収録!

→ 高速大量回転法セミナー完全版DVD(3枚組)

目次イメージ記憶法を
その場で実践してもらっている講座です!

→ 目次イメージ記憶法実践講座DVD(2枚組
 

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
¥1,490
Amazon.co.jp

 

「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方/マガジンハウス
¥1,404
Amazon.co.jp

 

「1分スピード記憶」勉強法: 「記憶したがる脳」になる (知的生きかた文庫)

691円

Amazon

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

702円

Amazon

 

 

なるほど! 合格勉強術

1,404円

Amazon

 

暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術

1,512円

Amazon

 

合格(ウカ)る思考合格(ウカ)る思考

1,620円

Amazon

 

合格(ウカ)る技術合格(ウカ)る技術

1,620円

Amazon

 

速読勉強術 (PHP文庫)

514円

Amazon

 

 

速読・多読でビジネス力が高まる! スピード読書術/東洋経済新報社

 

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)