なかなかやらない子・すぐやめない子の相談室☆ペアレントトレーニングファシリテーターが伝える子育ての悪循環脱出法!

なかなかお風呂に入らない。なかなか宿題を始めない。
すぐに走るのをやめない。すぐにゲームをやめない。

子どもたちの行動には、理由があります!


テーマ:

アイコンママブロネタ「学校のこと」からの投稿


こんにちは。子育てお悩み相談室、鈴木紗絵子です。

 

横浜・東京を中心にペアレントトレーニングファシリテーターとして活動しています。

(→募集中のペアトレはこちらをクリック♪

 

 

横浜は、風の強い日が続いていましたが、

今朝は風も強くなく、ピッカピカのいいお天気!

 

 

小学生ママ、そんなさわやかな朝に

 

「忘れ物ない?」

 

「連絡帳、見た?」

 

「時間割、まだやってないの?!」

 

ってドタバタしていませんか???

 

 

 

1年生のときは、一緒に連絡帳を見て、

一緒にランドセルに入れていたはず…。

 

 

2年生、3年生…と学年が上がると、

 

「もう◯年生だから」

 

と、自分でやらせることが多くなりますよね。

 

 

だって、もう◯年生。

自分でできるはず。

 

いつまでもママに頼らずに

自分でできるようになってほしいですものね…。

 

 

 

 

ところが、それと同時に

 

「ちゃんと連絡帳見たの?」

 

「時間割やった?」

 

と口うるさく言うようになってしまうんです。

 

 

 

 

 

子どもは「◯年生だからコレができる」と一概には言えません。

 

 

連絡帳1つとっても、いろんなパターンがあります。

 

 

・子どもは「書いた」と言ってるけど、どこだかわからない

 

・全然書いてない!

 

・連絡帳が見つからない

 

・連絡帳に書いてあるのに見ない

 

 

…「もう◯年生」でも、実際に、そういうことが、あります。

 

 

 

そんなときは、「やりなさい」って言葉じゃなくって

 

一緒にやってみましょう!

 

 

 

連絡帳を一緒に見たり、

ランドセルに入れるときに隣でチラリと見たり…。

 

 

そうすることで、

「あら、この子、こんなコトしてるのね」

って気付くこともあります。

 

 

お子さんにとっても、

お母さんがちょっと見ていてくれたり

ちょっと一緒にやってくれるだけで

スムーズにできることもありますよ!

 

 

ガミガミ言い過ぎるな、と思ったら、

お子さんの隣に行って見てみるのがオススメです(^^)

 

 

手紙400名以上が学んでいます!1日3分無料メール講座

 

音譜【募集中】ペアレントトレーニングプログラム

*東京(新橋)会場は満席となりました

 

PC1分で分かる!ペアレントトレーニング紹介動画

 

いち早く悪循環から脱出したい方、1ヶ月集中サポート致します

マンツーマンサポートコース

 

単発ワークショップ、ペアトレ紹介講座など、お気軽にご相談ください

PTA・幼稚園への出張依頼

 

お申込み・お問い合せ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子育てお悩み相談室 鈴木紗絵子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります