池川明先生と飛谷ユミ子先生の出産子育てQ&A《動画》ブログ

池川明先生と飛谷ユミ子先生の出産子育てQ&A《動画》ブログ

池川先生と飛谷先生の動画メルマガ配信中!



テーマ:
■飛谷先生【第110号】《知的障害児ケア等施設「サンタクロース》さんのお手伝いをさせて頂いています》

(飛谷先生)
う~ん、まあ今はとっても忙しくて・・・、じゃあ教室でレッスンして、この時に講演があるから講演って、セミナーがあるから行ってって・・・、いうんじゃなくて・・・、

突如こう、変な言い方なんですけど、玉が飛んでくる、みたいにねえ・・・、バーっと飛んできて、蓋を開けたらこんなお仕事だわ、とかね・・・、

そんな感じで、予期せぬ仕事が沢山来るんですね・・・、

で、こちらはあの、サンタクロースさんって言って、色々と問題を抱えた子達が集まってるところ・・・、そのオーナーはちょっと知り合いだったんですね・・・、

で、ちょっと、あの~、来てくれない?って言って、講師指導と、それからレッスンをね・・・、っていうところで伺ったんです・・・、

・・・で、そういう子が沢山いるわけですよねえ・・・、で私ねえ、とてもビックリしたんですけど、

あの~、世の中の動向、こんな世の中は・・・、今ここは静かですけど、行き交う車も多いし、情報もパソコンを見ればバーッと出てくるし、こんなにスピードのある時代に、昔のおっとりした子供・・・ではない子が多くなってる・・、反応が速いっていうかね・・・、

あの~、そうすると、それが高じる訳じゃないですけど・・・、その反応が強い子というのは、今のその学校の・・・、のんびりした・・・というかね、規則正しく、ちゃんと座って、静かに聞いて、っていうのは苦手なんですよね・・・、

トントン・トントンこうテンポ良く・・・、前にねえ、私が見た子供達もそうだった・・・、テンポ良く行くのにこう波に乗ってね・・・、行くのがスゴく快感であるし、吸収が良い頭を持ってる子が多くて・・・、

で、そういう子を、あの~、見させて頂いてるんですよねえ・・、

ところが、今日ちょっと置いて来ちゃった・・・、もうねえ、作家みたいな文章を書くんですよ・・・、小学校4年生で、う~ん、ちょっと・・・、フェイスブックには載せたと思うんですけど・・・、

こういう能力を、一般的な学校での生活では・・・・、先生も拾いにくいし・・・、その子の能力を伸ばして、その子が喜ぶ様な世界ではないな・・・、と思ってるんですよね・・・、

で、あの~、その子に・・・、能力も高いんですけど・・・、今回、今、先ほどお話し申し上げた記憶法とか、波動速読もやったら出来るんですね・・・、

で、そういう速いスピードから入っちゃう・・・、速いスピードの教育をやって、後は、なぞる様なね、その、丁寧さを求める取り組みがあるんですけど・・、それをやったりとか、

パズル的な思考力が・・・、沢山使わないと出来ない様なもの・・・、その後にそういうものをちょっと入れて・・・、スピード感のものを沢山やって、最後にそういう思考力のゆっくりしたね・・・、

っていうのをやって、育てると・・・、今、面白い子が二人いますのでね・・・、その子達が、そういう能力を身に付けて・・・、個性を生かす・・、作文の上手な子は作文という・・・、文章を書くことを生かして、

っていう様なね、来年(2017年)もまた色々・・・、あの~、考えてるんですけど・・・、結果が出たらまたお知らせします・・・、

・・・(サンタクロースさんは)その、もう今50人くらいの教室を持って・・・、教室をっていうか学校を持ってるんですね・・・、で、また、まだ多いから、まだあの~、要望が多いから、もう一つその、教場というか、学校を用意する・・・、って仰って・・、

で、そこで父兄達にお話しをするっていうことと、それから講師が間に合わない、育たなくて・・・、講師を育てることと、月に1回はそういう子供達のレッスンを持ってるんですけど・・・、

まあねえ、う~ん、これは個性と捉えるのって・・・、一人、幼稚園の・・・、頭の良い子なんですけど・・・、ちょっと華奢(きゃしゃ)なんですね、力がなくて・・・、

でもあの~、穏やかで、天使みたいな子なんですよね・・・、だからそういう、子供の個性を生かすっていう・・・、場があったらねえ・・・、私は、救われる子が沢山いるんじゃないかなあ・・・、って思うんです、

で、その男の子は、トビちゃん・トビちゃん、って言って・・、あの、行くと喜んでくれるんですけど・・・、

なんでしょう、酷い子もいるし、軽症の子もいるし、俗にいうインディゴ・チルドレンとかいう新しい子供達・・・、それ全部・・・、全部受けてるんですよねえ・・・、

で、運動があって、音楽があって、右脳教育があって、食育があって・・・、で外お遊びみたいなね・・、総合学校みたいな・・・、ああいうのが私は・・・、世の中に出来たらねえ・・・、子供が救われるなあ・・、と思ってるんですよねえ・・・、

(飛谷先生 第110号おわり)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■池川先生【第110号】《産科医は、産後の子供に積極的に関わっていくべきか?》

(池川先生)
本来は、あの~、産科医はお産だけ、とかね、え~、生まれた後の子供は小児科がっていう風に、え~、今、大体はそう考えてるんですけども・・・、

妊娠・出産・育児って・・・、やっぱ医療とはちょっと違うと思うんですよね・・・、あの~、健康な人が多い、そういう人達を医療者が診ていくっていう・・・、ちょっと特殊な領域である訳ですよねえ・・・、

う~ん、でもやっぱりその~、医者だから、特に病気に特化して診ていきたいっていうのがどうもあって・・・、健康な人は逆に放っとかれる、みたいな感じなんですけども・・・、

あの~、やっぱ子育てとか見ていくと、その、妊娠中、出産時、それから産後のお母さんの気持ちとか家庭環境ってとっても大事なんですよね・・・、

う~ん、だから、健康な子を産むというだけではなくて、健康な・・・、え~、大人にしていく為の、え~、一つの何か補助的なものとして、医療っていうのが・・・、なんか在って良いんじゃないかな~、っていう考えがあるので・・・、

あの~、産科医がもっと積極的に・・・、あの~、子供達の将来・・、どういう・・・、自立・・、私はこう・・・、自立した大人とかですねえ・・・、にしてもらう為の・・・、え~、まあ、基礎っていうのはどうも・・・、妊娠中、出産時にあると思っているので・・・、

まあ、そういう長期的な・・・、人の一生を観たところでの”産科学”っていうのが、あるんじゃないかな~、と思うんですね・・・、

そうした場合に、あの昔から産婆さんがよく地域で・・・、その・・・、まあ産科医の先生もそうなんですけど・・・、全部見てましたから、子供をね・・・、

だからその、ずうっ~とその家っていうものを、子供からお爺ちゃん、お婆ちゃんまでこう・・・、見て、よく分かってる人達が多かったのですけど・・・、

今はもう、病気の時だけ関わる・・・、だから、その家っていうものを見てない時代に変わってきたので・・・、

敢えて今の時代の医療の中で、そういう家族というものを・・・、え~・・・、見ていける立場にあるのが産科医なのかなあ・・・、という気はするんですね・・・、

だからもっと積極的に、子供に対しても・・・、産科医は、あの~・・・、病気はね、小児科が診るは良いんだけども・・・、

病気でない子供達・・・、え~、特に健全に育つ為にどうしたら良いか、っていう智恵を、やっぱり産科医がもっと積極的に関わっていけば良いんじゃないかな~、とは思いますよねえ・・・、はい・・・、

(池川先生 第110号おわり)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■飛谷先生【第109号】《知的障害児のお母さんに、是非お伝えしたいこと》

(飛谷先生)
いろいろ、あの、子供達を観ながらやってるんですけど・・・、イメージが見えなかったり、まあ学習もちょっと遅滞になった子とか、所謂、ちょっとあの、大変な子が何人か・・・、

これは裏を返せば、いまの新しい子供達だと思うんですね、これをもし聞いてくださってるお母さんがいたら、是非あの~、お問合せ頂きたいんですけど・・・、

悩む訳ですよ、あの手この手を使って、その右脳と左脳の能力・・・、悩む訳ですよ、あの考える訳ですよねえ、

で、え~っと、今、中学2年生、一人、あの、良い感じで整った子が・・・、裏を返せば、まあ一つの障害を持ってるかもしれませんけど、裏を返せば天才なんですねえ・・・、

そういう子が増えてきて、で、両面あるからどうしても・・・、あの、学校の先生とかお母様は悪い面を見ちゃうんですね・・・・、

で、この子のこの両面を生かすにどうしたら良いかって、私は思案する訳ですよねえ・・・、で、左脳から入って、右脳へ入って、左へ出すと・・・、この路線が良いんじゃないかなと思って・・・、

じゃあ先ず、そうすっと記憶が一番良いんですよねえ・・・、で、単語なんかの記憶は、単語を見る・・・、単語という・・・、字ですから、左脳的なもので、文字ですから・・・、

単語を少しづつ覚えて、左脳から入って・・・・、で、イメージで、右脳で確実に捉えて、左脳で書き出す、と・・・、このパターンをねえ、根気よくやったんです・・・、

そうしたら、50単語くらい行くと回路が出来るから・・・、右と左の回路も出来るし、右脳の記憶の回路が出来るんで、これが・・・、天才になっていくんですよねえ・・・、

で、どういうことかっていうと、そういう子はイメージが見えない・・・、イメージ聞いても分かんないって言うし、例えば紙芝居をこうやって、感想を書かせても書けない、とかね・・・、あの~、ちょっと偏った能力なんですね・・、

それで、あんまり酷くなるとパニックを起こしたりとか、紙をスーッとしまって、どこかに捨てちゃうとかね、それがねえ、根気よく記憶をやった、右脳記憶・・・、左から右脳記憶・・、

そしたらイメージが見えるように・・・、で、文章も纏まる様になって、で、今50単語どころか100単語・・・、100単語バーッと見て、書き出して、それが全問正解、

心も穏やかになってね、もうホント、ビデオに撮っときたかったなあ、と思うんですけど・・・、また今度の時にはちょっと追跡をしたいなと・・・、

脳って摩訶不思議な部位だろうと思うんですよねえ・・・、そして、右脳が、深い右脳が開けてくると、心穏やか、調和がとれて、あの~、穏やかな子になってくんですよねえ・・・、

そういうものも身について、静かな、あの~、そこと結びついた面白い結果が出てくるんでね・・・、

で、そうなった場合には・・・、あんまり小さくってもこれ出来ないんですよねえ・・・、50単語とか処理能力というところで・・・、

そうすると小学校4~5年生がスゴく適してるし、6年生まででは中途半端かなあ、と思って・・・、また先生を困らせちゃいますけどね・・・、

来年(2017年)は中学コースを作っても良いかな~、ってちょっと思ってるんですねえ・・・、なにか長くなってごめんなさい・・・、最近のホヤホヤのニュースですけど・・・、

(質問)
中学コースですか・・・、

(飛谷先生)
中学コース!、なにかねえ、だって、障害を持ったっていうか、まあそういう発達障害みたいな子が天才みたいにやっちゃうという・・・、その右と左と合体したものが出てくるというのはねえ・・・、もうやっててもたまらない・・・、こっちもたまらなくてね・・・、

(飛谷先生 第109号おわり)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。